兵庫県全国旅行支援延長1月10日から!予約はどこでできる?既存予約はどうなる?

たびハピ編集部

たびハピ編集部

兵庫県は政府の方針を受けて全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」の2023年も実施。期間は2023年1月10日から3月30日まで(チェックアウトは3月31日まで)。
え?でも、兵庫県の全国旅行支援って、1月10日から始まるのにどこで予約できるの?と思っている方も多いかも。はい!2023年1月24日現在、こちらで予約可能です!リンクから予約に飛べますよ!

12月24日開始:HIS
12月26日開始:ゆこゆこ
12月28日開始:Yahoo!トラベル一休.com近畿日本ツーリストるるぶトラベル
1月4日開始:JR東海ツアーズ
1月5日開始:JTBJAL
1月6日開始:楽天トラベル
1月10日開始:じゃらん日本旅行
1月12日開始:東武トップツアーズ
1月13日開始:ReluxANAトラベラーズ
1月16日開始:Trip.com
1月20日開始:ANAトラベラーズホテル
1月24日開始:OZモール(1/31以降分)

最新の予約開始旅行予約サイトについては以下の記事を随時更新しているので、合わせてチェックしてくださいね。

47都道府県の全国旅行支援が予約できる予約サイトを網羅!必ずチェック↑↑

2023年延長分にはちょっと残念なお知らせも。
2023年の年明け以降の全国旅行支援は、割引額は引き下げられます。

兵庫といえば、摂津・播磨・丹波・但馬・淡路と、地域ごとに異なる魅力に溢れる県で、日本海、瀬戸内海に接していることから、変化に富んだ美しい景観が楽しめます。異国情緒漂うオシャレな街神戸、世界遺産の姫路城、新スポットが続々誕生しているリゾートアイランド淡路島など人気スポット他、文人墨客に愛された城崎温泉・豊臣秀吉も愛した有馬温泉・蟹も味わえる香住温泉など魅力的な温泉地もあります。
この機会に兵庫県全国旅行支援を利用してお得に兵庫県へ旅行に出かけましょう!

対象者:日本在住者
実施期間:2023年1月10日(火)~3月30日(木)
※3月31日チェックアウトまで
※予算が終わり次第終了
旅行支援内容:1人1泊あたり旅行代金の20%
上限額:
交通付き(ツアーなど)1人1泊につき宿泊旅行5,000円・宿泊1人1泊につき3,000円(日帰りは1人1回につき3,000円)
地域クーポン「ひょうご旅クーポン」:平日2,000円・休日1,000円

予約はこちらから!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

世界遺産・姫路城

全国旅行支援とは?

全国旅行支援はGoToトラベル事業の予算から各県に支援される観光需要喚起策。観光需要喚起策というと、新型コロナウィルスの感染拡大により打撃を受けた観光事業者を支援するために立ち上がった「GoToトラベルキャンペーン」が2020年12月下旬に停止したままの状態であることを知らない人の方が少ないのではないでしょうか。
その間、小さな旅行喚起策として、政府がGoToトラベル事業の予算からねん出し、支援していたものこそ「全国旅行支援」。その誕生は、その前に行われていた地域観光事業支援こと「県民割」なくしては語れません。
GoToトラベルキャンペーンに関しては以下の記事で確認を。

