シェラトン・グランデ・トーキョーベイでディナーと朝食!グランカフェ編

吉田彩緒莉

タイ大好きホテルライター

ラグジュアリーホテルでいただくホテルのビュッフェは、通常のレストランのビュッフェより、ちょっとテンション上がっちゃいますよね。ファミリーならなおさら。
子どもが好きなものに大人が合わせるには限度があるし、子どもはもっと合わせられない。だからこそ好きなものを好きなだけ頂ける環境は最高!特別な日のファミリーの食事こそ素敵なホテルのビュッフェにすべきだと思います。

また、カップルや友達同士の旅行でも、ビュッフェだったらとても楽。
やはり好きなものを好きなだけ、その人の好みで取り分けることができるので「何料理が好き?」「何食べに行く?」なんていう細かい打ち合わせが省けます。

ちなみに良いホテルであればあるほど、一品一品の料理に手がかかっています。食材しかり、調理法しかり…。ビュッフェの料理は干からびてない?なんていう心配は、高級ホテルに必要ナシ。

舞浜の東京ディズニーリゾート®にお出かけしたら、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの「グランカフェ」でディナーにしちゃいましょう。
もちろん宿泊してのディナーだったら、運転担当の人も、お父さんもお母さんも安心してお酒が飲めますね!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイはリゾート感たっぷり!

シェラトン・グランデというクラスは、シェラトンブランドの中でも高級路線。
海外でもピシッとスーツでキメた紳士や、そこそこドレスアップしたご婦人が集い、少し緊張してしまいます。しかし、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは、ゴージャスながらもリゾート感溢れる空間。

画像提供:シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

宣材用の撮影位置でなければ、全体像が映らないほど巨大な佇まい。もちろんここは。シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルさんに、全体像を提供していただきましょう!
驚くなかれ…敷地面積約5万平米!客室数は計1,016室!舞浜エリアで最大の客室数です。

さらに多くの客室にバルコニーが付いていて、特に海側の客室であれば、まるで大海原に浮かぶ豪華客船で旅をしているような気分になれますよ!

オーシャンビューの客室からの眺め

東京ディズニーリゾート®・オフィシャルホテルの一つですが、夢の国で遊ぶためだけに泊まるのは非常にもったいない!ラグジュアリーホテルだけど、アロハシャツやリゾートワンピースが似合ってしまうリゾート感と、ラグジュアリーホテルだというのに緊張せずにリラックスできる存在は首都圏には非常に珍しい存在です。

そんなシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルに宿泊してまいりました。
2021年12月にリニューアルされたばかりの「トレジャーズルーム」に宿泊したのですが、筆者のような大人は南国リゾート気分を、子どもはトレジャーハンター気分が味わえて、非日常感たっぷり。

宿泊記はこちらの記事をご覧くださいね!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル宿泊記はこちら↑↑↑
南国リゾートに枯渇しているあなた!極上リゾートホテルが千葉にありますよ!
シェラトン・グランデ・トーキョーベイホテルの予約はこちら
 マリオットボンヴォイで予約する
 一休.comで予約する
 じゃらんnetで予約する
 Yahoo!トラベルで予約する
 楽天トラベルで予約する
 ホテルズドットコムで予約する
 Booking.comで予約する
 エクスペディアで予約する

ディナーと朝食をホテル内で済まそうと、ホテルを散策していたところ、あまりにも開放感溢れる空間に心ときめき、一人旅だというのに「グランカフェ」のビュッフェを予約!

大人の女性ひとりでも浮かないかなあ…などと心配していたものの、同じような人は何人かいるし、とにかく広いので全く浮かないという…「グランカフェ」は女一人旅ですら強い味方であることを知ってしまったのです!

大人女子「グランカフェ」で一人「ディナーブッフェ」に挑戦

女子一人旅でも浮かないビュッフェレストランってある?と言う声も聞こえてきそうですが、筆者が選んだ「グランカフェ」は、この環境です。

なんという広さ、解放感…そして壁一面ガラス張り!2階まで吹き抜けていて全面ガラスって凄いですよね。この景色を楽しみたいので、ディナー開始時間と同時の17時に、暗くなる前に予約してしまいました。これが大正解!

ユニークなレストランフェアを見逃すな!

「グランカフェ」の「ディナーブッフェ」は、ほぼ毎月非常にユニークなフェアを行うことでもビュッフェ好きの間では知られています。ちなみにこの日は、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルを含め全国8つのシェラトンホテルとコラボレーション。各シェラトンホテルの名物料理が並ぶ「オールシェラトンフェア」を開催していました。

例えば…ポークロース肉の広島土手鍋風ロースト。

この料理はシェラトングランドホテル広島にちなんで、広島県の名物料理を再現。他にも「神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ」なら兵庫県の「淡路鶏の柔らか蒸し 灘の酒粕と六甲味噌の香り」などなど…

食材や調理方法が、全国のシェラトンのある土地にちなんだものなんですって!

ちなみにシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルからは「房総沖カツオのタルタル 千葉の恵みをコンディメントに」「千葉県産錦爽鶏のロースト 千葉佐倉の味噌のグラチネ」など、お酒が進んで仕方がないメニューが参戦。
さらには日本でシェラトンのある場所のクラフトビールまで用意するという心憎いフェアです!
お酒好きの筆者、ディスプレイですよって書いてあるのに、手を伸ばそうとしましたがね。

クラフトビールのボトルっておしゃれよねえ。

ふむふむと各地の各地の食材や料理法を覚えつつ料理を取りわけていたら、自身のシェラトンデビューがタイ・バンコクのシェラトングランデだったことをふと思い出した筆者。

シェラトンは今も昔も、スケールが大きくて、ホテルに着いた途端ワクワクする…というあの瞬間を思い出してしまいました。そんなシェラトンが大好きで、スターウッドの会員になったっけなあ、なんて思い出に浸っておりました。今はマリオット系列ですが、シェラトンは今も当時もこうして華やかな気持ちにさせてくれる。やっぱりシェラトンブランド好きだなー…なんて。この気持ちって、シェラトン好きの方ならわかってくれると思うんですけどね。

あら、話がそれましたわ。

ローストビーフ・窯焼きピッツァ!レギュラー人気メニューも抑えよ!

河内鴨のローストに、アグー豚に、泉州沖産舌平目に…これだけゴージャスな内容のオールシェラトンフェア。フェアは終了してしまうもの。…そんなの今知っても、次は違うフェアなんでしょ!という方!大丈夫。次のフェアもきっと負けじとゴージャスであるに違いないのがグランカフェの恐ろしさ。
6月のフェアもホームページの更新をチェックしておきましょうね。

ちなみに絶対に外せないメニューはフェアだけではなくレギュラーメニューにあるのでご安心を。

まずは大人気のローストビーフさん!

オープンキッチンでオーダーして切り分けていただくタイプ。

今見てもよだれが垂れてくる…

見ればわかりますよね!もう、たまらないおいしさ。
お肉はやわらかーく、分厚く切り過ぎないことで、オニオンソースがよく絡むこと絡むこと。ロースト具合も丁度よすぎます。ローストビーフは、やはりプロに焼いていただき、切っていただくべく料理だと再認識してしまいますね。さらに添えられたワサビが爽やか。
いつもは1枚で十分と言う人も、これなら何枚も食べられてしまいそう。

筆者もせっかく一人で勇気を出して飛び込んだビュッフェレストラン。色々と食べてみたかったので、今回は1枚で我慢しましたが、次に来たときは5枚はイケる、いや10枚だってイケるかも!と確信。

もう一つ、レギュラーメニューで抑えたい料理こそ、窯焼きのピッツァ!

ひと昔前は「ピッツァはやっぱりイタリアンや、ピッツァ専門店でいただきたいわ」なんて思っていたけれど、ピッツァ用の石窯をホテルのダイニングに入れられてしまったら、そんじょそこらのイタリアンは太刀打ちできなくなりますね。

まだまだ種類豊富に攻めたかったので、一切れに留めましたが、生地がもっちり。いやー…もっと食べたかった。焼き立てが並んだそばから取られていく人気メニューです。

ライブキッチンを覗くと「焼き立てですよ」なんてシェフが声をかけてくれるので、その際は逃すべからずです!

中華にタイカレーまで!レギュラーメニュー恐るべし!

レギュラーメニューは中華・アジアンメニューも豊富!特に中華は贅沢な食材を使っているので、外さずいただきましょう。そう。すべて少しずつにしているのは、中華メニューも制覇したかったからですよ!

中華ハムは食材の味を生かし、ちょうどいい具合の塩梅だし、炒め物はあっさりとした味付けで、イカと海老のぷりぷりの食感を楽しませてくれました。
麻婆豆腐好きの筆者が「ビールと共に流し込みたい!」と思った麻婆豆腐も本格派!

ガツンとした味の中華と、あっさり優しい中華の両方を楽しませてくれる中華料理コーナー…ここだけでもかなり秀逸かと。

更に度肝を抜かれたのがコレ!真鯛蒸し。
いいんですか?こんなにゴージャスな料理をいただいちゃって。いつもより気取って取り分けながらも手の震えが止まりません。

皆さんきれいに尾頭付きから取り分けていきますが、できれば早いうちにグランカフェに入って、お頭付きの姿を見ながら取り分けると、美味しさも増すような気がします。…ん?錯覚かな?
ふんわりとした上品な触感は、蒸し加減に左右されるに違いありません。鯛をいただいてうっとりしたのは初めてです。

タイ大好きな筆者が踊りそうになったチキングリーンカレーもありました!
カレーはアジアのカレーが日替わりで提供されます。
しっかりと辛いものの、ココナッツミルク多めでリッチな味わいのカレーです。そのため優しい口当たりにほっとしていると、あとからじわっと辛みがやって来ます。そこそこ辛いものがイケてしまう筆者は、スープ代わりにいただきました。

アローイ(タイ語で美味しい)!

ラグジュアリーホテルなのにお酒の値段が良心的!

さて、せっかくなので、オールシェラトンフェアのビールとともに、取ってきたお料理をいただきましょう!
明るいうちにやってきて良かった。至福のひと時です

沖縄の珊瑚ビールとはこれいかに?

ここ数年はクラフトビールがよく飲まれるようになっていますが、麦の味がしっかりとしていてその後缶ビールに戻れなくなるのが恐いくらい。オールシェラトンフェアの際のクラフトビールは1本1,000円(税サ込)なり。

ローストビーフやがっつりお肉をいただいた後は、お魚とお豆腐プレートへ。

繊細な味の真鯛には…やっぱりあれなんじゃないですか?スパークリングワイン!

というわけで、メニューを見てびっくり。飲み放題もあり、なんとビュッフェ利用者に限り2,700円(税サ込み2022年5月時点)なのだそう。えーっ?ホテルなのに安くないですか?

しかし筆者、ここはホテルですので、少し上品に酔いたくなりました。飲み放題はナシでいきます。と…メニューに目を落としてもう一度びっくり。

スパークリングワインがグラスで800円(2022年5月時点)で、税・サービス料込みですって!しかもそのスパークリングワインが、筆者の大好きはシャンドンブリュットではないですか。
シャンドンブリュットだと、ちょっといいビストロとか、ちょっといい居酒屋さんでもこれくらい、いやそれ以上取られることがあります。シェラトングランデクラスで、シャンドンブリュットがグラス800円でいただけるなんて、はっきり言って最高。
赤・白のグラスワインは600円(税サ込み2022年5月時点)と、こちらもホテルで頂くワインとは思えない衝撃のコスパです。

というわけで、シャンドンブリュットいただきます♡

ここで禁断のビュッフェで一人酒を飲むというパンドラの箱をあけてしまった筆者。
お肉好きはお肉好き、お魚好きはお魚好き…自分の好きな料理を少しずつ取り分け、おつまみとしてゆっくりつまみながら飲む至福。
これまでは「ビュッフェはがっつり元を取らなきゃ!大食いするわよ!」なんて時に使うものだと思っていましたが、いえいえ、これは使えます。

しかもシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのビュッフェはカルパッチョや真鯛蒸し、舌平目のお料理に、お肉系のグリルも豊富。低糖質ダイエットしている人にもお勧めだなあと実感。

すっかりホテルのビュッフェ飲みにハマる

これは違うレストランフェアの際、絶対に再訪せねば!

デザートは別腹!

スイーツ好き女子、そして甘いもの大好きのキッズたちは、ここで終了するわけにはいきません。シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「グランカフェ」のデザートをたんまりと召し上がれ!

こちらオールシェラトンフェアからシェラトン都ホテル東京「東京烏骨鶏」の抹茶エクレア。ビターな抹茶の生地が、生クリームの上品な甘みを引き立てます。

もちろんシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルも千葉県の食材を使ったデザートを出品。千葉県産ピーナッツムースとオレンジサフランソース!

…ピーナッツバターを知っていればその濃厚さは知っていたはずなのに、ピーナッツムースの濃厚さと爽やかなオレンジサフランソースに撃沈。ピーナッツ、美味しすぎる…。

いちごを使ったデザートや、他にもケーキが…。

グランカフェのディナーの翌日以降は、しばらく運動しないとまずいことになりそうです。ホテル宿泊者は無料のジムや屋内プールが使えるので、ホテルに宿泊して、翌日は頑張ることをお勧めします。

でも、ディナービュッフェはたまのご褒美。ちょっと自分を甘やかす日があってもいいですよね!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイの朝食

ホテルステイのお楽しみは、やっぱり朝食。ダイエットだなんだと言っていましたが、どれだけ食べてもなぜか朝にはお腹が減るという人類の不思議。

おはようございます!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの朝食は「グランカフェ」のビュッフェ。朝の「グランカフェ」は活気に溢れ、全面ガラス張りの窓からさわやかな光が降り注ぎます。

夕食時とは違い、多くの人が朝食にやってきますが、広い上に天井が高いので、気になりません。この贅沢な空間づくりは、舞浜の老舗ホテルだからこそできたことかもしれません。

朝は和食なのよー…なんていう方も、パンだけなのよーという方も、ホテルの朝食ビュッフェは別。内容を見てから決めるわと戦闘モードに。和洋折衷、もしくは2周してどちらもいただいちゃいますよね?

ライブキッチンではオムレツを目の前で作ってくれるサービスも。
プレーンオムレツだけではなく、ハム&チーズ、野菜のトマト煮オムレツなどバラエティに富んだオムレツが注文できます。
目玉焼きやちょっと珍しい温卵エッグベネディクトも。

ホテルに来るとつい頼んでしまうエッグベネディクト。想像以上にボリューミーで、他の料理が食べられないなんてことありません?これなら失敗せずエッグベネディクトをいただけますね。

朝食にも地産地消を取り入れるシェラトンの心意気

「オールシェラトンフェア」のディナービュッフェでも、その姿勢は随所に感じられましたが、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは地産地消にも大変力を入れています。
ディナービュッフェでもお酒のお供とさせていただいたシーザーサラダに朝も出会えて感激!
だって見てくださいよ。この大きなパルメザンチーズに憩う野菜たちを。チーズの器で混ぜ合わせるため、しっかりとチーズの味が野菜にしみわたり、野菜嫌いの筆者でもおかわりした一品です。
この野菜は千葉県の「布施農園」産。

ホテルの朝食ビュッフェって、朝からデザートが出るのもうれしいですよね。
フリードリンクビュッフェが付いているのでお好みのコーヒーと共に、ゆったりと楽しめるわけですが、実はここにも地産地消が!

ヘルシーな豆乳利用のスイーツは、浦安のお豆腐屋さんの豆乳を使用。昨日食べ過ぎた胃に優しぃ…。

牛すじカレーが衝撃のおいしさ!朝から好きなものを好きなだけ

えー、実は筆者、目玉焼きが大好きで、オムレツを頼んで映えを狙うべきところ、目玉焼きと焼き魚の地味な構成で申し訳ない(自爆)。

これが大人女子の選ぶ自分勝手な朝食である…

でもいいですか!ビュッフェは「好きなものを好きなだけ!」が鉄則です。正解はありません!
何も映えるもの選ぶ必要はないんですよ(開き直りが半端ないな)。サバと、塩じゃけと、カニシュウマイ。そして大好きな目玉焼きをメインに、ああ幸せ、とつぶやいても何の問題もないのです。

なんというバランス。これができるのもビュッフェの良さ

しかし筆者は、ここで衝撃の朝食メニューに出会ってしまったのです。なんだと思います?

ソ・レ・は…朝カレーです!
筆者、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにこの牛すじカレー食べるために戻りたいと真剣に思いました。とろっとろの牛すじと、さらっとしたカレールーが、たまらない…止まらない。

このように自分の好みだけに突っ走る一人旅女子をも受け入れる、朝食ビュッフェを提供するシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。恐るべし。

焼き立てのパンの種類が豊富!

ホテルのビュッフェでは最後にクロワッサンとチョコレート、エスプレッソで占めることの多い筆者。最後のパンを求めてライブキッチンへ。
ホテルメイドの焼き立てのパンが次から次に運ばれてくるかなり激アツな環境であることに感動しました!

特にクロワッサンの美味しそうなことと言ったら…もう!

クロワッサン、キッシュ、チョコレートをセレクト

予想通りサクッと、香ばしいクロワッサン。甘さは控えめで、料理との調和を考えられた生地です。

ビュッフェの楽しみ方を教えてくれるグランカフェ

おひとり様旅行の多い筆者にとって、これまでホテルのビュッフェは朝食以外、縁遠いものでした。しかし、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「グランカフェ」の存在は別。

例えば、朝食の時間が混雑していても、カップルや、私のようなおひとり様ビュッフェでも、寛いで食事できるエリアがたくさんあります。そして、この広さと天井の高さが、その混雑が気にならない環境を作り上げます。
ファミリーから一人旅まで、そしてスイーツ大好きさんから飲兵衛まで、懐深くすべてを受け入れてくれるビュッフェレストランこそ、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのグランカフェではないかと思います。

せっかくの素敵なリゾートホテルステイ。ホテルの中で、あなたの食生活を変えずに、あなたのスタイルに合わせた食事を楽しんでみては?
今なら迷わず言えます。考え抜かれたビュッフェレストランは、どんなタイプの人にも合う食事の場であることを。

また、マリオットボンヴォイ会員の方は、割引もあるので、予約の際に確認を。会員資格により割引率が異なります。除外日もあるのでご注意を!

 マリオットボンヴォ 登録はこちら

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ予約はこちら!

食事だけで訪れるのもいいですが、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは食事を含めてトータルで楽しんだ方が、そのスケールの大きさ、リゾート感に圧倒されますよ!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの予約はポイントを貯めているポイントプログラムや、オンライン予約サイトで予約を。

もうすぐ夏。岩から流れ落ちる滝が涼しげなガーデンプールもオープン!今のうちに予約しちゃいましょう。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイホテルの予約はこちら
 マリオットボンヴォイで予約する
 一休.comで予約する
 じゃらんnetで予約する
 Yahoo!トラベルで予約する
 楽天トラベルで予約する
 ホテルズドットコムで予約する
 Booking.comで予約する
 エクスペディアで予約する
DATA
所在地:千葉県浦安市舞浜1-9
アクセス:JR舞浜駅からディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」下車、徒歩または無料シャトルバスで約1分
朝食ブッフェ:大人3,500円/9歳~12歳:2,700円/4歳~8歳:2,200円
ランチブッフェ:大人:3,700円・土日祝:4,300円/9歳~12歳:2,400円/4歳~8歳:1,700円
ディナーブッフェ:大人:5,500・土日祝:6,200円/9歳~12歳:3,600/4歳~8歳:2,400

2022年6月1日(水)よりランチとディナーは新料金になります!
ランチブッフェ:大人:4,200円・土日祝:4,900円/4歳~12歳:2,100円(土日祝2,450円)
ディナーブッフェ:大人:6,000・土日祝:6,800円/4歳~12歳:3,000円(土日祝3,400円)
公式サイト:シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「グランカフェ」

吉田彩緒莉

タイ大好きホテルライター