旅占い8月の運勢・てんびん座(天秤座)【2021年最新】

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター

「旅行がしたい!でもその月の運勢にピッタリの旅先ってあるのかな?」。そんな疑問に、横浜中華街の占い師・祐天寺蓮花が、あなたの星座の運勢に合わせた旅スタイルを毎月ご提案!

8月のてんびん座(天秤座)さんの、運気があがる旅のカタチとは?

占い師・祐天寺蓮花とは

祐天寺蓮花(ゆうてんじ・れんか)といいます。こんにちは!
2019年末に卒サラ(会社員生活を卒業)して占い師として本格デビューをしました。なので、コロナ禍の期間と専業占い師としてのキャリアの長さが、ほぼ同じなのです(!)。
たびハピをご覧の旅好きの皆さんも、コロナ禍なりの旅行の楽しみ方を模索されていることかと思います。
星の動きから、ニューノーマルな旅スタイルを探る。そんな想いで旅占いをしていきます!

旅占い 占い師祐天寺蓮花 
現在、横浜中華街の占い館「愛梨」に出演中!

2021年8月 12星座共通トピックス

8月22日までは獅子座のシーズン(正確には8月23日の朝に獅子座から乙女座の季節に移ります)。
獅子座の期間は本来“娯楽の王様”みたいな季節なのですが、今年はちょうど緊急事態宣言に重なってしまう地域もあるのが、もどかしいところ。

そんな情勢も相まって、今月は「情報の使いかた」と「選択」がカギになりそう。ピークをずらせばお得に利用できるサービスや、自治体ごとの独自の割引キャンペーンなどの動向に注目。お盆の時期は、憧れのホテルのキャンセル待ちを直前まで粘ってみる価値もあるかも。

また7月に環境の変化があってキツさを感じていた人は、8月下旬からはソフトランディングしていきそうです。
ちなみに8月22日は満月の日でもあるので、いっそう「空気が変わる」ムードに包まれる予感。

てんびん座(天秤座)◆2021年8月の運勢

「誰かのために自分の力を使う」ことがテーマのひと月となりそうです。
金運面での動きが目立つ月でもあるのですが、これもそうした側面が強いです。誰かの支出は、他の誰かの収入になってお金は回ります。
舞台の黒子は、目立たないための恰好を追求した結果、逆に「黒子である」というトレードマークを確立してしまった、とも言えるような気がします。
裏方としての強い存在感や、頼もしさ。それが8月の天秤座さんの活躍のイメージです。

てんびん座(天秤座)◆2021年8月の旅行運は?

アウトドアしか勝たん!と言うべき分かりやすい運気です。
特に、大きめの川のあるキャンプ場などがおすすめ。ただし緊急事態宣言などで閉鎖されてしまっている場合は、牧場をあたってみるのもマル。方角を気にしたい人は、北東が良さそうです。
ホテル選びは、「窯焼き」を売りにしている施設が期待できそう。
いずれにしても、換気と熱中症のふたつのいいとこどりができるような過ごし方を見つけて。

てんびん座(天秤座)◆2021年8月の注目DAY

3日は衝動買いしてしまいそう。自分の中に「本当によろしいですか?」のアラートを。
10日は募金・カンパ・クラウドファンディングなどの話があれば、積極的に。
11日は板挟みの予感。あっちを立てればこっちが立たず。
お盆に旅行する人は、14日の朝は移動の時間にせず、ゆっくり過ごしましょう。
ラッキーDAYは20日と31日。

てんびん座(天秤座)◆2021年8月の4大運
をテーマ別にチェック!

●仕事
キャリアに変化があったり、あるいはそのスタート地点に立つことになるのでは。「やりきった」も「向いてない」も、新たなフィールドに向かうべき時を知らせる“お告げ”なのかもしれません。

●恋愛
恋愛につながるものだけとは限らず、交友関係が大きく広がっていきそうです。
探しものが見つからない時は、そこにはない場所を探している時だから。「目線を広げる」先に恋の発展の予感が。

●健康
節制のできるタイミングなので、健康運は順調だと思われます。一方で、「隠されたものの顕在化」を予兆するような星も。健康診断や人間ドックを利用して、事前にチェックしておくほうが安心かも。

●お金
複数のクレジットカードや電子マネーを併用している人は、今の自分の生活にとっていちばんトクになるのはどれなのか?を見直すと金運アップ。公共料金も賢い支払方法を選択して。

「で、結局どうすれば?」今月の開運テク

“自分の中の芯(軸)を持っておく”がカギ。
人から必要とされる経験と実感にあふれそうな8月だからこそ、協力・支援の手を差し伸べるかどうかの判断基準や条件をマイルール化しておくのが、誰かに「利用」されないためのコツ。

「みんなから好かれる」と、「誰にも嫌われない」ことは、似ているようで、実はまったく性質の異なるもの。誰にも嫌われないようにするための振る舞いによって、誰かに嫌われてしまう――これはフツーに起こりえます。
なので<好き・嫌い>という他者から向けられる評価には、「参考程度」のスタンスでいきましょう。

祐天寺 蓮花

占い師、ときどきライター