大阪府全国旅行支援延長3月30日まで!どこで予約できる?※2月2日更新

たびハピ編集部

たびハピ編集部

大阪府の2023年の全国旅行支援は2023年1月10日から3月30日まで
2023年1月25日(水)から2023年2月28日(火)の「大阪来てな!キャンペーン」期間中はクーポンの上乗せでお得だったのですが、なんと、上乗せクーポンが予算上限に達してしまい、上乗せクーポンのみ終了に。
もちろん通常の全国旅行支援は絶賛開催中です。
以下のリンクから予約可能!

1月5日開始:ANAスカイツアーズJtripエアトリゆこゆこクラブツーリズム
1月6日開始:JAL
1月11日開始:近畿日本ツーリスト
1月12日開始:日本旅行東武トップツアーズ
1月13日開始:ANAトラベラーズ
1月17日開始:じゃらんJRパック
1月18日開始:Yahoo!トラベル一休.com
1月24日予約再開:じゃらんじゃらんJAL・ANAパック/24日開始:OZモール(1月31日以降分)
1月25日開始:JAL(上乗せ割引)ANAトラベラーズホテル
1月26日予約再開午前10時より:楽天トラベル/26日開始:Relux
1月27日予約再開:HIS

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

残念ながら2023年の年明け以降の全国旅行支援は2022年と比較すると、割引額は引き下げられることが決定しています。でも嬉しいことに大阪府は全国から大阪に観光に来て、府内の様々なエリアで周遊できるよう音楽や食なをテーマとしたイベント「大阪来てな!キャンペーン」期間である2023年1月25日(水曜日)から2023年2月28日(火曜日)の間、なんと、大阪の飲食店やショップ、観光施設市背で使える地域クーポンを上乗せしてくれます!しかも結構な金額。これなら2022年とあまり変わらないお得度で大阪を遊べちゃいますよ! 
大阪はまだまだイルミネーションが華やかな季節。大阪で食い倒れたり、ユニバーサルスタジオで遊んだり、海遊館であざらしのみぞれちゃんに癒されたり…やりたいことがたくさん!

さあ、大阪への旅行を企画しましょう!

予約対象者:日本在住者
実施期間:
2023年1月10日(火)〜3月30日(木)
※3月31日(金)チェックアウト迄
※事業予算に達した場合は時期を待たず終了
予約開始日:
2023年1月5日(木)より準備のできた事業者から順次予約販売開始
旅行支援内容:
旅行割引1人1泊あたり旅行代金の20%
上限額:
交通付旅行(ツアーなど)1人1泊につき5,000円/交通込み旅行以外1人1泊につき3,000円(日帰りは1人1回につき3,000円)
地域クーポン券「おおさかPAY」:
1人1泊あたり(日帰りは1人1回につき)平日2,000円/休日1,000円
2023年1月25日(水曜日)から2023年2月28日(火曜日)はクーポンを平日1人1泊につき3,000円/休日2,000円上乗せ。つまり2023年1月25日(水曜日)から2023年2月28日は合計1人1泊につき、平日計5,000円、休日計3,000円

大阪城は久々のイルミネーションが行われています!要チェック!
大阪にイルミネーション見に行きましょう!記事はこちら↑↑

全国旅行支援とは?

2020年7月下旬にスタートした国家事業の観光需要喚起策「GoToトラベルキャンペーン」。新型コロナウィルスの感染拡大により疲弊した観光事業者を支援するために立ち上がった事業ですが、まさかの第7波まで続く度重なる新型コロナウィルスの感染拡大に阻まれ、2020年12月下旬に停止したまま再開することはありませんでした。
その間、小さな旅行喚起策として、政府がGoToトラベル事業の予算からねん出し、支援していたものこそ「地域観光事業支援」こと県民割です。
GoToトラベルキャンペーンに関しては以下の記事で確認を。

GoToトラベルキャンペーン再開までの動きを追う↑↑

地域観光事業支援は、感染状況が収まっている県の県民が県内旅行をする場合、政府が県を支援するという事業でした。とはいえ、この程度の範囲ではとても旅行喚起につながらず、2022年4月、地域観光事業支援を県単位ではなく、地方ごとの6ブロックに分け、ブロック割の体制に拡大しました。
しかし、感染拡大の度合いにより、府内、都内、県内のみ支援や、中には大阪府のように停止してしまう自治体もあり、ブロック内で相互利用できなくなる場合も。そのことでいつまでたっても県民割の恩恵にあやかれない国民が出るなど、不平等な状況が続きます。
政府は6月下旬、GoToトラベル事業再開の検討に入りましたが、まずは地域観光事業支援を全国に拡大することを選択。全国旅行支援「全国旅行割」という新しい事業ができました。その後も感染拡大の影響で2度の延期となりますが、晴れて10月11日、開始に。
2022年の全国旅行支援は12月27日で終了。12月28日から2023年1月9日は対象外となり、1月10日から新しいルールで再開します。

