福井県全国旅行支援延長1月10日から!予約はどこでできる?既存予約はどうなる?

たびハピ編集部

たびハピ編集部

福井県は全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」を2023年1月10日から3月31日まで実施します。
ただしちょっと残念なお知らせも。2023年の年明け以降の全国旅行支援の割引額が引き下げられることが発表されています。

対象者日本在住者
実施期間:2023年1月10日(火)~3月31日(金)
※予算が終わり次第完売
旅行支援内容
1人一泊あたり旅行代金の20%
上限額:
交通付き(ツアーなど)1人1泊につき宿泊旅行5,000円・宿泊・日帰り1人1泊(日帰りは1人1回につき3,000円)3,000円
ふくいdeお得クーポン:1月10日からは平日2,000円・休日1,000円※原則電子クーポンとなります

福井県に行きたいけれど、どこで予約できるか探しきれていない、という方は、以下のリンクから予約を!ただし販売日時前の旅行予約サイトは気を付けて。販売日時前に予約すると全国旅行支援の対象になりません。

12月26日開始:楽天トラベル
12月27日開始:HISJtrip 
12月28日開始:Yahoo!トラベル一休.comゆめやど
1月4日開始:近畿日本ツーリスト
1月5日開始:ゆこゆこJTBるるぶトラベル
1月6日開始:ANAトラベラーズ
1月7日開始:ゆめやど
1月10日開始:じゃらんJAL
1月12日開始:東武トップツアーズ
1月13日開始:Relux
1月24日開始:日本旅行
1月27日開始:JAL(上乗せ割引)

全最新情報は随時以下の記事で更新しています。全47都道府県の予約が可能な旅行予約サイトの最新情報は以下の記事をチェック!

47都道府県どこの予約サイトで予約が開始したか一気にお知らせしています↑↑

福井の秋冬は、お待ちかねの越前ガニのシーズン!越前ガニに合わせて、日本海の冬の海の魚がぐっとおいしくなる季節です。温泉宿や料理旅館に泊まって、カニ料理なんて最高の過ごし方ですね!冬の福井県は寒いけれど、蟹だけではなく日本海の海の幸が最もおいしい季節なのです。

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

福井県民割使い方や予約方法は?10月末まで!ふくいdeお得キャンペーン
福井と言えば東尋坊!

全国旅行支援とは?

2020年7月下旬、観光事業者を支援するために観光需要喚起策として、政府が開始した国家事業「GoToトラベルキャンペーン」。2020年12月下旬、新型コロナウィルス感染拡大によりに停止。その後も度重なる感染拡大で、再開することはありませんでした。
その間、政府がGoToトラベル事業の予算からねん出し、支援していたものが「地域観光事業支援」こと県民割です。
GoToトラベルキャンペーンに関しては以下の記事で確認を。

GoToトラベルキャンペーン再開までの動きを追う記事は要チェック!↑↑

地域観光事業支援は、感染状況が収まっている県の県民が県内旅行を行う際、県が旅行者を割引などの形で支援をする場合、国が県を支援するという事業。とはいえ、この程度の範囲では旅行需要喚起につながらず、政府は地方ごとに6ブロックに範囲を広げ、ブロック内であれば基本的にはどの県の県民割も利用できる体制にしました。

しかし、感染拡大は県によって異なり、ブロック内でも相互利用できないことが多く、県によっては他県の県民割を全く利用できなかったという不平等な状況が続きます。2022年6月下旬、政府はGoToトラベル事業再開の検討に入りますが、地域観光事業支援を全国に拡大することを選択し、全国旅行支援「全国旅行割」という新しい事業が始まりました。2度の延期を経て、10月11日開始に至ったのです。
さらに2022年11月25日、政府が全国旅行支援を2023年も延長継続することを発表。年内も2022年12月27日までが対象となり、年末年始は一時停止するものの、年明け1月10日から実施されます。

全国旅行支援とGoToトラベルの違い

旅行需要喚起策には、GoToトラベルキャンペーン・地域観光事業支援(県民割)・全国旅行支援(全国旅行割)の3つの喚起策があります。これらの違いについて簡単に解説します。

GoToトラベルキャンペーン:国家事業。政府が決めた条件や割引、同じ予約方法で全国一斉に行う旅行喚起策
地域観光事業支援「県民割」:県の事業。GoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援する県主催の旅行割引キャンペーン
全国旅行支援「全国旅行割」:県の事業。地域観光事業支援の予算を全国に拡大し、県民割の予約を全県から可能にするもの。ただしGoToトラベルキャンペーンの代替えとして、政府がGoToトラベル事業の予算から支援していることに関しては地域観光事業支援「県民割」と同じ。

事業自体が全く異なるため、GoToトラベルキャンペーンが全国旅行支援「全国旅行割」に変わってしまったというわけではありません。

全国旅行支援は全県で異なる!

