旅占い11月の運勢・かに座(蟹座)2021年最新

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター

「旅行がしたい!でもその月の運勢にピッタリの旅先ってあるのかな?」。そんな疑問に、横浜中華街の占い師・祐天寺蓮花が、あなたの星座の運勢に合わせた旅スタイルを毎月ご提案!

11月のかに座(蟹座)さんの、運気があがる旅のカタチとは?

占い師・祐天寺蓮花とは

祐天寺蓮花(ゆうてんじ・れんか)といいます。こんにちは!
2019年末に卒サラ(会社員生活を卒業)して占い師として本格デビューをしました。なので、コロナ禍の期間と専業占い師としてのキャリアの長さが、ほぼ同じなのです(!)。
たびハピをご覧の旅好きの皆さんも、コロナ禍なりの旅行の楽しみ方を模索されていることかと思います。
星の動きから、ニューノーマルな旅スタイルを探る。そんな想いで旅占いをしていきます!

旅占い 占い師祐天寺蓮花 
現在、横浜中華街の占い館「愛梨」に出演中!

2021年11月 12星座共通トピックス

緊急事態宣言の解除に、感染確認者数の激減……。たびハピユーザーさんにも嬉しいニュースがどんどん飛び込んできた10月。
この記事は投票日の来る前に書いていますが、安心して自由に旅行できる環境には、政治も大きく関わってくる、ということをコロナウィルスは私たちに思い知らせました。

某携帯キャリアの通信障害など、“水星逆行マニア”の事件ノートが更新された10月を過ぎ、いよいよ気候も本格的に秋冬モード。情緒ある旅スタイルが恋しくなる季節です。それと同時に、冬場の第6波襲来がささやかれるのも気になるところ。

星まわり的にも、旅のチャンスは一点突破型。「ここしかない!」とピッタリはまる場所や日程がフィックスできそう。11月は祝日も2回あるので、上手にカレンダーと休暇を利用して。

私は勝手に「たびハピジャーナリズム」と呼んでいますが、たびハピ編集部さんが常に行動制限/緩和の情報を追いかけてくれているので、こちらも大変参考になります!

ワクチン・検査パッケージで日本の旅が動き出す?

かに座(蟹座)◆2021年11月の運勢

下半期の占いでも書いたとおり、11月は元気がみなぎってくるような、良好な星まわり!
人にも恵まれる時で、「自分は本当はこういうことがやりたかったのだ」と気づくきっかけが得られそう。
計画に狂いが生じたとしても柔軟に対応できる余裕はありますが、そもそもの計画自体をアバウトにしておくくらいが、結果的にはちょうどよいかもしれません。

かに座(蟹座)◆2021年11月の旅行運は?

「見晴らしの良い乗り物」がキーワード。
車窓からの景観が美しい電車で、紅に色づく山々を抜けていくのもよいですし、休航期間に入っていないエリアであれば、船旅・クルージングもおすすめ。
“観”光というくらいなので、視覚を潤すこと自体が、旅の大きなおみやげになります。

今年は間に合わなくても、シーズンインしたら行きたい!知床クルーズ。

かに座(蟹座)◆2021年11月の注目DAY

10日は協力・団結がテーマとなる日。
土日の旅なら13・14日がスムーズ。
18日は総論を掲げ、22日は各論で見直しを。
24日は14時までにスパートを。
30日、阿吽の呼吸が生まれそう。

かに座(蟹座)◆2021年11月の四大運勢をテーマ別にチェック!

仕事

公式発表前の下準備や、期間限定のプロジェクトなどの案件に、リーダー的な立ち位置で暗躍する人が増えそうです。エッセンシャルワークの人には、形骸化した業務からの解放を暗示する星も。

恋愛

なじみの場所に、出会いの種が眠っていそうです。ピークの12月を避けて早めに帰省をするのも、パートナー候補を呼び込むことにつながる予感。ホームグラウンドからの恋の幕開け。

健康

部位としては「目」をケアする月間に。メガネ・コンタクトを使っている人は、度数が適切か、検査を受けてみるのが良いです。肩こりが出てきた方は、原因としての目の疲れも疑ってみて。

お金

医療や福祉関係への寄附など、見返りを前提とせず「誰かのため」にお金を届けるという使いかたをすると吉。そうは言っても金銭的余裕が……という方は、お金でなく献血などの行動でもマル。

「で、結局どうすれば?」2021年11月の開運テク

全体的に勢いのある、前向きなひと月。波に乗れるときだからこそ、確認すべきことはしっかりと。早とちりしたまま進めてしまうと、ズレの度合いまで加速してしまうことに。
緩と急、メリとハリをうまく使い分ける意識でいると、軌道修正が必要になった時にもスムーズです。

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター