上半期占い2022年最新&旅占い・かに座(蟹座)

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター

上半期占い2022年最新&旅占い・かに座(蟹座)。
毎月更新中の「たびハピ・旅占い」でお馴染み!横浜中華街の占い師・祐天寺蓮花が、2022年上半期のかに座生まれさんの運勢と、上半期の旅運や旅のヒントをお教えします。
コロナ禍で不安定な年が続きますが、星はどんなメッセージを投げかけてくれているのでしょうか?

占い師・祐天寺蓮花

毎月の占いをご覧くださり、ありがとうございます!祐天寺蓮花(ゆうてんじ・れんか)です。
これを書いている2021年11月末現在、緊急事態宣言も解除され、対面占い(鑑定)出演中の横浜中華街にも、遠方からの来訪者が増えています。
しかし、そんな矢先に飛び込んできた「オミクロン株」のニュース……。
「はやく思いっきり旅したい!」と願う気持ちと現実とが、まさに一進一退の状況ですね。
この時代ならではの楽しみ方にも想いを巡らせながら、旅占いをお送りできればと思います!

旅占い 占い師祐天寺蓮花 
現在、横浜中華街の占い館「愛梨」に出演中!

2022年上半期 12星座共通トピックス

その年の流れは、木星という星の動きに大きく左右されるという話は、星占い好きの方には耳慣れたことかもしれません。
木星は大晦日を待たず、2021年の12/29に水瓶座から魚座に移動。
2022年の前半は5/11までの間、魚座的なカラーやテイストに覆われることに。

木星はひとことで言うなら「拡大」を促す星。星座と星(惑星)の間にも相性みたいなものはあって、魚座は、木星の拡大力がとても活発になる場所。拡がりすぎるあまりに、自他の境界線がなくなってしまうようなイメージです。

……ということは、コロナ禍でさんざん意識させられた「ディスタンス」がボーダレスに変わる?という説も考えられそうですが、4月頃まではまだ「条件・制限付きの緩和」路線が現実的ではないだろうかと予測しています(外れてほしいやつ!)。

トレンドキーワードには「ゆらぎ」「うるおい」「無意識」「共感」「見えない力」などが浮上しそう。
人間関係では、ナアナア作戦が効果を発揮するか、または、なし崩し的に何かに巻き込まれたりとか。「いつのまにか」「気づいたら」という感覚がフォーカスされるかもしれません。

コロナ禍の苦しい日々を生き抜く中では「不急」と位置づけられてしまったもの(芸術とか、精神的な営みとか)の復興も目立ちそう。魚座ルネサンス!ゆるふわイリュージョン!(謎)
いずれにしても社会全体でライフスタイルや価値観の変化を、現在進行形で経験している私たち。「誰得?」と感じるような因習に対しては、2022年にはますます淘汰圧がかかりそうです。

かに座(蟹座)・2022年上半期の運勢は?

2021年12月の運勢の記事でも触れましたが、2022年の蟹座さんも、魚座にいる木星からのパワーをたっぷりと受け取っていくことになります。

なるべく「他の占い執筆者さんとは視点を変えて書きたい」という思いはあるものの、どうしても同年の蟹座さんを語るキーワードとして「旅」は外せません。年間で旅行運が最高の星座を挙げろと言われれば、迷いようがないほどに、蟹座生まれの方!という話になります。

ちなみに、あなたは旅に何を期待しますか?と聞かれたら、どうお答えになるでしょうか。
(1) ストレス発散や気分転換という目的から、(2)英気を養うだとか、(3)感動を味わいたいとか、(4)見分を広げたいとか、本当にさまざまあると思います。

その中で、この1年の蟹座さんのテーマとなる「旅」は、(4)のニュアンスが最も近いです。「自分の知らない世界との出会い」と言ってもいいかもしれません。

実際に旅に出るのが難しいという方は、とにかく今までの人生の中では「異文化」に位置する人や分野と積極的に交わっていくことで、木星の影響力を、より強く吸収していけると思います。

かに座(蟹座)・2022年上半期の旅行運は?

テーマは「伝統」。古きよきもの、何世代にも渡って継承されている文化。
日々のBGMをクラシック音楽に変えるだけでも、だいぶ気分は変わりそう。
フードキーワードは「牡蠣」。上半期の期間は、ちょうど旬の季節にも重なるようです。
牡蠣には実はワインよりも日本酒が合うのだ!というグルメさんもいらっしゃるでしょう。しかしせっかく「異文化交流運」の高まっている今年の蟹座さんなので、まずは決めつけず、いろいろ試してみるのが良さそうです。

かに座(蟹座)・2022年上半期の月間メッセージ

1月

ひっぱりガニ……じゃない、すみません、ひっぱりだこの1月です!周囲の期待や注目が、一気に集まってきそうな気配。オーケストラで言うならば、指揮者的な役割を待望されているということ。リズムの支配者。

2月

停滞している人間関係について、その突破口や、上向きになる兆しが見えてきそう。時代とともに人を取り巻く環境や物事が変わっても、喜怒哀楽のメカニズムまで一緒に変わるわけじゃない。シンパシーによってつながる想い。

3月

「向こう岸まで声が届く」ようなイメージ。離ればなれになってしまった相手とも、自分の中でずっと一緒にいられると信じ続けられれば、逆に心強く思えたりする。久しぶりにあの人に呼びかけをしてみては。

4月

特に後半が、上半期の運気のピーク。コロナ禍で「ブレイクスルー」という言葉の印象が変わってしまいましたが、心理学的にポジティブな意味でのそれ(突破)が見られそう。殻を打ち破り、羽ばたいてゆく。

5月

このタイミングで「バトンを渡す」的な経験をする人がいるかもしれません。単なる「技法の引継ぎ」ではなくて、奥義ごとまるっと伝承するような。ツールは使い方次第で意味が変わる。大切なのは、何のために継承するのかということ。

6月

スタートアップ・立ち上げの気運。余計なものは持たない。大切なエッセンスだけを抽出して、最初の一歩を踏み出していく。西洋のタロットをご存じの方は、「FOOL」の絵柄を思い浮かべてみて。

次回予告

次回のたびハピ占いは「2021年12月の運勢」です!UPは2021年12月26日ごろを予定しているのでお楽しみに!
2022年はいよいよGoToトラベルキャンペーンが再開し、国内旅行が活発化してきます。あなたの2022年の運勢に合った旅先を、たびハピで見つけてくださいね!GoToトラベルキャンペーンの最新情報はこちら!

2022年はGoToトラベルキャンペーンが再開予定

たびハピでは随時、最新の海外の状況を追っています。下の特集からチェックしてみてくださいね。

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター