青森県全国旅行支援延長1月10日から!予約はどこでできる?既存予約はどうなる?

たびハピ編集部

たびハピ編集部

青森県は全国旅行支援「青森県おでかけキャンペーン」を2023年1月10日から3月30日まで(チェックアウトは3月31日まで)実施します。
2023年1月27日現在、予約ができる旅行予約サイトは以下。このリンクから予約できます。

12月28日開始:HIS
1月4日開始:ゆこゆこ
1月5日開始:クラブツーリズム
1月6日開始:るるぶトラベル楽天トラベルANAスカイツアーズJTB
1月7日開始:JALゆめやど
1月10日開始:近畿日本ツーリストじゃらん
1月13日開始:東武トップツアーズANAトラベラーズ
1月17日開始:Relux
1月18日開始:Yahoo!トラベル一休.com
1月20日開始:JR東日本びゅうトラベルANAトラベラーズホテル
1月24日開始:日本旅行
1月27日開始:JAL(上乗せ割引)

また、まだ販売開始日ではない旅行予約サイトは気を付けて。2023年の全国旅行支援は販売開始日時以降の予約でなければ、全国旅行支援の対象として受け付けてくれません。
予約方法が変わった旅行予約サイトもあります。じゃらんは全国旅行支援のクーポン獲得は不要ですが宿やツアーを検索し「全国旅行支援対象」の表示のある宿やツアーの清算時に「上記の同意して利用する」にチェックをいれなければ対象にならないので、注意してくださいね。

じゃらん全国旅行支援より

2023年延長分にはちょっと残念なお知らせも。
2023年の全国旅行支援は2022年と比較すると割引額は引き下げられます。

青森県といえば奥入瀬渓流や、世界遺産・白神山地、八甲田など、神秘的で荘厳な大自然が雪で真っ白に。また、青森の大間と言えばマグロが有名。海鮮が美味しい土地でもあり、温泉もあるので、雪を愛でる旅やグルメ旅、温泉旅行と、どれをとっても満足できます。

さあ、この機会に青森に出かけましょう!予約はこちらから!

対象者:日本在住者
実施期間:
2023年1月10日(火)~3月30日(木)
※3月31日チェックアウトまで※予算が終わり次第終了
2023年1月10日以降の予約開始日:2023年1月10日から準備ができた宿泊施設やオンライン旅行予約サイトなどから順次開始
旅行支援内容:
1月10日からは1人1泊あたり旅行代金の20%
上限額:
交通付き(ツアーなど)1人1泊につき宿泊旅行5,000円/宿泊1人1泊あたり3,000円(日帰りは1人1回につき3,000円)
地域クーポン券「青森県おでかけクーポン」
1人1泊あたり平日2,000円・休日1,000円※原則電子クーポンとなります。

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

雪の弘前城

全国旅行支援とは?

新型コロナウィルス感染拡大により、打撃を受けた日本の観光業や旅行業の支援のために2020年7月に開始した国家事業GoToトラベルキャンペーン。残念ながら同年12月末に感染拡大のため停止となります。
政府は2022年10月11日から、その予算から、県が自県に旅行に来る全国の旅行者の旅費を割り引くなどの支援をした際に、県を支援する制度「全国旅行支援」を開始。GoToトラベルキャンペーンの代替え観光需要喚起策ですが、国家事業ではなく支援を受けて動くのは県という県の事業です。
全国規模にはなりましたが10日10日まで行われていた地域観光事業支援「県民割」と同じ事業のスタイルとなります。
GoToトラベルキャンペーンについての詳細は以下の記事に書かせていただいたので、要チェック。

GoToトラベルキャンペーン再開までの動きを追う↑↑

全国旅行支援とGoToトラベルの違い

GoToトラベルキャンペーン・地域観光事業支援(県民割)・全国旅行支援(全国旅行割)。その違いとは何なのでしょうか?簡単に説明すると、以下になります。

GoToトラベルキャンペーン:国家事業。政府が決めた条件や割引で、同じ予約方法で全国一斉に行う旅行喚起策
地域観光事業支援県民割」:県の事業。GoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援する県主催の旅行割引キャンペーン
全国旅行支援「全国旅行割」:県の事業。地域観光事業支援の予算を全国に拡大し、県民割の予約を全県から可能にするもの。ただしGoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援していることに関しては地域観光事業支援「県民割」と同じ。

新型コロナウィルス感染拡大が長引かなければ、GoToトラベルキャンペーンだけで終わっていたものの、感染の状況に合わせて地方自治体にGoToトラベル事業の予算から支援をし、徐々に支援が拡大していった流れです。
斉藤国土交通相は「GoToトラベルキャンペーンはやらないわけではない。その時の状況を見てから」と明言しており、全国旅行支援になったからといって、GoToトラベルキャンペーンがなくなるわけではありません。

…とはいえ現時点で、実施する保証もありません(笑)。

全国旅行支援は全県で異なる!

はじめに言っておきますと、全国旅行支援は全県微妙に少しずつ違います。
それはクーポンの発行方法だったり、割引方法だったり、併用できるキャンペーンのありなしだったりなど、おおもとの割引料金やルールは決まっていても、県が主催なので、県の思惑に合わせることになるためです。
GoToトラベルキャンペーンは国家事業なので、国が決めたルール通りに県が動くことになるので、ルールは1本!そこが違う所です。
47都道府県が全国旅行支援を実施しますが、行きたい県がある場合は、きちんとチェックしておきましょう。

地域ブロック都道府県
北海道・東北北海道全国旅行支援青森県全国旅行支援岩手県全国旅行支援宮城県全国旅行支援秋田県全国旅行支援山形県全国旅行支援福島県全国旅行支援
関東茨城県全国旅行支援栃木県全国旅行支援群馬県全国旅行支援埼玉県全国旅行支援千葉県全国旅行支援東京都全国旅行支援神奈川全国旅行支援山梨県全国旅行支援
北陸信越・中部新潟県全国旅行支援富山県全国旅行支援石川県全国旅行支援福井県全国旅行支援
長野県全国旅行支援岐阜県全国旅行支援静岡県全国旅行支援愛知県全国旅行支援三重県全国旅行支援
近畿滋賀県全国旅行支援京都府全国旅行支援大阪府全国旅行支援兵庫県全国旅行支援奈良県全国旅行支援和歌山県全国旅行支援
中国・四国鳥取県全国旅行支援島根県全国旅行支援岡山県全国旅行支援広島県全国旅行支援山口県全国旅行支援徳島県全国旅行支援香川県全国旅行支援愛媛県全国旅行支援高知県全国旅行支援
九州・沖縄福岡県全国旅行支援佐賀県全国旅行支援長崎県全国旅行支援熊本県全国旅行支援
大分県全国旅行支援宮崎県全国旅行支援鹿児島全国旅行支援沖縄県全国旅行支援

青森県全国旅行支援とは?

青森県全国旅行支援「青森県おでかけキャンペーン」も全国旅行支援の一つ。青森県おでかけキャンペーンは、一人ひとりの感染防止対策で「安全・安心」な旅を楽しみながら、青森県内の観光産業を応援するキャンペーンです。

大自然を眺めながらスノボできちゃうスキー場もある

青森県全国旅行支援の予約対象

日本国民および在住者

青森県全国旅行支援の期間

実施期間
2023年1月10日(火)~3月30日(木)※宿泊は3月31日(金)チェックアウト分まで
※予約開始日は2023年1月10日から、準備ができた旅行事業者より順次

既存予約はどうなる?(後から割引きなど)

各旅行事業者の予約開始日時以前に予約された旅行については、全国旅行支援の対象外となります。
これは、2022年に全国旅行支援が開始された日時に、完売していることが多かったことを見直したもの。
当時、全国旅行支援開始時に、既存予約をあとから割引対象にする「あとから割引」をする旅行会社や旅行予約サイトが多く、全国旅行支援開始時に予約した通常ルールを守った人たちが、販売開始時に予約できない現象が起こったためです。
今回は予約販売開始前に予約しても振替の対応はしてもらえないので、お目当ての旅行予約サイトで予約したい人は、そのサイトの販売開始日を待ちましょう。

全47都道府県の旅行予約サイトの予約開始日を全網羅!最新の予約開始日はこの記事でチェック↑↑

青森県全国旅行支援はいくらお得??

2023年の全国旅行支援は、2022年よりも割引額が引き下げられました。どう変わるのか、内容を把握しておきましょう。

2023年1月10日から3月30日の全国旅行支援

平日旅行の交通付きの旅行(ツアーなど):1人1泊クーポンを含めると平日最大7,000円お得に。
平日の宿泊・日帰り旅行:1人1泊(日帰りは1回につき)最大5,000円お得に。
平日3,000円(ひとり1泊/日あたり)/休日2,000円(ひとり1泊/日あたり)以上の旅行が全国旅行支援の対象です。

支援内容

日本全国に住んでいる方の、岩手県への旅行代金を20%割引
1人1泊あたりの上限:ツアーなどの交通付き宿泊旅行5,000円/宿泊・日帰り3,000円
青森県の飲食店やショップで使える地域クーポン券「いわて応援クーポン」:1人1泊あたり平日あたり(日帰りの場合は1人1回あたり)平日2,000円分/休日1,000円分付与。1月10日から原則電子クーポンとなります。

青森県全国旅行支援より

子どもは対象?

有料の子どもで、対象額以上であれば対象です。添い寝など無料の子どもは対象外です。

青森のマスコットキャラクターは青いムックではなくいくべぇ/青森県全国旅行支援より

クーポンや下限額に差が出る青森県全国旅行支援の休日・平日の定義

宿泊の場合:宿泊日とその翌日がどちらも休日(土日祝)の場合には、その宿泊を「休日」。その他の場合については「平日」
日帰り旅行の場合:土日祝日を「休日」として扱います

青森県全国旅行支援の平日・休日カレンダーはこちら▶

青森県全国旅行支援地域クーポン「青森県おでかけクーポン」の使い方

青森県全国旅行支援地域クーポン「青森県おでかけクーポン」は、以前はシンプルに紙クーポンでしたが、原則電子クーポンとなりました。ただ、青森県ではインフラが整っていない施設も多く、宿泊施設で紙クーポンを配布される場合もあるようです。

青森県は直接宿泊予約する場合に使われる「STAYNAVI」上での電子クーポンを採用。宿泊施設に直接予約だけではなく、旅行予約サイトで予約した場合でも「STAYNAVI」に会員登録し、出発前にクーポンの申請する必要があり、少々面倒です。

旅行前

STAYNAVIの地域クーポン申請。
※初めてSTAYNAVIを利用される場合は会員登録が必要

旅行当日

宿泊施設でクーポンを取得
※受け取る場合、本人確認のために身分証明書を提示
※電子クーポンがチャージされるので、ステイナビのマイページ内で確認

クーポンの利用方法

①ステイナビのマイページに入る
②マイページのQRコードリーダーで、店舗に設置しているQRコードの読み取る
③利用金額を入力。「支払う」ボタンをクリック
④店舗で画面を提示
⑤店舗側での確認後に「支払う」ボタンをクリック

支払い完了

使い方はこちらの動画でチェック!

青森県おでかけクーポン有効期限

宿泊の場合:チェックイン当日からチェックアウト当日の24時まで
日帰りの場合:日帰り旅行の場合は旅行当日の24時まで

青森県おでかけクーポンはどこでもらえる?

青森県おでかけクーポンがチャージされる場所は
・宿泊を伴う旅行商品(添乗員が同行しない場合):宿泊施設にチェックインの際、フロントでチャージ
・添乗員付の旅行商品:添乗員からチャージ

青森県おでかけクーポンは宿泊日または日帰り旅行日が、
・「平日」の場合:1人1泊または1人1旅行につき、2,000円分配付
・「休日」の場合:1人1泊または1人1旅行につき、1,000円分配付
されます。ただし、クーポンは宿泊代としての利用はできません。

青森県お出かけクーポンが使える場所はこちらから検索▶

本場で食べたい!大間のマグロ

青森県全国旅行支援の予約条件は?

青森県全国旅行支援「青森県おでかけキャンペーン」はワクチン・検査パッケージを利用します。
旅行当日または宿泊当日、青森県全国旅行支援「青森県おでかけキャンペーン」を利用する全ての方が以下を提示することが利用の義務となっており、万が一、以下のものが提示できない場合は、青森県全国旅行支援は利用できません。

身分証明書

運転免許証・マイナンバーカード・パスポート・保険証など。 原本のみ有効で、画像・コピーは不可

青森県全国旅行支援をワクチン接種証明で利用する場合

青森県内在住者と、青森県外からの旅行者は、ワクチン接種回数が異なります。
◆青森県外在住者:3回目の新型コロナワクチン接種済証明
◆青森県在住者:2回目の新型コロナワクチン接種済証明(2回目の接種日から14日以上経過していることが条件)

