オーストラリアカウントダウンイベント2022レポート

Mayumi Iwasaki

フォトグラファー&トラベルライター

世界各国で毎年盛大な盛り上がりを見せる新年の「カウントダウン・イベント」。オーストラリアでは世界有数の規模を誇るシドニーのカウントダウン花火をはじめ、各地で沢山の人が集まるイベントが開催されています。

今回はオーストラリア最大の都市シドニーを中心に、オーストラリア各地の様子や、カウントダウン花火と大晦日、年明けの街の様子をご紹介します。

真夏のオーストラリアの年越し

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

国内や海外から親戚一同が集まり、実家で家族と一緒に過ごすオーストラリアのクリスマスは、日本で言うと「お正月」のような雰囲気。クリスマスデー(25日)にはスーパーやレストランなどほとんどの店舗が休業し、家でのんびり過ごす人も多く街は静かです。打って変わって翌日26日のボクシングデーには、最安値の商品を狙い街中に人々が溢れます。

年の瀬まで街はクリスマスムード一色

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

25日のクリスマスが過ぎ、クリスマス・マーケットやプロジェクションマッピングなど一部のイベントは終了しますが、街中のクリスマスイルミネーションは引く続き継続。庭先のクリスマスデコレーションもそのままですし、自宅のクリスマスツリーも年が明けるまで飾っておく家がほとんどです。

師走の慌ただしさはない、のんびりした雰囲気

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

毎年12月20日前後のクリスマス前から長期間の休暇に入る企業も多いので、平日でもシティは落ち着いた雰囲気です。仕事納めや年始のお買い物で賑わう日本とは違い、どことなく力の抜けたリラックス感が漂うのがオーストラリアの年末。一年を締めくくる慌ただしさも無く、真夏ということもあり年の瀬感はあまりありません。

オーストラリア各地のカウントダウンイベント

オーストラリア主要都市では、それぞれカウントダウンは盛大な花火でお祝いします。日本のような厳かな雰囲気はゼロですが、お祭り気分で一年がスタートできる華やかなイベントばかりです。

シドニー(ニューサウスウェールズ州)のカウントダウン

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
オペラハウスやハーバーブリッジを中心に打ち上げられるシドニーの花火

オーストラリア最大の都市・シドニー(Sydney)では、ハーバーブリッジやオペラハウスを見渡すシドニー湾周辺で様々なイベントが開催されます。特に世界最大規模と言われる盛大なカウントダウン花火は、世界中から100万人以上の観光客が毎年集まるシドニーが誇る大規模イベント。是非ハーバー沿いで、真夏の夜空に輝く打ち上げ花火を堪能しましょう。

メルボルン(ビクトリア州)のカウントダウン

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
メルボルンの人気スポット「フリンダース・ストリート」駅(@Tourism Australia / Time Out Australia)

オーストラリア第二の都市・メルボルン(Melbourne)でも、カウントダウン花火や様々なイベントが開催されます。メルボルンの花火はシティにあるビルの屋上数カ所から打ち上げられるので、どんな場所からも花火が楽しめるのはメルボルンならではです。

公園や広場のような観覧スポットはもちろん、観光地としても人気の「フリンダース・ストリート(Flinders Street)駅」の向こうに打ち上がる花火はとても華やかで一見の価値ありです。

ブリスベン(クイーンズランド州)のカウントダウン

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
ブリスベン川から打ち上がる色鮮やかな花火(@Tourism Australia

サンシャイン・ステイト(太陽の州)と呼ばれるクイーンズランド(QLD)州。その州都・ブリスベン(Brisbane)の街を横断するブリスベン川の5ヶ所からは、20:30からのファミリー花火、深夜からのカウントダウン花火が約10分間打ち上げられます。

花火がよく見える観覧スポットはサウスバンク周辺に集中していて、全て入場無料。色鮮やかな花火が大音響の音楽と共に打ち上がる幻想的な世界です。

パース(西オーストラリア州)のカウントダウン

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
東海岸と3時間も時差があるパースの年越し(@Tourism Australia

オーストラリアの主要都市の中で、唯一西海岸にある西オーストラリア(WA)州のパース(Perth)。21:00からのファミリー花火や深夜のカウントダウン花火をはじめ、様々なイベントが開催されます。特に中心街にあるヤーガン・スクエア(Yagan Square)では夕方から深夜までコメディやサーカスなどのイベントが行われ、花火の観覧にもベストな人気スポットです。

