愛媛県全国旅行支援延長1月10日から!予約はどこでできる?

たびハピ編集部

たびハピ編集部

愛媛県は全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」の実施期間を1月10日から6月30日まで延長することになりました。なお、2023年のゴールデンウィーク期間中である4月29日(土)~5月7日(日)は対象外となります。
ただし残念ながら2023年の全国旅行支援は2022年に実施された際よりも割引額が引き下げられます。全国旅行支援と併用できる独自のセールや割引クーポン、自分の貯めたポイントが使える旅行予約サイトでの予約が、今回は最もお得になりそう!

2023年4月以降の全国旅行支援予約は以下のリンクから直接予約可能です。

4月1日以降の予約開始オンライン旅行予約サイト
2023年3月3110時開始:Yahoo!トラベル▶/一休.com
2023年3月29Relux▶/日本旅行▶/JR東海ツアーズ
2023年3月27ANAトラベラーズ▶/楽天トラベル(宿泊)▶/楽天トラベル(ツアー)▶/ゆこゆこ
2023年3月25クラブツーリズム
2023年3月24ANAスカイツアーズ▶/じゃらん▶/じゃらんJAL・ANAパック▶/JAL
2023年3月22Jtrip▶/るるぶトラベル▶/近畿日本ツーリスト▶/JTB
2023年3月21HIS

2023年3月31日までの全国旅行支援の予約は以下のリンクから予約できます。

12月26日開始:楽天トラベルANAスカイツアーズJTB
12月27日開始:HISるるぶトラベルゆこゆこANAトラベラーズ
12月28日開始:Yahoo!トラベル一休.comJALJR東海ツアーズ
1月5日開始:エアトリ
1月10日開始:じゃらんじゃらんパック
1月13日開始:Relux
1月27日開始:JAL(上乗せ割引)
2月17日予約再開:近畿日本ツーリスト
2月27日予約再開:日本旅行

愛媛県と言えば日本三古湯であり、聖徳太子も浸かった、と言われる道後温泉にはぜひとも行ってみたいもの!道後温泉本館は、日帰り入浴施設ですが、宿泊は同じ道後温泉の宿に泊まって、宿泊先でもこの名湯を楽しみたいですね。また「しまなみ海道」を一望できる立地も愛媛県の自慢。多々羅大橋を望む「道の駅 多々羅しまなみ公園」でのんびりと過ごすのも良し。松山市駅・古町・道後温泉駅などの観光名所をつなぐ路面列車「坊っちゃん列車」で観光名所を巡りましょう。食ではキャンペーンの名前にもなっている「みかん(みきゃんじゃないよ)」も有名ですが、瀬戸内海へ回遊する真鯛の料理は絶対に食べて!鯛以外にも瀬戸内の海の幸はどのお魚も絶品です。

対象者:日本在住者
実施期間:
2023年1月10日(火)~6月30日(金)
除外期間:2023年4月29日(土)~5月7日(日)
※7月1日(土)チェックアウトまで
※予算が終わり次第完売
旅行支援内容:
1人1泊あたり旅行代金の20%割引
上限額:
交通付き(ツアーなど)1人1泊につき宿泊旅行5,000円・宿泊のみ1人1泊3,000円・日帰り1人1回につき3,000円
えひめぐりクーポン:1月10日からは平日2,000円・休日1,000円※原則電子クーポン

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

道後温泉の昔のままの佇まい

全国旅行支援とは?

観光事業者を支援するための観光需要喚起策として始まった国家事業「GoToトラベルキャンペーン」。度重なる新型コロナウィルス感染拡大により停止したままの状態が続いています。そこで政府は、GoToトラベル事業の予算から「地域観光事業支援」をねん出。のちに「県民割」と呼ばれるようになります。
GoToトラベルキャンペーンに関しては以下の記事で確認を。

GoToトラベルキャンペーン再開までの動きを追う記事は要チェック!↑↑

地域観光事業支援は、感染状況が収まっている県が県民の県内旅行を支援する際に、県が割引きなどを行う場合、国が県を支援するという事業です。しかし範囲が狭く、旅行需要喚起につながらず、日本国内を6ブロックに分けて、ブロック内であれば基本的には県民割を利用できる体制にしました。
しかし、感染拡大状況は県によって異なり、ブロック内での相互利用ができず、特に大都市を有する県や、観光で人気のある県の在住者は「使えなかった」という人も多い事業でした。
そこで政府は2022年6月下旬にGoToトラベル事業再開の検討に入ります。しかし、結局は地域観光事業支援を全国に拡大することを選択し、全国旅行支援「全国旅行割」という新しい事業をスタートさせることにしたのです。

全国旅行支援とGoToトラベルの違い

GoToトラベルキャンペーン・地域観光事業支援(県民割)・全国旅行支援(全国旅行割)の3つの旅行需要喚起策について、違いを簡単に説明します。

GoToトラベルキャンペーン:国家事業。政府が決めた条件や割引、同じ予約方法で全国一斉に行う旅行喚起策
地域観光事業支援「県民割」:県の事業。GoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援する県主催の旅行割引キャンペーン
全国旅行支援「全国旅行割」:県の事業。地域観光事業支援の予算を全国に拡大し、県民割の予約を全県から可能にするもの。ただしGoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援していることに関しては地域観光事業支援「県民割」と同じ。

つまり、この3つの喚起策はそれぞれ異なった事業になります。そのため、GoToトラベルキャンペーンが全国旅行支援「全国旅行割」に変わってしまったというわけではありません。

全国旅行支援は全県で異なる!

全国旅行支援は、地域観光事業支援「県民割」よりは少しだけ共通事項は増えましたが、全て県が主催しています。そのため、各県によってクーポンの種類や予約方法などが微妙に違い、戸惑う点もあります。47都道府県が全国旅行支援を実施しますが、行きたい県がある場合は、内容をすべて確認すること。「ほかの県で予約した時はこうだったのに!」なんていうことザラに起きていますよー!

地域ブロック都道府県
北海道・東北北海道全国旅行支援青森県全国旅行支援岩手県全国旅行支援宮城県全国旅行支援秋田県全国旅行支援山形県全国旅行支援福島県全国旅行支援
関東茨城県全国旅行支援栃木県全国旅行支援群馬県全国旅行支援埼玉県全国旅行支援千葉県全国旅行支援東京都全国旅行支援神奈川全国旅行支援山梨県全国旅行支援
北陸信越・中部新潟県全国旅行支援富山県全国旅行支援石川県全国旅行支援福井県全国旅行支援
長野県全国旅行支援岐阜県全国旅行支援静岡県全国旅行支援愛知県全国旅行支援三重県全国旅行支援
近畿滋賀県全国旅行支援京都府全国旅行支援大阪府全国旅行支援兵庫県全国旅行支援奈良県全国旅行支援和歌山県全国旅行支援
中国・四国鳥取県全国旅行支援島根県全国旅行支援岡山県全国旅行支援広島県全国旅行支援山口県全国旅行支援徳島県全国旅行支援香川県全国旅行支援愛媛県全国旅行支援高知県全国旅行支援
九州・沖縄福岡県全国旅行支援佐賀県全国旅行支援長崎県全国旅行支援熊本県全国旅行支援
大分県全国旅行支援宮崎県全国旅行支援鹿児島全国旅行支援沖縄県全国旅行支援

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」とは?

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」も政府が行っている全国旅行支援(全国旅行割)を活用した観光需要喚起策の一つ。予約方法や利用方法を細かく解説していきます。

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」より

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」予約対象者

日本国民および日本在住者

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」の期間は?

実施期間
2023年1月10日(火)~6月30日(金)※宿泊は7月1日(土)チェックアウト分まで

愛媛県全国旅行支援・既存予約はどうなる?

2023年1月10日~3月31日の愛媛県の全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」の予約を、各旅行予約サイトや旅行会社、宿泊施設の予約開始日以前に行った場合、その旅行は全国旅行支援の対象外となります。
これは、2022年の全国旅行支援開始時に、先の予約していたいわゆる「既存予約」を「あとから割引」する形で先行予約を募った旅行事業者が多数出たため、予約開始日に完売していたという事件が起こった方です。
もともと、キャンペーンは開始日に一斉にスタートするのが正常な形。
今回は皆さんが平等にスタートを切ります。
既存予約のある場合は、キャンセルして取り直すと、キャンセル料が発生する場合があるので、取り直した方が良いのか、それとももともとの予約で旅行した方が得なのか、しっかり考えて動きましょう。

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」はいくらお得?

全国旅行支援の2023年延長分は2022年よりも支援額が引き下げられました。内容を把握しておきましょう。

2023年の1月10日から3月31日の全国旅行支援

平日旅行の交通付きの旅行(ツアーなど):1人1泊クーポンを含めると平日最大7,000円お得に。
平日の宿泊・日帰り旅行:1人1泊(日帰りは1回につき)最大5,000円お得に。
※対象金額については2023年継続時に変わる可能性があります。

支援内容

国民の愛媛県への旅行代金を20%割引
1人1泊あたりの上限:ツアーなどの交通付き宿泊旅行5,000円/宿泊・日帰り3,000円
愛媛県の飲食店やショップ、観光施設などで使える「えひめぐりクーポン」:1人1泊につき(日帰りは1回につき)平日2,000円分/休日1,000円分付与
※クーポンは電子クーポンになります!

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」より

愛媛県全国旅行支援の休日・平日の定義

宿泊旅行:宿泊日とその翌日がともに休日(土曜・日曜・祝日)の場合、その宿泊は「休日」として扱い、それ以外を「平日」として扱います。
日帰り旅行:土曜・日曜・祝日を「休日」として扱い、それ以外を「平日」として扱います。

子どもや乳幼児も対象?

子どもの旅行代金が有料で対象料金であれば、大人と同様割引対象となります。

対象外となる場合

割引前の旅行商品代金・宿泊料金が下記に該当するものは割引対象となりません。
平日:3,000円(税込)未満・休日:2,000円(税込)未満

※宿泊の場合:1人泊当たりの旅行代金が、平日1人1泊3,000円(税込)以上、休日1人1泊2,000円(税込)以上の旅行が対象
※日帰り旅行については、1人1回当たりの旅行代金が、平日1人1回3,000円(税込)以上、休日1人1回2,000円(税込)以上の旅行が対象。

愛媛県全国旅行支援開始!使い方や予約方法は?最新情報
松山市街や瀬戸内海が一望できる「松山城」

えひめぐりクーポンとは?

2023年1月10日から電子クーポンになったえひめぐりクーポン。詳細を見ていきましょう。

えひめぐりクーポンはどこでもらえる?

えひめぐりクーポンは基本的に以下で受け取れます。

〇宿泊を伴う旅行商品の場合は、チェックイン時に宿泊施設でもらえます。
〇日帰り旅行の場合は、お申込みの旅行会社を通してもらえます。

えひめぐりクーポンの有効期限

宿泊旅行の場合:チェックイン日から8日間
日帰り旅行の場合:旅行当日から8日間
※愛媛県内でしか利用できません

えひめぐりクーポンが使えるショップや飲食店はこちらから検索▶

えひめぐりデジタルクーポンの使い方

クーポンの受け取り方法

①宿泊施設などで受け取った、デジタルクーポンの紙のチケットのシールをはがします。
②スマートフォンでQRコードを読み込みます
③QRコードを読み取ると、えひめぐりデジタルクーポンのサイトに移動するので「クーポンを
受け取る」ボタンをタップします。
④「クーポンを確認する」のボタンをタップして受け取りは完了。
注意:ホーム画面にえひめぐりデジタルクーポンサイトを登録しておきましょう。店舗ですぐ使えます/ポイントをすべて使い終わるまではホーム画面と受け取った紙のチケットは捨てずに保管しておくこと。

クーポンの利用方法

①「えひめぐりみきゃん旅割」に参加しているショップ・飲食店・施設に行きます。
②「コード読み取り」ボタンをタップ。そうするとコード読み取り画面が立ち上がります。
③コード読み取りのために「えひめぐりデジタルクーポンサイト」上に立ち上がるカメラの使用許可をします。
④店舗に設置してあるQRコードを読み取ります。
⑤支払い画面が表示されたら、利用金額を入力
⑥店舗に金額を確認してもらいます。
⑦確認が取れたら「支払う」ボタンを押します。
⑧支払い完了

えひめぐりデジタルクーポンyよよrよりよりより

詳しい使い方につてはこちらを参照してください⇒えひめぐりデジタルクーポン▶

スマホが使えない場合

スマートフォンが使えないなど、電子クーポンの利用が難しい場合は、紙の状態のチケット上にある、目隠しシールを剥がさず、そのままクーポンとして使うことができます。1,000円の金券として利用可能ですが、おつりが出ないので、小銭と合わせて使うなど工夫してください。
※目隠しシールを剥がしてしまった場合、クーポンとしての利用はできません。また剥がしてしまったからと言って再発行はできないので注意してください。

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」の予約条件

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」はワクチン・検査パッケージを利用します。ワクチン接種の証明となるものを提示、もしくはPCR検査などの陰性証明書を取得し提示して参加します。