GoToトラベルキャンペーン再開までの動きを追う↑↑

地域観光事業支援は、感染防止の観点から県民が県内旅行をする際に、県が旅行者を支援する場合、政府が県を支援するという事業。とはいえ、県内旅行では最初のうちはいいけれど、そのうち「もういいや」ってなりませんか?また、自分から情報を集めに行かなければ、何が起きているのかあまりわからないというのも問題でした。
この程度の範囲ではとても旅行喚起につながらず、2022年4月、地域観光事業支援を県単位ではなく、地方ごとに6ブロックに分け、ブロック割の体制に拡大。これはそこそこ報道されて少しは反響があったように思います。
このことで同ブロック内であれば他県の県民割が利用できることになりますが、感染拡大の度合いにより、府内、都内、県内のみ支援や、中には大阪府のように停止してしまう自治体もあり、ブロック内で相互利用できなくなる場合も。いつまでたっても県民割の恩恵にあやかれない国民も多く、不平等だと言われる始末。
政府は6月下旬、GoToトラベル事業再開の検討に入りましたが、まずは地域観光事業支援を全国に拡大することを選択。全国旅行支援「全国旅行割」という新しい事業を開始しようとしたところ、第7波到来で、日本が世界一の新型コロナウィルス感染拡大国に…。そのおかげで2度の延期となりましたが、晴れて10月11日、開始に。
そして2022年11月25日、政府は全国旅行支援を2023年の年明け以降も延長し継続することを発表しました。

全国旅行支援とGoToトラベルの違い

GoToトラベルキャンペーン・地域観光事業支援(県民割)・全国旅行支援(全国旅行割)と、コロナ禍のたった2年半の間に3つの旅行キャンペーンを体験することとなった我ら旅好き日本国民。さて、その違いとは?

GoToトラベルキャンペーン:国家事業。政府が決めた条件や割引で、同じ予約方法で全国一斉に行う旅行喚起策
地域観光事業支援県民割」:県の事業。なかなか始まらないGoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援する県主催の旅行割引キャンペーン
全国旅行支援「全国旅行割」:県の事業。地域観光事業支援の予算を全国に拡大し、県民割の予約を全県から可能にするもの。ただしGoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援していることに関しては地域観光事業支援「県民割」と同じ。

「GoToトラベル事業が全国旅行支援に変わってしまった!」という話も聞こえてきますが、実は事業自体行う場所が全く異なるため、GoToトラベルキャンペーンが全国旅行支援「全国旅行割」に変わることができません。
斉藤国土交通相も全国旅行支援が決まった際の会見で「やらないわけではない」と明言。
とはいえ、やる保証は今のところありません。え?どういうこと?

全国旅行支援は全県で異なる!

県民割と比較すると、予約できる人は全国在住者に拡大。なんだかうきうきしてきますが、運営自体は県であり、県民割の割引率や上限額を変えた程度のもの。難解でよくわからないと言われた県民割よりは、少しだけ共通事項も増えましたが、決定事項が県によって早く決まったり、遅く決まったり、旅行会社泣かせ、予約者泣かせです。一番困るのはクーポンの種類や発行方法、各予約方法が微妙に違うこと。これは各自治体ごとにお付き合いのある旅行事業者が違うとか、そういうことも関わっているようです。
GoToトラベルキャンペーンは国家事業なので47都道府県、国が定めたルールで動かなければいけないルール。でも全国旅行支援は政府が支援を行い、主導は県なのです。
47都道府県が全国旅行支援を開始しますが、行きたい県の全国旅行支援の予約方法はチェックしないといけません。

地域ブロック都道府県
北海道・東北北海道全国旅行支援青森県全国旅行支援岩手県全国旅行支援宮城県全国旅行支援秋田県全国旅行支援山形県全国旅行支援福島県全国旅行支援
関東茨城県全国旅行支援栃木県全国旅行支援群馬県全国旅行支援埼玉県全国旅行支援千葉県全国旅行支援東京都全国旅行支援神奈川全国旅行支援山梨県全国旅行支援
北陸信越・中部新潟県全国旅行支援富山県全国旅行支援石川県全国旅行支援福井県全国旅行支援
長野県全国旅行支援岐阜県全国旅行支援静岡県全国旅行支援愛知県全国旅行支援三重県全国旅行支援
近畿滋賀県全国旅行支援京都府全国旅行支援大阪府全国旅行支援兵庫県全国旅行支援奈良県全国旅行支援和歌山県全国旅行支援
中国・四国鳥取県全国旅行支援島根県全国旅行支援岡山県全国旅行支援広島県全国旅行支援山口県全国旅行支援徳島県全国旅行支援香川県全国旅行支援愛媛県全国旅行支援高知県全国旅行支援
九州・沖縄福岡県全国旅行支援佐賀県全国旅行支援長崎県全国旅行支援熊本県全国旅行支援
大分県全国旅行支援宮崎県全国旅行支援鹿児島全国旅行支援沖縄県全国旅行支援

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」とは?

