八景島あじさい祭2022開催中!6月26日まで・犬同伴で行ってきた!

根本聡子

ペットとお出かけライター

神奈川県内でも屈指の紫陽花スポットとして人気の八景島。2022年で第22回目となる「八景島あじさい祭」が6月4日から始まったので、早速行ってみました。6月9日現在“咲き誇る”には程遠く、全体では三分咲きといった感じ。

これから見頃本番を迎える前に「八景島あじさい祭」の見所と、愛犬連れでも楽しめる八景島の魅力をお届けします!

真っ白のあじさいが両脇に咲き誇る「あじさいの滝」も見頃はまだ先。

スタンプラリーを楽しみながら島内のあじさいを見て回ろう

見頃を迎えている場所もありました。

島内のあちこちに「ガクアジサイ」や「セイヨウアジサイ」など様々なあじさいが咲き誇る八景島。その数はなんと40種約2万株!神奈川県の中でも1、2位誇るあじさいの名所です。

スタンプラリーを楽しみながら様々なあじさいを楽しんで。

今年で22回目を迎える「八景島あじさい祭」。お茶会やフラワーアレンジメントといった催しも開催されますが、予約ナシで誰でも(犬連れでも!)楽しめるのが「あじさい八景 見どころスタンプラリー」。あじさい園路の中を散策しながら8ヵ所のポイントを巡るとレストラン・ショップの割引が受けられるというイベントです。

スタンプラリーのマップと特典一覧。

スタンプラリーの参加費は無料ですが、事前に専用アプリ「COCOAR(ココアル)」をダウンロードする必要があります。ダウンロードしたらマップを元にスタンプラリー開始!
島内に8つあるマーカーを読み込むと、デジタルスタンプが集められる…のですが、これがなかなか難しい。私のスマホの感度が悪いのかコツが掴めない私が鈍いのか、いくらカメラをかざしても3つしか読み込んでくれず途中で挫折しました(泣)。

島内はバリアフリー!車椅子やベビーカーでも楽しめます

エレベーターの中も水族館仕様。

スタンプラリーと聞くと「歩くのか…」と不安になる方もいるかと思いますがご安心を!
ここ八景島はバリアフリーが徹底されていて、島への入り口はもちろんどこへ行くにもスロープとエレベーターが完備されています。なので車椅子の方はもちろん、ベビーカーやペットカートでも移動がラクラク!

坂道の途中に咲き始めていたあじさい。

スタンプラリーのコースも階段を使わずに緩やかな坂を登りながら回れるようになっているので、安心してあじさい散策を楽しむことができます。少し遠回りになる部分もありますが、その分そこでしか見られないあじさいが出迎えてくれますよ。

ここでしか見られないあじさいも!

島内でしか見られない貴重な品種。

約2万株のあじさいの中でもぜったいに見逃さないで欲しいのがここでしか見られない「八景ブルー」。2013年に八景島20周年を記念して誕生したあじさいで、青い空と海に囲まれた八景島をイメージしたその名前は公募で選ばれたのだとか。

八景島でしか見られない「八景ブルー」

「八景ブルー」は八重咲きで星形の花びらが特徴的なガクアジサイ。まだまだ小ぶりでしたがこの美しい色とかわいらしいフォルムをカメラに収めようとたくさんのカメラマンが集まっていました。

満開になるのは1週間後くらいかな?

8つの見どころの中でも私が一番好きなのがあじさいの滝。階段の両脇に咲き誇る真っ白な「アナベル」が滝のように見えるからこう名付けられたのだとか。残念ながらまだまだ滝には程遠い感じでしたが、この感じで行くと7月上旬くらいまでは楽しめそうでした。

満開時のお写真がないかと過去の写真フォルダを探してみると…ありました!

満開時にはもりもりに♪

こちらはあじさい坂で撮った1枚。あまりの暑さに愛犬ふわりもお友達のトイプーちゃんもへらっへらですが、大きな紫陽花が見事に咲き誇っています。たしかこのときはすでにあじさい祭が終了していた頃なので、今年も長い期間楽しめそうです。

6月上旬ならバラとのコラボも!

6月上旬ならまだバラも楽しめます

まだあじさいの見頃には早かったですが、この時期しか楽しめないのがバラとのコラボレーション。山頂にあるバラ園では見頃は過ぎたもののまだ美しい姿のバラを楽しむことができました。

ちょっとまだ早かったねと言わんばかりの顔。

バラ園の横に咲いているのが濃いブルーのあじさい。その群生は「ブルーパラダイス」と名付けられいて、青空によく映えます。

全品種と撮影しようと思ったのに、限界のご様子。

バラ園の周りにはブルーのほかにも白くて大きな紫陽花が。これは「カシワバハーモニー」という品種でもりもりっとしたダイナミックなシルエットが特徴的です。島内にはあじさいについての豆知識が書かれたボードがあちこちに掲げられているので、読みながらお散歩するとあじさいの知識が深まって面白いですよ。

水族館はダメでも愛犬と遊べる場所はたくさん!

水族館は入れなくても楽しめます!

あじさい散策を堪能したら、島内のお散歩へ。
「八景島シーパラダイス」の水族館や遊園地のアトラクションは犬連れはNGですが、それ以外にも愛犬と楽しめる場所はいっぱい!
私のお気に入りスポットをご紹介しますね。

いるかさーん!と呼んだら来てくれました(笑)

まずは水族館エントランス脇のこちら。水族館の中はダメでも外からならシロイルカたちが泳ぐ姿を見ることができます。今はレンガの改修中で近くまで寄れませんが、改修後は窓枠ギリギリまで近づけるので迫力も満点!
水族館の入園料を払わずしてタダでイルカ鑑賞が楽しめちゃいます(笑)。

こちらは去年の1枚。シロイルカさんがすぐそばに。

去年来たときはまだ改修前だったので窓枠からふわりとイルカをじっくりと鑑賞。イルカも犬の姿が気になるのでしょうか?何度も何度も近づいてきてくれました。

海上散歩へ出発!

遊覧船「パラダイスクルーズ」にもカートのまま乗車可能です。こちらは別料金で大人700円、子供350円がかかりますが、ペットは無料。八景島の周囲を約15分かけて一周するクルーズの旅を楽しんでくださいね。

一番楽しそうな笑顔を見せてくれました

そして海側に広がる芝生エリアは愛犬大喜びの場所。海上を走り抜けるサーフコースター「リヴァイアサン」から轟く絶叫もお構いナシ、コースター顔負けの速さで走り回ります。
愛犬を遊ばせるときはロングリードを持参すると便利です。これまでカートでつまらなそうな顔をしてたチワワはどこへやら。海風を感じながら気持ちよさそうに疾走してました。(ノーリードで走らせるのはマナー違反なので絶対やめましょう!)

一緒に食事できるスポットもあります

テラス席ならわんちゃん同伴OK!

たっぷり遊んだらお腹が空きますよね。そんなときは島内のレストランを利用しましょう。
テラスのあるお店ならわんちゃんの同伴が可能。フードコートのテラスも利用できますが、そちらは注文時に店内に入る必要があるので1人1匹利用は不向き。レストランなら席まで注文を取りに来てくれるので安心な上、景色も最高なのでオススメです。

イタリアンレストラン「マンジャーレ」のテラス席。

私がよく利用するのがイタリアンレストラン「マンジャーレ」。この日は雨の翌日だったのでソファー席にはシートが張られていて使えませんでしたが、お天気の日ならふかふかのソファーシートも利用できますよ。

イルカやペンギンが見えることも♪

そしてこの席がお気に入りなのは水族館の施設のひとつ「ふれあいラグーン」が見えること。カメラをぐぐぐっとズームしたので画質は悪いですが、よーく見るとイルカたちがご挨拶してるのがわかりますか?
この施設はイルカやペンギンと触れ合える人気のスポットですが、もちろん愛犬連れはNG。でもここからなら食事しつつチラリとその様子が見えちゃうのです!
運が良ければペンギンの行進も見られますよ。
え?せこい?だって愛犬連れじゃ入れないんだもんー!と言い訳させていただきます(汗)。

横浜・八景島シーパラダイスの予約はこちら
 アソビュー!で予約する

あじさいの見頃は6月中旬!朝のお散歩がてらの散策にぜひ

あじさい咲き誇る八景島を楽しんで

見頃にはちょっと早い2022年の来島になってしまいましたが、それでも咲き始めたばかりのかわいいあじさいを愛でながらの愛犬散歩を満喫することができました。八景島シーパラダイスのオープンは11時ですが、島には8時半から入ることができるので混む前にのんびり散策するのがオススメ。入島料やあじさい祭のスタンプラリーの参加は無料なので、愛犬とのお散歩がてら遊びに来てみてはいかがですか? 

八景島に近いホテル予約は?

ワンちゃん連れでも人間だけでも行きたい八景島のあじさいシーズン。お泊りして八景島や周辺観光を楽しむのもいいですよ!

八景島に近いホテル予約はこちら
 一休で予約する
 じゃらんnetで予約する
 Yahoo!トラベルで予約する
 楽天トラベルで予約する
DATA
第22回 八景島 あじさい祭
所在地:横浜市金沢区八景島 横浜・八景島シーパラダイス
開催期間:2022年6月4日(土)~6月26日(日) 
開催時間:8:30〜21:30 (土日祝日〜22:30)※イベントごとの開催時間はHP参照
入場料:無料 
公式サイト:第22回 八景島 あじさい祭

根本聡子

ペットとお出かけライター