ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊記・犬専用フロアが誕生

根本聡子

ペットとお出かけライター

コロナ禍における新たな旅のスタイルとして「ステイケーション」という言葉も浸透してきた今、愛犬と一緒にステイケーションできる場所も増えてきました。

東京湾を見渡せる都内屈指のロケーションに位置する「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」もそのひとつ。2021年2月にドッグフレンドリールームが誕生して以来、SNSなどでゴージャスな滞在を楽しむワンちゃんたちの姿がいっぱい!

愛犬専用フロアにラウンジがあるらしい、ドッグリフレなるサービスが受けられるらしい、とにかくのんびりするのに最高らしい!…そんな言葉の数々に胸を踊らせながら、私も愛犬ふわりとステイケーションしてきました。その様子をお伝えします。

ラウンジにあるVIPシート。ここに座らせたかった!

絶景!ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

東京・竹芝にある「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」。遮るものなく東京湾やスカイツリーなどを見渡せる眺望が魅力のモダンラグジュアリーホテルです。

2020年の春から夏にかけて全館を大リノベーション。よりモダンで洗練されたホテルへと変貌を遂げました。

JR「浜松町駅」より徒歩8分、新交通ゆりかもめ「竹芝駅」直結とアクセスがいいのも魅力。「日の出桟橋」もすぐなので、浅草からも水上バスでアクセスすることができます。

今回、私たちは車を利用しましたが、ホテルの地下が公共駐車場になっているので導線もスムーズ。宿泊者は1泊3000円で駐めることができますよ。

ワンちゃん専用フロア以外はバッグインがお約束

ロビーの外ならお顔を出して記念撮影OK!

駐車場からホテル館内へは専用エレベーターで直通ですが、ワンちゃん専用フロア以外は愛犬を外に出すことはNG。必ずケージやカート、バッグを持参してくださいね。

ロビーの前を通ると、ふわりに気づいたスタッフの方が8階へと誘導してくださいました。ドッグフレンドリールームの利用者は専用フロアでチェックインすることができるのも魅力です。

8階の全フロアがワンちゃん専用に!

どこを切り取っても絵になる専用ラウンジ

愛犬と一緒に泊まれるのは8階。ドッグフレンドリープランのために全面改装し、ワンフロアをまるごとワンちゃん専用にしたというから感動です。

そしてドッグフレンドリールーム利用の最大の魅力がこちら。ワンちゃん専用のラウンジです!白を基調としたフレンチシックなラウンジはどこを切り取っても映えること間違いなし!

ゴージャスな卵型の王冠付きソファーはワンちゃんのために取り寄せたのだとか。同行した友達は座りたいと騒いでおりましたが、残念ながら人間は座れませんのであきらめましょう(笑)。

ペットコンシェルジュ常駐が嬉しい!

ワンちゃんにも飼い主にも至れり尽くせりなラウンジ

ラウンジにはペットコンシェルジュが常駐。チェックインやアウトの手続きはもちろん、近隣のお散歩コースやワンちゃん同伴可能なレストランの情報などを教えてくれます。

またルームサービスなどの来室時についてのリクエストを聞いてくれるのも嬉しいポイント。今までいくつかのホテルにふわりと宿泊してきましたがこれは初めて! 

その子の性格によってノック・チャイム・電話など好きな方法で対応してくれるそうです。ふわりはチャイムが苦手だけど、飼い主はノックに気づかない可能性がある…ということで、チャイムがなったらすぐ抱っこするという方法を取らせて頂きました(笑)。

個人的に嬉しかったのは「もしワンちゃんのご飯をお持ちでしたら温めますので」と言ってもらったこと。うちは冷凍タイプのワンちゃんご飯を持参することが多いので、解凍に困ることが多々あります!細やかなことに気づいてくれる気配りにチェックイン時から感動しきりなのでした。

ラウンジは9:00~17:30まで利用可能。ラウンジ内にはスナックとドリンクサービスもあり、自由に利用することが可能です♪

レインボーブリッジを一望するお部屋

ベイビューが気持ちいいお部屋にチェックイン!

ドッグフレンドリールームにはレインボーブリッジまたは隅田川を臨むお部屋を用意。どのお部屋も35~52㎡のスペースがあり、ケージが置かれても余裕の広さです。

フローリングだといやがるふわりもお部屋に入るなり楽しそうに探検開始。まったく滑ることなく快適に過ごしていました。

ベッドやソファーに愛犬を乗せるのは基本NGですが「お写真撮りたいですよね」とスタッフさんからの優しいお言葉が。乗せる時はカフェマットなどを敷いて汚さない様にしましょうね。

愛犬用アメニティも大充実!

ふかふかベッドが気に入り「私のだから!」と無言の圧…(笑)

室内には広々としたケージの他にふかふかのベッド、トイレ、トイレシート、ウォーターボウル、フードボウル、ウェットティッシュなど愛犬用のアメニティを完備。

匂いが漏れにくいゴミ箱や空気清浄機、そして粘着ローラーやペット専用消臭スプレーまで用意していただけるなんて…!細かな気遣いに嬉しくなりました。

マナーパンツの用意はないので持参すると安心です。またワンちゃん用の食事の用意はないので食べ慣れたご飯やオヤツを持ってきてくださいね。

ドッグリフレ、初体験!

あー、そこそこ!とでも言ってるかの様だったのですが…

お部屋でのんびり過ごしていると、あっという間に日も暮れてメインイベントの時間です。今回はドッグリフレ付きプランでお願いしたので、ふわり犬生初めての体験へいざ!

ドッグリフレとはワンちゃんの健康維持増進にとても効果的なテクニックだそう。ワンちゃんにも人間と同じくツボがあるので、優しくタッチしてほぐすことで疲れやコリを癒すことができるのだとか。

施術を担当してくれるのは人間のリフレクソロジーでも有名なサロン「クイーンズウェイ」。リフレクソロジーやロミロミ、あんま指圧やヒーリングタッチなどのエッセンスを融合させたオリジナルの技術をワンちゃん用にアレンジして施術してくれます。

緊急事態発生。リフレ、途中棄権か⁉︎

お顔周りも凝っているので優しくほぐしてあげると気持ちいいそう

最初はセラピストのお姉さんに身を委ねていたふわりでしたが、いつもと違う雰囲気に緊張したのか途中からイヤイヤモード発令。セラピストさんを拒絶し、飼い主冷や汗です(涙)

まだ始まって数分でしたが、これは諦めるしかないなと思っていたらセラピストさんから「飼い主様がやってみませんか?」とご提案が。急遽、マッサージ方法をレクチャーしてもらい、それを私がふわりに施す形になりました。

帰宅してからも使える技を享受!

さっきは拒絶してゴメンナサイ。。。最後は仲直り。

首の付け根や足、背中や耳などをほぐしてあげるとふわりはとっても気持ちよさそう。「これくらいの力加減で」とセラピストさんが私の手を実際に触って教えてくれるのでドッグリフレ初体験の私でもとってもわかりやすく覚えることができました。

飼い主をヒヤッとさせた犯人、ふわりも途中からセラピストさんにごめんなさいのペロリ。が…これまで途中で施術が中止になったワンちゃんはいなかったそうですが、危うくふわりが第1号になるとことでした。いや、半分なったようなものかも(泣)。

とはいえ、最終的にセラピストさんに撫でられてウトウトしていたふわり。緊張が解けた上に気持ちよさも加わって部屋に帰るとすぐ爆睡してました。

ドッグリフレを受けるには噛み癖のあるような凶暴な子はNG。うちのように人見知り発動しちゃう子も注意が必要です。無理に触ると逆にストレスになってしまうというセラピストさんの言葉が身に染みました。

セラピストさんが目の前で施術してくれるのでおうちでできるリフレの仕方が学べるのもこのプランの魅力。今回は予想外の出来事により、私はがっつり施術体験することとなってしまったのですが、おかげでおうちでのコミュニケーションに役立っています♪

クルージングプランもあり!

画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

ドッグリフレプランのほかに人気なのが「東京湾ウォータータクシー貸切プラン」。ホテルから徒歩1分の船着場から乗降できる水上タクシーを貸切、東京湾をクルージングできるプランです。

普段、水上タクシーや水上バスはペットNG。もしくは同伴OKだとしても全身をケージに入れなければいけないというルールがあります。でもこのプランなら貸切な上、リードで乗船できるので愛犬に思いっきり潮風を感じさせてあげることができますよ。

レインボーブリッジをはじめ、浜離宮庭園方面へと足を伸ばす30分間の海上クルーズ。愛犬との非日常な体験は思い出になること間違いなし!ふわりも次回はこっちのプランにします(笑)。

朝は豪華な朝食からスタート!

ガウンは持参です(笑)

ホテルステイの楽しみのひとつが朝食! 今回はプランに含まれていませんでしたが、前日に予約して和朝食とコンチネンタルブレックファーストを届けてもらいました。

ベイブリッジを見渡す窓際にテーブルをセットしてもらうと…はぁ、なんて素敵なんでしょう♪

自宅から車で40分ほどの距離なのに、気分は遠く離れたリゾート地にでも来たみたい。近場だけど非日常な体験が楽しめる、これぞステイケーションの醍醐味だと身をもって体感したのでした。

ルームサービスならアフタヌーンティーも愛犬と楽しめる!

画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」といえばシーズンごとにかわる目にも美しいアフタヌーンティーも外せません!

とはいえ、1階のニューヨークラウンジには愛犬を連れて行けないし…と思っていたら、なんとインルームでもアフタヌーンティーが楽しめるのだとか♪

料金は1名平日6050円、土日祝日6600円(税込み・サ別)。当日チェックイン後でもインルームダイニングメニューよりオーダー可能なのでぜひお部屋で、のんびりタイムに華を添えてみてはいかがですか?

ちなみにワンちゃん用の食事はありませんが、お誕生日のときに利用したいのが「ワンちゃんバースデープラン」。ワンちゃん用のケーキにバースデー用のガーランドがセットになったプランです。12月のふわりの誕生日はここでお祝いかなぁなんて夢と期待が膨らむのでした。

シーサイドをお散歩してチェックアウト

海風を感じながらのお散歩は最高!

朝ごはんを堪能した後はホテルの周りをお散歩へ。チェックアウトが12時とゆったりなのでのんびり過ごせるのも魅力です。

ホテル周辺はウッドデッキになっていてそこから見渡す東京湾の景色は絶景のひとこと。この日は雨上がりだったのでより空気も澄んでいて清々しさこの上ナシ!早くマスクを外してこの空気をいっぱい堪能できる日が来て欲しいと切に願うのでした。

チェックインのときにもらったお散歩マップによるとぐるっとベイサイドを一周すると約2km、もう少し足を伸ばして芝公園や増上寺の方まで行くと3kmのお散歩コースになるのだとか。のんびりゆったり街散歩。歩くの大好きなワンちゃんたちも大満足のお散歩コースです。

ふわりはというと…、ウッドデッキを散策後、近くの芝生まで歩いただけでもう満足。帰りは抱っことなりました。昨日のドッグリフレといい本当に世話の焼ける子だな、まったく(泣)。

ステイケーションの定番スポットにしたい!

Welcome DOGの看板が嬉しいラウンジ入り口

私たちが泊まりに行ったのは7月の平日。愛犬連れゲストは2組とのことでしたが、ラウンジでお会いすることもなく貸切状態で悠々と過ごすことができました。

観光するわけでもなく、食事に出るわけでもなく、ただ海を眺めながらお部屋で愛犬と過ごしたちょっと贅沢な1日。お出かけに我慢が必要な時期だからこそ、近場での非日常な時間がとても貴重に思えました。

特別な日のステイはもちろんですが、何気ない日のステイケーションやワーケーションにもぴったりな「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」。愛犬と一緒にのんびりしてみませんか?

  DATA:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
 所在地: 東京都港区海岸1丁目16番2号
 電話:0570-000222(ナビダイヤル)
 Fax: 03-5404-2111(代表)
 ドッグフレンドリーフロアは15kg以下のワンちゃんが利用可能。
 1部屋に泊まれるのは2匹まで。
 予約時に同意書への記入が必要です。 
公式サイト:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

根本聡子

ペットとお出かけライター