兵庫県全国旅行支援も政府が行う全国旅行支援を活用し、実施する観光喚起策の一つです。予約方法や参加条件を詳しく見ていきましょう。

兵庫県全国旅行支援の予約対象

日本国民および日本在住者

兵庫県全国旅行支援の期間

実施期間
2023年1月10日(火)~3月30日(木)※宿泊は3月31日(金)チェックアウト分まで

兵庫県全国旅行支援の既存予約はどうなる?(後から割引きなど)

2023年1月10日~3月30日の兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」の既存予約は、岡山県が発表した2022年12月22日の予約開始日の前に予約した旅行は対象外となります。
今回は旅行予約サイト、旅行会社、宿泊施設共に、販売開始日時以外の予約については、すべて全国旅行支援の対象外にすることを発表しています。これは政府からのお達しなので、今回はとても厳しいです。

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」はいくらお得?

2023年の全国旅行支援の割引額は、2022年よりも引き下げられ、お得度はダウン。どう変わるのか、内容を把握しておきましょう。

2023年1月30日から3月30日までの全国旅行支援

平日旅行の交通付きの旅行(ツアーなど):1人1泊クーポンを含めると平日最大7,000円お得に。
平日の宿泊・日帰り旅行:1人1泊(日帰りは1回につき)最大5,000円お得に。
※1人1泊当たりの旅行代金が、平日1人1泊3,000円(税込)以上、休日1人1泊2,000円(税込)以上の旅行が対象
※日帰り旅行については、1人1回当たりの旅行代金が、平日1人1回3,000円(税込)以上、休日1人1回2,000円(税込)以上の旅行が対象。

支援内容

日本全国に住んでいる方の、兵庫県への旅行代金を20%割引
1人1泊あたりの上限:ツアーなどの交通付き宿泊旅行5,000円/宿泊・日帰り3,000円
兵庫県の飲食店やショップで使えるひょうご旅クーポン:1人1泊あたり(日帰りの場合は1人1回あたり)平日2,000円分/休日1,000円分付与

ひょうご旅クーポンは2023年1月10日利用分から電子クーポンとなります。電子クーポンは1,000円未満の買い物にも対応できるので非常に便利!

クーポンや下限額に差が出る兵庫県全国旅行支援の休日・平日の定義

①宿泊旅行:宿泊日とその翌日が、ともに休日(土曜・日曜・祝日)の場合には、その宿泊は「休日」として取扱い、それ以外を「平日」として取扱います。
②日帰り旅行:土曜・日曜・祝日を「休日」として取扱い、それ以外を「平日」として取扱います。

とても親切丁寧な平日・休日表はこちらから!▶

兵庫県全国旅行支援ひょうご旅クーポンはいつどこでもらえる?

〇交通付き宿泊(ツアーなど)や宿泊を伴う旅行は宿泊施設でもらえます。
※宿泊施設におけるデイユースサービスには付きません。
〇日帰り旅行は実施日当日旅行会社の係員等からもらえます。

2023年からは電子クーポンとなりスマートフォンでQRコードを読み込んで、電子アクセスキーを入れ、自分のアカウントに入り、電子クーポンを受け取ります。

兵庫県「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」より

利用したい金額を入力すれば1円単位で利用でき、これまでのように1000円単位でしか買い物できない、ということはありません。

兵庫県「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」より

ひょうご旅クーポンが使えるショップや飲食店はこちらから検索▶

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」の予約はこちら!

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」の予約方法は3つの方法があります。また、旅行会社窓口または宿泊施設フロントで支援金給付同意書に記入、署名する必要があります。

①オンライン旅行予約サイト(OTA)で予約する方法

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

※各OTAによって予約方法が異なります。オンライン旅行予約サイトが発行している兵庫県全国旅行支援のクーポンを使い、割引価格で購入するか、兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」対象のプランを検索して予約するなどあるので、画面を正確に読みながら予約をお願いします。

②ホテルや旅館で直接予約

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」に参加している宿泊施設で直接予約します。
兵庫県全国旅行支援に参画している宿泊施設はこちらから検索▶

③旅行会社などの窓口で予約する

旅行会社の店舗の窓口で予約する方法です。参画している旅行会社はこちらから検索▶

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」の予約条件

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」の予約条件は、ワクチン・検査パッケージを利用すること。ワクチン接種の証明となるものを提示、もしくはPCR検査などの陰性証明書を取得し提示して参加します。

また、推奨としてですが、家族など普段の生活をともにする少人数グループでの利用をおすすめしています(対象外になるわけではありません)。

ワクチン接種完了済みの接種証明書で参加する場合

ワクチン接種の完了条件は、在住地に関係なく3回以上です。ワクチン接種証明書の取り方は、海外でも国内でも利用できるアプリ取得での方法を試してみました。この記事でご確認ください。
感染拡大防止の観点から、60歳以上の方や基礎疾患を有する方については、ワクチン4回接種以上での利用(推奨のため、義務ではありません)

国内外どちらも使えるワクチン接種証明書取得方法はこの記事をチェック↑↑

接種証明でなくとも
・新型コロナウイルスワクチン予防接種済証
・新型コロナウイルスワクチン接種記録書
でも可能。

ワクチン接種証明書海外旅行用取得方法・最新情報!
接種すればみんなもらえるこの書類でもOK!必要事項を全て撮影した画像でも可能

上記の証明書が本人のものか確認できる身分証明書(パスポート・免許証・保健証など)の原本を持参する必要があります。

陰性証明で参加する場合

※PCR検査・抗原定量検査:旅行・宿泊開始日の前日から起算して3日以内に検査結果が陰性であること
※抗原定性検査:旅行・宿泊開始日の当日もしくは前日に検査結果が陰性であること
※検査結果の記載事項:受検者氏名・検査結果・検査方法・検査所名・検体採取日・検査管理者氏名・有効期限

こちらの場合も陰性証明が本人かどうか、身分証明書(パスポート・免許証・保健証など)の原本を持参する必要があります。

なお、薬局などで販売されている簡易キットは無効です。必ず陰性証明書が出る検査を受検してください。
住んでいる県に、無料検査機関がある場合もあります。もしも見つからない場合や無料の検査機関が遠い場合は、他にも様々な検査機関や手段があります。リサーチしてみましょう。

検査機関名受けられる検査内容
TケアクリニックPCR検査宅配キット
※全国対象
株式会社新型コロナ対策PCR検査宅配キット
※全国対象
ピカパカPCRクイック検査センター来院PCR検査
※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府対象

子どもについて

子どもについてはワクチン・検査パッケージに以下の決まりがあります。
※同居する保護者など、同世帯と利用する場合、12歳未満の子どもはいずれの証明も不要
※修学旅行など文部科学省が定める学校等の活動については、証明書提示を省略できる

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」の注意事項

①兵庫県県を目的地とする宿泊・旅行が対象
②宿泊施設チェックイン時、旅行の申込時、または旅行当日に、利用者全員分の証明を提示する必要があります
③1回の利用は7連泊まで
★身分証持参(運転免許証・パスポート・健康保険証など)
★ワクチン接種証明または検査陰性(回数、規定は前述)
④期間中の回数制限はありません
⑤旅行代金が平日3,000円、休日2,000円未満の場合、その宿泊・旅行商品等は支援対象外になります
⑥旅行会社窓口または宿泊施設フロントで支援金給付同意書に記入・署名してください。

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」随時更新!

兵庫県全国旅行支援「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」については最新情報が入り次第、この記事を更新していきますね!

兵庫県民割9月30日まで延長!予約方法は?「ひょうごを旅しようキャンペーン+」
明石大橋

たびハピ編集部

たびハピ編集部