旅占い11月の運勢・おひつじ座(牡羊座)2021年最新

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター

「旅行がしたい!でもその月の運勢にピッタリの旅先ってあるのかな?」。そんな疑問に、横浜中華街の占い師・祐天寺蓮花が、あなたの星座の運勢に合わせた旅スタイルを毎月ご提案!

11月のおひつじ座(牡羊座)さんの、運気があがる旅のカタチとは?

占い師・祐天寺蓮花とは

祐天寺蓮花(ゆうてんじ・れんか)といいます。こんにちは!
2019年末に卒サラ(会社員生活を卒業)して占い師として本格デビューをしました。なので、コロナ禍の期間と専業占い師としてのキャリアの長さが、ほぼ同じなのです(!)。
たびハピをご覧の旅好きの皆さんも、コロナ禍なりの旅行の楽しみ方を模索されていることかと思います。
星の動きから、ニューノーマルな旅スタイルを探る。そんな想いで旅占いをしていきます!

旅占い 占い師祐天寺蓮花 
現在、横浜中華街の占い館「愛梨」に出演中!

2021年11月 12星座共通トピックス

緊急事態宣言の解除に、感染確認者数の激減……。たびハピユーザーさんにも嬉しいニュースがどんどん飛び込んできた10月。
この記事は投票日の来る前に書いていますが、安心して自由に旅行できる環境には、政治も大きく関わってくる、ということをコロナウィルスは私たちに思い知らせました。

某携帯キャリアの通信障害など、“水星逆行マニア”の事件ノートが更新された10月を過ぎ、いよいよ気候も本格的に秋冬モード。情緒ある旅スタイルが恋しくなる季節です。それと同時に、冬場の第6波襲来がささやかれるのも気になるところ。

星まわり的にも、旅のチャンスは一点突破型。「ここしかない!」とピッタリはまる場所や日程がフィックスできそう。11月は祝日も2回あるので、上手にカレンダーと休暇を利用して。

私は勝手に「たびハピジャーナリズム」と呼んでいますが、たびハピ編集部さんが常に行動制限/緩和の情報を追いかけてくれているので、こちらも大変参考になります!

ワクチン・検査パッケージで日本の旅が動き出す?

おひつじ座(牡羊座)◆2021年11月の運勢

牡羊座さんは火星(かせい)という星から多くのパワーを受け取っている(と言われている)のですが、11月は、この火星が活性化します!
もともとエネルギーの強い火星がさらに活性化することで、進めたいことがある人にとっては、ギアがグッと上がる感じに。今回は瞬発力よりも持久力のアップが目立つので、ひと月かけて成し遂げる目標・ゴールを設定するのに向いています。

おひつじ座(牡羊座)◆2021年11月の旅行運は?

ぶどう、りんご、梨、柿……秋ならではの収穫体験を巡ってみましょう。
もぎとりに食べ放題が付いたプランなら、なおGood。
ジャム造り体験をさせてくれる農園や施設も探してみたいもの。
フルーツ狩りの後には紅葉(もみじ狩り)にも足を延ばして、欲ばりに“ダブル狩り”はいかが?
あくまでコロナ第6波の影響がない限りにおいては、旅行運は下旬が良好です。

紅葉なら、やっぱり京都でしょう!

おひつじ座(牡羊座)◆2021年11月の注目DAY

10日はハードな日になりそう。立ちふさがる試練の壁と、乗り越えようとする気概とのたたかい。
17日は、期待が外れてしまうことも。リスケに備えておくのがよし。特に午前中は余裕を。
祝日の23日から25日は好運気。
29日は大風呂敷を広げてしまってよい日。ハッタリのつもりが、意外と形になりそう。

おひつじ座(牡羊座)◆2021年11月の四大運勢をテーマ別にチェック!

仕事

テキパキした仕事を求められる環境にいる方は、おもしろいほど成果が出そう。セールス系の仕事の方は、喋りすぎると軽薄な印象を与えてしまうかも。口数よりも説得力で勝負を。一言の重み。

恋愛

出会いを求めている方には、朗報の11月!!旅行運と恋愛運が連動する雰囲気もあるので、旅先では「地元人が通う店」をリサーチしてアタックしてみると良さそう。交際中の人は、こじれに用心。

健康

6月から体調面が芳しくなかった人は、ここから回復が望める兆し。緊急事態宣言の前後で生活リズムの変化が発生するお仕事の方は、ハリキリすぎず、ソフトランディングを心がけて。

お金

「家計に突発的変動」の暗示。食費(特に、宅配サービスの利用料とか)や課金サービス(オンラインゲームなど)の請求に青ざめてしまわないよう、事前に現状の明細をチェックしておくべし!

「で、結局どうすれば?」2021年11月の開運テク

全体的に“火星のチカラ”の効く月。たとえば自転車の電動アシスト機能をONにすると、不思議と車体まで軽くなったような気がしません?そんな感覚に似た時間を送ることになりそうです。
2~3週目は、そのバイタリティが副作用的に働いて、怒りっぽくなってしまう人も。みなぎる力を外に放出・発信する行動が、結果的に誰かに「ぶつける」形になってしまわないよう、表現のしかたに気をつけて。

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター