タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?随時更新【12月27日更新】

たびハピ編集部

たびハピ編集部

2023年12月末から2024年の新年をタイで迎えるみなさん、必見!
タイのカウントダウンは毎年盛大で、それを目当てに渡航する観光客や、好きな場所でカウントダウンを迎えるタイ人の移動も見られます。タイ人は仏教徒が大半を占め、本来厳かに年を越し、正月はタイ正月であるソンクラーンのはずですが、外国人移住者や、観光客が多い土地柄、タイ人だって自分たちのもののように楽しむのです(日本人がクリスマスを楽しむようなものです…)。

タイにはカウントダウンの定番の場所があります。まずはこちらをお伝えしながら、タイのカウントダウン2023年から2024年にかけての最新情報をお知らせします。

この記事では旅行者として行きやすい場所を紹介します。

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
ルーフトップバーからこんな夜景を眺めたい

カウントダウン・バンコク2024

タイで最も盛大なカウントダウンが行われるのがバンコク。カウントダウン花火で有名なリバーサイドからアジア最大の巨大ショッピングモールでの国内外アーティストを招いた豪華カウントダウンライブまで、様々な場所でタイを、いえ、アジアを代表する盛大なカウントダウンイベントが行われます。
混むのは嫌いだから花火を見ることができればいいや、という場合は、バンコク中心部の見晴らしのいいホテルのプールや、高層階のホテルなら建物のないい方向の窓辺、見通しのいい中心部などにいれば、花火が打ちあがりまくる様子は見られることでしょう。
また、タイのミュージシャン(2024年のカウントダウンは、日本のあのグループも出演する場所がありますが)はよくわからないから見なくても良い、という場合は、ホテル近くのパブが集まるエリアに行けば、飲んでいる人たちと一緒にカウントダウンを楽しめます。
バンコクのカウントダウンで観光客として最も気をつけなければいけないのは「帰りの足」。人が多すぎて思わぬトラブルになることも。人気の場所でカウントダウンをしたいなら、多少歩いても帰れる距離の宿泊施設を予約するか、ゴージャスに奮発して、ホテルのテラスからでも花火が見えるようなところにチェックインを。
ここでは、特に大型で有名なバンコクのカウントダウンイベントを紹介します。少しずつ詳細が発表されているので随時更新していきますね。

アイコンサイアム・カウントダウン2024【詳細決定】

アイコンサイアムで開催されるカウントダウン「アメージングタイランドカウントダウン 2024(Amazing Thailand Countdown 2024)」は2023年12月29日から12月31日まで開催決定!

「アメージングタイランドカウントダウン 2024 」はタイ国政府観光庁とアイコンサイアムが主催するもので、タイ最高峰のカウントダウンイベントとも言われる盛大なイベントです。

既に決まっている内容としては、例年はリバーパークで行われる30,000発以上の花火の打ち上げが、なんと2024のカウントダウンでは、50,000発の花火を打ち上げます!さらに、海外およびタイのベストアーティストたちのショーを最高のものにするため、850万米ドル超の予算がかけられました!
隅田川花火大会などの日本の花火大会の2~3倍??それもカウントダウンの短時間に?ちょっと想像できないですが、50,000発の花火は環境に配慮した花火だそうで、その模様は2,000機のドローンで配信するのだそう。

カウントダウンが被っているアーティストがいる…

カウントダウン当日、リバーパークではタイのアーティストによるパフォーマンスやミニコンサートなど、エンターテイメントフェスティバルが開催され、有名ミュージシャンのコンサートが行われます。
2023年~2024年のカウントダウンライブには、韓国のボーイズグループ「GOT7」のメンバーであるタイ人のBam Bam(ベンベン)、YUGYEOM、MARK TUANの3人が出演することで大きな話題に。
アジア最大のカウントダウンと銘打つセントラルワールドバンコクのカウントダウンと被っているアーティストがいますが、イベントは2023年12月29日から12月31日ということで、日で分けるのか、時間で分けるのか…人気者も大変です。出演スケジュールは直前に出そうなので、DATA内の公式Facebookなどで確認を。

主な出演アーティスト:Billkin、PP Krit(セントラルワールドバンコクのカウントダウンと被っているので、お目当ての人は出演日時の確認を)、Three Man Down、บะหมี่ (BameeKT)、PERSES、 Jeff Satur、PROXIE、4EVE、ATLAS、C-Pruek Panich、Nunew-Chawarin

注意事項:交通は比較的便利でアイコンサイアム直結のBTSゴールドラインと、無料のシャトルボートが運行しているものの、大変な混雑が予想されます。地元タイ人が大勢参加するため、帰りのタクシーや配車アプリも捕まらない可能性があります。BTS沿いや、シャトルボートの泊まるサトーンの船着き場などに近いホテルを予約するなどの工夫が必要です。

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?

