旅占い8月の運勢・みずがめ座(水瓶座)【2021年最新】

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター

「旅行がしたい!でもその月の運勢にピッタリの旅先ってあるのかな?」。そんな疑問に、横浜中華街の占い師・祐天寺蓮花が、あなたの星座の運勢に合わせた旅スタイルを毎月ご提案!

8月のみずがめ座(水瓶座)さんの、運気があがる旅のカタチとは?

占い師・祐天寺蓮花とは

祐天寺蓮花(ゆうてんじ・れんか)といいます。こんにちは!
2019年末に卒サラ(会社員生活を卒業)して占い師として本格デビューをしました。なので、コロナ禍の期間と専業占い師としてのキャリアの長さが、ほぼ同じなのです(!)。
たびハピをご覧の旅好きの皆さんも、コロナ禍なりの旅行の楽しみ方を模索されていることかと思います。
星の動きから、ニューノーマルな旅スタイルを探る。そんな想いで旅占いをしていきます!

旅占い 占い師祐天寺蓮花 
現在、横浜中華街の占い館「愛梨」に出演中!

2021年8月 12星座共通トピックス

8月22日までは獅子座のシーズン(正確には8月23日の朝に獅子座から乙女座の季節に移ります)。
獅子座の期間は本来“娯楽の王様”みたいな季節なのですが、今年はちょうど緊急事態宣言に重なってしまう地域もあるのが、もどかしいところ。

そんな情勢も相まって、今月は「情報の使いかた」と「選択」がカギになりそう。ピークをずらせばお得に利用できるサービスや、自治体ごとの独自の割引キャンペーンなどの動向に注目。お盆の時期は、憧れのホテルのキャンセル待ちを直前まで粘ってみる価値もあるかも。

また7月に環境の変化があってキツさを感じていた人は、8月下旬からはソフトランディングしていきそうです。
ちなみに8月22日は満月の日でもあるので、いっそう「空気が変わる」ムードに包まれる予感。

みずがめ座(水瓶座)◆2021年8月の運勢

8月の満月は、22日の夜空の水瓶座の位置で起こります。
前回の誕生日から約半年。折り返し地点として総括をしてみると良いとされています。
前半戦、5月半ばまでに取り組んでいた事柄に対して停滞感を覚えていた人には、7月末から、じわじわとスポットライトの光度が上げられていく感覚が宿り始めるかもしれません。
テーマ別ではハードな運勢のように見えますが、月の後半からは段階的に好運期のムードが上がってくるでしょう。

みずがめ座(水瓶座)◆2021年8月の旅行運は?

8月の12星座で言えば、最高レベルの旅行運と言えます。
「ゴージャス」はもちろん「映え」というフレーズさえ既に古くなっているかもしれませんが、人に自慢できる贅沢さにこだわっても、この月は嫌味にならない運気のような気さえします。

夏らしく「日光を浴びる」ことも開運ポイントに。海辺のリゾート地がよく合うイメージです。もちろん熱中症と日焼けの対策は充分に。
普通なら、字ヅラが一緒というだけで日光(栃木県)を選ぶのはさすがに……という感しますが、でもそんなノリも許されてしまうくらいの、アゲアゲ旅行運の夏です。GOGOサマー。

みずがめ座(水瓶座)◆2021年8月の注目DAY

月初からの1週間は、交渉事に臨むなら粘り強さを要するタイミング。
お盆の旅行は、12・13日を選ぶとスムーズ。
20日は、責任の押し付け合い・譲り合いに注意。野球における「お見合い」というエラーの形。
22日・23日には、目標に向けて進むためのスイッチが入りそう。クラウチングスタートの態勢。
30日は月内ではレアなくらいに、緊張感から放たれるような一日。

みずがめ座(水瓶座)◆2021年8月の4大運をテーマ別にチェック!

●仕事
後半からは特に仕事の進捗のスピードが上がってきそうです。「お尻に火がつく」ストレスを感じる方もいると思いますが、業績という観点から見た場合には、仕事運は好調と言えます。

●恋愛
良くも悪くもドタバタの恋愛劇場の予感。特にマッチングアプリのユーザーは会う約束をする相手が増えそうですが、トラブル・諍いの星が象徴的に出てしまっているタイミングなので、ぜひ慎重に。

●健康
体幹の要である腰と、第2の心臓と呼ばれるふくらはぎ。この2か所のケアをしっかりしておきたいところ。痛みの出る前に整体・マッサージで血行を良くしておくのがおすすめです。

●お金
個人事業主や金融商品を運用されている方は、強気な投機に走ってしまう可能性があるので、今一度デメリットの確認を。一般の方も、自粛の反動でバーンと使ってしまいたい衝動が湧くかも。

「で、結局どうすれば?」今月の開運テク

“寝かせていたもの”の確認を!
2021年の前半(5月中旬まで)、自分の生活に通底していたもの(トピックス的なもの)の振り返りを、ぜひしてみていただきたいと思います。
もし一度中断していたとしても、10月に向けて再始動する機運が高まり、年末までに最後の仕上げが行われるようなスケジューリング。
こうした星の動きを伴奏のようにして、あなただけのメロディを紡ぎだしていくことを、「流れに乗る」と呼ぶのではないかと思います。

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター