シドニーライトアップイベント「ビビッド・シドニー」見どころは?

Mayumi Iwasaki

フォトグラファー&トラベルライター

シドニーの街中が色鮮やかにライトアップされる「ビビッド・シドニー(VIVID SYDNEY)」。南半球にあるシドニーの冬にあたる5月〜6月に行われる、世界中から観光客が集まる大人気イベントです。コロナ禍の影響で2年間中止になっていたこのイベントが、2022年にいよいよ復活が決定!是非この機会にシドニーに訪れてカラフルに彩られるシドニーを体感してみませんか。

南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」とは?

光と音とアイデアの祭典「ビビッド・シドニー(VIVID SYDNEY)」は、毎年5月末から6月にかけて約3週間行われるシドニー有数の人気イベントです。この期間中はシドニーの各地が光の彫刻やインスタレーション、幻想的な音楽で包まれ、街中が煌びやかにライトアップされます。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

特にシドニーの主要観光地と言われるオペラハウスやハーバーブリッジなどがカラフルに彩られ、いつもと全く違う表情を見せるのもVIVIDの醍醐味。まさに「この時しか見られないシドニー」を体感しに、世界中からたくさんの観光客が訪れます。

世界中から観光客が訪れる真冬の風物詩

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

南半球にあるオーストラリアでは、日本の初夏にあたる5月〜6月は真冬。クリスマス・イルミネーションや新年を祝うカウントダウン花火など「夏の風物詩」的なイベントに対して、VIVIDは季節が冬に向かって肌寒くなる季節に行われる「冬の風物詩」的なイベントです。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

一年を通して気候が穏やかで過ごしやすいシドニーではありますが、ライトアップが行われる夜は肌寒い日もあります。ただ澄み切った冬の夜空に、光り輝くライトアップの美しさは格別です。しっかり防寒もしつつ、シドニーの夜の街を練り歩きましょう。

2019年以来、3年ぶりに復活!

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」
シティ各地ではVIVIDのカウントダウンを知らせる時計が置かれています。

2009年からスタートしたVIVIDですが、実はコロナ禍の影響で2020年と2021年の開催は残念ながら延期に。そして今年2022年、3年ぶりの開催が遂に決定しました!シティ各地ではVIVIDへのカウントダウンもスタートし、街がVIVIDに向けて盛り上がりつつあります。

今回はVIVID SYDNEYの見所を、シドニー在住の筆者が過去の写真を踏まえて余すところなくご紹介します。

シドニー有数の観光地がカラフルにライトアップ

VIVIDの期間中は、世界中からアーティストやミュージシャンなどのクリエイター達がシドニーに集結し、各地でさまざまなイベントやインスタレーション、ライトアップなどが開催されます。ここではVIVIDのライトアップが行われる主要スポットをご紹介します。

世界遺産の歌劇場「シドニー・オペラハウス」

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

VIVIDで催される様々なプロジェクションマッピングの中でも、一番強烈なインパクトがある「シドニー・オペラハウス」。白いセラミックタイルで覆われたオペラハウスの外壁が、巨大な白いキャンバスとなってカラフルな光に包まれます。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」
オペラハウス外壁のタイルがカラフルに染まる様子も美しいです。

オペラハウス独特の流線形のフォルムをフルに活用し、有機的な映像表現が投影されます。音楽に合わせてその映像がくるくる表情を変えるので、ずっと見ていても飽きません。

DATA
所在地:Sydney Opera House, Bennelong Point Sydney 2000
電話番号:+61-2-9250-7111
公式サイト:シドニー・オペラハウス

サーキュラー・キー(Circular Quay)周辺

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

大きなフェリー・ターミナルのあるサーキュラー・キー(Circular Quay)周辺は、「VIVIDのメイン会場」と言えるほど主要イベントが目白押しです。オペラハウスをはじめハーバーブリッジの橋脚など様々な場所がキラキラと煌めいているので、サーキュラー・キーに行けば沢山のライトアップが一度に楽しめます。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

オペラハウスの対岸にあるオーストラリア現代美術館(Museum of Contemporary Art)の建物外壁にも、プロジェクションマッピングが映し出されます。建物正面にはオープンスペースもあり、近くにはフードの露店もたくさん出ているので、芝生に座りながらのんびり鑑賞できるのもいいですね。

DATA
オーストラリア現代美術館
所在地:140 George St, The Rocks NSW 2000
営業時間:10:00〜17:00(金のみ10:00〜21:00※月曜休業)
公式サイト:オーストラリア現代美術館

ロックス(The Rocks)地区

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

オーストラリア現代美術館の裏手にある、オーストラリア開拓の地と言われる歴史地区「ロックス(The Rocks)」。このエリア周辺では、通り沿いや点在するポケット的な広場、建物と建物の間などに様々な光のアートや彫刻が展示されています。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

ロックスはクリスマス・マーケットやイルミネーションの記事でもご紹介していますが、小さな路地が入り組んでいて、その間に不思議なスポットが点在する楽しいエリアです。是非地図を片手に路地裏散策して、お気に入りのライトアップを見付けましょう。

シドニーの真夏のクリスマスの様子はこちら↑↑

バランガルー(Barangaroo) / ダーリングハーバー(Darling Harbour)

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

サーキュラーキーの西側にある湾岸エリア「バランガルー(Barangaroo)」や「ダーリングハーバー(Darling Harbour)」周辺でも様々なライトアップイベントが開催されています。特に筆者のおすすめは、バランガルーの湾岸沿いプロムナードで行われるイベントです。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」
シドニー湾で暮らす先住民の女性をモデルにした音楽と光のパフォーマンス(2019年)

幻想的にライトアップされたプロムナードを歩きながら、ハーバーを行き交う船やイルミネーションやパフォーマンスが楽しめます。またこのプロムナードは有名店をはじめ美味しいレストランが数多く並んでいるので、ご飯を食べながらVIVIDが楽しめる、という点でもおすすめです。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」
レストランが並ぶグルメ街「ストリート・オブ・バランガルー」

その他にも観光スポットとしても人気の「タロンガ動物園(Taronga Zoo)」で行われる人気の動物のライトアップや、今年はシドニー郊外への電車も発着するハブ駅「セントラル駅(Central Station)」周辺でもライトアップイベントが開催されるそう。楽しみですね。

ライトアップを一望するおすすめ展望スポット

ほとんどのVIVID SYDNEYのライトアップは、サーキュラーキーからロックス周辺に集中しています。それでも30箇所近くもあるので、全て歩いて回るには少々大変です。ここでは「サクッとVIVIDの雰囲気を堪能したい」というあなたにおすすめな、「シドニーっぽさ」と「VIVIDの雰囲気」を堪能できるスポットをご紹介します。

高架道路「ケーヒル・ウォーク・ルックアウト」から

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

VIVIDで特に外せないオペラハウスやシドニー現代美術館など、サーキュラーキー周辺一帯を一望できるのが、フェリー乗り場からエレベーターで上る展望スポット「ケーヒル・ウォーク・ルックアウト(Cahill Walk Lookout)」です。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

ここは高架道路「ケーヒル・エクスプレスウェイ」脇にある歩道で、カラフルに彩られたオペラハウスや現代美術館、ハーバーブリッジやライトアップされたフェリーなどを一度に眺めることができます。春に咲く紫の花「ジャカランダ」の絶景スポットとしても紹介しているので、是非VIVIDでもこちらの展望台からハーバーを見渡しましょう。

春に咲く紫の花「ジャカランダ」の記事はこちら↑↑

ハーバーブリッジのパイロン展望台から

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

オペラハウスと並ぶシドニーの象徴「シドニー・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)」は、実は歩道もあり歩いて渡ることも可能です。そんなハーバーブリッジからは、オペラハウスと、いつも以上にカラフルに彩られたシティのビル群の夜景が楽しめます。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

特に橋脚部分の「パイロン展望台(Pylon Lookout)」は橋から迫り出した展望台になっているので、フォトグラファーにも人気の撮影スポットです。因みに先ほどご紹介したケーヒル・エクスプレスウェイからも歩道で繋がっています。

DATA
所在地:Sydney Harbour Bridge, The Rocks NSW 2000
公式サイト:パイロン展望台

フェリーやクルーザーで海の上から

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

「なるべく歩かずにVIVIDを楽しみたいけど‥」というさらに我儘なあなたにおすすめなのが、船に乗って海からVIVIDを眺める方法です。海の街・シドニーらしさを味わいながらライトアップまで楽しめる、VIVID開催中のシドニーの魅力を存分に満喫できます。各観光クルーズ会社ではVIVIDに合わせて、ディナークルーズや遊覧クルーズが企画されていますよ。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