アイコンサイアム(ICON SIAM)はバンコク旅行なら今や絶対に訪れるべきスポット。チャオプラヤー川沿いのクローンサーン地区に開業したタイ最大級の複合施設です。特にフードコート「SOOKSIAM(スックサイアム)」は「映える」スポットでローカル価格のストリートフードが満喫でき、カウントダウンではなくても超人気。
しかも、アイコンサイアムはオープン5周年を記念して、2023年下旬から2024年の年始にかけて、これまでにない華やかなイベントを続々開催予定。
2023年から2024年にかけてのカウントダウンはこれまでになく、激しい花火と豪華なイベントになるのではないでしょうか?

DATA
アイコンサイアム アメージング タイランド カウントダウン 2024(ICONSIAM Amazing Thailand Countdown 2024)
所在地:リバーパーク アイコンサイアム(River Park ICONSIAM)
イベント日時:2023年12月29日から12月31日(31日は年明けまで公式FB:ICONSIAM

アジアティーク・ザ・リバーサイドカウントダウン2023-2024【詳細決定】

リバーサイドのおしゃれな巨大ナイトマーケット「アジアティーク・ザ・リバー・フロント」は、東京ドーム約2.5個分の広さで4つの地区に分かれ、広大な敷地内には、総数約1,500もの店舗とレストラン約40店舗があります。

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?

2024年に向けてのカウントダウンは「Chang Music Connection presents Asiatique Thailand Countdown 2024」!

日本でお馴染みのあの方の姿も!

こちらにはなんと、2007年に“タイのハニカミ王子”として日本デビューを経験したことがある、アイス・サランユー(Ice Sarunyu)が出演。川沿いはICONSIAMに集中しそうなので、混雑が嫌いな人でホテルが近い人はこちら狙いもありかも。他にもタイの人気バンドやアイドルも出演。

主な出演アーティスト:Ice Sarunyu・Purpeech・Rooftop

超有名アーティストのライブで盛り上がるのもいいけれど、アジアティークは沢山の飲食店が集まっているので、夕食がてらリバーサイドでビールを飲みつつ、音楽を聴きながら年越し、っていうのも良いものですね。

注意事項:地元タイ人が大勢参加するため、帰りのタクシーや配車アプリも捕まらない可能性があります。歩いて帰れる位置にホテルを取るなど工夫が必要です。無料のシャトルボートが出ていますが、BTSサパンタクシン駅周辺以外の人は、そこから大混雑が予想されるBTSに乗ることになります。

DATA
アジアティーク タイランド カウントダウン 2024(Asiatique Thailand Countdown 2024)
所在地:アジアティークリバーフロント(Asiatique Riverfront)
イベント開始時間&終了時間:2023年12月31日17時以降から開始
詳細:Asiatique The Riverfront Destination FB

セントラルワールド バンコク カウントダウン2024【詳細決定】

アジア最大級の複合型ショッピングモールセントラルワールドバンコクで行われるカウントダウンライブ「centralwOrld Bangkok Countdown 2024」の最新情報が入ってきました。アイコンサイアムのカウントダウンと対をなす、バンコク2大カウントダウンと言ってもいいでしょう。
出演者の顔ぶれがかなり豪華で、すでにタイではSNS上でも話題になっています。
タイ国内外から総勢63組のアーティストが出演する中、日本からPSYCHIC FEVERの出演が決定。そのほか、サマーソニックに出演したことで日本でも話題になったタイ・シンセポップの女王INK WARUNTORN、タイドラマの世界的人気で日本にも多くのファンを持つBillkin、PP Kritなど、さすがはセントラルワールドバンコクという顔ぶれ。

出典:CentralWorld Facebookより

主な出演者:Billkin、PP Krit、NONT TANONT、INK WARUNTORN、BOWKYLION、PROXIE、TRINITY、BUS (Because of you I shine)、TIGGER、Alala、PSYCHIC FEVER、bamm、bXd、DVI、PERSES、Oat Pramote、Pop Pongkool、Three Man Down

2023年から2024年に移り変わるカウントダウンの花火は、リアルな花火とデジタル花火を融合させた素晴らしい花火が予定されています。
アジアのタイムズスクエアと称される場所ということもあり、2023年はニューヨークのタイムズスクエアの大型ビジョンで紹介されるなど、とにかくホットなカウントダウン。

2023年から2024年にかけてのセントラルワールド バンコク カウントダウンは、日本人にとってはお馴染み、ピカチュウの装飾も!…というか、12月はもうピカチュウ装飾です。

DATA
セントラルワールド バンコク カウントダウン2024(centralwOrld Bangkok Countdown 2024)
所在地:999/9 Rama I Rd, Pathum Wan, Bangkok 10330 Thailand
料金:無料
イベント開催日:2023年12月31日~2024年1月1日年明けまで
詳細:centralwOrld 

カオサン通りカウントダウン2024

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
カオサン通り全体のカウントダウンだけではなくパブやクラブ、でも各々のカウントダウンがある

外国人観光客向けのゲストハウスやプチホテル、クラブや屋台が建ち並び、バックパッカーが集まるカオサン通り。2023年は公式なカウントダウンは中止となりましたが、2024年は開催予定です。
世界中の人が集まる街なので、タイとはまた一味違う国際色豊かなカウントダウンをにぎやかに楽しめそう。カオサン通りや、徒歩圏のゲストハウスに泊まれば、安心して深夜まで騒げます。

DATA
カオサン通りカウントダウン2024
所在地:Thanon Khao SanKhwaeng Talat Yot, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 

バンコクのカウントダウンの詳細情報はこの記事をチェック!

