タイ隔離無しで日本も入国可能に!バンコク他11月から※11月1日最新情報

たびハピ編集部

たびハピ編集部

タイ王国・プラユット首相が、新型コロナウイルス感染防止対策の入国制限を緩和し、ワクチン接種を条件に、隔離無しで入国できるようにする方針であることを発表。低リスク国からの入国のみに限られ、当初は日本が対象にならないのでは?と危ぶまれていましたが、タイ指定の低リスク国に日本もリストアップされ、バンコクなどタイの主要都市に本日11月1日から隔離無しで入国できることになりました。

入国許可証(COE)もタイランドパスというオンライン申請法に変わり、タイ渡航に必要な申請内容を入力するとQRコードが発行される便利なシステムになりました!

タイは首都バンコクほか主要観光都市で外国人旅行客の受け入れを再開し、経済の立て直しにつなげたい考え。

プーケットサンドボックスや、サムイサンドボックスでテスト的な観光客受け入れを始め、アジアで一番観光客受け入れのために奔走しているタイの次なる隔離無しの観光客受け入れの条件や内容とは?

タイ隔離無し入国11月から
タイ・スワンナプーム空港のイミグレーションまでの道(長い)

タイ政府の発表内容

タイ政府は、2021年11月1日から、新型コロナウィルス感染低リスク国から空路でタイを訪れる低リスク国からのワクチン接種完了済みの旅行者については隔離検疫なしで入国を認めることを10月12日に発表。しかし、この日に明かされた低リスク国5か国の中に、日本の名前がなく、多くのタイ好き日本人が絶望。

在タイ日本国大使館の梨田大使がプラユット首相と対談するなど、日本からタイへの働きかけがあったものの、タイ政府からは日本の入国制限も緩和してほしいという要望があり、隔離免除の国に入らないのではないかと危ぶまれていました。

タイに隔離無しで入国できる国は?

当初は10か国程度の隔離免除の入国を示唆していたプラユット首相でしたが、タイの外務省は21日、11月1日から日本を含む46の国と地域からの渡航者について、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了していれば隔離なしで入国を認めると発表しました。

さらに10月29日には46か国からさらに拡大され63の国と地域を低リスク国に指定すると改めて発表が。その中には既にマスクをせずに生活を送っている人の多いヨーロッパの国々やアメリカも含まれており、マスクをしっかりとしているタイの人たちとのギャップが生まれそう。

また感染拡大が収まっていないタイですが…こんなに多くの国を隔離無しで受け入れて本当に大丈夫なのでしょうか?

タイ隔離無し入国のための条件※11月1日最新情報

タイが指定する新型コロナウィルス感染低リスク国であることに加え以下の条件があります

①出発までに今回タイが指定した対象国や地域に21日以上滞在していること
※日本在住であれば問題ありません
②ワクチン接種から14日以上経過しており、ワクチン接種証明書を飛行機登場時と入国時に提示できること
※日本のワクチン接種証明書が使えます
③空路で到着す旅行者であるうこと
④自国を出発する前に行った新型コロナウィルス検査の陰性証明書の提示(RT-PCR検査であること・出発の72時間前までの受検した陰性証明であること
⑤タイランドパスからの申請
⑥空港到着時のPCR検査
※結果はホテルで待ち、陰性の場合は自由に行動することが可能
➆SHAPlus認定を受けたホテルまたは代替隔離施設(ASQ)に1泊の宿泊
※PCR検査の検査費用は1泊目の宿泊費に含まれる「検査パッケージ」
⑧保障額が最低5万USD(約570万円)の医療保険への加入※英文の保険の説明書が必要

入国許可証(COE)がタイランドパスに進化

11月1日からの入国許可申請は、従来の入国許可証(COE)ではなく、タイランドパス(Thailandpass)に生まれ変わります。まさに本日、11時の午前9時にサイトが開いたばかりです!

「タイランドパス 」の登録はオンラインで申請。必要情報を入力し終わると「タイランドパス」のQRコードが発行されます。このQRコードは日本を出発する空港で航空会社のチェックインカウンターで提示し、タイ入国時の国境管理官にも提示することになるので、スマートフォンに保存しておきましょう。

タイランドパス
DATA
タイランドパス入力⇒Thailand Pass

11月1日からタイで隔離無しで滞在できるエリア

・バンコク
・クラビ
・チョンブリー
※バーンラムン市・パタヤー市・シーラチャー市・シーチャン島市、サタヒープ市(ナージョムティアン地区・バーンサレー地区)
・チェンマイ(チェンマイ市・ドーイタオ市・メーリム市・メーテン市)
・トラート(チャーン島市)
・ブリラム(ブリラム市)
・プラチュアップキリカン(ホアヒン地区・ノーンゲー地区)
・パンガー
・ペッチャブリ(チャアム市)
・プーケット
・ラノーン(パヤーム島)
・ラヨーン(サメット島)
・ルーイ(チェンカーン市)
・サムットプラカン(スワンナプーム国際空港)
・スラタニ(サムイ 島・パガン島・タオ島)
・ノンカーイ(ノンカーイ市・サンコム市・シーチェンマイ市・ターボー市)
・ウドンタニ(ウドンタニ市・バーンドゥン市・グンパワーピー市・ナーユーン市・ノーンハーン市・プラジャックシラパーコム市)

11月1日からの隔離免除での入国は、まだタイ全土を旅行し、滞在できるわけではなく、ワクチン接種が進んでいるエリアでの滞在となります。とはいえ、メコン川から眺める国境の景色や、山奥のネイチャーリゾートなどが人気のチェンライ以外の大都市やリゾート地、観光で知られている町はほぼ網羅されています。

タイ・バンコク現地から最新情報

11月1日からの入国情報はこちらを参照してください。

日本帰国時には制限がいっぱい!

少しずつ緩和されているとはいえ、観光での日本入国はまだまだ厳しい!日本に帰国する際の入国制限の最新情報をまとめました。この記事をご覧ください。

タイ隔離無し入国は本来の予定から1か月遅れ

タイが好きでニュースをチェックしている人はご存知かと思いますが、本来タイは10月1日にタイの主要都市で隔離無しの観光客受け入れを発表。首都バンコク・王族リゾートと称されるホアヒンのあるプラチュワップキーリーカン・パタヤのあるチョンブリ・タイの京都と例えられるチェンマイなど10の県の隔離無しの観光客受け入れの計画を立てていました。

厳しい入国制限で世界水準でも新型コロナウィルスを抑え込んでいる国の一つに見られていたタイでしたが、バンコクのクラブでのクラスターほか徐々に感染が拡大。ピーク時の8月は1日あたりの新規感染者数が連日2万人を超えました。しかし現在も感染が収まっているわけではなく、1万人前後を推移。

タイの人口は日本の半分。決して感染は収まっていません。また、サンドボックス対象のプーケットやサムイは住民のワクチン接種率70%を目指し、サンドボックスのスタートにこぎつけましたが、タイ全土のワクチン接種率は未だに36.2%と決して高くはありません。

そんなことから、10月1日からの主要都市での隔離無し入国については断念し、11月に延期していたところでの、結構な大胆緩和。バンコクのワクチン接種率が70%を超えたということが理由のようですが、バンコクで入国すれば、ほかの県への移動も可能なわけで、63の国と地域からの入国を受け入れるとなれば、いくらワクチン接種済みとはいえ、タイ側のリスクも、観光客のリスクも大きいように感じます。

タイ旅行いつから可能 タイ航空
現在、日本からタイへの直行便は大幅に減便され、LCCはほぼ撤退してしまいました

タイはなぜ観光客受け入れを急ぐのか

しかしなぜタイはそんなに急いで観光客の受け入れに奔走するのでしょうか。

タイは、新型コロナウィルス感染拡大以前まで、国の収入のうち約5分の1を観光産業が占める観光立国でした。2019年に年間約4000万人に達していたにもかかわらず、新型コロナウィルス感染拡大以降は海外からの観光客は2021年8月までで累計7万3000人程度に大きく減少。タイ全体の経済がひっ迫することになりました。

プラユット首相はテレビ演説で「この決定はリスクを伴う」と認めた上で、新たな変異株など感染拡大の脅威が発生した場合は直ちに強固な対応を取るとしています。

プーケット&サムイは既に隔離無しでタイ入国可能

たびハピでは既にタイの隔離無し観光客受け入れプログラム「プーケットサンドボックス」や「サムイサンドボックス(元サムイプラス)」について記事を投稿しています。

2021年11月1日から日本からのプーケット・サムイでの入国は、前述したワクチン接種証明書・陰性証明書・タイランドパスへの申請などを含む行程に変更になりますので、間違わないように!

これでタイ行きのハードルがだいぶ低くなりましたが、あとは日本の帰国時の制限がもう少し緩和になることを願いたいものです。とはいえ、海外から持ち込まれる新型コロナウィルスのウィルスについては、日本中がまだまだ過敏です。日本の入国制限緩和はまだ先になるのではないでしょうか。

アジアで最も「観光客受け入れ先進国」タイについての開国状況は、今後も現地ライターとともに引き続き追い続けます!

たびハピ編集部

たびハピ編集部