全国旅行支援は全て県が主催のため、地域観光事業支援「県民割」よりは少しだけ共通事項は増えたものの、各県によってクーポンの種類や予約方法などが微妙に違います。47都道府県が全国旅行支援を実施しますが、行きたい県がある場合は、必ずチェックしておく必要があります。

地域ブロック都道府県
北海道・東北北海道全国旅行支援青森県全国旅行支援岩手県全国旅行支援宮城県全国旅行支援秋田県全国旅行支援山形県全国旅行支援福島県全国旅行支援
関東茨城県全国旅行支援栃木県全国旅行支援群馬県全国旅行支援埼玉県全国旅行支援千葉県全国旅行支援東京都全国旅行支援神奈川全国旅行支援山梨県全国旅行支援
北陸信越・中部新潟県全国旅行支援富山県全国旅行支援石川県全国旅行支援福井県全国旅行支援
長野県全国旅行支援岐阜県全国旅行支援静岡県全国旅行支援愛知県全国旅行支援三重県全国旅行支援
近畿滋賀県全国旅行支援京都府全国旅行支援大阪府全国旅行支援兵庫県全国旅行支援奈良県全国旅行支援和歌山県全国旅行支援
中国・四国鳥取県全国旅行支援島根県全国旅行支援岡山県全国旅行支援広島県全国旅行支援山口県全国旅行支援徳島県全国旅行支援香川県全国旅行支援愛媛県全国旅行支援高知県全国旅行支援
九州・沖縄福岡県全国旅行支援佐賀県全国旅行支援長崎県全国旅行支援熊本県全国旅行支援
大分県全国旅行支援宮崎県全国旅行支援鹿児島全国旅行支援沖縄県全国旅行支援

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」とは?

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」も政府が行っている全国旅行支援(全国旅行割)を活用した観光需要喚起策の一つです。予約方法や利用方法を細かく解説していきますね。

福井県全国旅行支援開始!使い方や予約方法は?最新情報
福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」公式サイトより

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」予約対象者

日本国民および日本在住者

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」の期間は?

実施期間
2023年は1月10日(火)~3月31日(金)※宿泊は4月1日(土)チェックアウト分まで

全国旅行支援・既存予約はどうなる?

延長を決めた都道県は予約開始日以前の1月10日以降3月31日までの旅行に対し、全国旅行支援対象にしないことを明言しています。福井県はちょっと違いました!

福井deお得キャンペーン最新ニュースより

ただし、今回は旅行予約サイト、旅行会社、宿泊施設が予約開始日以前に予約された旅行については、全国旅行支援の対象外にすると発表しているため、福井県の発表が優しくても、現実的には無理です。
これは、2022年の全国旅行支援開始時に、旅行予約サイトや旅行会社が「先に予約することであとから割り引く」という「あとから割引」を推奨し、予約を獲得する動きに出たことが原因。このことで、予約開始時に完売で予約できない現象が起きてしまい、そういったことを起こさないようにするための対策。
逆を返せば、今回はみんな平等に予約開始と同時に全国旅行支援を予約できます。

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」はいくらお得?

2023年の割引額は、2022年よりも支援額が引き下げられます。内容を把握しておきましょう。

2023年1月10日~3月31日の全国旅行支援

平日旅行の交通付きの旅行(ツアーなど):1人1泊クーポンを含めると平日最大7,000円お得に。
平日の宿泊・日帰り旅行:1人1泊(日帰りは1回につき)最大5,000円お得に。

支援内容

国民の福井県への旅行代金を20%割引
福井県の飲食店やショップ、観光施設などで使える「ふくいdeお得クーポン」を1人1泊につき(日帰りは1人1回)平日2,000円分/休日1,000円分付与

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」より

福井県全国旅行支援の休日・平日の定義

宿泊旅行:宿泊日とその翌日がともに休日(土曜・日曜・祝日)の場合、その宿泊は「休日」として扱い、それ以外を「平日」として扱います。
日帰り旅行:土曜・日曜・祝日を「休日」として扱い、それ以外を「平日」として扱います。

子どもや乳幼児も対象?

子どもの旅行代金が有料であり、対象料金であれば、大人と同様対象となります。

対象外となる場合

割引前の旅行商品代金・宿泊料金が下記に該当するものは割引対象となりません。
平日:3,000円(税込)未満・休日:2,000円(税込)未満

※宿泊の場合:1人泊当たりの旅行代金が、平日1人1泊3,000円(税込)以上、休日1人1泊2,000円(税込)以上の旅行が対象
※日帰り旅行については、1人1回当たりの旅行代金が、平日1人1回3,000円(税込)以上、休日1人1回2,000円(税込)以上の旅行が対象。

毎年11月6日の解禁、来年の3月までは越前ガニのシーズン!福井へGO!