バンコクカウントダウン2024をもっと細かくレポート!
詳細はこちらをご覧ください。

他にもバンコクカウントダウン2024の詳細を随時更新でお知らせ!この記事をチェック!
タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
どこもいっぱいだったら、リバーサイドやサイアムの花火が見える場所へ移動

バンコクはBTSやMRTがあるので、見終わったらすぐに飛び乗れる駅近くの場所、というのが理想です。激込みになるので、ホテルの近くということは意識しましょう。筆者は3時間、タクシーが捕まらなかったことがあります(涙)。

カウントダウン・パタヤ2023-2024

バンコクからも車で2時間以内の距離にあるパタヤは、欧米人ロングステイヤーの多いビーチ。都心部に住む地元タイ人にも人気の週末リゾートエリアのため、カウントダウンは大混雑します。
こちらで行われるカウントダウンはもちろん迫力満点の打ち上げ花火です。
2023年末から2024年にかけてのパタヤのカウントダウンは通常通り行われることが決定しています。
また同じパタヤで何か所もカウントダウンイベントがあるので、ホテルに近い場所を選ぶか、大きさで選ぶか、話題の場所にするか、今のうちにリサーチを。
特にタイの有名ミュージシャンの無料コンサートが多く、早くも12月に入ってすぐカウントダウンイベントとしてイベントが行われている場所も…気が早い(笑)。
決定している場所から知らせします。

パタヤ カウントダウン 2024(MONO29 Pattaya Countdown2024)【詳細決定】

例年はパタヤとラン島をつなぐバリハイ埠頭に巨大なステージを設置し、有名アーティストがライブを繰り広げる大イベントですが、2024年にかけてのパタヤカウントダウンはパタヤビーチの中央に会場が移動します。リピーターさんはご注意を!
近年は「MONO29」という地上デジタル放送局が中継をすることから「MONO29 Pattaya Countdown」が正式名称。今年のテーマは「The Fantastic Beach」!

期間は2023年12月29日から12月31日の3日間で、タイの超有名アーティストの無料ライブをビーチで楽しめるとあって、タイ人だけではなく外国人旅行客にも大人気のイベント。
12月29日~12月31日はもちろん盛大な花火が打ち上がります!

2023年12月29日出演アーティスト:ZOM MARIE・NONT THANONT・SLOT MACHINE・BUS (because of you i shine)・THREE MAN DOWN

2023年12月30日出演アーティスト:INDIGO・TILLY BIRDS・KLEAR・BODYSLAM・URBOYTJ・JOEYBOY

2023年12月31日出演アーティスト:VIOLETTE WAUTIER・LIPTA・MONIK & WANYAI・PEET PEERA・BOY PEACEMAKER・PECK PALITCHOKE・F.HERO

タイの音楽好きならすぐわかる、もの凄いラインアップです!

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
パタヤのサインマークを彩る花火※過去の画像です

注意事項:地元タイ人が大勢参加するため、帰りのタクシーや配車アプリは捕まらない可能性があります。歩いて帰れる位置にホテルを取るなど工夫が必要です。

ラン島カウントダウン2024(KOH LAN COUNTDOWN 2024)

なお、同じMONO29のFacebookではラン島でカウントダウンがあることも発表されています。パタヤから船で約30分で行ける、透明度の高いビーチが人気のラン島で年越しを考えている人は、参加してみてはいかが?

2023年12月31日19時開催
出演:NAMM RONNADET・RACHYO・MAHAHING BAND

DATA
パタヤ カウントダウン 2024(MONO29 Pattaya Countdown 2024 The Fantastic Beach)
所在地:Pattaya Beach, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri Thailand
開催期間:2023年12月29日~12月31日17時から開始
料金:入場無料

セントラル・パタヤ(CENTRAL PATTAYA)【詳細決定】

Central Festivalの名前で知られ、パタヤ随一の高級ホテルとしても知られるヒルトンパタヤが入るビル。パタヤに行ったら大部分の人が立ち寄る場所なので、すぐにわかります。
2023年12月1日から既に「セントラル・パタヤ・カウントダウン2024(CENTRAL PATTAYA COUNTDOWN 2024)」と銘打ち、毎週末コンサートが行われています。
しかも2023年12月23日から12月31日までは毎日タイの有名ミュージシャンがライブを開催。
その後も2024年1月28日まで、毎週末(年始は毎日かも?)ライブを開催しています。
タイの音楽が好きな人は、タイのスター級ミュージシャンのライブが気軽に楽しめる期間です。
ミュージシャンの出演スケジュールはDATA内のFacebookで確認してみて。

DATA
セントラル・パタヤ(CENTRAL PATTAYA)
所在地:333/99 Moo 9, Banglamung, Pattaya, Chonburi 20260
イベント開始時間&終了時間:17時から
サイト:CENTRAL PATTAYA
イベント決定関連のFB:CENTRAL PATTAYA

セントラル・マリーナ(CENTRAL MARINA)【詳細決定】

セントラル・パタヤと同じショッピングモールグループであるセントラル・マリーナでもカウントダウンイベントが行われます。ターミナル21の徒歩圏で、パタヤビーチでも北寄りです。セントラル・パタヤのカウントダウンはあまりにも混雑してホテルまで帰れなさそうという場合は、こちらのカウントダウンを楽しむのも手です。
すでに12月内にもナイトマーケットエリアでタイのミュージシャンのライブが行われ盛り上がっていますが、12月31日のライブイベントも17時から開催されます。

セントラル・パタヤと違う点は、座って食事をしながらライブイベントが楽しめること。お酒を飲みつつワイワイ楽しみたい人にもおすすめ。
予約方法やライブスケジュールはDATA内の公式Facebookを確認してみて!

DATA
セントラル・マリーナ(CENTRALMARINA)
所在地:หมู่ที่ 9 78 54, Pattaya Sai Song Rd, Bang Lamung District, Chon Buri 20260
イベント開始時間&終了時間:17時から
イベント決定関連のFB:CENTRALMARINA

カウントダウン・アユタヤ2024

世界遺産アユタヤ。大部分の観光客はバンコクからの日帰り旅行で訪れますが、タイのリピーターとなると、遺跡が見えるホテルに泊まったり、早朝から遺跡見学に出かけたりと、バンコクとは違うのどかさを求めてアユタヤに泊まる人も多いです。
遺跡でカウントダウンイベントをやったこともあるアユタヤ。2024年も期待していましたが、2024年のカウントダウンを遺跡で行うという発表はいまのところありません(2023年12月27日現在ないということは、ないと思われます)。

がっ!

バンコクやパタヤを始め派手なカウントダウンイベントを行うセントラルグループが、ここ、アユタヤにもありますよっていうことで、セントラルアユタヤでもタイの人気ミュージシャンが惜しげもなくフリーコンサートを開催します。

出典:Central AyutthayaF.B

2024のアユタヤでのカウントダウンイベントではこれが最大の物になるとのことで、アユタヤに泊まる人は行ってみてはいかがでしょう。コンサートに興味がなくても、カウントダウンの花火はかなり盛大になるのだそう。
ただし遺跡公園などからはかなり離れています。観光客が泊まるホテルは大部分が遺跡公園に近かったり、駅に近い場所なので、帰りの足の確保がないと行きづらい場所です。

12月29日出演アーティスト:Laem Somphon
12月30日出演アーティスト:Bank Preeti
12月31日出演アーティスト:Bally Phetchaburi・Ricmantoy・Retrospect

チケット料金は1日99バーツ(約410円※ドリンク交換可)。
ただし12月31日のカウントダウンの夜のみ、無料でアクティビティに参加できます。

DATA
セントラルアユタヤ(Central Ayutthaya)
所在地:129/1,129/2,129/3 Moo 3 Khlong Suan Phlu, Ayutthaya, Thailand, Ayutthaya
イベント開催期間:2023年12月29日~2023年12月31日※2024年1月1日0時過ぎまで
イベント関連のFBCentral Ayutthaya FB.

カウントダウン・チェンマイ2024

「塔の上のラプンツェル」のモデルとなったコムローイ(ランタン祭り)が、ロイカトーンの日に行われることでも知られるチェンマイ。

実はカウントダウンでもコムローイが楽しめるため、ロイカトーンの日に行けない人は年末年始のチェンマイ旅行を計画すると同じ体験が可能です。ただし、ロイカトーンのように多くの人が集まり、集団で上げる会場を作るわけではないので、必然的に人が集まりやすい場所の方がイメージしているコムローイの光景を楽しめます。

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
こちらはロイカトーンの際の大規模会場で上げるコムローイ

チェンマイ旧市街(ターぺー門・カウントダウン2024)

チェンマイのカウントダウンと言ったらターペー門です。
特設ステージが組まれ、人気アーティストやチェンマイのアーティストのコンサートが盛大に行われますが、なんといってもターペー門でのカウントダウンの楽しさは、約1,500もの屋台が並ぶこと!またホテルのレストランのテラスも解放され、多くの人で路上が埋め尽くされます。

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
筆者が参加した時の様子

ターペー門前では地元の人と、観光客が入り混じり、コムローイを空に上げています。

また、2023年は12月31日が日曜日。日曜日に旧市街で行われるサンデーマーケットが開催されているため、ターペー門から、ワットプラシンまではたくさんの屋台やお土産物屋が出揃います。ちなみにこのサンデーマーケット、12月31日に関しては曜日に関係なく開催するということなので、食べ歩きと地元の雰囲気が一度に楽しめますが、通常のサンデーマーケットもすれちがうのがやっとの混み合い。
カウントダウンとなると、それ以上に人が押し寄せるため、食事は別の場所でしっかりとすませてから、つまみ食い程度のお菓子などの食べ歩きの方が、身動きしやすいかも。

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
ターペー門付近のホテルは道にテラス席をもうける

ターペー門以外では、三王像広場前でもバンドのライブ演奏が行われ、クリスマスシーズンからイルミネーションが飾られます。寺院の真ん中にあるクリスマスイルミネーションはとても不思議な光景ですが(笑)それもタイ流。

旧市街には寺院が多く、ワットチェディルアンやワットプラシンなどの名だたる寺院では、仏教徒である地元の皆さんが厳かに年越しの祈りを捧げています。大きな寺院はその様子を見ることも可能ですが、寺院によっては観光客気分で入っていくと「今日は入れません」と断られる場合も。お祭り騒ぎではなく厳かな祈りの時間と捉えている熱心な仏教徒も多いので、配慮しましょう。

DATA
チェンマイ旧市街カウントダウン ターペー門2024(Countdown at ThaPhae Gate 2024)
所在地:Tha Phae Road, Chang Khlan Sub-district, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200
開始時間&終了時間:12月31日夕方から翌0時すぎまで

ワンニマン・カウントダウン2024【詳細決定】

テーマは「Lanna International Countdown」。ランナーは昔、タイの首都であったランナー王朝の名前から。多くの国に人々が集まる国際都市だけに、ピッタリのネーミング。

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
お洒落な若者に人気の複合施設

2017年12月にオープンした「ワン・ニマン」は、最新のショップや人気レストラン、カフェが軒を連ねるコミュニティモール。地元の若者から観光客まで幅広い人気を集めているスポットです。2024年のカウントダウンイベントは、12月28日~1月1日までとなり、連日のタイの人気アーティストのコンサートやカラフルなイルミネーション、そしてカウントダウンの日は打ち上げ花火も楽しめます。
日程により、終了時間が異なるので注意!

12月28日から30日:15時~22時
12月31日:午前0時過ぎ

DATA
カウントダウン アット ワンニマン 2024(Countdown at ONE Nimman 2024)
所在地:ONE Nimman Suthep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai
開始時間&終了時間:期間中15時から深夜まで
詳細情報:ONE Nimman公式サイト

SINGHA WINTER FEST CHIANGMAI COUNTDOWN 2024

コスメやファッション、日用品など、チェンマイで生活する人たちの中では最も充実したショップやスーパーが入るショッピングセンター「Maya Lifestyle Shopping Center」(チェンマイでは「メイヤー※、語尾上げ気味」と言うと通じる)は、旅行者としてもショッピングや食事にとても便利。立地もおしゃれなショップやパブが建ち並ぶニマンヘミンなので、チェンマイ名物赤バスでの移動も容易です。
「Maya Lifestyle Shopping Center」の道を挟んだイースティンタンホテルの付近には、2022年11月になぜか東京メトロの駅が再現され、どうしてこんなところで飼い主を待つことになったのかと「きょとん顔」のハチ公像がいます。ぜひ待ち合わせにいかがでしょう。

顔随分違うけどね

「Maya Lifestyle Shopping Center」で年末年始を楽しめるイベントが「SINGHA WINTER FEST CHIANGMAI COUNTDOWN 2024」。2023年12月7日からすでに始まっており、年末に向け人気アーティストが無料コンサートを行っています。

出演アーティストは
2023年12月27日: ETC.
2023年12月29日: Asia7
2023年12月31日:Yokee Playboy

ETC.はチェンマイゆかりのバンドで日本でのCDリリース経験があり、タイでも流行中のシティポップ好きにはたまらない大人気のバンド。Asia7は日本人メンバーもいる、フュージョンポップバンド。
そしてカウントダウンを飾るのは、ベテランシンガーYokee Playboyと、割と音楽重視派に受けるラインナップです。

DATA
シンハーウィンターフェストチェンマイカウントダウン2024(SINGHA WINTER FEST CHIANGMAI COUNTDOWN 2024)
所在地:MAYA Lifestyle Shopping Center 55 Moo5, Huay Kaew Rd. Chang Phuak, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai
開始時間&終了時間:2023年12月6日~2024年1月2日 カウントダウンは2023年12月31日~1月1日(0時)。コンサートは21時30分以降
詳細:Singha Winter Fest FB

セントラル・チェンマイ・カウントダウン2024

タイを代表する大型商業施設セントラルグループ。チェンマイにもあります。昔行ったことがある人は「セントラル・フェスティバル・チェンマイ」だったと記憶している人もいるかも。現在はセントラル・チェンマイです。
カウントダウンは2023年12月31日17時から2024年1月1日の年明けまで開催されることが決定!

タイの大御所メタルバンドหิน เหล็ก ไฟ(ヒン・レック・ファイ)、10代に人気のアイドルPaper Planesや、ソウル・ラップ、R&BアーティストのD Gerrardなど著名なアーティストが集まります。
場所はセントラルチェンマイのアクティビティエリア。

入場は無料ですが、コンサートエリアは20歳以上と年齢制限あり。身分証明書の提示を要求される場合があります。年齢制限にひっかかってなくても、身分証明書を提示するように促される場合も多いので、パスポートのコピーを持参するなどした方が良いでしょう。
イベントのエリアの外からライブを見たり、花火を見ることは可能なので、20歳以下の方、子連れのファミリーでセントラルチェンマイ近くに泊まっている方は、カウントダウンの花火の前に立ち寄るのもあり。

セントラルチェンマイはMAPを見るとわかる通り、通常観光客が泊まるターペー門やナイトマーケット、リバーサイド、旧市街、ニマンヘミンなどからは離れています。タイはウーバーなど配車アプリもポピュラーではあるものの、大勢の方が訪れるため捕まりづらい可能性が高いです。カウントダウンの日だけ、セントラルフェスティバルの近くの宿を取るなど工夫が必要です。

DATA
カウントダウン2024 セントラルチェンマイ
所在地: Fa Ham, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai
開始時間&終了時間:12月31日夕刻から翌月1月1日0時まで
詳細:Central Chiangmai FB

アメージングチェンマイカウントダウン2024(Amazing Chiang Mai Countdown 2024)

「アメージングタイランドカウントダウン 2024 」はタイ国政府観光庁が主催するカウントダウンイベント。バンコクやプーケットほか、主要都市で行われますがチェンマイでも行われます。
タイ国政府観光庁の情報では、どのようなアーティストが来るのかなどの発表はありませんが、場所の発表がありました。詳細な情報更新があった場合はお知らせします。

Chaloem Phrakiat Park, Chiang Mai(チャルムプラキアット チェンマイ公園)

チャルムプラキアット チェンマイ公園は旧市街などからかなり離れています。ホテルが近いなどのメリットがなければ、ちょっと参加は難しそう。

カウントダウンホアヒン2024

ホアヒンはバンコクから3時間ほど。ゴルフ場が有名で、欧米人の姿や日本人のゴルファーの姿も。
また、飛行機で行かなくても雰囲気の良いリゾートが楽しめることから、欧米人や地元タイ人、駐在の日本人やアジア人にも人気。

ホアヒンマーケットビレッジカウントダウン2024【詳細決定】

ホアヒンの大型ショッピングモールHuaHin Market Village(ホアヒンマーケットビレッジ)では、2023年12月31日の17時から、シーサイドコートエリアでタイダンスやタイの伝統芸能、タイのミュージシャンの無料コンサートがあります。
一度、ホアヒンマーケットビレッジの通りを挟んだホテルに泊まった際には、カウントダウンを過ぎても有名歌手の演奏が続いた記憶がありますが、ホアヒンは比較的静かで夜も早いビーチなので、2時、3時までうるさいということがありません。

ホアヒンマーケットビレッジの告知によれば、出演アーティストはJarvis・Gunner・KOB Taxi・
Eed Fly・Pathawee
大御所ロックアーティストが登場するので、お楽しみに。

DATA
Hua Hin Countdown 2024@Market Village(ホアヒンカウントダウン2024@マーケットビレッジ)
所在地:234/1 Phet Kasem Rd, Hua Hin, Hua Hin District, Prachuap Khiri Khan 77110 Thailand
イベント開始時間&終了時間:17:00から深夜

ホアヒンビーチでカウントダウン

最も一般的なホアヒンのカウントダウンはビーチ沿いにあるホテルが次々と花火を打ち上げる圧巻の光景を楽しみながら、新年を祝うこと。タイで一番長いビーチから続々と花火が上がります。

ホテルのガラディナー

ホテルのビーチ沿いのレストランだけではなく、プライベートビーチにも各ホテルが席を出し、特別なディナーのガラディナーがふるまわれます。「ホテルのカウントダウンってガラディナーが高いから無理!」と、言う人も多いはず。実はホアヒンビーチには、裏ワザがあります。

強制的にガラディナーを取らされるホテルもあるものの、そうではないホテルもあり、座席はあらかじめ予想して作っているので空席があることも。
中級ホテルのビーチ席に空席を見つけたら「そこでお酒飲める?」とスタッフに声をかけると「1杯いくら」として、席を使わせてくれる場合があるのです。ぜひやってみて!

コンビニでお酒を調達、ビーチで乾杯!

タイ人と同じ楽しみ方をするなら、コンビニでお酒を買ってきて、ビーチに座ってカウントダウンに備えるのも手。カウントダウンの花火が各ビーチ沿いのホテルで次々と打ちあがるため、バンコクやパタヤと異なり人が集中せず、ビーチによっては最高のカウントダウンが迎えられます。
夜はホアヒンのビーチは遠浅になるので、場所も十分ありますよ♪。
以前は人が少なかったカオタキアブビーチもパタヤからのボートの船着き場ができて以降、オンザビーチのバーが増えたので、ホテルで過ごさなくてもいいお酒が飲めます。

注意事項:ホアヒンはタイ人に人気のあるビーチです。バンコクから移動してくる際は、地元タイ人がバンコクから大勢参加するため、12月31日当日に入るのではなく、年末より余裕を持って入りましょう。花火はホアヒン内であれば、どの場所からでも見られ環境なので、宿泊するホテルに近いビーチに出れば問題ありません。

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
この長ーい海岸線沿いはほとんどホテル。大部分のホテルで花火があがります!
DATA
ホアヒン ビーチ カウントダウン 2024
所在地:Hua Hin Prachuap Khiri Khan
時間:各所イベントは夕方から。花火はカウントダウンから15分程度楽しめます。 

カウントダウンプーケット2024

言わずと知れたタイで最も有名なリゾートアイランド、プーケットは、外国人の参加率が高いカウントダウンで知られています。

セントラル・プーケット インターナショナルカウントダウン2024【詳細決定】

プーケットタウンにあるセントラル・プーケットで「セントラル・プーケット インターナショナルカウントダウン2024(Central Phuket International Countdown 2024)」が開催されます。
各都市でも出てくるショッピングモールやデパートを運営するセントラルグループの施設で、カウントダウンだけではなく年末年始の5日間、タイの有名ミュージシャンのライブや、他国のDJプレイもあり、タイ人も外国人もノリノリで過ごせる内容となりそう。
花火は5日間、1日につき5,000発もの花火が上がるとのことなので、プーケットタウンで年越し予定の人は、パトンビーチまででなくても、カウントダウン花火は間違いなく楽しめそうです。

すでに公式のYouTubeチャンネルに動画もUPされています。いやー…この動画、めちゃくちゃ楽しそうですね…。かっこいいなあ。

こちらの動画によれば、期間は2023年12月28日~2023年1月1日の5日間。
出演アーティストはParadox・Instinc・Gavin:D・Getsunova・Songkran

DATA
セントラル・プーケット インターナショナルカウントダウン2024(Central Phuket International Countdown 2024)
所在地:199 Moo4, Vichit, Muang, Phuket 83000
開始時間&終了時間:夕刻から深夜まで(未発表)

プーケット・カウントダウン2024

「アメージング」とはついていませんが、タイ国政府観光庁が共催するカウントダウンイベント。セントラルプーケットには近い、プーケットタウンで行われますが、開催場所が違います。
こちらはシノボルトギー様式のカラフルな店舗や民家が建ち並ぶかわいいプーケットオールドタウンで開催されるイベントで、女子旅、カップル、かわいいもの好きにはたまらないカウントダウン会場になります!
ライブなどの予定は細かく発表されていませんが、オールドタウンでのカウントダウンを目当てにプーケット旅行をするなら、プーケットタウンにはビーチより安く滞在できるホテルが多いので、オールドタウンの近くに宿を取りましょう。
地元の雰囲気を楽しめる上にいわゆるビーチリゾートとは異なる滞在が楽しめますよ!

このかわいい町でカウントダウンしたい!
DATA
プーケット・カウントダウン2024
所在地:Mueang Phuket, District, Phuket 83000 Thailand
開催日:2023年12月31日(日)~2024年1月1日(月)
詳細:タイ国政府観光庁公式サイト▶

パトン・カウントダウン2024

タイのカウントダウン2024・おすすめの場所は?
普段のカウントダウンはこんなに沢山の人・人・人

2023年から2024年にかけてのパトンビーチでのカウントダウンは通常通りに大賑わいになることが予想されます。ホテル、ビーチ問わずに街全体で花火が打ち上げられます。
プーケット在住の方がこの日パトンまで車で行ったところ、通常30分もかからない道なのに3時間以上かかる渋滞に巻き込まれたそうです。

22時頃からはコムローイを空に放つ旅行者で賑わっています。

また、クラブやバーが集まるバングラ―通りも大変な人混み。ホテルが近いようであれば、バングラ―通りでカウントダウンも楽しい!

