GoToトラベルいつから再開?県民割延長で再開は6月以降か?※4月25日更新

たびハピ編集部

たびハピ編集部

「GoToトラベルキャンペーンを適切な時期が来たら迅速に再開できるよう政府としても準備を進めたい」と岸田総理大臣が発言して以降、政府はGoToトラベルキャンペーンの予算からねん出している県民割こと「地域観光事業支援」の制度や期間を変更。オミクロン株の感染拡大で一時停止していた県民割を再開させ、日本を6ブロックに分けたエリア拡大を行っています。これにより、2022年4月25日現在、ブロック内の県民であれば、いずれの県の利用も可能となりましたが、ブロック内の全県が使えないエリアもあり、各県とも予約方法が微妙に異なります。

さらに政府は多の県からの要望に応える形で、当初2022年4月28日までの期間としていた「地域観光事業支援」を5月末まで延長。県民割は5月末まで継続されることとなりました。

県民割の拡大・延長の向こうにGoToトラベルキャンペーンがあることは予想ができますが、政府が「地域観光事業支援」の期間を5月末まで延長したことで、GoToトラベルキャンペーンの再開も「早くとも6月以降で時期は未定」の状態に。

また、3度目のワクチン接種が進む今、ワクチン・検査パッケージも昨年の運営方法とは大きな変化が!県民割ではワクチン・検査パッケージを活用。同じくワクチン・検査パッケージを使い予約することになる、とされているGoToトラベルキャンペーンの練習にも最適です。

あいつが…帰ってくる?その前にエリア拡大する県民割で旅行しよう!

すでに新GoToトラベルキャンペーンの割引額や地域共通クーポンなどの新決定事項は2021年11月19日に発表されています。その内容をすべてこの記事にまとめ、GoToトラベルキャンペーンの動きを追っていきます。

内容がある程度決定しているということは、GoToトラベルキャンペーンの再開は、時期はさておき「ある」ということ。

私たちは、少しでもお得な旅行を計画しましょう。

県民割のエリアが拡大!その後にGOTOトラベル再開

まん延防止等重点措置全面解除直前に「GoToトラベルキャンペーンは適切な時期が来たら迅速に再開できるよう政府としても準備を進めたい」という岸田総理の発言を受けて、斉藤国土交通大臣は「まん延防止等重点措置で止まっていた地域観光事業支援である県民割などの自治体旅行割引を各県を再開し、県縛り隣県縛りのブロックを、地方ごとに利用できるブロックに拡大するというステップを踏んでから、GoToトラベルキャンペーンを全国で再開するという手順を踏む方針である」と述べました。

2022年3月25日には、県民割のエリア拡大後の運用方法が正式に発表され、4月1日以降、多くの県が県民割のエリア拡大を行い、さらに県民割の予算となっている「地域観光事業支援」の延長を政府が発表したことで、2022年4月25日現在、県民割はゴールデンウィークを除く5月31日まで行われることになりました。
しかし自治体により予約方法が微妙に異なり、まだ再開できていない都府県や、エリアすべての県が利用できないエリアもあります。

現在の県民割の状況はこちらの記事に詳しくまとめたので合わせてチェックしてください。

県民割の予約方法や現在の状況はこちら↑↑

今のうちに県民割やGoToトラベルをお得にする方法を考える

GoToトラベル事業は停止しているものの、まん延防止等重点措置以前、政府はGoToトラベルキャンペーンを段階的に進めるために県民割こと「地域観光事業支援」が活発化しています。
これは、GoToトラベル事業の予算から、都道府県が実施する旅行割引キャンペーン(県民割など)を1人1泊につき最大7,000円補助するもの。
県民割は後で説明するGoToトラベルキャンペーンとあまり変わらない程度の割引が受けられるもの魅力。

このような時期なので、まずいつも使っている宿泊予約サイトや旅行会社のポイント、航空会社のマイルをどんどん増やすことが「お得な旅行」の最善の方法。GoToトラベルキャンペーン前の県民割の予約でもポイントが貯まり、現金やマイルに変えることができるポイントサイト「ハピタス」の登録を済ませて、予約の準備を始めましょう。

まずは下のボタンからリサーチを。楽天トラベル・じゃらん・JTB・HIS・日本旅行他大手旅行予約サイトの大部分が参画しています。どんな旅行系企業が参加しているか、ハピタスの「旅行系企業」をチェック。

県民割とは?地域観光事業支援再開に期待

4月1日からエリア拡大が始まった「県民割」。旅行好きの人ならもう利用した人も多いはず。
まだ使ったことがないという人に解説すると、新型コロナウィルス感染拡大が長引く中で、なかなか再開しなかったGoToトラベルキャンペーンの代替であり、GoToトラベル事業の予算から支援されている「プチGoToトラベルキャンペーン」のようなものです。

GoToトラベルキャンぺーンの先駆け!県民割とは?

期間:ゴールデンウィークを除く5月31日まで

政府は2022年3月末の県民割エリア拡大の発表時点で、「地域観光事業支援」を2022年4月28日までとしていました。
県民割は、GoToトラベルキャンペーンの予算から政府が県に資金を援助するものの、あくまでも主催は県。
エリア拡大の準備ができていない県はまだ再開にもおよんでおらず、4月28日までにエリア拡大なんて無理、なんていう県も出てきました。
そこで2022年4月11日、政府は「地域観光事業支援」を5月末まで1か月延長する方向で調整を始め、5月31日までの延長を決定します。ただし、感染防止の観点から、混み合うゴールデンウィークは対象外に。
県民割はGoToトラベルキャンペーンまでをつなぐもの。ということは…GoToトラベルキャンペーンもその分先送りと考えたほうがよさそうです。

県民割ではなく地域ブロック割

4月1日以降の県民割は、同じ地域ブロックの範囲であればどの県の県民割の予約も可能です。

ただし、県民限定の割引を、政府が指定した6ブロック内の都道府県へエリア拡大する場合、県は同ブロックの各県に同意を取る必要があります。たとえば、神奈川県が「埼玉県民も予約していいですよ」と言っても、埼玉県の同意が得られなかった場合は成立しません(あくまでも例で、予約できます)。そのため、地域ブロックへの拡大は地域ブロック内での調整を終えてから、各自治体ごとで発表されます。

出典:観光庁

北海道民割3月22日再開!

政府の「県民割のエリア拡大」発表を受け、北海道の「どうみん割」が一番乗りで再開!

まずは最も早く再開した「どうみん割」は、道民限定で再開となりました。
4月25日現在は、北海道民だけではなく、青森県民・岩手県民・宮城県民・秋田県民・山形県民の利用が可能です!
楽天トラベルやJTBなど、大手旅行予約サイトでも予約可能なので、どうみん割予約でもお得になるポイントサイト「ハピタス」に登録(もちろん無料)して、ハピタス上の旅行サイトのページから予約すると、もっとお得になります!

どうみん割の予約はハピタス登録後、宿泊予約サイトで予約が超お得
DATA
どうみん割詳細:北海道どうみん割

県民割4月25日現在続々エリア拡大中!

道民割を皮切りに、県民割が続々スタート!4月25日現在エリア拡大している県の情報、予約方法やワクチン・検査パッケージの使い方は以下の記事にまとめました。ぜひ参照にして県民割を使ってください。

県民割の予約方法とワクチン検査パッケージの使い方↑↑

ワクチン・検査パッケージの条件が変わります

どちらも12歳未満は保護者などワクチン・検査パッケージの条件を満たした同伴者を条件に検査は不要です。

2022年3月末までの県民割の条件であるワクチン検査パッケージ

ワクチン接種歴2回完了が証明できるもの
もしくは
陰性証明

が条件でした。

これまでのワクチン・検査パッケージについてはこの記事を参照!↑↑

2022年4月1日からの県民割の条件であるワクチン検査パッケージ

ワクチン接種歴3回が証明できるもの
もしくは
陰性証明

ただし県外旅行でなく、県内旅行で県民割を使う場合は、知事判断でワクチン接種については2回完了でも可能となっています。栃木県民割はたとえ県内の県民旅行でも、ワクチン接種は3回完了していなければ、陰性証明書を提示とするなど、すでに各県でばらつきが発生しています。これがGoToトラベルキャンペーンのように統一されていた国家事業と地方自治体事業の違いです。

ちょっと他県と違う栃木県民割の記事はこちら↑↑

県民割・GoToトラベルをさらにお得にするには?

続々エリア各中、そして期間も5月31日までに延長が予想される県民割、そして県民割終了後に再開が期待されるGoToトラベルキャンペーンは、楽天トラベルやじゃらん、JTB、るるぶ、一休などの旅行予約サイトでクーポンを配布する形を取っている県も多いのです。それらの旅行キャンペーンは通常通りポイントが貯まりますが、そのポイントがさらに増える方法もあります。

ポイントサイト「ハピタス」に登録して、じゃらん・楽天トラベル・Yahooトラベル他いつも自分が貯めている旅行サイトのポイント増を狙いましょう。また、同時に「ハピタスポイント」も貯まります。こちらのポイントは、なんと、航空会社のマイルに交換したり、現金に交換できるんですよ!お買い物でポイントを貯めることも可能なので、旅の準備には必須です。

いつかは始まるGoToトラベルキャンペーンをもっとお得にすることができるわけです。先に登録して準備を万全にして待ちましょう!

まずは下のボタンから、あなたの貯めている旅行サイトがあるかどうかリサーチしてみましょう。

GoToトラベルキャンペーンとは?再開前におさらい

「国内旅行の35%の割引+15%の地域共通クーポン券=1人につき旅費の50%を政府が負担※上限は1人1日2万円」という従来の割引率の「35%の旅行代金部分の割引率」が引き下げられました。

2020年のGoToトラベル割引率 35%⇒2022年のGoToトラベル 割引率 30%

新型コロナウイルス感染拡大により、多くの人が自粛を余儀なくされ、外出し集まることがなくなりました。そのことで打撃を受けた、日本国内の観光地や宿泊施設、旅行業者を国民の旅費を半額支援することで、旅行をさせ、観光事業を活性化する目的でスタートした国家プロジェクト。使ったことがない人はまずこの記事からおさらいを。

旧GoToトラベルキャンペーンをおさらい

GoToトラベルキャンペーンはワクチン・検査パッケージ活用

2022年再開を予定している新GoToトラベルキャンペーンはワクチン・検査パッケージを活用します。

ただし、さきほどの県民割の部分で説明した通り条件が変わります。

「ワクチン接種証明を持っていない」と慌てる人も多いかもしれませんが、必ずしも接種証明を提示する、ということではなく、接種後に誰でももらえる接種完了の証明書の提示でも可能。
接種証明や接種完了の証明のコピーや撮影した画像でも、身分証明書と一緒に提示することでGoToトラベルキャンペーンに参加することができます。

大阪いらっしゃいキャンペーン2021
出典:大阪いらっしゃいキャンペーン2021 

ただしPCR検査の陰性証明や簡易キットでの抗原検査の陰性証明の場合、有効期限があります。ワクチン接種の証明で利用する場合は、回数が3度必要になる、と言う部分以外は変更事項はいまのところありませんので、以下の記事を参照してください。

GoToトラベルキャンペーン再開時何が変わる?

2020年に行われていた当時から指摘されていた点は以下の2つ。

■利用者が土日に集中
■比較的高級な宿泊施設に集中し中小の事業者に恩恵がなかった

この2つの点が、以下の方法で改善されることになりました。GoToトラベルキャンペーンの公式サイトにも新たに明記されましたが、以下のように変更となります。

新GoToトラベルキャンペーン
出典:GoToトラベルキャンペーン事務局

割引率の引き下げ

この図は2020年に行われていた旧GoToトラベルキャンペーンの割引率

GoToトラベルとは?再開待てない
観光庁公式サイトより

上限額の引き下げ

2020年GoToトラベルキャンペーン催行時、多くの国民が「いつもより贅沢な旅行をしよう!」と、予約が高級ホテルや旅館に集中した大きな要因が、割引支援額の上限。

GoToトラベルキャンペーン いくら得する
観光庁公式サイトより

当時は1人1泊上限2万円ということで、上限まで支援を受けようという人間心理が働きました。
その結果、良心的な料金のツアーを出している旅行会社や、リーズナブルなホテル・旅館が恩恵を受けられないという不平等さがあり、以下のように変更されます。

旅費支援上限額・宿泊旅行 1人1泊につき
2020年 14,000円⇒2022年交通付き(ツアーなど)10,000円/宿泊のみ7,000円

旅費支援上限額・日帰り旅行1人
2020年 7,000年⇒2022年 3,000円

利用者にとっては、お得感がぐっと低くなりました。

得な旅に何度も行けば良いさ!

地域共通クーポン発行の大幅変更

2020年催行時のGoToトラベルキャンペーンで支援の50%のうち、15%を担っていた、旅行先で使える地域共通クーポンにも大幅な変更事項が加わります。
おさらい…地域共通クーポン券は1枚1000円。電子クーポンと紙クーポンがあります

GoToトラベルキャンペーン紙クーポン
地域共通クーポン(紙バージョン)

地域共通クーポンの上限は3000円分

2020年 旅費援助額50%中の15%分を地域共通クーポンで援助⇒クーポン上限は旅費に関係なく3000円分まで

地域共通クーポンは平日・休日の発行枚数を変える

週末に旅行者が集中しないよう、様々な案が出されていました。しかし平日と休日の旅費の割合を分けるようなシステム変更は、旅行予約サイトや宿泊者側にも大きな負担がかかるため、地域共通クーポンで差をつけるという、最も簡単な方法で決着をつけた模様。

平日3,000円・休日1,000円

GoToトラベルキャンペーン再開はいつ?

2022年1月下旬再開を目指し、検討していた政府ですが、1月6日、沖縄県・広島県・山口県からのまん延防止等重点措置要請を受け、当面の間再開を見送る方向で調整しています。

割引額とクーポン発行枚数をまとめてみると?

2022年1月中旬~2月に再開予定の新しいGoToトラベルキャンペーンについて、国土交通省は以下のようにまとめています。

GOTOトラベルいつから再開?
ゴールデンウィークまでは国家事業。それ以降は都道府県の事業 出典:国土交通省

GoToトラベルキャンペーンはゴールデンウィーク前までを国家事業として行い、それ以降は都道府県の事業として割引率を下げ、ゴールデンウィークから夏休みまでを網羅していきます。
現在は都道府県内の自治体旅行がメインですが、ゴールデンウィーク以降の自治体版GoToトラベルキャンペーンは、全国規模であることを期待しましょう!

残念!春休みは除外に

観光庁は12月8日、観光支援事業「GoToトラベル」について、2022年に再開した場合、春休み期間は割引の対象外とする方針を明らかにしました。
除外となる期間は3月下旬~4月上旬で正確な除外日は今後、調整します。春休みは対象外としても旅行需要が見込めるとの判断ではあるものの、旅行予約サイトなどのシステム構築は大変そうです
GoToトラベルキャンペーンは、ゴールデンウイークまでを予定しており、実際に使える時期は2か月半くらい?と考えておいたほうが無難。その頃のレジャー計画は立てて臨みましょう。

なぜ再開するの?それは予算が追加されているから!

政府はなぜGoToトラベルキャンペーンを再開させようとするのでしょう。

政府は緊急事態宣言前の2020年12月2日に、GoToトラベルキャンペーンを2021年6月末まで延長する方針を固め、12月8日の「追加経済対策」に盛り込み「GoToトラベル事業」の延長に伴い1兆311億円を計上していました(出典:観光経済新聞)。
つまり……GoToトラベルキャンペーンの延長はもともと決定していたものなのです。

実際、宣言発令以前に旅行会社や宿泊施設には「まずは2月末まで延長する。その後の延長は追って通達します」という官公庁からの通達も入り、一部旅行会社が延長告知。しかし、のままGoToトラベルキャンペーンが停止に入った経緯があります。

その後、GoToトラベル事業の予算から、ステージ2の自治体で自治体内旅行をする場合の援助をするとして、予算が盛り込まれたものの、まだまだGoToトラベル事業の予算は残っています。

「そんな事業もうやらなくても旅行するのに」なんて人もいますが、私たちの税金が予算に組み込まれれいる以上、使って少しでも取り戻したいですし、何よりも今回は旅行事業者や地域活性化のための事業。2020年の旧GOTOトラベルキャンペーンほどお得ではなくなりましたが、私たちが参加することで、旅行業の皆さんが平等に恩恵を受けられるのであれば、またGoToトラベルしようじゃありませんか。

もったいぶってる訳ではない…

ドタバタだったGoToトラベル事業を振り返ろう

そもそもGoToトラベルキャンペーンは本当はオリンピックが開催される2020年7月22日から2021年1月末日終了(予定)の事業でした。

当初は他3つのGoTo事業と同時にスタートするはずが、いきなり前倒したことから、旅行会社や宿泊施設の準備が追い付かず、利用者も困惑したものです。7月中旬に感染者が増加したこともあり、東京都を除外してスタートしたものの、援助の一つである「地域共通クーポン」まで間に合わず、すべてが本来の姿となったのは2020年10月1日。

やっと軌道に乗り始めたころ、第三波により感染が再々拡大。一時停止や高齢者などの自粛など、小規模な対策を取っていましたが収束せず、2020年12月28日から停止に。

年末年始という日本人が最も動く時期。GoToトラベルキャンペーンでお得に旅行ができるからと、こぞって予約をした人々が泣く泣くキャンセル。最も打撃を受けたのは、稼ぎ時の年末年始を停止されてしまった宿泊施設に違いありません。

gotoトラベルキャンペーンいつから再開
最も楽しくない年末年始になったGoToトラベル利用者たち

ワクチン検査パッケージ利用で再開するはずだった2022年バージョンのGoToトラベルキャンペーンも、前述通り再開の時期が読めない状態です。

安心で利用しやすい「新GoToトラベル」を待つ!

もともと、とっても難しかったGoToトラベルキャンペーン。旅行会社や宿泊施設の方々は、運用が大変でした。そして利用する側も変更事項が増えるたびに「え?何?で、どうすればいいの?」と泣きそうになったものです。

今度こそ現場に混乱が起こらない、分かりやすく利用しやすいGoToトラベルキャンペーンとして華々しく再スタートが切れるよう、期待して待ちましょう。

GoToトラベルで温泉に行きたいな!

GoToトラベル停止中にできるお得な旅行方法とは?

GoToトラベルキャンペーンの再開を待って旅行予約をしようとしていた日本国民。
しかし!実はGoToトラベルキャンペーン再開まで一人でも多くの旅行者を取り込むべく、特にホテルや旅館が涙ぐましい努力をしているのをご存知ですか?

思い起こせば昨年のGoToトラベルキャンペーン時は、これまで手が届かなかったホテルに多くのゲストが流れ込み、高級ホテルマンも笑顔での対応が厳しかったというほど「うれしいけれど、本来のサービス」ができない辛さがありました。
空いているうえに、びっくりするほど安い宿泊料金でホテルや旅館に泊まてる今なら、心からのおもてなしが受けられます

GoToトラベル事業が以前と同じ上限1日1泊2万円まで、という太っ腹なことをしようとしているのであれば、待って正解です。しかし実際には、割引率は大幅に下がってしまいました。

でも、ポイントサイト「ハピタス」に無料登録してログインし、ハピタスに経由で旅行予約サイトから予約すれば…通常の4.5%もポイントバックされるホテルズドットコムや…

ホテルズドットコムのポイントがハピタス経由で4.5%増(ポイントはキャンペーンやシーズンで上下します)

じゃらんもハピタス経由で2.0%もポイント増に!

じゃらんのポイントがハピタス経由で2%増(ポイントはキャンペーンやシーズンで上下します)
エクスペディアがハピタス経由なら通常の6.8%増!すごすぎる!(ポイントはキャンペーンやシーズンで上下します)

これら大手旅行予約サイトのポイントと、ハピタス独自のポイント「ハピタスポイント」が両方貯まり、ハピタスポイントは現金や航空会社のマイルに貯めることもできるのです。GoToトラベルキャンペーンが停止中でも、お得な旅行は可能!それが「ハピタス」です!そんな時こそポイ活サイト「ハピタス」でしっかりとポイントを貯める活動を始めれば、GoToトラベルキャンペーン並みにお得な旅行ができることも。

今大手旅行会社が導入しているのが「GoToトラベルキャンペーンが始まった場合、あとから割引」するという後から割引き。しかしこの商品も、必ずしも底値の商品ではないのです。というのも、政府の補助があるということで、旅行会社や宿泊予約サイトは一番安いセール商品や宿泊料金をGoToトラベルキャンペーンの割引にすることは絶対にしません。正規料金から安くなるのがGoToトラベルキャンペーン。

GoToトラベルキャンペーンを待っている人が多いので、ホテルや旅行の予約が入らない…ということで、ホテルや旅行会社は身を削って底値を出している状態です。

満室で希望日にとれないようであれば、底値の今、旅行するのも手ですよ!というわけで筆者はもう何度かちょっと素敵なホテルの底値料金を楽しんでいます。

みなさんもぜひ、GoToトラベル前のお得な旅行を楽しんでみては?

たびハピ編集部

たびハピ編集部