因みにパースはシドニーやメルボルンとは時差が3時間(夏時間)あるので、時差2時間の日本よりも遅い年越しとなります。

世界に先駆けたシドニーのカウントダウン花火

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

シドニーは日付変更線(経度180°)から近い東経151°に位置しているので、日本よりも2時間早く、世界各国に先駆けて早い時期に新年を迎えます。ここからは筆者の暮らすシドニーの、年末年始のカウントダウン(SYDNYE-Sydney New Year’s Eve)に向けた街の様子をご紹介します。

花火観覧スポットはバリケードで入場制限

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

一年を通してシドニーで催される様々なイベントの中でも、年末年始のカウントダウン花火「ニューイヤーズ・イブ・ファイヤー・ワークス」はオージー大注目の一大イベントです。国内だけでなく世界中から100万人以上の観光客が集まり、価格が超高騰する中、早い時期からホテルの客室が埋まります。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

リラックス感漂うオーストラリアの年末ですが、大晦日だけは少し雰囲気が変わります。ハーバーブリッジやオペラハウス周辺など主要な花火観覧スポットには早朝から場所取りの行列ができ、バリケードも立って入場制限されます。この辺りは筆者の定番ジョギングコースですが、この日ばかりは近付くこともできません。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
陸だけでなく、海上でもボートの場所取り合戦が

場所取りは陸上だけではありません。海の街・シドニーでは海上からも花火が楽しめるということで、特にオペラハウス周辺は毎年たくさんのヨットやボートが集まる花火観覧の激戦区。TVのニュースでは、場所取りのために何と2日前から停泊しているという家族がインタビューを受けていました。花火にかける意気込みがすごいです。

シティの主要道路は一斉に封鎖

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

カウントダウン花火の観覧客整備のため、シティ周辺は朝から警官やセキュリティの人達が配置されます。道路は昼過ぎから徐々に封鎖され、シティ内は一斉に車両も通行止めに。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

因みに筆者の自宅前も夕方から通行止めになるので、車を動かす用事や遊びに来る友人達の訪問時間などは、予めしっかりとしたスケジューリングが必要になります。

大迫力のカウントダウン花火

シドニーのカウントダウン花火は、早い時間帯の「ファミリー花火」と午前0時から始まる「カウントダウン花火」の二部構成。毎年全世界に生配信され、10億人もの人達が視聴するほど人気の花火です。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

早い時間帯で子供も楽しめるファミリー花火は、21:00からスタートします。8分間と若干時間も短く、打ち上げもサーキュラーキー周辺のみと本番の花火よりも小規模ですが、十分に楽しめます。2021年のテーマは「Welcome to Country」。オーストラリア先住民の文化に敬意を表して、喫煙の儀式のイベントやカラフルなプロジェクションマッピングが橋に投影されました。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
時報と共にブリッジから吹き上がる花火は圧巻

0:00直前。ハーバーブリッジの橋脚、パイロン展望台に「10‥9‥8‥7‥」とカウントダウンが映し出されます。当たりが一瞬静まり返ると、ハーバーブリッジのアーチ全体から鮮やかな花火が一斉に噴き出し、いよいよカウントダウン花火のスタートです!

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
ファインダーに収めきれませんが、海上5ヶ所から花火が上がっています。

2019年には森林火災の影響で実施が危ぶまれ、2020年には新型コロナウイルスの影響で縮小されたカウントダウン花火ですが、今年は25,000発の打ち上げ花火、9000発の空中花火、80,000発の仕掛け花火の合計6トンの花火が約12分間打ち上げられました。

花火が打ち上がった後は拍手喝采が起こり、「Happy New Year!」の大きな掛け声が街中に響き渡ります。楽しかった宴もこれにて終了です。

シドニーのおすすめ花火観覧スポット

市のホームページで花火の観覧スポットをチェック 出典:City of Sydney

そんなカウントダウン花火、シドニーに訪れたら是非観覧してみましょう!海岸線が入り組んだシドニーでは、海沿いだけでなく高台の公園などからも花火鑑賞できます。シドニー市のホームページでも様々な見晴らしのいい観覧スポットが紹介されていますが、今回は筆者の個人的なおすすめスポットを数カ所ご紹介します。

1. オペラハウス&ハーバーブリッジ周辺

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
オペラハウス、ハーバーブリッジ周辺 入場料:$10.00(¥830)〜

ベタだけど外せない王道の観覧スポットなのが、花火が打ち上がるハーバーブリッジや、オペラハウスのあるサーキュラーキー周辺。コンサートなどのイベントも開催されているのでオーディエンスとの一体感あるカウントダウンが楽しめますし、橋の鉄骨から噴き出るダイナミックな花火の躍動感が目の前で楽しめます。

2. ミセス・マッコーリーズ・ポイント(Mrs Macquaries Point)

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
ミセス・マッコーリーズ・ポイント 入場料:$25.00(¥2,080)〜$120.00(¥9,955)

ブリッジとオペラハウスを見渡すロイヤル・ボタニック・ガーデンやミセス・マッコーリーズ・ポイント周辺も、花火スポットとして朝から大行列ができる人気スポット。花火が打ち上がるのはハーバーブリッジを中心として全部で5カ所に点在しているので、複数の花火が一度に楽しめる大迫力のポイントです。

DATA
ミセス・マッコーリーズポイント
所在地:1d Mrs Macquaries Rd, Sydney NSW 2000

3. ダドリーページ・リザーブ(Dudley Page Reserve)

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
ダドリーページ・リザーブ 入場料:$42.86(¥3,555)

シティの東側に位置する丘の上の公園「ダドリーページ・リザーブ」も絶景スポットの一つ。シティからは少々距離はありますが、丘の上なので目の前に何も遮るものがない花火が楽しめます。因みに夕日の美しいスポットとしても有名なこの公園は、花火に関係なくても訪れてみたい絶景ポイントです。

DATA
ダドリーページ・リザーブ
所在地:Lancaster Road&, Military Rd, Dover Heights NSW 2030

4. ブラドリーズ・ヘッド(Bradleys Head)

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
ブラッドリーズ・ヘッド 入場料:$22.43(¥1,860)〜$101.95(¥8,460)

シティから海を挟んだノース・シドニー川にある岬「ブラドリーズ・ヘッド」は、タロンガ動物園の近くにあるすり鉢状の広場。第一次対戦中には見張り台として使用されていたほど見晴らしのいい場所は、インスタ映えスポットとしても人気で、ウェディング・フォトの撮影にも良く使われます。シティを一望できる大パノラマと一緒に花火が楽しめます。

DATA
ブラッドリーズ・ヘッド
所在地:Bradleys Head Rd, Mosman NSW 2088

【穴場】ラッシュカッターズ・ベイ(Rushcutters Bay)

上記で紹介した観覧スポットですが、実は人数制限の観点から2021年から全て入場が有料になってしまいました。最後に無料で花火が見える穴場スポットをオマケとしてご紹介します。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

シティの東3kmにあるヨットハーバーの「ラッシュカッターズ・ベイ」は、車で10分弱、電車やバスでも行きやすいアクセス抜群の立地にあります。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

ヨットハーバーの突端にあるヤラナベ・パーク(Yarranabbe Park)の目の前には、オーストラリア海軍施設のガーデン・アイランド(Garden Island)があります。オペラハウスこそ見えませんがハーバーブリッジが見渡せ、少し距離が離れているからこその連続感のある花火が楽しめます。

DATA
ヤラナベ・パーク
所在地:New Beach Rd, Darling Point NSW 2027
【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
マッケル・パークにはサーキュラーキーからフェリーで訪れることも可能(大晦日のダイヤはご確認ください)

ヤラナベ・パークの東にある丘を上がり、さらに突端にある小さな公園「マッケル・パーク(Mackell Park)」。ヤラナベ・パークよりは北に位置するので、より花火の全体像を楽しむことができます。公園の一角にはダーリングポイント(Darling Point)のフェリー乗り場もあるので、フェリーでのアクセスも可能です。

DATA
マッケル・パーク
所在地:159 Darling Point Rd, Darling Point NSW 2027

他にもノースシドニーや西側にもたくさん花火スポットが点在していますが、個人的には花火を見るなら断然ハーバーブリッジより東側のエリアがおすすめ。新年の花火はハンバーブリッジより東側に位置するオペラハウスを正面にしてデザインされているので、花火を見るなら断然東側です!

レストランやボートでのパーティ【お値段張ります】

花火が観覧できるスポットはハーバー周辺一帯にたくさんありますが、チケットを購入していても席は決まっていないので、早めに行って場所取りは必須です。真夏のシドニーで数時間前から列を作って並ぶのは大変ですよね?花火が見えるレストランやボートクルーズでのカウントダウンは、やっぱり楽といえば楽です。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
少々割高だけれど、クルーズ・パーティで花火観覧は貴重な旅の思い出に。

価格が数倍に高騰する高額なハーバービューのホテルに比べると、レストランやバー、ボートでのパーティは安くはありませんが比較的リーズナブル。普段よりも割高感は否めませんが、美味しい食事やお酒が用意されている場所で、お酒を飲みながらそこにいる皆でカウントダウンを盛り上がれば一生に一度の旅の思い出になるはずです。

1月1日シドニーでは初詣ではなく初泳ぎ!次はあなたもチャレンジ!