ワクチン接種完了済みの接種証明書で参加する場合

ワクチン接種の完了条件は、在住地に関係なく3回以上です。ワクチン接種証明書の取り方は、海外でも国内でも利用できるアプリ取得での方法を試してみました。この記事でご確認ください。

国内外どちらも使えるワクチン接種証明書取得方法はこの記事をチェック↑↑

接種証明でなくとも
・新型コロナウイルスワクチン予防接種済証
・新型コロナウイルスワクチン接種記録書
でも可能。

みんなもらえるこの書類でもOK!必要事項を全て撮影した画像でも可能

証明書は必要事項をすべて含んでいれば、コピーも撮影画像でも提示可能。ただし、証明書が本人のものか確認できる身分証明書(パスポート・免許証・保健証など)の原本を持参する必要があります。

陰性証明の条件

陰性証明は検査によって有効期限が異なります。
旅行開始日を基準にしてPCR検査等は検体採取日(検体採取日が不明な場合は検査日)より3日以内、抗原定性検査は検査日より1日以内の検査結果が有効です。こちらの場合も陰性証明が本人か確認するため、身分証明書(パスポート・免許証・保健証など)の原本を持参する必要があります。
※薬局などで販売している簡易検査キットでの検査は無効です。

〇PCR検査(例)1月14日に検体採取した場合、11月17日23:59までにチェックインを行なう旅行商品に限り対象となります。
〇抗原検査(例)1月14日に検体採取した場合、11月15日23:59までにチェックインを行なう旅行商品に限り対象となります。

新型コロナウィルス検査は、自治体によっては無料の検査機関があります。しかし無料の検査機関から遠い場合や、勤務先に近い場所で検査を受けたい場合などは、今なお手ごろに検査ができる場所やクリニックも増えています。リサーチしてみるとよいでしょう。

検査機関名受けられる検査内容
TケアクリニックPCR検査宅配キット
※全国対象
株式会社新型コロナ対策PCR検査宅配キット
※全国対象
ピカパカPCRクイック検査センター来院PCR検査
※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府対象

子どもについて

子どもについてはワクチン・検査パッケージに以下の決まりがあります。
※同居する保護者など、同世帯と利用する場合、12歳未満の子どもはいずれの証明も不要
※修学旅行など文部科学省が定める学校等の活動については、証明書提示を省略できる

愛媛県全国旅行支援開始!使い方や予約方法は?最新情報
石鎚山(天狗岳)の紅葉

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」の予約方法は?

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」の予約方法は3つの方法があります。

①オンライン旅行予約サイト(OTA)で予約する方法

キャンペーンに参加する予約できるオンライン旅行予約サイトは、以下になります。
予約サイトによって、予約の方法が異なるので、必ず予約画面の注意事項を読み、愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」の対象になるかを確認しながら予約しましょう。

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

②ホテルや旅館で直接予約

対象宿泊施設に「えひめぐりみきゃん旅割」対象プランの予約・申込みをします。チェックインまたはチェックアウトの際に、割引適用後の金額を支払いします。

愛媛県全国旅行支援参加宿泊施設はこちら検索▶

③旅行会社で申し込み

旅行会社で「えひめぐりみきゃん旅割」対象商品を申し込み。割引後の料金を支払います。

愛媛県全国旅行支援参加旅行会社はこちら▶

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

愛媛県全国旅行支援開始!使い方や予約方法は?最新情報
亀老山山頂の「亀老山展望公園」から望む来島海峡大橋

愛媛県全国旅行支援の注意事項

①愛媛県を目的地とする宿泊・旅行が対象
②1人泊当たりの旅行代金が、平日1人1泊3,000円(税込)以上、休日1人1泊2,000円(税込)以上の旅行が対象
(日帰り旅行については、1人1回当たりの旅行代金が、平日1人1回3,000円(税込)以上、休日1人1回2,000円(税込)以上の旅行が対象)
③1回の予約または申込につき、7泊まで対象
④利用回数に制限はありません。
⑤宿泊施設チェックイン時、旅行の申込時、または旅行当日に、利用者全員分の証明を提示する必要があります
★身分証(運転免許証・パスポート・健康保険証など)
★ワクチン接種証明または検査陰性(回数、規定は前述)

愛媛県全国旅行支援最新情報更新中!

愛媛県全国旅行支援「えひめぐりみきゃん旅割」の最新情報はこの記事を更新していきますね!

たびハピ編集部

たびハピ編集部