マンダリンオリエンタルバンコク2021年宿泊記!改装後ますます魅力的に

木本 美沙子

国際都市バンコクには、世界の名だたるラグジュアリーホテルがたくさん集まっています。なかでも最も格式が高いホテルといえば「マンダリンオリエンタルバンコク」です。ホテルのロビーに一歩踏み入れると、タイの文化を散りばめた優美な空間が広がり、うっとりしてしまいます。

世界のVIPをゲストに迎えるプロフェッショナルなサービス、充実したホテル内の施設…。もうどこにも行かずにずっとホテルに滞在していたい!と思うほど。

2019年には大改装が完了したばかりですが、この1年以上、バンコクに渡航できなくなり、最新の情報を知ることはなかなかできないのでは?

そんな「マンダリンオリエンタルバンコク」の今の様子をレポートします。

マンダリンオリエンタル宿泊記 最新
バンコクの象徴であり続けるマンダリンオリエンタルバンコク

世界の文豪に愛された、タイで最も古い歴史あるホテル

マンダリンオリエンタルバンコクの開業は1876年、タイで一番古い歴史あるホテルです。ジョセフ・コンラッドやサマセット・モームなど、世界の文豪に愛され、かの三島由紀夫が『暁の寺』を書きあげたホテルとしても有名です。日本では中山美穂主演の映画『サヨナライツカ』(辻仁成原作)の舞台になったことでも有名ですよね。

マンダリンオリエンタル最新宿泊記
最新ラグジュアリーホテルには到底かなわない貫禄と落ち着き

バンコクの中央を流れるチャオプラヤ川のほとりのアーバンリゾート

マンダリンオリエンタルバンコクがあるのは、バンコクの中心を流れるチャオプラヤ川沿いです。リバーサイドと呼ばれるこのエリアは、王宮や三大寺院などの見どころも多く、観光にも便利です。何より、かつて「東洋のベニス」と呼ばれたほど水上交通が発達していたバンコクらしい情緒を感じることができます。ほとんどの客室がリバービューなので、都会にいながらリゾート気分も楽しめます。

マンダリンオリエンタルバンコク 改装後
リバービューの客室のテラスからはチャオプラヤー川を染める美しい夕日も望めます

2019年に歴史的な大改装が行われたリバーウィングの客室

マンダリンオリエンタルバンコクには、3つの宿泊棟があります。その中で最も大きいリバーウィングでは、2019年になんと約98億2千100万円をかけた過去最大の大改装が行われました。

改装後の客室のデザインは、川沿いというロケーションを意識したもの。魚や船のモチーフがあちこちに使用されていて、洗練されているのにとても可愛いんです。床から天井までつながる大きな窓からは、チャオプラヤ川が一望できてリゾート感たっぷりです。

マンダリンオリエンタル 改装後の客室
川をイメージした涼やかでかわいらしいインテリア

エコフレンドリーなバスアメニティに一新

バスルームのアメニティも、プラスチックを一切使用しない地球に優しい仕様に一新されました。歴史あるホテルといいながら、常に時代の先端をいくサービスを提供しているからこそ、マンダリンオリエンタルバンコクはいつの時代にも愛されてきたのだと思います。

マンダリンオリエンタルバンコク 改装後の宿泊記
小舟モチーフのアメニティ置き場もかわいい!

バラエティに富んだ実力派レストランが勢ぞろい

ホテル内には和洋中タイとあらゆる料理を提供するレストランが揃っています。しかも、バンコクでミシュラン2つ星を獲得したフランス料理の「ル・ノルマンディー」をはじめ、どのレストランも実力派揃い。ランチビュッフェが大人気の「ロードジムズ」も改装が終わったばかりです。

マンダリンオリエンタルバンコク ランチビュッフェ
モダンな配色ながらもシックな雰囲気はこれまでと変わらない

イチオシはオーサーズラウンジでのアフタヌーンティー

バンコク在住者の特権で、私は宿泊せずにレストランだけ利用することもよくあります。

特におすすめは「オーサーズラウンジ」でのアフタヌーンティーです。開業当初に建てられた一番古いコロニアル様式の宿泊棟オーサーズウィングでのティータイムは、本当に優雅な気分にさせてくれます。タイならではの伝統菓子のアフタヌーンティーセットも!お菓子も一つ一つの完成度が高く、とても美味しいんですよ。

