旅占い8月の運勢・うお座(魚座)【2021年最新】

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター

「旅行がしたい!でもその月の運勢にピッタリの旅先ってあるのかな?」。そんな疑問に、横浜中華街の占い師・祐天寺蓮花が、あなたの星座の運勢に合わせた旅スタイルを毎月ご提案!

8月のうお座(魚座)さんの、運気があがる旅のカタチとは?

占い師・祐天寺蓮花とは

祐天寺蓮花(ゆうてんじ・れんか)といいます。こんにちは!
2019年末に卒サラ(会社員生活を卒業)して占い師として本格デビューをしました。なので、コロナ禍の期間と専業占い師としてのキャリアの長さが、ほぼ同じなのです(!)。
たびハピをご覧の旅好きの皆さんも、コロナ禍なりの旅行の楽しみ方を模索されていることかと思います。
星の動きから、ニューノーマルな旅スタイルを探る。そんな想いで旅占いをしていきます!

旅占い 占い師祐天寺蓮花 
現在、横浜中華街の占い館「愛梨」に出演中!

2021年8月 12星座共通トピックス

8月22日までは獅子座のシーズン(正確には8月23日の朝に獅子座から乙女座の季節に移ります)。
獅子座の期間は本来“娯楽の王様”みたいな季節なのですが、今年はちょうど緊急事態宣言に重なってしまう地域もあるのが、もどかしいところ。

そんな情勢も相まって、今月は「情報の使いかた」と「選択」がカギになりそう。ピークをずらせばお得に利用できるサービスや、自治体ごとの独自の割引キャンペーンなどの動向に注目。お盆の時期は、憧れのホテルのキャンセル待ちを直前まで粘ってみる価値もあるかも。

また7月に環境の変化があってキツさを感じていた人は、8月下旬からはソフトランディングしていきそうです。
ちなみに8月22日は満月の日でもあるので、いっそう「空気が変わる」ムードに包まれる予感。

うお座(魚座)◆2021年8月の運勢

「不安しかないけれど、最終的には、なんとかなる」。
悲観性を突き詰めた先に楽観性に辿り着き、また悲観する、の繰り返し……そんな持ち前の性格が、いつも以上に際立って表れそうな、この8月。
夢の世界の住人などと形容されることもある魚座さんですが、今月は結果だとか現実化だとか実際性といったテーマを内外から求める/求められることが多くなり、そこが葛藤ポイントに。
「お騒がせ」と笑いながら付き合ってくれる仲間の存在を支えに、“なんとか”乗り切りたいもの。

うお座(魚座)◆2021年8月の旅行運は?

「伝統」に触れる旅を。
受け継がれてきたもの。生々しく言ってしまえば、「積み重ねられてきた命」というテーマに、引き寄せられるかのように足が向いてしまう人もいるかも。
たとえば、戦いが行われた場所や、歴史的建築物の跡地など。
単純に「老舗」の称号を持つ施設へ行くのも良いと思います。
何かメッセージを受け取ったなら、今度はあなたが伝え手になる。「連綿」の一部となる旅へ。

うお座(魚座)◆2021年8月の注目DAY

9日~11日は無理は禁物。心身ともに負荷がかかりやすくなっています。
20日には「いったん立ち止まれ」的なサインが。目標の再確認。
24日がお仕事の人は、夜は捗らないので、18時にはシャットダウンを。
25日は、曖昧にしてきた態度に対し、明確な回答を求められるようなことがありそう。

うお座(魚座)◆2021年8月の4大運
をテーマ別にチェック!

●仕事
「下剋上をくらう」経験、または横槍、意外なところからの妨害などを感じることがありそう。ただ、結果的には自分が成長させられたり、単に目上の人間からの期待だったことに気づく場合も。

●恋愛
恋愛状況はとっても賑やか!けれど、“実態が伴うか”はちょっとあやふやな星の配置。もしかしたら、気になる相手は複数人出現するけれど、駆け引きに苦労するかもしれません。粘り強く!

●健康
健康管理を実践するには有利な星が回っています。何事も「偏り」は健康への悪影響の元ですが、栄養バランス面の調整に取り組めるなら120点。持病のある方は、前半の取り組みが決め手。

●お金
たとえば「欲しいものに1000円を払えるか決める」という考え方から、「この1000円をどう使う(活かす)か」という風に、手持ちのお金の価値最大化、ということに意識が向くようになるかも。

「で、結局どうすれば?」今月の開運テク

“時の流れに身をまかせ”の精神で!
魚座の象意に「甲羅もつけない無防備なままで、大海を泳いでいる」といったものがあります。
だから傷つきやすいし、(海との)共存共栄という感覚を自然に身につけているのです。
けれど現代に生きる私たちは、どうしても「泳がなければ!」という態度や気概で世界と向き合ってしまっているので、それが溺れる原因(魚のくせに!)になってしまっているのかもしれません。

ナイフのようなストレスにさらされやすい8月ですが、流れのままにまかせる という本来のしなやかさを思い出して、「乗り越える」ではなく「やりすごす」くらいの軽い気持ちで過ごしてみませんか。

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター