伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰でおこもり旅!

根本聡子

ペットとお出かけライター

新型コロナウィルスの新規感染者数は減少傾向になって来ましたが、まだまだ油断できる状況とは言えないのが現状。これからも密を避けた「おこもり旅」が旅のスタイルの中心となりそうです。

そこで、今回ご紹介するのは伊豆高原にある『レジーナリゾート伊豆無鄰』。わずか8室しかないお部屋にはすべてに露天風呂付き。そしてお食事も個室でと、人との接触を極力控えられるだけでなく、自分たちだけの時間を存分に楽しむことができます。

そして何より愛犬を家族の一員として迎えてくれるドッグフレンドリーなお宿としても大人気。今回は愛犬ふわりを孫として溺愛してくれる我が両親を連れ、親子3代でお邪魔しました!

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
閑静な住宅地の中に佇む数奇屋作りの純和風旅館

まず今回のお宿を紹介する前にレジーナリゾートについてのお話を。レジーナリゾートは愛犬と一緒に旅したり、大自然の中で楽しむことで愛犬との信頼関係を深めて「愛犬ともっともっと仲良くなれるリゾート」を目指して作られたリゾート。

今回の伊豆をはじめ、軽井沢や鴨川、箱根など8箇所に展開しています。犬連れ旅行を考えたことがある人なら知っている人も多いのではないでしょうか。

その中でも最高級と言われるのが今回宿泊した『レジーナリゾート伊豆無鄰』。こちらは、元々は各界の著名人に愛されてきた名旅館『無鄰』だった場所。その上品な趣と高級感はそのままに、愛犬同伴で安心して楽しめる温泉旅館としてレジーナリゾートが引き継ぎ、リニューアルオープンさせた場所なのです。

「ほ、本当にこんな高級旅館に犬連れでお邪魔していいの??」荘厳なエントランスに思わず心の声が漏れました。

レジーナリゾート伊豆無鄰の「離れ」のお部屋

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
離れなので別荘気分でくつろげます。

6室の離れと2部屋の特別室からなる『レジーナリゾート伊豆無鄰』。今回は離れのひとつ『このはな』という名のお部屋にお泊まりです。 日本庭園の中に佇む離れは隣のお部屋との間隔も広く、他のゲストの気配すら感じませんでした。

チェックインがお部屋でできるのも魅力的なポイント。多くの愛犬同伴宿の場合、代表者がフロントに出向いたりする手間があるんですが、それが意外と面倒くさい…。でもここでは到着してすぐに家族全員がお部屋でくつろげて嬉しいです。

自然光がたっぷり差し込む素敵な空間

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
光がたっぷり差し込む明るいお部屋

玄関を入るとまずその明るさと広さに感動!

ソファの置かれたリビングルームに板の間を挟んで2台のベッドが置かれた寝室。そして月見台の先に見えるのは…!! それはのちほどのお楽しみとして、大きな窓から見渡せる木々に目をやると野生のリスが!

「あそこ!ほらあっち!」とはしゃぐ私と父。考えてみればこんなに大きな声を出したのも、思い切り深呼吸したのも久しぶり。到着してまだ数分なのに「来てよかったね」と心から思ったのでした。

お部屋には人間用のアメニティはもちろん、わんちゃん用のクレートやお掃除道具一式、フードボウルやお散歩バッグなど必要なものはすべて完備。大きな冷蔵庫や電子レンジもあるので、普段から手作りフードや冷凍フードを食べているわんちゃんも安心です。

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
高級緑茶「牧之原の雫茶」。ふわりにもウェルカムおやつが用意されてました。

そしてウェルカムドリンクには高級緑茶で有名な「牧之原の雫茶」が!このお茶、なんと1本700円以上するんですよ!! お茶請けには温泉まんじゅう。ん? 一個足りない…。写真を撮る前に父が食べておりました(汗) 

すべてのお部屋に露天風呂付き!

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
写真に写ってませんが、左側には相模湾の絶景が。

さて、月見台の先には…。そう、もうわかりますね。露天風呂です! すべてのお部屋に露天風呂がついているのも『レジーナリゾート伊豆無鄰』の特徴のひとつ。好きなときに時間を気にせず何度でも♪ 伊豆諸島の絶景と相模湾の絶景を見渡しながら入る露天風呂は最高以外の言葉が見つかりません。

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
夜になると雰囲気も一変。夜風が気持ちよくてずーっと入っていられそう。

耳に届くのは風に揺られた木の葉のカサカサという音と、時折かすかに聞こえる虫の声。ほかにゲストもいるはずなのに、ここには私たちだけなのは?と思わせてくれる贅沢な静寂が流れます。お部屋には檜の内風呂も。大浴場はありませんが、こんなに素敵なシチュエーションを独り占めできるならこれで十分、いや完璧だと思いませんか?

レジーナ伊豆無鄰が誇る最上級の特別室がこちら!

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
写真提供:レジーナリゾート伊豆無鄰

私たちは離れでも十分に贅沢な時間を楽しめましたが、もっと贅を極めたいならぜひ2部屋限りの特別室を!特別室は本館の2階に位置し、広さはもちろんのこと、圧倒的な眺望を誇ります。

「茜」のお部屋は月見台からはもちろん、お部屋の中からも大島を浮かべる相模湾の眺望が楽しめるのが魅力。中でも夕日が海へと沈んでいく景色は感動のひとことだとか。そんな絶景を露天風呂から眺める…。はぁ、想像しただけでもうっとりです。

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
写真提供:レジーナリゾート伊豆無鄰

そしてもうひとつの特別室、「千尋」のお部屋がこちら!月見台からは城ケ崎海岸へと続く鬱蒼とした森と、その向こうに広がる明るい伊豆の海を一望。朝には日の出、そして夜には大島を照らし出す月の光と、幻想的な光景が見られるそうです。

しかも「千尋」には愛犬のプレイルーム付き! マッサージチェアが置かれているので、遊んでいる愛犬の姿を見ながら飼い主はマッサージ、そんな贅沢なシチュエーションが叶います。

特別室ではお部屋にお食事を用意してもらえるので、お部屋から一切でることなく滞在を楽しむことが可能。また中学生以下の利用ができないので、しっぽりとした大人(と愛犬)だけの時間を過ごすことができますよ。

お食事は別館の個室にて家族水入らず楽しんで

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
お食事処の入り口も雰囲気たっぷり♪

離れのゲストのお食事は本館にあるお食事処で。とは言え、お部屋ごとの個室になっているので他のゲストの目を気にせず、のんびりと食事を楽しむことができます。私たちが宿泊した日も朝夕ともに他のゲストにお会いすることはナシ。お風呂上がりのすっぴんでも安心してお食事を楽しめました(笑)。

海と山の幸を普段に使った料理に舌鼓!

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
写真提供:レジーナリゾート伊豆無鄰

お食事にも一切の妥協がないのが『レジーナリゾート伊豆無鄰』の素晴らしいところ。伊豆東港にて水揚げされた新鮮な魚介、伊豆半島の獲れたて有機野菜など、鮮度と味にこだわった食材を使った伊豆懐石は見た目の美しさに眼福、食べて口福♡ お刺身でも食べられられる金目鯛のしゃぶしゃぶに和牛の陶板焼き…思い出すだけで幸せな気分です。

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
伊勢海老のお造り!

お食事メニューは毎月変更されるので、その時期一番美味しいものが食べられるのだとか♪ 私たちが宿泊したときはこんなに豪華なお作りが!

しかし、私は残念ながら甲殻類アレルギー(涙)。これは両親に気を遣わせてしまうな…なんて、私の考えは目の前で幸せそうに伊勢海老を堪能する2人に瞬殺されました。もちろん私には変わりのお料理を用意してくださったので、それは独り占めして食べましたよ(笑)

愛犬にも贅沢させてあげましょう!

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
美味しいご飯を前にするとお目目も輝きます

もちろん愛犬にも本格的なお料理が!別料金ですが和食の調理人による地元の素材を使った手作り料理が用意されています。塩・砂糖・化学調味料などの添加物は一切使わず、素材の旨みを最大限に活かした料理にふわりもお目々キラッキラ♪ パクパクと嬉しそうに食べる姿に、喋らずとも「おいしー!」という幸せな声が聞こえるのでした。

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
写真提供:レジーナリゾート伊豆無鄰

愛犬メニューは「静岡県産 安倍鶏 胸肉炙り焼き」をはじめ、伊豆牛ハツの炙りやサーモン、伊豆東港で水揚げされた金目鯛を使った雑炊などなどどれも豪華!ふわりは夕飯に阿部鶏、朝食に馬刺しの炙り焼きをチョイス。

よっぽど美味しかったんでしょう、帰宅した日の夜に自宅でいつものご飯をあげると「なにこれ?」的なお顔。ダメですよ、贅沢は旅先だけの楽しみです! 家ではしっかりカリカリ食べてくださいね(笑)。

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
食べ終わっちゃった…。お代わりプリーズ。

お食事処にはわんちゃん用のベッドが用意されていましたが、椅子に座らせてもいいかお伺いするとカフェマット変わりのバスタオルを敷いてくださいました。そして嬉しかったのが翌朝、朝食のときにはすでにそのようにセットされていたこと! 

スタッフさんの「ふわりちゃんのお椅子、こちらです」のお言葉がどれだけ嬉しかったか。こういう心遣いに飼い主は心を奪われてしまうのです♡ 

当の本人(犬)は、しっかり食べ終わるとベッドに戻って寝てましたが、そのおかげで飼い主たちはゆっくりと食事を堪能できたのでした。

敷地内の園路は最高のお散歩コース!

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
鳥の囀りをBGMに都会では味わえない贅沢なお散歩を

『レジーナリゾート伊豆無鄰』の敷地内は美しい日本庭園になっているので、敷地を出ずとも愛犬とお散歩が楽しめます。この日は誰ともお会いしませんでしたが、会ったとしてもゲストのわんちゃんだけなので、ふわりのような犬見知りのわんちゃんや、お散歩デビューしたてのわんちゃんにもぴったりです。

敷地の外も別荘地なので車の通りが少ないのも魅力。お散歩好きなわんちゃんならのんびり伊豆高原の緑の中をロング散歩が楽しめますよ。

敷地の外にはドッグランも♪

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
写真提供:レジーナリゾート伊豆無鄰

もう少しアクティブに遊びたいわんちゃんには敷地からすぐ近くにあるドッグランを利用してみて。アジリティもあるので日頃の運動不足解消にもなりそうです。ドッグランは大型犬から小型犬までどのサイズの子でも利用できますが、1mの高さのフェンスを飛び越える恐れのある子はリードを離さないのがルール。

マーキングや排泄後の処理も飼い主が責任持って行ってくださいね。ドッグランを使った感想? …ごめんなさい、ふわりはドッグランが苦手犬。というより、おこもり大好き犬なので「ドッグラン」と聞いた瞬間にクレートに逃げられました(笑)。一番運動不足解消しなきゃいけないハズなのにー!

都会の喧騒と人混みからエスケープできたおこもり旅

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
雨音さえおこもり旅を盛り上げるBGMに。

翌朝、残念ながら外は雨。せっかく来たのに…と肩を落としたのですが、雨の中入る露天風呂の気持ちよさに目覚めてしまいました。朝霧と雨の雫に霞む伊豆高原の美しさ、緑豊かな大自然と一体化したような爽快感はこのシチュエーションでなければ味わえなかったかもしれません。

もちろん晴れた日も気持ちいいのは言うまでもないのですが、母はその心地よさにハマり、滞在中なんども露天風呂に浸かっておりました。

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
みんな幸せでデレデレ顔なのでお見せできません(笑)

結局、1泊2日に間にお会いしたのはスタッフさんだけ。まさに日常を忘れられる最高の「おこもり旅」になりました。そして宿泊記を書きながら「『レジーナリゾート』での体験を通して、愛犬が犬として生きる喜びや家族の一員として生きる喜びについて改めて共有してほしい」というレジーナリゾートの想いを改めて噛み締めている今。

露天風呂付きの高級旅館だから、お料理が美味しいから、この旅が素敵な思い出になったのはそれらの要素ももちろん大きいと思います。でも、一番は愛犬ふわりとこの経験を共にできたから。

ふわりを膝に乗せながらソファーでうとうとしてる母、普段見たことないようなデレデレした顔でふわりを甘やかす父。なんて幸せな絵なんだと、この旅で何度思ったことか。それこそ最高の思い出だと思うのです。

どの世代でも楽しめる『レジーナリゾート伊豆無鄰』

伊豆高原・全室露天風呂付旅館レジーナリゾート伊豆無鄰
季節ごとに違う景色を見せてくれる日本庭園

海と山に囲まれた自然の中で都会の喧騒を忘れ、心身共にいやされた贅沢な時間。今回は両親との旅行でしたが、お宿内ですべてが完結できるので足腰に自信がないシニア世代にもオススメのお宿です。次回はおばあちゃんも連れてきたいなぁ、そのときは特別室がいいなぁなんて、今から再訪を期待してみたりして。

金目鯛の煮付けや天然黒鮑の踊り焼き、黒鮑のステーキなど特別な日のお食事を彩るお料理のオプションメニューもあるそうなので、ぜひ3世代、4世代での旅行を検討されてる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

DATA
 レジーナリゾート伊豆無鄰
 住所:静岡県伊東市八幡野1086-88
 TEL:0557-54-6111 (電話受付時間10:00~17:00)
 公式サイト: レジーナリゾート 

 受け入れ頭数は、1室6頭まで(小・中型犬6頭まで、大型犬3頭まで)大きさの制限なし。
 宿泊できる愛犬は、1年以内に狂犬病及び伝染病の予防接種を受けている室内犬のみ。
 また、人や他の犬への噛み癖などのある攻撃的な性格の愛犬、生理中の愛犬のご宿泊はできません。 

(2021年10月時点の情報です)

お宿の周りには愛犬と遊べるレジャースポットも!

もう少し伊豆を堪能したい人には伊豆高原で愛犬と行けるスポットをこちらの記事にまとめているので参考にしてくださいね♪

根本聡子

ペットとお出かけライター