ワクチン接種証明書はとても簡単に、無料、もしくは郵送料・発行手数料程度で発行可能なので、今後のことを考えて取っておくのもいいかもしれません。国内外で使えるワクチン接種証明書の取得方法はこちらの記事で詳しく取り方を説明しています。合わせてお読みください。

国内外どちらも使えるワクチン接種証明書取得方法はこの記事をチェック↑↑

接種証明でなくとも
・新型コロナウイルスワクチン予防接種済証
・新型コロナウイルスワクチン接種記録書
でも可能。

みんなもらえるこの書類でもOK!必要事項を全て撮影した画像でも可能

青森県全国旅行支援を陰性証明で利用する場合

陰性証明は検査によって有効期限が異なります。
PCR検査・抗原定量検査:旅行・宿泊開始日の前日から起算して3日以内のもの
抗原定性検査:旅行・宿泊開始日の前日から起算して1日以内のもの

陰性証明書には有効期限があるから、連泊の旅行はできないのではないか?と心配になりますが、青森県全国旅行支援では、初泊で有効な陰性証明(検査結果通知書)を提示できれば、検査結果は連泊しても、その旅行全体に適用できるものとみなします。
ただし、2泊目以降の宿泊施設においては、陰性証明および身分証明書の提示とともに、連続した宿泊であることを証明いただくため、その旅行で宿泊した全ての施設の証明書類(宿泊代金の領収書、宿泊証明書、旅行事業者等が発行した旅行全体の行程表など、宿泊日が確認できるものを指します)の提示も必要となるので忘れずに。

なお、薬局などで販売されている簡易キットは無効です。必ず陰性証明書が出る検査を受検してください。
住んでいる県に、無料検査機関がある場合もあります。もしも見つからない場合や無料の検査機関が遠い場合は、他にも様々な検査機関や手段があります。リサーチしてみましょう。

検査機関名受けられる検査内容
TケアクリニックPCR検査宅配キット
※全国対象
株式会社新型コロナ対策PCR検査宅配キット
※全国対象
ピカパカPCRクイック検査センター来院PCR検査
※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府対象

子どもについて

子どもについてはワクチン・検査パッケージに以下の決まりがあります。
※同居する保護者など、同世帯と利用する場合、12歳未満の子どもはいずれの証明も不要
※修学旅行など文部科学省が定める学校等の活動については、証明書提示を省略できる

混浴の「ヒバ千人風呂」が有名な酸ヶ湯(すかゆ)温泉と岩木山

青森県全国旅行支援の予約方法は?

青森県全国旅行支援の予約方法は3つあります。

①オンライン旅行予約サイト(OTA)で予約する方法

予約できるオンライン旅行予約サイトは、こちらです。

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

予約サイトによって、予約の方法が異なります。
必ず予約画面の注意事項を読み、青森県全国旅行支援の割引対象になるかを確認しながら予約しましょう。

②ホテルや旅館で直接予約

青森県全国旅行支援に参加している宿泊施設検索はこちらから▶

③旅行会社で申し込み

宿泊を含むツアーや日帰りツアーなど旅行会社によって扱う内容が異なります。

宿・ホテルの予約はこちら!

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

航空券付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

青森県全国旅行支援の注意事項

①青森県を目的地とする宿泊・旅行が対象
②1人泊当たりの旅行代金が、平日1人1泊3,000円(税込)以上、休日1人1泊2,000円(税込)以上の旅行が対象
(日帰り旅行については、1人1回当たりの旅行代金が、平日1人1回3,000円(税込)以上、休日1人1回2,000円(税込)以上の旅行が対象)
④1回の予約または申込につき、7泊まで対象
⑤利用回数に制限はありません。
⑥宿泊施設チェックイン時、旅行の申込時、または旅行当日に、利用者全員分の証明を提示する必要があります
★身分証(運転免許証・パスポート・健康保険証など)
★ワクチン接種証明または検査陰性(回数、規定は前述)

青森県全国旅行支援最新情報は随時更新!

青森県全国旅行支援「青森県おでかけキャンペーン」の最新情報は随時、この記事を更新していきます!

たびハピ編集部

たびハピ編集部