ライタープロフィール

木本 美沙子

1992年夏、ドイツ行きタイ航空便のトランジットで、私はタイの首都バンコクを初めて訪問しました。渋滞、排気ガス、ボロボロのバス・・・、初めて見る東南アジアの混沌とした街の様子にショックを受け、「二度と来ることはないだろう」と思ったほどでした。
2001年、日本で勤務していた会社が倒産。転職を考え始めたころ「これからはアジアの時代だ」と思い立ち、10年ぶりにバンコクを再訪。高架鉄道が走り、近代的なショッピングモールができて、街の様子が一変していました。「これなら住める」とタイ留学を決心。2003年からタイの大学で一年間タイ語を勉強し、縁あってバンコクで就職することになりました。
タイで暮らし始めてすでに15年以上が過ぎ、バンコクは高層ビルが建ち並ぶ、きらびやかな大都市へと変貌しました。「変わりゆくタイの魅力を伝えたい」との思いから、現在はバンコクで勤務するかたわら、タイの最新のトラベル情報をWEBメディア等で発信しています。

「木本 美沙子」の記事一覧