もっと気軽に楽しみたいなら、公共フェリーを利用しましょう。サーキュラーキーから北側のミルソンズ・ポイント(Milsons Point)を往復する方法なら、片道約10分、$5.00程度。またサーキュラーキーからバランガルーやピアモントベイ(Pyrmont Bay)方面へは、片道30分程度のフェリーも出ています。こちらもハーバーブリッジやバランガルーの夜景、VIVIDのライトアップをたっぷり堪能できるフェリー旅が楽しめますよ。

幻想的な光に彩られたシドニーへ

2021年に2年ぶりの開催で盛り上がっていたVIVIDも、デルタ株の感染拡大でシドニーがロックダウンに突入し、残念ながら更に延期になってしまいました。そして2022年、いよいよ3年ぶりの開催ということで、シドニーの街は徐々に盛り上がって来ています。

シドニーがライトアップ!南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」

一年を通して過ごしやすい気候のシドニーではありますが、5月末〜6月のシドニーは真冬です。ライトアップが行われるのは夜なので、日本ほどではありませんが、そこそこ冷え込む日もあります。軽めのダウンジャケットなど防寒をして、歩きやすい靴を履き、この時期だけカラフルに彩られるシドニーの街並みを心ゆくまで堪能してみませんか。

DATA
開催時期:2022年5月27日(金)〜6月18日(土)
公式サイト:ビビッド・シドニー

2022年こそ海外旅行の準備を始めよう!

入国制限が大幅に緩和しているオーストラリア。

オーストラリアの最新入国方法はこちら↑↑

日本を含む13か国対してビザ免除を再導入。観光客の受け入れを開始しました。
日本も入国制限を緩和し、非常に帰国しやすくなりました。

日本の最新入国方法はこちら!↑↑

そろそろ航空会社のマイルを貯めるなどして、次の旅行に備えませんか?
えっ?
「どうせマイルを貯めたって、また自由な海外旅行は先でしょ?」
「そんなにマメな性格じゃないし、面倒くさい。」
だからこそ今がチャンスなんですよ!
マイルを貯めなければ無料で海外旅行ができないし、マイルを貯めるには時間が必要です。海外旅行が困難でマイレージサービスの期限が切れそうという方は、割り切って国内航空券に交換しながら、その日を待ちましょう。
コロナ禍の今はマイラーになる準備期間です!

ポイントサイト「ハピタス」には楽天トラベル・じゃらん・ヤフートラベル・JTBほか大手旅行予約サイトの大部分が参加しています。また航空会社も参加していて、ハピタスにログインして参加している宿泊予約サイトや旅行会社のサイトで予約することで、ポイントバック率が増加。また、ハピタス独自「ハピタスポイント」が貯まり、これらのポイントは、なんと航空会社のマイルや現金に交換が可能なのです!

すごいでしょ?飛行機に乗らなくても、マイルを貯めることができるのです。まずはハピタスに参加している旅行・ホテル・航空会社をチェック。どんな会社のポイントがどれだけ通常より多く貯まるのか、リサーチをしてみてください。

また、面倒くさがり屋さんこそ、ハピタスが良し!カードを発行しても、Wifiを乗り換えても、電気やガスを乗り換えても、最終的にマイルや現金に交換できるハピタスなら大丈夫!マメな性格でなくてもハピタスに掲載されている楽天ほか数多くの有名ショッピングサイトでハピタス経由でお買い物をするだけでポイントが貯まってしまうのです。
大手旅行系企業が参加している「ハピタス」なら安心。まずは登録(もちろん無料)をして、準備を始めましょう。

もちろん、ホットペッパーなど大手グルメ予約サイト、デリバリーサービスも参画しているので、それらのポイントをすべてマイルに変えることも可能。ネット上で行うことであれば、何をするにもハピタス経由で予約。これ基本です!

さあ、次はあなたが、このコロナ禍にマイラーデビューを果たしてください。

Mayumi Iwasaki

フォトグラファー&トラベルライター