全国旅行支援とGoToトラベルの違い

GoToトラベルキャンペーン・地域観光事業支援(県民割)・全国旅行支援(全国旅行割)と、コロナ禍のたった2年半の間に3つの旅行キャンペーンを体験することとなった我ら旅好き日本国民。その違いとは何なのでしょうか?簡単に説明すると、以下になります。

GoToトラベルキャンペーン:国家事業。政府が決めた条件や割引で、同じ予約方法で全国一斉に行う旅行喚起策
地域観光事業支援県民割」:県の事業。なかなか始まらないGoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援する県主催の旅行割引キャンペーン
全国旅行支援「全国旅行割」:県の事業。地域観光事業支援の予算を全国に拡大し、県民割の予約を全県から可能にするもの。ただしGoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援していることに関しては地域観光事業支援「県民割」と同じ。

事業自体が全く異なるため、GoToトラベルキャンペーンが全国旅行支援「全国旅行割」に変わってしまったわけではありません。斉藤国土交通相も全国旅行支援立ち上げ会見の際に「やらないわけではない」と言っています。

しかし…全国旅行支援が全国規模の事業になるとはいえ、10月10日で終了した地域観光事業支援の規模を大きくしただけ。実施時は問題が多いと言われた国家事業GoToトラベル事業ですが、はっきりいって、全国旅行支援と比較すると予約する側としてはとても予約しやすかったことを思い出させてくれます。

え?どういうこと?

全国旅行支援は全県で異なる!

予約できる人は全国在住者になったものの、運営自体は県であり、県民割の割引率や上限額を変えた程度のものであるという認識は、きちんと持っていた方がいいでしょう。難解でよくわからないと言われた県民割よりは、少しだけ共通事項も増えはしましたが、クーポンの種類や、各予約方法が微妙に違ったりするのです!
47都道府県が全国旅行支援を開始しますが、行きたい県がある場合は、きちんとチェックしておきましょう。

地域ブロック都道府県
北海道・東北北海道全国旅行支援青森県全国旅行支援岩手県全国旅行支援宮城県全国旅行支援秋田県全国旅行支援山形県全国旅行支援福島県全国旅行支援
関東茨城県全国旅行支援栃木県全国旅行支援群馬県全国旅行支援埼玉県全国旅行支援千葉県全国旅行支援東京都全国旅行支援神奈川全国旅行支援山梨県全国旅行支援
北陸信越・中部新潟県全国旅行支援富山県全国旅行支援石川県全国旅行支援福井県全国旅行支援
長野県全国旅行支援岐阜県全国旅行支援静岡県全国旅行支援愛知県全国旅行支援三重県全国旅行支援
近畿滋賀県全国旅行支援京都府全国旅行支援大阪府全国旅行支援兵庫県全国旅行支援奈良県全国旅行支援和歌山県全国旅行支援
中国・四国鳥取県全国旅行支援島根県全国旅行支援岡山県全国旅行支援広島県全国旅行支援山口県全国旅行支援徳島県全国旅行支援香川県全国旅行支援愛媛県全国旅行支援高知県全国旅行支援
九州・沖縄福岡県全国旅行支援佐賀県全国旅行支援長崎県全国旅行支援熊本県全国旅行支援
大分県全国旅行支援宮崎県全国旅行支援鹿児島全国旅行支援沖縄県全国旅行支援

大阪府全国旅行支援とは?

日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン公式サイトより

大阪府全国旅行支援「日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン2022」も全国旅行支援の一つ。大阪府及び大阪市は、旅行機運の醸成並びに観光消費の喚起を図ることで、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けている大阪府内等の観光関連事業者を支援するため、この事業を行います。

大阪府全国旅行支援の予約対象

日本国民および在住者

大阪府全国旅行支援の期間

実施期間:2023年1月10日(火)〜3月30日(木)
※3月31日(金)チェックアウト迄
※事業予算に達した場合は時期を待たず終了
※2022年分は12月27日で終了

大阪府全国旅行支援の既存予約はどうなる?(後から割引きなど)

2023年1月10日から再開する全国旅行支援は政府から「販売開始前の既存予約については対象外とする」という通知があり、大阪府も例外ではありません。
2023年1月5日以前に、2023年1月10日から3月30日まで間に大阪府の旅行を予約している場合は、全国旅行支援の対象外となります。
これまでの延長や、開始時とは対応がことなりますのでご注意を!

大阪府全国旅行支援はいくらお得?

全国旅行支援は2023年の年明け以降の開始日など、未定の部分が多いです。
ただし唯一決定しているのが2023年の割引率や支援額の上限。2022年の全国旅行支援よりも、割引額は引き下げられ、お得度は少々下がりました。どう変わるのか、内容を把握しておきましょう。

2023年1月10日から3月30日までの全国旅行支援

平日旅行の交通付きの旅行(ツアーなど):1人1泊クーポンを含めると平日最大7,000円お得に。
平日の宿泊・日帰り旅行:1人1泊(日帰りは1回につき)最大5,000円お得に。
※大阪府全国旅行支援の対象金額は1人1泊あたり平日3,000円以上・休日2,000円以上。この金額以下の旅行は対象外

大阪来てな!キャンペーン期間の上乗せクーポンは終了!

2023年1月25日(水曜日)から2023年2月28日(火曜日)の「大阪来てな!キャンペーン」期間は
平日旅行の交通付きの旅行(ツアーなど):1人1泊クーポンを含めると平日最大10,000円お得だったのですが、大阪府は上乗せクーポンについて予算上限に達したことを発表。

支援内容

日本全国に住んでいる方の、大阪府への旅行代金を20%割引
1人1泊あたりの上限:ツアーなどの交通付き宿泊旅行5,000円/宿泊・日帰り3,000円
大阪の飲食店やショップで使える地域クーポン券「おおさかPAY」:1人1泊あたり(日帰りの場合は1人1回)平日2,000円分/休日1,000円分付与

クーポンや下限額に差が出る大阪府全国旅行支援の休日・平日の定義

宿泊の場合:宿泊日とその翌日がどちらも休日(土日祝)の場合には、その宿泊を「休日」、その他の場合については「平日」
日帰り旅行の場合:土日祝日を「休日」として扱います。

大阪府全国旅行支援地域クーポン「おおさかPAY」の使い方

日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン2022の地域クーポン「おおさかPAY」は、スマートフォンの決済アプリ「regionPAY(リージョンペイ)」を利用。日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン2022での旅行期間内にショップや飲食店、観光施設やお土産などの加盟店のみで使える決済ポイントです。
ただし、有効期間は旅行開始日から1週間有効。もしくはキャンペーン期間最終日翌日までのいずれか早い日付までになるので、お気を付けてください。
大阪府は「regionPAY(リージョンペイ)」の利用を推奨していますが、どうしても使えないという場合は紙クーポンもあります。
※地域クーポンは、おつりが出ません「おおさかPAY」
「おおさかPAY」が使えるショップや飲食店はこちらから検索▶

まずはこの用紙がもらえます

①決済アプリ「regionPAY(リージョンペイ)」

1.宿泊施設チェックイン時や旅行会社での予約購入時に電子クーポンを受け取る
2.電子クーポン記載のQRコードを読み取り「regionPAY」をダウンロード
3.電子クーポン記載のQRコードを読み取り「おおさかPAY」にクーポン金額分をチャージ
4.加盟店舗のQRコードを「regionPAY」アプリで読み込み、決済

使い方はこちら▶

②紙クーポン

1.宿泊施設のチェックイン時や旅行会社での予約購入時、QRコードが記載された用紙を受け取る
2.店舗側でQRコードを読み込む

※ただし、紙クーポンについては「regionPAY」ほど加盟する店舗が多くないという情報が入っています。取り扱いできない店舗が多いため、ご注意ください。入店前に紙クーポンが利用できるかどうか確認すること。

大阪府全国旅行支援地域クーポン券のもらい方

大阪府全国旅行支援の地域クーポンは予約した場所によって受け取れる場所が変わります。宿泊施設または旅行会社となり、平日1人1泊2,000円分・休日であれば1人1泊1,000円分がもらえます(日帰りは1人1回です)。

〇交通と宿泊を伴うツアーなどの旅行⇒初日の宿泊施設チェックイン時受け取る
〇宿泊施設で直接予約⇒初日の宿泊施設チェックイン時受け取る
〇オンライン旅行予約サイト(OTA)⇒初日の宿泊施設チェックイン時受け取る
〇日帰り旅行⇒当日係員や添乗員から当日受け取る

日本中から大阪いらっしゃーい!