バンコク オリエンタルホテルのアフタヌーンティー 
バンコクで一度は体験したいオーサーズラウンジのアフタヌーンティー
DATA
オーサーズラウンジ
営業時間 12:00~18:00
アフタヌーンティーセット料金 1,500B++(1,765.50B/ 税金・サービス料込み)
シャンパン付きアフタヌーンティーセット料金 2200B++(2590B/税金・サービス料込み)
※アフタヌーンティーの滞在時間は一人2時間まで。最終オーダーは16:30
※6月23日現在、コロナ規制のため、土曜、日曜のみ営業(12:00~18:00)
※現在シャンパン付きアフタヌーンティーセットは提供していません。

川の流れを眺めながら優雅な朝食タイム

ホテル滞在の楽しみの一つに朝食もありますよね。

マンダリンオリエンタルバンコクでは、川沿いの「ザ・ヴェランンダ」というレストランで朝食がサーブされます。朝からテラスに座って川の流れを眺めていると、バンコクという都会にいることをつい忘れてしまいます。

通常は豪華な朝食ビュッフェが楽しめますが、現在は新型コロナウイルスの影響から衛生面を考慮し、テーブルで好きなものを好きなだけ注文できる「オーダー式ビュッフェ」で対応してくれました。

マンダリンオリエンタルバンコク ザ・ヴェランダ
チャオプラヤー川を眺めながらいただく最高の朝食!

2021年6月現在の朝食については、以下の記事で詳しく紹介させていただいているので、合わせてお読みくださいね。

タイの伝統的な建築様式を採り入れたオリエンタルスパでリラックス

オリエンタルスパは客室棟とはチャオプラヤ川をはさんで対岸にあります。スパへはホテルの専用ボートに乗ってアクセス。船に乗った瞬間から気分が盛り上がります。スパの建物は美しいコロニアル様式。インテリアはタイの伝統家屋にヒントを得たもので、ぴかぴかに磨かれたチーク材がタイらしさ満点です。

バンコク オリエンタルスパ
スパのインテリアは古き良きタイ情緒の極み

バラの花びらを浮かべた優雅なバスタイムがお気に入り

スパのメニューはタイの伝統マッサージから世界的に有名なスパブランドの美容トリートメントまで、豊富に揃っています。私はこのスパへは何度も通っているのですが、一番のおすすめはスペシャリティスイートという特別なトリートメントルームへのグレードアップと、バラの花びらをたくさん浮かべたアロマバスです。優雅すぎて俗世のことをすっきり忘れてリラックスできますよ。

バンコク オリエンタルスパ アロマバス
バラの花びらを浮かべて…
DATA
オリエンタルスパ
営業時間:9:00~21:00
※6月23日現在、コロナ規制のためクローズしています

ホテル専用船を使って観光もショッピングも楽しく便利に

ご紹介したように、マンダリンオリエンタルホテルは、ホテル内の施設が充実していて、ホテル滞在だけでも十分に楽しめるほどです。でもせっかくバンコクまで来たのなら、やっぱり観光やショッピングもしたいですよね。

バンコク都心の移動は、BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)の利用が便利です。ただ、マンダリンオリエンタルホテル はBTSやMRTの駅からは少し離れていて、駅直通のホテルよりは、利用しにくいです。でもご心配なく!BTSサパーンタクシン駅とホテル間を往復するホテル専用船による無料のシャトルボートサービスがあります。

さらに、ホテルからはチャオプラヤ川沿いにオープンした東南アジア最大のショッピングモール「アイコンサイアム」への無料シャトルボートも利用できるのでショッピングにも便利。船を使った移動は、バンコクらしい旅情も味わえて思い出に残ることでしょう。

マンダリンオリエンタルバンコク シャトルボート
マンダリンオリエンタルバンコクから船で出かける優越感!
DATA
所在地:48 Oriental Ave, Khwaeng Bang Rak, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500 Thailand
公式サイト:マンダリンオリエンタルバンコク

木本 美沙子