ふくいdeお得クーポンとは?

さっきからちらほら出てくる」ふくいdeお得クーポン」。一体どこでもらえてどうやって使うの?という基本をお教えします。

ふくいdeお得クーポンはどこでもらえるの?

〇宿泊を伴う旅行商品の場合は、チェックイン時に宿泊施設でもらえます
〇日帰り旅行の場合は、指定の日帰りクーポン引換所でもらえます

日帰り旅行用クーポン引換箇所一覧はこちら▶

ふくいdeお得クーポン電子クーポンの使い方

ふくいdeお得クーポン電子クーポンの名前は「ふくアプリ!」!全国旅行支援について調べている人ならお気づきかもしれませんが…「あれ?リージョンペイとかSTAYNAVI経由の電子クーポンじゃないのね…」と。出た。またオリジナルの電子クーポンですよ!と。
今回のクーポン電子化で、ますます全国旅行が複雑化している気がするのは筆者だけではなさそうです。
とはいえ基本的にそこまで電子クーポンの使い方に違いはありません。詳しく見て見ましょう。

準備編

①まずはApp StoreやGoogleplayからダウンロード。「使った人に幸福が訪れるふくアプリ」って書いてあるんですけど…。期待はし過ぎずにダウンロード。

②ダウンロードしたアプリのホーム画面から「新規会員登録」のボタンをタップ

③必要事項の登録

④SMS認証
必要事項で入力した携帯電話の番号にSMSメールが届きます。記載された認証コードを入力

⑤登録完了画面

チャージ編

宿泊施設のチェックイン時などに受け取ったクーポンチャージ券の裏面のQRコードを、アプリを立ち上げ「クーポン登録」ボタンをタップして出たカメラ画面で読み込みます。
※カメラが起動しなかったり、読み取れなかった場合は「カード情報を直接入力する」ボタンをタップし、カード番号・PIN番号を入力して「登録する」ボタンをタップ。

利用編

①アプリのホーム画面から「支払う」ボタンをタップ

②福井県全国旅行支援に参加している施設や店頭のQRコードを読み取る
QRコードを読み取ると、カメラが起動します。そのカメラでQRコードを読み込みます。

③支払い金額を入力

④支払い金額を確認
店舗や施設の方に、支払い金額の確認画面を提示。確認が済んだら「お支払いを確定する」ボタンをタップ

動画でチェック!

クーポンの使い方は動画でも確認可能です。

ふくいdeお得クーポンの有効期限

2023年1月10日(火)〜1月31日(火)配布分⇒有効期限:2023年2月5日(日)
2023年2月1日(水)〜2月28日(火)配布分⇒有効期限:2023年3月5日(日)
2023年3月1日(水)〜3月31日(金)配布分⇒有効期限:2023年4月1日(土)

ふくいdeお得クーポンが使えるショップや飲食店はこちらから検索▶

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」の予約条件

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」はワクチン・検査パッケージを利用します。ワクチン接種の証明となるものを提示、もしくはPCR検査などの陰性証明書を取得し提示して参加します。

ワクチン接種完了済みの接種証明書で参加する場合

ワクチン接種の完了条件は、在住地に関係なく3回以上です。ワクチン接種証明書の取り方は、海外でも国内でも利用できるアプリ取得での方法を試してみました。この記事でご確認ください。

国内外どちらも使えるワクチン接種証明書取得方法はこの記事をチェック↑↑

接種証明でなくとも
・新型コロナウイルスワクチン予防接種済証
・新型コロナウイルスワクチン接種記録書
でも可能。

みんなもらえるこの書類でもOK!必要事項を全て撮影した画像でも可能

ただし、上記の証明書が本人のものか確認できる身分証明書(パスポート・免許証・保健証など)の原本を持参する必要があります

陰性証明の条件

陰性証明は検査によって有効期限が異なります。
旅行開始日を基準にしてPCR検査等は検体採取日(検体採取日が不明な場合は検査日)より3日以内、抗原定性検査は検査日より1日以内の検査結果が有効です。こちらの場合も陰性証明が本人か確認するため、身分証明書(パスポート・免許証・保健証など)の原本を持参する必要があります。
※薬局などで販売している簡易検査キットでの検査は無効です。

〇PCR検査(例)11月4日に検体採取した場合、11月7日23:59までにチェックインを行なう旅行商品に限り対象となります。
〇抗原検査(例)11月4日に検体採取した場合、11月5日23:59までにチェックインを行なう旅行商品に限り対象となります。

新型コロナウィルス検査は、自治体によっては無料の検査機関があります。しかし無料の検査機関から遠い場合や、勤務先に近い場所で検査を受けたい場合などは、今なお手ごろに検査ができる場所やクリニックも増えています。リサーチしてみるとよいでしょう。

検査機関名受けられる検査内容
TケアクリニックPCR検査宅配キット
※全国対象
株式会社新型コロナ対策PCR検査宅配キット
※全国対象
ピカパカPCRクイック検査センター来院PCR検査
※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府対象

子どもについて

子どもについてはワクチン・検査パッケージに以下の決まりがあります。
※同居する保護者など、同世帯と利用する場合、12歳未満の子どもはいずれの証明も不要
※修学旅行など文部科学省が定める学校等の活動については、証明書提示を省略できる

福井県全国旅行支援開始!使い方や予約方法は?最新情報
「日本のマチュピチュ」と呼ばれる天空の城こと「越前大野城」

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」の予約方法は?

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」の予約方法は3つの方法があります。

①オンライン旅行予約サイト(OTA)で予約する方法

キャンペーンに参加する予約できるオンライン旅行予約サイトです。
注)予約サイトによって、予約の方法が異なるので、必ず予約画面の注意事項を読み、福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」の対象になるかを確認しながら予約しましょう。

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

②ホテルや旅館で直接予約

対象宿泊施設に「ふくいdeお得キャンペーン」対象プランの予約・申込みをします。チェックインまたはチェックアウトの際に、割引適用後の金額を支払いします。

福井県全国旅行支援参加宿泊施設はこちら▶

③旅行会社で申し込み

旅行会社で「ふくいdeお得キャンペーン」対象商品を申し込み。割引後の料金を支払います。

JR・新幹線付きツアーの予約はこちら!

バス・レンタカー付きツアーの予約はこちら!

福井県だけのオリジナルクーポン特典あり

宿泊旅行で「ふくいdeお得キャンペーン」対象の方には、利用条件を満たすことで福井県内で使える観光クーポンがもらえます。こちらは紙クーポンです!

福井県全国旅行支援開始!使い方や予約方法は?最新情報
福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」公式サイトより

①嶺北嶺南交流 お泊まり特典

対象:福井県民限定
割引内容:福井県内お土産店などで使える観光クーポン1,000円×1枚
利用条件:
・嶺北在住者が嶺南の宿泊施設に宿泊(1人1泊:10,000円以上)
・嶺南在住者が嶺北の宿泊施設に宿泊(1人1泊:10,000円以上)
※宿泊施設でアンケート回答者が対象
受け取り場所:宿泊施設

②シニア70 お泊まり特典

対象:全国の旅行者
割引内容:福井県内お土産店などで使える観光クーポン1,000円×1枚
利用条件:70歳以上・平日宿泊(1人1泊:10,000円以上)
※宿泊施設でアンケート回答者が対象
受け取り場所:宿泊施設

③家族・グループ 特典

対象:全国の旅行者
割引内容:タクシー・レンタカー・運転代行で使えるクーポン1,000円×2枚
利用条件:
・家族・グループ2名以上の宿泊(1人1泊:10,000円以上)
・家族・グループに1セット/1泊
※宿泊施設でアンケート回答者が対象
受け取り場所:宿泊施設

④県民の交通付き県外宿泊旅行 グループ特典

対象:福井県民限定
割引内容:タクシー・レンタカー・運転代行で使えるクーポン1,000円×2枚
利用条件:
・県内のキャンペーン登録旅行会社で県外への交通付き宿泊旅行を申し込みのグループ(2名以上)
・グループに1セット/1泊
受け取り場所:福井県内旅行会社
※宿泊旅行の詳細については県内の旅行会社にお問合せください

福井県全国旅行支援の注意事項

①福井県を目的地とする宿泊・旅行が対象
②1人泊当たりの旅行代金が、平日1人1泊3,000円(税込)以上、休日1人1泊2,000円(税込)以上の旅行が対象
(日帰り旅行については、1人1回当たりの旅行代金が、平日1人1回3,000円(税込)以上、休日1人1回2,000円(税込)以上の旅行が対象)
③1回の予約または申込につき、7泊まで対象
④利用回数に制限はありません。
⑤宿泊施設チェックイン時、旅行の申込時、または旅行当日に、利用者全員分の証明を提示する必要があります
★身分証(運転免許証・パスポート・健康保険証など)
★ワクチン接種証明または検査陰性(回数、規定は前述)

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」最新情報更新中!

福井県全国旅行支援「ふくいdeお得キャンペーン」の最新情報はこの記事を更新していきますね!

たびハピ編集部

たびハピ編集部