神奈川・三浦半島唯一の梅林「田浦梅の里」のアクセス・見どころを紹介

長島 清香

ライター/旅行エッセイスト

毎年3月に見頃を迎える梅の花。この季節ならではのお出かけスポットです

冬の寒さに終わりを感じる頃、ほころび始める梅の花。
都心からのアクセスもよい三浦半島にある「田浦梅の里」では、2月下旬から3月中旬にかけて、約2,000本の梅が咲き誇ります。暖かな日差しのなか、梅の香と横須賀の絶景を満喫できる贅沢なスポット。桜より一足早いお花見を楽しみに出かけてみませんか。

田浦梅の里とは?その由来は?

満開時の梅林(写真提供:横須賀市環境政策部公園管理課)

「田浦梅の里」は三浦半島で唯一の梅林として知られ、約6,000平方メートルの敷地内に青軸、白加賀の白梅、養老の紅梅など、約2,000本以上の梅が咲き誇る名所です。昭和9年に上皇さまのご誕生を記念して地元の有志が700本の梅の木を植樹した「田浦梅林」が始まりとなっています。

その後、昭和51年には、地元在住の川村学園大学教授石川宏氏が山林33万7,000平方メートルを横須賀市に寄付。横須賀市は市制70周年記念事業として野外レクリェ-ション施設の場づくりを進め、昭和57年4月に整備した山林を「田浦緑地」として開園しました。当初、田浦緑地は愛称を田浦梅の里としていましたが、平成12年に正式に公園の名称を「田浦梅の里」に変更しました。

敷地内には地形を活かしたアスレチックや芝生広場もあり、特に展望台からの眺望は一見の価値あり!梅以外にも12月から3月には水仙が、5月頃には展望台付近でツツジが目を楽しませてくれます。毎年、2月初旬から3月初旬まで「田浦梅林まつり」が開催され、多くの人で賑わいますが、残念ながら昨年と今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となっています。

田浦梅の里へのアクセスは?

田浦梅の里には駐車場がないため、公共交通機関を使います。徒歩の場合はJR横須賀線の田浦駅が最寄りで、駅からは徒歩25分程度。バスを利用する場合は、京浜急行の京急田浦駅から京急バス「安浦2丁目」行きに乗車し「田浦郵便局」で下車します。バス停から梅林までは徒歩20分程度です。

一方で、ふもとから梅林までは急勾配となっており、300段程度の階段があります。歩きやすい服と靴は必須です。また売店などもないため、飲み物の持参をおすすめします!

なかなかの急勾配。石段や芝生もあるので、歩きやすい靴と服装で出かけましょう!
DATA
田浦梅の里
住所:横須賀市田浦泉町92
電話:080-8144-5754(管理事務所)
アクセス:JR横須賀線田浦駅から徒歩20分、京浜田浦駅からバス「安浦2丁目行」にて「田浦郵便局」から徒歩15分
※駐車場はありません
料金:無料
営業時間:無し
公式サイト:田浦梅の里

2022年の「田浦梅の里」の見頃は?

例年は2月下旬から3月中旬が見頃となっています。田浦梅の里の公式サイトで直近の開花状況が見られますので、お出かけ前にチェックしてみてください。

今年は3月上旬から中旬が狙い目かも……!?

田浦梅の里2022年の開花状況は?現地からレポート

現在の梅の開花状況はどうなっているのか、ひと足先にライターが現場に足を運んでみました!(2022年2月26日時点)。

JR田浦駅から梅林を目指す!

今回は徒歩で向かうため、JR田浦駅からスタート!改札は1箇所ですが、南口と北口があります。「田浦梅林」の表示のある南口に向かいましょう。改札を背にして左です。

JR横須賀線・田浦駅のホーム。改札を出るには階段を上ります
改札を出たら左へ。「南口」に進みましょう

階段を降りて南口改札を出ると、田浦梅の里の周辺案内図があります。このマップは横須賀観光情報サイト「ここはヨコスカ」からもダウンロードが可能です。

手書きの可愛らしいマップ

南口に出たら、駅を背に信号のある「田浦駅入口」の交差点まで進みます。ここで横断歩道は渡らずに、そのまま右折してください。その先のトンネルは向かって右側にしか歩道がないため、横断歩道を渡ると引き返す羽目になります……!