前日のお祭り騒ぎとは打って変わり、元旦のシドニーの街はかなり落ち着きを見せ、いつもの週末のようなリラックス感が漂います。観光地など旅行客を相手にしているお店は別ですが、クリスマス同様ほとんどのお店が閉店している状況です。

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子
暑い元旦はビーチで初泳ぎがオーストラリア流

日本のお正月らしく家でおせちでも食べてのんびりしたいところですが、そこは真夏のオーストラリア。ショッピングにも食事にも行けないので、人々は公園にBBQやビーチに繰り出します。筆者も新春早々ビーチで初泳ぎしてきました。

オーストラリアの花火で盛大な年越しを!

【オーストラリア】年末年始とニューイヤー・カウントダウンの様子

北半球のように寒さで震えることもない、南半球にある真夏のオーストラリア。しかも年末年始は比較的お天気に恵まれることも多く、屋外でカウントダウン花火を観覧しながら、美味しいスパークリングで乾杯するにはまさにベストシーズンです。是非来年は暖かいオーストラリアのカウントダウン花火で、盛大に盛り上がって新年を迎えましょう!

2022年こそ海外旅行の準備を始めよう!

オーストラリアのカウントダウン、最高ですね!日本では真冬で、白い息を吐きながらの除夜の鐘や初詣も厳かで心にしみますが、真夏の服装で、花火に歓声を上げ、元旦は初詣ならぬ初泳ぎ。

ああ…次のカウントダウンこそ、オーストラリアで迎えてみたいものです。

海外旅行ができなくなて2年が経過しています。でも、逆に今のうちに航空会社のマイルを貯めるなどして、次の海外旅行に備えませんか?

えっ?

「どうせマイルを貯めたって、海外旅行できるのがいつになるかわからない。」
「そんなにマメな性格じゃないし、面倒くさい。」

当分かかりそうだから、のんびり無料航空券を獲得したい、のんびり旅行系ポイントを貯めたいという人は今がチャンスなんですよ!

マイルを貯めなければ無料で海外旅行ができないし、マイルを貯めるには時間が必要です。海外旅行が困難な今は割り切って国内航空券に交換できるマイルを貯めましょう!コロナ禍の今はマイラーになる準備期間です!

ポイントサイト「ハピタス」には楽天トラベル・じゃらん・ヤフートラベル・一休.com・エアトリ・ブッキングドットコム・agoda・エクスペディア・ホテルズドットコム・JTB・日本旅行・近畿日本ツーリスト・HISほか大手旅行予約サイトの大部分が参加しています。ハピタスにログインして使用することで、ポイントバック率が増えます。また、ハピタス独自「ハピタスポイント」が貯まり、これらのポイントは、なんと航空会社のマイルに交換が可能なのです!ハピタスには航空会社も参加しているので直接マイルに変えられたり、カード会社を経由してハピタスのポイントがマイルに交換できたりするんです。

「マイル、興味ない」という人は現金にも交換できるっていうことを知って下さいね!

すごいでしょ?飛行機に乗らなくても、マイルを貯めることやお小遣い稼ぎができるのです。まずはハピタスに参加している旅行・ホテル・航空会社をチェック。どんな会社のポイントがどれだけ通常より多く貯まるのか、リサーチをしてみてください。

また、面倒くさがり屋さんこそ、ハピタスが良し!カードを発行しても、Wifiを乗り換えても、電気やガスを乗り換えても、最終的にマイルや現金に交換できるハピタスなら大丈夫!マメな性格でなくてもハピタスに掲載されている楽天ほか数多くの有名ショッピングサイトでハピタス経由でお買い物をするだけでポイントが貯まってしまうのです。
大手旅行系企業が参加している「ハピタス」なら信頼度も抜群で安心。まずは登録(もちろん無料)をして、準備を始めましょう。

もちろん、食べログやホットペッパーなど大手グルメ予約サイト、デリバリーサービスも参画しています。飲みに行くにも、ハピタス経由で予約。これ基本です!

さあ、次はあなたが、このコロナ禍にマイラーデビューを果たしてください。

Mayumi Iwasaki

フォトグラファー&トラベルライター