バンコクBTS延伸スクンビットライン徹底ガイド

木本 美沙子

バンコク都心を走る都市鉄道といえばBTSスカイトレイン。バンコク都心に1999年に開通した高架鉄道です。BTSにはシーロムライン(緑)とスクンビットライン(黄緑)があります。

新型コロナウィルス感染拡大でしばらくバンコク旅行が出来ない間に、どんどん工事が進められているBTSの延伸区間。次に旅行ができる頃には、当時とは全く異なる高架鉄道として、様々な場所に行けるようになっているはずです。

今まであまり知られていない新しい駅周辺には、穴場の見どころも結構あります。

バンコクの都市鉄道BTSスカイトレイン

当初はバンコク都心の中心部だけを走っていましたが、その後バンコク郊外にもどんどん延伸され、今ではバンコクの隣の県にまで達しているんですよ。

バンコク郊外にどんどん延び続けるBTS

前回はチャオプラヤ川を越えてバンコクの西方面に延伸するシーロムライン(緑)についてご紹介しました。

シーロムライン編はこちら↑↑

今回はバンコクの東方面の海に向かって延伸するスクンビットラインの沿線の見どころをご紹介したいと思います。

海に向かって延伸するBTSスクンビットラインをご紹介

北ヘ東ヘ延びるスクンビットライン沿線には何がある?

BTSスクンビットラインは、BTSサイアム駅を起点として、東方面のスクンビット通り沿い(オンヌット駅方面)と、北方面のパホンヨーティン通り沿い(モーチット駅方面)に伸びています。サイアム駅は、BTSのシーロムラインとスクンビットラインの乗り換えができる唯一の駅でもあります。

シーロムラインとスクンビットラインの乗り換えができるサイアム駅

1999年開通当初のスクンビットラインは、オンヌット駅からモーチット駅まで全部で17駅でした。その後2011年頃からどんどん新駅が開設され、2022年1月現在はなんと以前の倍以上の47駅に増えています。

それでは、サイアム駅を中心に、北方面と東方面に伸びるスクンビットラインのそれぞれの沿線の特徴を簡単に説明しておきましょう。

BTSスクンビットライン(黄緑)はバンコクの北と東に延びている

バンコク北方面(パホンヨーティン通り)の沿線

サイアム駅から北方面に伸びるスクンビットラインは、パホンヨーティン通り沿いに伸びています。外国人が多く住む東方面とは違って、どちらかといえばローカル色の残るエリア。

沿線には週末だけ開催されるチャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットに近いモーチット駅のほか、お洒落カフェ密集地として人気のアーリー駅などがあります。

BTSモーチット駅そばのチャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット

現在、スクンビットラインはモーチット駅からさらに北方面に16駅分が延伸され、バンコク郊外のドンムアン空港付近にあるクーコット駅が終着駅です。

延伸区間の沿線には、郊外型の住宅地が果てしなく広がっていて、これといった見どころは少ないかもしれません。ただ、モーチット駅の近くには、2021年11月にバンスー中央駅という巨大な国鉄のターミナル駅がオープン。今後はその周辺の再開発が進んで、だんだん賑やかになっていくと思われます。

バンスー中央駅がオープンし、これから賑やかになりそうなバンコク北方面

バンコク東部(スクンビット通り)方面

スクンビットラインの東方面は、文字通り、スクンビット通り沿いに走っています。チットロム駅、プルンチット駅は、サイアム駅と並んで、バンコク都心で最も賑やかな地域。ホテルやショッピングモールがずらりと並んでいます。

ラグジュアリーなホテルやモールが立ち並ぶバンコク中心地

沿線のナナ駅、アソーク駅、プロンポン駅、トンロー駅、エカマイ駅、プラカノン駅、オンヌット駅は、バンコク在住の外国人が多く住むエリアで、日本人も多く住んでいます。本格的な日本食レストランや居酒屋をはじめ、レベルの高いレストランやバーがたくさんありますよ。

スクンビット通り沿線はタイ在住日本人も多く住む

スクンビット通りといえば、バンコク都心にあるというイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、実はバンコクからずっとタイ東部に延びて、ビーチリゾートとして有名なパタヤのあるチョンブリ県を通り過ぎ、カンボジア国境にまで達している長い長い道路です。

スクンビット通りはパタヤを通過してカンボジア国境に達していた!

スクンビットラインの東方面は、現在オンヌット駅から先の14駅分が延伸されて、終着駅はケーハ駅。実はこのケーハ駅、バンコクの隣にあるサムットプラカン県にあります。さらにケーハ駅から海辺の街バンプリーまで、現在延伸工事が進められています。工事が完成すれば、近い将来は、BTSに乗ってバンコクから一番近いバンプリーの海に行くことができるかもしれませんね。

終点のBTSケーハ駅があるのはバンコク東隣のサムットプラカン県

BTSスクンビットライン東方面の延伸区間の見どころ

BTSの延伸で行きやすくなったバンコクの隣県サムットプラカン県。実はサムットプラカン県は、穴場観光スポットの宝庫なんです。今までは車でしか行けませんでしたが、BTS延伸で行きやすくなったサムットプラカン県の見どころをご紹介しましょう!

①巨大な象が目印の美術館「エラワン・ミュージアム」

BTSオンヌット駅を過ぎて7番目のプーチャオ駅を過ぎると、BTSの左手の窓から大きな象の銅像が見えてきます。次のチャーン・エラワン駅で降りてみましょう。歩いて10分ほどでエラワン・ミュージアムに到着。

BTSチャーン・エラワン駅から見える巨大な象の像

エラワン・ミュージアムは、あるタイ人実業家が私費を投じて創りあげた仏教美術の美術館です。

ちなみに、「エラワン」とはヒンドゥー教神話に登場する3つの頭の象で、「チャーン」はタイ語で「象」という意味なんですよ。

エラワン像の内部は仏教美術の博物館

敷地内には様々な彫刻や展示がありますが、ハイライトは3つの頭を持つ29mの高さの巨大な象の銅像。銅像の中は美しいステンドグラスや彫刻が施され、仏教の宇宙観を表した不思議な空間が広がります。建物の最上部には仏像が祀られていて、何だかとても神聖な気持ちになります。

仏教の宇宙観を表した不思議な空間
DATA
エラワン・ミュージアム(Erawan Museum)
住所:99/9 Moo 1, Sukhumvit Road, Bang Meung Mai, Amphoe Meung, Samut Prakan 10270 Thailand
営業時間:毎日9:00〜18:00
入場料:大人400バーツ、子供200バーツ
アクセス:BTSチャーンエラワン駅から徒歩10分
公式サイト:エラワン・ミュージアム

②チャオプラヤ川河口の夕陽スポット「バーン・メーサー」

チャーン・エラワン駅からBTSに乗って、東方面に2つ目のパクナム駅。ここはスクンビットラインが最もチャオプラヤ川に近づくポイントです。駅のホームから南側を見ると、すぐそばを流れるチャオプラヤ川がちらりと見えます。

BTSパクナム駅のホームからはチャオプラヤ川が見える

このエリアは、チャオプラヤ川がタイ湾に流れ込む河口付近にあるため、「パクナム」(タイ語で「河口」の意味)と呼ばれているんです。

パクナム駅から歩いて5分ほどのところに、「バーン・メーサー」という川沿いのシーフード・レストランがあります。ここは夕陽がきれいに見える絶景レストラン。夕陽を見ながら新鮮な海老の炭火焼きを肴に、シンハービールで乾杯!ローカルで素朴なレストランですが、とても贅沢な気分になれますよ。

川沿いのシーフード・レストランは夕陽スポット
ここはシンハー・ビールで決まりでしょう!
DATA
バーン・メーサー(Ban Meysa)
住所:208 Sukhumvit Road, Tambon Pak Nam, Mueang Samut Prakan, Samut Prakan 10270 Thailand
営業時間:毎日10:00〜23:00
アクセス:BTSパクナム駅より徒歩5分
公式サイト:なし

③タイ全国の見どころを再現した「ムアンボーラーン」

BTS東方面の終着点ケーハ駅から5分ほどタクシーに乗ると、タイ全国の名所を一堂に集めた広大な屋外型博物館「ムアンボーラーン(Ancient City)」があります。

タイ全国の名所・遺跡を再現した屋外型博物館

この博物館は、エラワン・ミュージアムと同じく、タイ人の実業家が私費を投じて作り上げたものですが、その敷地の大きさと展示された建築物の凄さには、誰もがびっくりしてしまうでしょう。

見どころはたくさんありますが、私が一番印象に残ったのは、タイのアユタヤ王朝、トンブリ王朝、ラタナコーシン王朝の各時代の王宮のレプリカが一堂に建てられた一角です。レプリカとはいえ、実物を忠実に再現していて、一見の価値があります。

特に、アユタヤ王朝の宮殿は戦争で焼き尽くされ、今は残っていないため、ここでしか見ることができない貴重な建築物なんですよ。

アユタヤ時代の宮殿を再現

ほかにも、なんと121カ所に上るタイ全国の名所・遺跡などが建てられて、全国を旅した気分になります。ただ、あまりにも広すぎて、1日かけても全部は回り切れないので、あらかじめ下調べをして、ポイントを絞って見学することをおすすめします。

広すぎる構内は電動カートを使って効率的に回りましょう!
DATA
ムアンボーラーン(Ancient City)
住所:296/1 Moo7 Sukhumvit Road, Bangpoomai, Amphoe Samut Prakan, Samut Prakan Province 10280 Thailand
営業時間:9:00〜18:00
入場料金:大人700バーツ/子供350バーツ
アクセス:BTSケーハ駅からタクシーで5分
公式サイト:ムアンボーラーン

④カモメと遊べる海上レストラン「バンプー・リゾート」

現在のBTSスクンビットライン延伸区間は、まだ海には達していないものの、限りなく海のそばにあります。終着駅のケーハ駅からタクシーに乗って10分のバンプー・リゾートは、海辺に建てられた国立保養施設で、一般の人にも開放されています。ここのハイライトは、桟橋に集まる多くのカモメと美味しいシーフードレストラン。

バンプー・リゾートの海上レストランに続く桟橋

入口の門から海上レストランに続く長い桟橋には、カモメ用の餌も売っていて、来訪者がカモメに餌をあげて楽しんでいます。カモメたちも餌を目がけてたくさん集まって来て、目の前を飛び交う様子が壮観です。

たくさんのカモメが集まっています!

桟橋の先端にある海上レストランは、ローカルな雰囲気のシーフードレストラン。採れたてのシーフードを使ったタイ料理はとても美味しくてリーズナブル!レストランからはもちろん海も見えて、解放的でリラックスできますよ。

ローカルな雰囲気のシーフード・レストラン
蟹肉がたっぷり入ったタイ風チャーハン

現在工事中のBTS延伸区間が完成して、バンプー付近にBTSの駅が出来たら、もっと遊びに行きやすくなるのではないかと期待しています。

DATA
バンプー・リゾート(Bangpu Recreation Center)
住所:164 Moo 2, Tambon Bangpoo, Sukhumvit Road, Amphur Muang, Samutprakarn 10280 Thailand
営業時間:毎日10:00〜20:00
アクセス:BTSケーハ駅よりタクシーで10分
公式FB(タイ語のみ):バンプー・リゾート

⑤海辺のお洒落なレストラン「サーイロム・バンプー」

将来BTSスクンビットラインが延伸する予定のバンプーは海辺の街。海の見えるレストランやカフェがたくさんあります。中でも一番お洒落で人気なのが「サーイロム・バンプー」です。

海の見えるお洒落なカフェ&レストランが集結

広い敷地をもつ「サーイロム・バンプー」は、いくつかのコーナーに分かれていて、シーフードレストラン「サーイロム・バンプー」、カフェ「アフタヌーン・バンプー」、カフェ「アクティビティ・バー」などがあります。

サーイロム・バンプーは大きなシーフードレストラン

焼き物好きなオーナーのアイデアで、たくさんの陶器がお店の至るところに飾られています。店内はどこで写真を撮っても間違いなく映える、可愛くてお洒落なお店ですよ。

どこで写真を撮っても可愛く映えそう!
DATA
サーイロム・バンプー(Sailom Bang Pu)
住所:55 Moo 2, Sukhumvit Road, Muang Samut Prakan, Samut Prakan 10280 Thailand 
営業時間:毎日11:00〜22:00
アクセス:BTSケーハ駅からタクシーで7分
公式FB(タイ語のみ):サーイロム・バンプー

⑥白亜の美しい寺院「ワット・アソカラーム」

最後にご紹介するのは、BTSケーハ駅から車で5分の場所にあるワット・アソカラームという寺院です。1962年に建立された建てられた寺院ですが、BTSの延伸で行きやすくなったため、最近になって注目されるようになりました。

ワット・アソカラームでは、僧が守るべき13の規範を象徴する13の白い仏塔がとても美しく、夜になるとライトアップもされるそうですよ。

白亜の13の仏塔が美しい寺院
DATA
ワット・アソカラーム(Wat Asokaram)
住所:Soi Sukhaphiban 58, Tambon Tai Ban, Amphoe Mueang, Samut Prakan Thaialnd
営業時間:8:00〜17:00
アクセス:BTSケーハ駅からタクシーで5分
公式サイト(タイ語のみ):ワット・アソカラーム

バンコク旅行ではBTSを活用すべし!

BTS延伸区間の見どころをご紹介してきましたが、今までにバンコクを訪れたことがある方なら、BTSスクンビットラインが隣県のサムットプラカン県まで達していると知って、驚かれたのではないでしょうか。

BTSスクンビット線は海沿いのサムットプラカン県に達していた

都市鉄道の路線がどんどん延伸されている最大の目的は、バンコクの悪名高い交通渋滞の緩和。バンコク郊外から都心に車で通勤していた人たちが、電車で通勤できるようになることで、都心部の渋滞が緩和されることが期待されています。

郊外のBTSの駅のそばには、「パーク&ライド」と呼ばれる巨大な駐車場も出来ていて、自宅から最寄りのBTSの駅まで車で来て「パーク&ライド」に駐車し、BTSに乗り換えて都心の職場に行けるようになりました。

バンコク郊外のBTS駅付近にある巨大な駐車場

旅行者にとっても、バンコクの渋滞が緩和されれば、バンコク滞在時間を有効に楽しむことができますよね。しかも、都市鉄道の発達で行動範囲もますます広がって、より充実した旅行計画を立てることもできるでしょう。

次回バンコクに来る時には、新しい路線がどこまで延びているのか、忘れずにチェックしておきましょう!

バンコク旅行ではBTSを活用して快適な旅を!

2022年こそ海外旅行の準備を始めよう!

タイに行けなくなって2年が経過しています。でも、逆に今のうちに航空会社のマイルを貯めるなどして、次のタイ旅行に備えませんか?
えっ?
「どうせマイルを貯めたって、海外旅行できるのがいつになるかわからない。」
「そんなにマメな性格じゃないし、面倒くさい。」
いえいえ、だからこそ今がチャンスなんですよ!

マイルを貯めなければ無料で海外旅行ができないし、マイルを貯めるには時間が必要です。海外旅行が困難な今は割り切って国内航空券に交換できるマイルを貯めましょう!
コロナ禍の今はマイラーになる準備期間です!

ポイントサイト「ハピタス」には楽天トラベル・じゃらん・ヤフートラベル・JTBほか大手旅行予約サイトの大部分が参加しています。また航空会社も参加していて、旅行系サイトでの予約がハピタスにログインして使用することで、ポイントバック率が増えます。また、ハピタス独自「ハピタスポイント」が貯まり、これらのポイントは、なんと航空会社のマイルに交換が可能なのです!

すごいでしょ?飛行機に乗らなくても、マイルを貯めることができるのです。まずはハピタスに参加している旅行・ホテル・航空会社をチェック。どんな会社のポイントがどれだけ通常より多く貯まるのか、リサーチをしてみてください。

また、面倒くさがり屋さんこそ、ハピタスが良し!カードを発行しても、Wifiを乗り換えても、電気やガスを乗り換えても、最終的にマイルや現金に交換できるハピタスなら大丈夫!マメな性格でなくてもハピタスに掲載されている楽天ほか数多くの有名ショッピングサイトでハピタス経由でお買い物をするだけでポイントが貯まってしまうのです。
大手旅行系企業が参加している「ハピタス」なら安心。まずは登録(もちろん無料)をして、準備を始めましょう。

もちろん、大手グルメ予約サイト、デリバリーサービスも参画しています。飲みに行くにも、デリバリーもハピタス経由で予約。これ基本です!

さあ、次はあなたが、このコロナ禍にマイラーデビューを果たしてください。

木本 美沙子