田浦駅南口のロータリー。奥に見える信号まで進みましょう
「田浦駅入口」の交差点。横断歩道は渡らずそのまま右折します
トンネルは向かって右側にしか歩道がないので注意!

トンネルを抜けると田浦郵便局があります。京急田浦駅からバスに乗った場合は、ここで下車することになります。歩道橋を渡り、路地を進みます。分岐点には案内板があるので、目印にしてくださいね。

田浦郵便局前の歩道橋を渡ります
曲がり角に案内板があるので、これを目印に進みます
電信柱にも案内があります
道なりに進むと、山の斜面に「田浦梅の里」の文字が!

住宅街を道なりに進んでいくと丁字路にぶつかります。左右どちらからでも梅林には行くことができますが、両方歩いてみた結果、右の道のほうがやや傾斜が緩やかな気がしました(とはいえ、どちらも運動不足の身にはキツかったです……!)。そのため、今回は右折ルートをご紹介します。

この丁字路を右折します
そのまま行くと、また丁字路に出ます。左折して京急線の高架下を進みましょう

高架下をくぐってしばら歩くと「田浦梅の里」の案内板があります。表示に従って進み「第二竹の谷戸橋」を渡ります。橋の先にある案内板に従って細い通路を進みましょう。しばらくすると、山林のふもとにたどり着きます。

「田浦梅の里」の案内。道幅が狭いため車では行くことができません
「第二竹の谷戸橋」
案内に沿って細い道を進みます。民家の合間をぬう細い通路ですので、譲り合いの精神を大切に
山の斜面のコンクリートにも梅の花がデザインされています。かわいい!

山頂を目指して階段をひたすら上る!

ふもとから梅林までは、どのルートを選ぼうとも階段があります。ご自身のペースで無理なきように進んでください。

つらつらと続く階段を一歩一歩進みます。太もものパンパン具合に日頃の運動不足を痛感……!
田浦梅林は横須賀風物百選にも選ばれているんですね
こんな高台まで上ってきていたとは!眼下には京急線が見えます

五穀豊穣を祈り祀られた「大六天神」

階段の途中には鳥居があり、その先に「大六天神」が祀られています。「田浦大六天神由緒記」によれば、鎌倉時代に村人達が海の幸、山の幸を願うために、大山咋命・萱の姫・山神・水神の4神を合わせて祀ったのが始まりで、当時の人々は石の祠に大六天神を祀り五穀豊穣を祈り、火難・水難・病難からの守り神として信仰をよせていたそうです。加えて、この大六天神の森は「魚見台」として海上の船の位置を知る場所として大切にされてきました。

しかしその後、時の移り変わりによって祠も忘れ去られていたところ、昭和6年に大六天神の森の下に住む地元民が「お告げ」を聞き、それに従って森の所有者が樫の大木付近を掘り起こし調べた結果、地下から石造りの祠を発見。地元の有志とともに昭和7年に白木造りの祠を現在の場所に造成し、発掘した礎石をご神体として祀ったそうです。なんとも不思議な由来があるのですね。

階段の途中にある木製の鳥居
第六天神。現在は昭和55年に地元住民や企業の浄財により立派な祠となっています。
第六天神の近くには「田浦梅林発祥之地」と記された石碑があります

田浦梅の里の開花状況は?

第六天神から少し階段を登ると、視界が開けた場所に出ます。今回の目的地、田浦梅の里に到着です!
ここまでの斜面とは売って変わり、なだらかな敷地内はのんびり散策にぴったり。右手側の斜面には旧田浦梅林が広がり、眼下には田浦の里山の風景が広がります。
取材日(2月26日)は、まだまだつぼみの多い2分咲き程度でしたが、場所によっては美しく花をつけている梅もあり、淡い梅の香りを楽しむこともできました。

あのキツい階段は何だったのかというほど、のどかな梅林。のんびり散策を楽しみましょう
旧田浦梅林。見渡す限り梅の木です。満開になったらどれほど美しいことでしょう!
青空に白い梅の花が生えますね
ひときわ目立つ養老の紅梅
3月までは水仙も楽しめます
立入禁止の場所もあります。ルールを守って楽しい鑑賞を!

休憩所や芝生広場、アスレチックも!

敷地内には休憩所がいくつも設けられているほか、芝生広場にはテーブルやベンチなども設置してあります。お弁当を持ってピクニックも楽しそう!さまざまな遊具が設置されたアスレチックもあり、子ども達が元気に遊んでいました。そのほか、展望塔からは360度ぐるりと梅林を見渡せます。

里山の風景にマッチする休憩所
ふかふかの芝生広場!思わず寝っ転がりたくなります。お弁当を広げるハイカーの姿もちらほら
子ども達が思いっきり遊べるアスレチックもあります
ピクニックにぴったりなテーブルや椅子も設置されています。ごみはしっかり持ち帰りましょう
らせん階段の展望塔。階段は狭いのでご注意
展望塔からの絶景!奥には東京湾も望めますよ

早春の横須賀で梅の花を堪能しよう!

広大な敷地に梅の花が咲き誇る田浦梅の里。私が訪れたときはまだまだ2分咲きでしたが、せっかくなので満開の様子がわかる写真を横須賀市からお借りしました!

白と紅の梅のコントラストが美しい!(写真提供:横須賀市環境政策部公園管理課)
枝いっぱいに花が咲いています(写真提供:横須賀市環境政策部公園管理課)
芝生広場でも梅が満開!(写真提供:横須賀市環境政策部公園管理課)

写真だけでこんなに美しいのなら、実物はどのようなものか見てみたくなりますよね!2022年は3月中旬頃に見頃を迎えるようです。基本の感染対策はしっかりしつつ、早春の横須賀で梅の花を堪能してみてはいかがでしょうか。

ハピタスで旅行がとってもお得になる!

旅館やホテルの予約や、旅行自体の予約をお得にしたい!これは皆さんが思っていることではないでしょうか?
じゃらんや楽天トラベル、一休、Yahooトラベルほか大手宿泊予約サイトほか、JTB・日本旅行・近畿日本ツーリストほか大手旅行サイトの大部分が参加しているポイントサイト「ハピタス」をご存じですか?
航空券予約サイトや航空会社、マリオット、インターコンチネンタルホテル、アコー(メリキュール・ノボテル他)などの世界的ホテルチェーンのマイレージプログラムも参加しています。
ログインしてハピタス上からいつもポイントを貯めている旅行会社や旅行サイトに入って予約するだけで、通常の予約よりもポイント増になる上に、ハピタス独自のポイントも貯まる「Wポイント」がゲットできちゃうんです。
まずは、以下のボタンからハピタス「旅行特集」に飛んで、どんな旅行予約サイトや旅行会社、ホテルのポイントプログラムが参加しているかチェックしてみてください。

ハピタス独自のポイント「ハピタスポイント」は、ハピタスに掲載しているショップで使え、JAL・ANAのマイルにも交換でき、現金にも交換できる便利なポイント。

たとえばエクスペディアがこんなにポイント増!

すごいポイントバック数!(シーズンやキャンペーンにより上下します)

たとえばブッキングドットコムがこんなにポイント増!

シーズンやキャンペーンにより上下します

使い方はハピタスに登録(もちろん無料)して、ハピタス経由で自分が使っている予約サイトで予約するだけ!それだけでポイントが増えるんです。もちろん他の大手旅行会社、大手旅行予約サイト、航空会社がすべてポイント増+ハピタスポイントもゲットできます。
大手旅行系企業の大部分が参加している信頼できるポイントサイトこそハピタス!
この機会に登録して、何度もお得に旅ができるポイ活を始めましょう!

長島 清香

ライター/旅行エッセイスト