大阪府全国旅行支援の予約方法

大阪府全国旅行支援「日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン2022」はワクチン・検査パッケージを利用します。新型コロナウィルスワクチン接種完了済みの接種証明書もしくはPCR検査等の陰性結果の証明書が必要です。

大阪府全国旅行支援をワクチン接種証明で利用する場合

ワクチン接種証明で大阪府全国旅行支援「日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン2022」を利用する場合、3回目以上のワクチン接種済のワクチン接種証明でなければ、大阪府全国旅行支援の対象外になります。

国内外で使えるワクチン接種証明の取得方法はこちらの記事で詳しく説明しています。合わせてお読みください。

国内外どちらも使えるワクチン接種証明書取得方法はこの記事をチェック↑↑

接種証明でなくとも
・新型コロナウイルスワクチン予防接種済証
・新型コロナウイルスワクチン接種記録書
でも可能。

みんなもらえるこの書類でもOK!必要事項を全て撮影した画像でも可能

ただし、上記の証明書が本人のものか確認できる身分証明書(パスポート・免許証・保健証など)の原本を持参する必要があります。

大阪府全国旅行支援を陰性証明で利用する場合

陰性証明は検査によって有効期限が異なります。
PCR検査・抗原定量検査:旅行・宿泊開始日の前日から起算し3日以内のもの
抗原定性検査:旅行・宿泊開始日の前日から起算して1日以内のもの

こちらの場合も陰性証明が本人か確認するため、身分証明書(パスポート・免許証・保健証など)を持参する必要があります。
陰性証明持参の全国旅行支援参加は、有効期間に追われることになりますのでご注意ください。

大阪府のワクチン・検査パッケージの定義より

詳細はこちら⇒大阪府のワクチン・検査パッケージの定義▶

なお、薬局などで販売されている簡易キットは無効です。必ず陰性証明書が出る検査を受検してください。
住んでいる県に、無料検査機関がある場合もあります。もしも見つからない場合や無料の検査機関が遠い場合は、他にも様々な検査機関や手段があります。リサーチしてみましょう。

検査機関名受けられる検査内容
TケアクリニックPCR検査宅配キット
※全国対象
株式会社新型コロナ対策PCR検査宅配キット
※全国対象
ピカパカPCRクイック検査センター来院PCR検査
※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府対象

子どもについて

子どもについてはワクチン・検査パッケージに以下の決まりがあります。
※同居する保護者など、同世帯と利用する場合、12歳未満の子どもはいずれの証明も不要
※修学旅行など文部科学省が定める学校等の活動については、証明書提示を省略できる

大阪府全国旅行支援の予約方法は?

大阪府全国旅行支援の予約方法は3つあります。

①オンライン旅行予約サイト(OTA)で予約する方法

予約できるオンライン旅行予約サイトは、以下になります。
予約サイトによって、予約の方法が異なります。
必ず予約画面の注意事項を読み、大阪府全国旅行支援の割引対象になるかを確認しながら予約しましょう。

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

②ホテルや旅館で直接予約

大阪府全国旅行支援に参加している宿泊施設検索はこちらから▶

③旅行会社で申し込み

宿泊を含むツアーや日帰りツアーなど旅行会社によって扱う内容が異なります。

大阪府全国旅行支援に参加している旅行会社はこちら▶

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

大阪府全国旅行支援日本中から大阪いらっしゃいキャンペーンの注意事項

①大阪府を目的地とする宿泊・旅行が対象
②1人泊当たりの旅行代金が、平日1人1泊3,000円(税込)以上、休日1人1泊2,000円(税込)以上の旅行が対象
(日帰り旅行については、1人1回当たりの旅行代金が、平日1人1回3,000円(税込)以上、休日1人1回2,000円(税込)以上の旅行が対象)
③1回の予約または申込につき、7泊まで対象
④利用回数に制限はありません。
⑤宿泊施設チェックイン時、旅行の申込時、または旅行当日に、利用者全員分の証明を提示する必要があります
★身分証(運転免許証・パスポート・健康保険証など)
★ワクチン接種証明または検査陰性(回数、規定は前述)

大阪府全国旅行支援最新情報は随時更新!

大阪府全国旅行支援「日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン2022」の最新情報は発表され次第、この記事を更新していきます!

たびハピ編集部

たびハピ編集部