ハイアットセントリック金沢宿泊記・シティービュースイートに滞在

hoteloG.

ホテルブロガー

ずっと泊まりたくて気になっていたハイアットセントリック金沢に宿泊してまいりました!金沢駅西口前、広場のロータリーに面して建つ、ロケーションも最高のホテルは2020年8月に開業。

今回は憧れのシティビュースイートに宿泊したので、お部屋の様子も細かくレポートしていきますね!

ハイアットセントリック金沢宿泊記

ハイアットセントリックとは

北陸初のハイアットホテルで、日本国内では東京銀座と、こちらの金沢2軒のみの「セントリック」ブランド。このブランドはハイアットホテルズアンドリゾーツが展開するブティックホテルで、世界各国の人気の観光都市の旅の拠点になるべく造られ、館内や客室のデザインは、都市の魅力を最大限に取り入れたものとなっています。
金沢と言うことで、加賀百万石の絢爛豪華さも取り入れられているのでしょうか?とても楽しみです。

ロビーは金沢を意識したデザインが秀逸

ハイアットセントリック金沢は、よりカジュアルな滞在を楽しめるハイアットハウスと並んで建っています。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記
向かって右側はハイアットハウス。長期滞在におすすめ

ホテルは、複合施設のクロスゲート金沢に入居しております。こちらの施設内にあるテナントは、1階がスイーツショップ、2階がレストランが中心の構成で、ホテル滞在中のお食事や買い出し、お土産の購入にも便利!

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

ホテルエントランスは、高級ホテルらしく大きな車寄せ。ただドアマンやベルボーイはいません。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

エントランスを入ると、目の前は壁一面の松の木アート。 金沢で使われていた金具(工具や食器)を繋ぎ合わせて表現したらしいです…すごい。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

テーブルと壁掛けの着物、絨毯の組み合わせが印象的なエレベーターホールから、 フロントのあるL階(3階)のロビーへ。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

L階のエレベーターホールです。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

基本は和モダンといった内装ですが…飾ってあるアートや置物、照明がひと味違う特別な空間。
うさぎの置物は、地元出身の作家、泉鏡花(いずみ きょうか)が迎え干支として集めていた事に由来するもの。 他にも客室で置物を見る事が出来ます。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

天井が高く、広々としたロビー。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

普通の高級ホテルでは、グレードの高い家具が整然と置かれていて威圧感があったり、緊張してしまったりする場合もありますが…こちらはそういった印象を与えず、リラックス出来る雰囲気です。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

まるで現代美術館の展示場のように、カウンターやベンチ、壁面のアートが置かれています。
しかしながら、壁面は金沢の茶屋街にある町屋の木格子をイメージしたものだったり…

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

大きな金箔のアートがあったりと、金沢の伝統を取り入れた空間です。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

チェックインは四角いカウンターの角で、スタッフと45度に向かい合って行います。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

カウンターを隔てないので、スタッフとの距離感を感じさせない、お互いがコミュニケーションを取りやすい雰囲気作りを目指しているのでしょうか?

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

まるで、大都市の最新ラグジュアリーホテルのようなソファセットの演出。
ロビーの奥にはホテル唯一のダイニング『FIVE-GRILL&LOUNGE』があり、飾り棚で仕切ってはいるものの、ロビーからは壁で隔てないオープンな空間構成。このダイニングの空間が好きすぎて、3回も通ってしまったので、ランチや朝食の模様も下のブログでレポートしています。

ダイニングが大変華やかなので、空間に奥行きが生まれますし、パブリックエリアに一体感があります。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

チェックインを終え、客室フロア専用のエレベーターホールに向かいます。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

客室フロアのエレベーターホールです。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

先ほどから度々触れてはいますが、館内のアートは全て金沢の工芸品に由来するもの。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

木彫りの獅子舞(1階)、金箔を打つ時に上に敷く革を貼り合わせたもの(3階)。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

加賀友禅の色見本を拡大したもの(エレベーター内)、漆塗りの過程で使用する、漆が染み込んだ和紙を広げたもの(4~13階)等。

もちろん伝統工芸品そのものは素晴らしいですが…そのまま置くだけではホテル空間としては古臭かったり重くなりがち。現代のホテル空間に合わせて、工芸品の製作過程で生まれる副産物にスポットを当て現代アートに昇華させる。その発想も興味深いですね。

客室のルームナンバーは九谷焼。お部屋ごとに色柄が異なります。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

憧れのスイートルーム・まずはリビング側

今回予約したのはシティービューキングスイート最上級の、金沢スイートに次いで2番目にお高い部屋。 客室全253室中、スイートは7室のみとなっております。

普通ならわたくしには到底手が届かないお値段…しかし、ワールドオブハイアットのポイントを使い、1番お得なスタンダードルーム並みの価格で宿泊する事ができる日があるのです。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

ワールドオブハイアット会員で溜まるポイント、かなり宿泊を重ねないと無料宿泊まで到達出来ず、 たまにしか高級ホテルを利用しない私にはあまり旨味がありませんが…こちらのホテルは一部有償にはなりますが少ないポイントで、最高の特典が得られるご褒美スポット。

入ってすぐは、アートが飾られたホワイエ。ベンチもあり、靴の脱ぎ履きにも便利です。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

ホワイエを抜けるとクローゼット。扉は1枚だけのほぼオープンタイプ。 スイートだけにクローゼットの幅も広く、バゲージ台(スーツケースを置く家具)もゆったり。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

バスローブは薄手のパイル地で着心地が良さそう。引き出しの中には上下セパレートのルームウェア。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

もちろんセーフティボックスや、スリッパもございます。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

クローゼットの反対側はトイレ。 こちらのスイート、リビングとベッドルームにそれぞれトイレが付いております。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

廊下を抜けるとリビングです。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

深い青色の壁がアクセント。そこにアートや大きくてユニークなスタンド照明、大きなベンチソファとカラフルなクッション、大理石のテーブルが置かれ、和モダンとポップアート、程よいラグジュアリー感がミックスされた華やかな空間となっております。

まさに、スイートでしか見る事が出来ない設えと言えるでしょう。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

ただ、大きいにもかかわらずソファの背もたれは角の格子部分のみ。 何処でも腰掛けて寄りかかる事は出来ません。デザインは大変素敵なのですが…

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

テーブルに置かれたルームサービスメニューは、3階のダイニングで提供されるものをそのままいただけるといった印象。

メニューとともに置かれていたのはアートブック。ホテル内のアートや置物の写真と説明が載っており、「あのアートはどんな芸術家?題名は?」と思いながら、こちらで確認すると滞在もより楽しく感じられます。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記 ブログ

館内のアート、客室内の置物は全て石川県出身か、金沢で学んだり工房を構える芸術家のもので揃えられており、 ホテル空間に合わせて統一感を出すこのアートブックの編集作業は大変だったと思われます。

こんなに、ここだけに創られたアートが詰まっているホテルは見た事がありません。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記
陶器でできた白いバナナ。デザインの意図はわかりません…

窓からは金沢駅前の風景が。スイートルームは各フロア1室のみ、金沢中心部側の一番見ごたえのある眺めとなっております。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

リビング側のテレビモニターは65型で大きいです。YoutubeやNetflixは最近良く見る、リモコンでネットに繋がるタイプでは無く、Chromecastでスマホやパソコンのアプリと同期して視聴出来るタイプ。ちょっと操作が面倒でした。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

リビングにはミニバーもあります。スイートらしく壁一面の立派な設えです。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

ネスプレッソに、無料のボトルウォーター。 アルミ製のボトルは、各フロアにある給水器で補充可能。エコを意識していますね。
引き出しの中は、コーヒーカプセルやティーバッグ、グラスやカップがぎっしり。お茶はTWGと伊藤園の2種類。紅茶はもっとフレーバーを増やして欲しいと思いました。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

冷蔵庫は大きな家庭用サイズ、冷凍庫もあります。中には無料のお水とサンペレグリノ。スイート特典として、棚に置かれたアクアパンナと共に無料です♪

シティービュースイートのベッドルームは完全セパレート

こちらのスイートはいちばんお手頃なスタンダードルーム2部屋分の広さ。リビングとベッドルームとは、 間仕切りの両側から出入り出来ます。リビング、ベッドルームの広さはほぼ同じです。

金沢 ハイアットセントリック金沢宿泊記 ブログ

ベッド背面には、金沢の路面に和紙を敷いて型取ったというパネル。マンホールや側溝の蓋が押し型になっています!

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

ランプのベースも、レリーフ調の唐草紋様で凝っていますよね。BleetoothスピーカーはBOSEです。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

ベッドルームの窓側には、幅広のワークデスク。 こんなところで仕事が出来たら、意識低い系の私でも頑張れそう(笑)。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

バスルームの洗面台は、ダブルシンクですが幅は狭いです。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

後ろの脱衣スペースは広いんですが・・・タオル置き専用の棚がお洒落です。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

アメニティやドライヤー。スキンケアセットがあるのは嬉しいですね♪ アルコールシートや、石川県産ヒバのエッセンシャルウォーターも置いてありました。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記
ハイアットセントリック金沢 宿泊記

その他、お部屋に置いていないものもリクエストで持って来ていただけます。私は、サイプレスの香りが素敵なバスソルトを持ってきていただきました。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

洗い場付きのバスルーム。ハンドタイプのシャワーは水流を4種類変えられます。レインシャワーもありますが、どちらも水量はまあまあ。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記
ハイアットセントリック金沢 宿泊記

スイートルームですが、バスタブはスタンダードタイプと変わらない形ですね。スイートであればビューバスとか、ベッド脇に丸くて大きな置き式のバスタブ♪みたいなものを期待してしまいますが・・・そういう特別感ある設えは、 最上級の金沢スイートのみです。

トイレタリーは、ハイアットセントリック共通のイギリスのメーカー『Bee Kind』

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

バスタブ自体は大きく、湯量も多くすぐにお湯張り出来ました。お湯の色は、バスソルトを入れた後のものです。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

最新高級ホテルというだけでなく、金沢の伝統とアートに触れる事ができ、金沢での滞在をより印象深く感じられるホテルだと思いました。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

ジムあり、最上階にはルーフトップバーも!

ちなみに、最上階14階にはルーフトップバーがあるのですが…残念ながらコロナ対策で、今回の宿泊時は金・土・祝前日の夜しか開いておらず、一杯飲む事は出来ませんでした。2021年7月現在も継続中です。

イベントスペースも、コロナ禍の為閉鎖中です。

プールやスパは無く、2階にジムがあります。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記

壁面には、金沢の古地図をベースにしたグラフィックアートが。

ハイアットセントリック金沢 宿泊記
ハイアットセントリック金沢 宿泊記

金沢ならではのアートが堪能できる素晴らしいデザイナーズホテルでした。

DATA
ハイアットセントリック金沢
所在地:石川県金沢市広岡1-5-2
電話番号:076-256-1234 
公式サイト:ハイアットセントリック金沢

hoteloG.

ホテルブロガー