注意事項:地元タイ人が大勢参加するため、帰りのタクシーや配車アプリも捕まらない可能性があります。歩いて帰れる位置にホテルを取るなど工夫が必要です。

DATA
パトン カウントダウン 2024(Patong Countdown 2024)
所在地:パトンビーチ(Patong Beach)
開始時間&終了時間:未定

サムイ島カウントダウン2024

サムイ島はチャウエンビーチの砂浜や、ビーチ沿いのレストランなどでカウントダウンを行う旅行者が多く、チャウエンビーチにいるだけでもお祭り気分。
タイの他のエリアのカウントダウンが、タイの人気アーティストの無料コンサートが多いなか、サムイ島は欧米人のリゾート客が多い環境。各バーにはDJが中心となるレイブパーティーが行われ、ダンスを楽しんだりファイヤーダンスショーを楽しみながら、カウントダウンの花火を待つパターンが多いです。

でも、もちろんサムイ島にも、ここまででたくさん出てきたセントラルがあります(笑)!もうすでに、カウントダウンの聖地ですね(笑)。

セントラルサムイカウントダウン2024

ホテルのガラディナーは高い、そして「日本でもクラブに行ったことないのに、いきなりバーやクラブのパーティーはあわないなあ」と言う人は、無料で楽しめるセントラルサムイのEDMパーティーで、パリピデビューしてみてはいかがでしょうか!?
場所柄ファミリーも多く、子どもも、そしてシニア層も踊っています。これなら「なんかやばい人ばかりで恐い(そんなことはありませんが…)」「タコ踊りしかできない」というあなたも安心。全然恥ずかしくない。

セントラルサムイは、場所もサムイ島の中心部、チャウエンビーチに近く、ホテルによっては歩いて帰れます。もしチェウエンから遠いビーチの場合は、サムイは非常に交通の便が悪いです。乗合いのトラックですら片道2,000円近く取られることがあるので、気を付けて。
カウントダウンパーティーを優先するか、のんびりゆったりと年越しするかで行動を決めましょう。

DATA
セントラルサムイ カウントダウン 2024(Central Samui Countdown 2024)
所在地:209 209/1-2 Moo 2 Tambon Bo Put, Ko Samui, Thailand, Surat Thani
開催日時:2023年12月31日18時スタート
詳細:Central Samui FB.

パンガン島でのカウントダウンパーティーもあり

サムイ島から行けるフルムーンパーティーで有名なパンガン島でもビーチでカウントダウンパーティーが行われます。
パンガン島のカウントダウンはフルムーンパーティー会場と同じ、ハードリン・ビーチ。
一番楽な方法はホテルからサムイ島にあるパンガン島行の船に乗る船着き場に往復送迎してもらうことです。

パンガン島でのカウントダウンパーティー注意事項

パンガン島のフルムーンパーティーは元々世界三大レイブとして有名で、カウントダウンも含めいわゆる「パリピ」が集まります。もともと薬物使用のトラブルや酔っ払って倒れてしまったりと、ついハメをはずしてしまいがちです。そこにきて、タイは大麻が合法となっているということもあり、パンガン島でのカウントダウンパーティーを楽しみたい、というのであれば、トラブルに巻き込まれないように気をつけましょう。

タイのカウントダウン2024年は完全復活!

既にご存知だと思いますが、日本もタイもコロナ禍前と同様の入国が可能です。日本帰国はむしろかなりスムーズになっているので、帰国の際は以下の記事をご一読ください。

タイへの旅行予約はこちら!

タイのホテル予約はこちらから!
 楽天トラベルでタイのホテルを予約するならこちら!▶
 agodaでタイのホテルを予約するならこちら!▶
 Booking.comでタイのホテルを予約するならこちら!▶
 JTBでタイのホテルを予約するならこちら!▶
 エクスペディアでタイのホテルを予約するならこちら!▶
 ホテルズドットコムでタイのホテルを予約するならこちら!▶
 HISでタイのホテルを予約するならこちら!▶
 Trip.comでタイのホテルを予約するならこちら!▶
タイ行き航空券の予約はこちら!
 HISでタイ行きの航空券を予約するならこちら!▶
 JTBでタイ行きの航空券を予約するならこちら!▶
 エアトリでタイ行きの航空券を予約するならこちら!▶
 スカイチケットでタイ行きの航空券を予約するならこちら!▶
 エクスペディアでタイ行きの航空券を予約するならこちら!▶
 Trip.comでタイ行きの航空券を予約するならこちら!▶
タイのツアー予約はこちら!
 HISでタイのツアーを予約するならこちら!▶
 エクスペディアでタイのツアーを予約するならこちら!▶
 JALパックでタイのツアーを予約するならこちら!▶
 ANAトラベラーズでタイのツアーを予約するならこちら!▶
 JTBでタイのツアーを予約するならこちら!▶
 Trip.comでタイのツアーを予約するならこちら!▶

人気記事

たびハピ編集部

たびハピ編集部