上半期占い2022年最新&旅占い・ふたご座(双子座)

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター

上半期占い2022年最新&旅占い・ふたご座(双子座)。
毎月更新中の「たびハピ・旅占い」でお馴染み!横浜中華街の占い師・祐天寺蓮花が、2022年上半期のふたご座生まれさんの運勢と、上半期の旅運や旅のヒントをお教えします。
コロナ禍で不安定な年が続きますが、星はどんなメッセージを投げかけてくれているのでしょうか?

占い師・祐天寺蓮花

毎月の占いをご覧くださり、ありがとうございます!祐天寺蓮花(ゆうてんじ・れんか)です。
これを書いている2021年11月末現在、緊急事態宣言も解除され、対面占い(鑑定)出演中の横浜中華街にも、遠方からの来訪者が増えています。
しかし、そんな矢先に飛び込んできた「オミクロン株」のニュース……。
「はやく思いっきり旅したい!」と願う気持ちと現実とが、まさに一進一退の状況ですね。
この時代ならではの楽しみ方にも想いを巡らせながら、旅占いをお送りできればと思います!

旅占い 占い師祐天寺蓮花 
現在、横浜中華街の占い館「愛梨」に出演中!

2022年上半期 12星座共通トピックス

その年の流れは、木星という星の動きに大きく左右されるという話は、星占い好きの方には耳慣れたことかもしれません。
木星は大晦日を待たず、2021年の12/29に水瓶座から魚座に移動。
2022年の前半は5/11までの間、魚座的なカラーやテイストに覆われることに。

木星はひとことで言うなら「拡大」を促す星。星座と星(惑星)の間にも相性みたいなものはあって、魚座は、木星の拡大力がとても活発になる場所。拡がりすぎるあまりに、自他の境界線がなくなってしまうようなイメージです。

……ということは、コロナ禍でさんざん意識させられた「ディスタンス」がボーダレスに変わる?という説も考えられそうですが、4月頃まではまだ「条件・制限付きの緩和」路線が現実的ではないだろうかと予測しています(外れてほしいやつ!)。

トレンドキーワードには「ゆらぎ」「うるおい」「無意識」「共感」「見えない力」などが浮上しそう。
人間関係では、ナアナア作戦が効果を発揮するか、または、なし崩し的に何かに巻き込まれたりとか。「いつのまにか」「気づいたら」という感覚がフォーカスされるかもしれません。

コロナ禍の苦しい日々を生き抜く中では「不急」と位置づけられてしまったもの(芸術とか、精神的な営みとか)の復興も目立ちそう。魚座ルネサンス!ゆるふわイリュージョン!(謎)
いずれにしても社会全体でライフスタイルや価値観の変化を、現在進行形で経験している私たち。「誰得?」と感じるような因習に対しては、2022年にはますます淘汰圧がかかりそうです。

ふたご座(双子座)・2022年上半期の運勢は?

2022年、双子座さんにとっての「地位」「名誉・名声」というテーマを、木星が後押しします。

……わかります。今、あまりピンときてない方が多いですよね?

西洋占星術は元々、エスタブリッシュメント(支配階級)のためのものだった時代があって、だから当時のそうした人たちにとっては、地位や名誉というのは、ものすごく重大な関心事だったわけです。これらが仮に損なわれるようなことがあるならば、それこそ「男のコケンにかかわる」と……。

現在のあなたの社会的属性によって、それら(地位、名誉、名声)との距離感は、さまざまだと思います。むしろ、そういうものを能動的に求めないという価値観の人たちも、おそらく増えているのでは。オンライン会議を開いてみたら、「会社で肩書きを持つ人が、リモートでは存在感が消える」ことをコロナが暴いてしまった、という話も聞いたことがありますし。

社会的立場にはもれなく「責任」が付いてきてしまうので、(それに見合う充分な見返りでもない限り)嬉しい話には思えないという気持ちに、私はむしろ好意的に共感してしまうほうです。汗

2022年、双子座さんにはたしかに「チャンス」の星が巡ってくるでしょう。ただ、それを受け入れることが、本当の意味で自分の人生を豊かにするものか?という視点を持って、応じるか応じないか、冷静にジャッジするくらいの心持ちでいても、悪くはないと思います。

ただし社会的にどうという話は別にして、個人的に何かを「達成」するためには今年の運気、かなり使えると思いますよ!

ふたご座(双子座)・2022年上半期の旅行運は?

本来なら長期旅行を考えるには絶好のタイミングだと言えます。
おこもり旅とか湯治とか、海外旅行とか……本来なら、ですよ!
ただし、仕事での研究や研修を目的とする旅行の話があれば、積極的に参加してみてよいと思います。もともと「知見を広げる」ための旅は、双子座さんとの相性ピッタリのスタイルですから。
ちなみにラッキーフードは「煮込み料理」。特に洋風のものが。

旅をお得に、何度も!2022年の旅の準備を始めよう

2020年~2021年は新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、旅行を自粛せざるを得ませんでした。2022年は少しずつ旅が本格始動する予定です。旅行予約サイトのポイントが通常よりUPする、ポイントサイトの活用で旅の準備をしていきましょう。

ポイントサイト「ハピタス」はじゃらん・楽天トラベル・Yahooトラベル・ホテルズドットコム・エクスペディアほか大手旅行予約サイトや、JTB・日本旅行・近畿日本ツーリスト・HISほか大手旅行会社、マリオットやインターコンチネンタル系(IHG ホテルズ & リゾート)ほか大手ホテルチェーンのポイントプログラムの大部分が参画しています。それらをJALやANAのマイルに交換できたり、現金に変えることも可能です。

まずは下のボタンから「ハピタス旅行特集」に飛び、どんな旅行予約サイトのポイントが通常よりUPするのか、確認を!

ハピタスに登録し(もちろん登録は無料)、ハピタス経由であなたがいつもポイントを貯めているサイトや、マイルを貯めている航空会社のサイトを通常通り利用するだけ。たったそれだけで通常よりポイントが貯まり、さらにハピタスポイントも貯まります。

ふたご座(双子座)・2022年上半期の月間メッセージ

1月

議論と決戦のとき。とはいえ、敵対している相手とのそれではなく、お互いの理解を目的とした熱い擦り合わせ、というテイになりそうです。憧れ・リスペクトしているからこそ、全力でぶつかってみたい目標。

2月

1月の「たたかい」が実現されたなら、2月は事後処理(戦後処理?)の様相を帯びそう。相手とは「取り分の確認」、共闘してくれた仲間には、「分け前の分配」。きっちり総評・総括をするタイミング。

3月

本人が望む/望まないに関わらず、やはりあなたに向けて降ってきそうな、地位向上に関する話。この月は「戴冠式に向けて、あなたを盛り立てようとする勢力の興隆」といった空気を感じます。

4月

4月です。異動のタイミングと、上半期の運気ピークが重なります。なので活躍のステージやフィールドを新たにする人も多いことでしょう。「約束ごと」は一方的に受けるのではなく、合議的に決められたらベスト。

5月

下半期も双子座さんの注目度は高いのですが、このあたりで、後半戦への「仕込み」をする人も多いかもしれません。今のうちに「よく練っておく」こと。張り切りすぎは5月病の元にもなるので、できればほどほどに。

6月

5月にいったんクールダウン的ムードがあった人でも、6月には再び勢いがつき始めます。機動的な立ち回り。人を巻き込んでいくチカラ。言葉の魔術と、強い説得力。爽やかな忙しさ。

次回予告

次回のたびハピ占いは「2021年12月の運勢」です!UPは2021年12月26日ごろを予定しているのでお楽しみに!
2022年はいよいよGoToトラベルキャンペーンが再開し、国内旅行が活発化してきます。あなたの2022年の運勢に合った旅先を、たびハピで見つけてくださいね!GoToトラベルキャンペーンの最新情報はこちら!

2022年はGoToトラベルキャンペーンが再開予定

たびハピでは随時、最新の海外の状況を追っています。下の特集からチェックしてみてくださいね。

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター