ROKU KYOTO(ロク京都)の朝食・京都最新ラグジュアリーホテル

hoteloG.

ホテルブロガー

紅葉が見頃を迎えた京都の最新ラグジュアリーホテル『ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts』に宿泊。素晴らしい紅葉とともに、朝食をいただきました。

京都の最新ラグジュアリーホテルで朝食

LXR Hotels & Resortsは、2018年に新たに加わった、ヒルトン最上級ブランドのホテル。『ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts』は2021年9月に、アジア初進出として開業したばかり。

周囲の緑豊かな自然と美しい中庭、ゆったりとして快適な客室、京都では珍しいサーマルプールに大満足の滞在でした。そんなホテルの朝食、期待してしまいますよね〜♪

感動の連続!ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts の宿泊記は、以下の記事よりご覧下さい。

紅葉ブレックファストを楽しみたい!

しかも宿泊した時期は、紅葉の見頃まっただ中。前日入口から見えたレストランからは、窓一面にあざかやな紅葉が広がっていて…これは絶対に、窓側に座って朝食をいただいてみたい!

朝食は、座席指定の予約は行っていない様子…『朝7時のオープンすぐに行けば間に合うでしょ』と思いながら前日眠りにつき、目が覚めると6時50分。窓の外から、朝食会場であるレストランTENJINの入口を見ると…既に3組ぐらいならんでいるではないですか!
慌てて飛び起きて、寝ぼけ眼で着替えて下へ降ります。

結局ダイニング到着時には5番手ぐらい。やだもう〜。みんな窓際狙いかしら…窓側に座れるかな?期待と不安でドキドキ。

7時になりドキドキしながら順番に案内されます。エレベーターで秒の差で先を越されたゲストは、4人待ち合わせで手前のテーブルに案内された模様。

良かった〜無事にラス1の窓際テーブルゲットです!

こちらのダイニングの窓は2連になっており、こちらはガラス窓に挟まれた縁側のようなスペース。2人用テーブルが4つ、4人用がひとつだけのまさにレアシート。

昨晩は、こちらでディナーを楽しむゲストを指を咥えて見ていましたが…(こわいから止めてw)今朝は私も楽しめます!早起きしないといけませんが〜。

早起きしなくても、1時間程度でほとんどのゲストは朝食を終えるので、空くのを待ってみるのも良いかもしれません。ちなみに紅葉に陽が当たり始めるのは8時頃です。

ROKU KYOTOのレストラン・TENJIN

紅葉ビューを確保するドタバタ劇を先に説明して申し訳ありません…こちらの『TENJIN』は、ホテル内で唯一のレストラン。
3方向を天井までのガラス窓で囲まれた、明るい雰囲気の大空間。

ランチ・ディナーは、旬や京都の食材を積極的に取り入れた、モダンなフレンチベースのお料理を提供しております。メニューは公式HPで確認できますよ。
他にはアフタヌーンティーもいただけるとか…紅葉を見ながらのティータイムはかなり素敵な時間を過ごせる事でしょう…。

旅行雑誌やパンフレットの表紙のような光景が目の前に・・・

メインの客席は広々、ベンチやテーブルの仕上がりはラグジュアリー仕様ですが、仕切りや個室の無い大空間は、超高級ホテルとしては珍しいですね。

一番奥は、夜はバーコーナーとして使用されるスペース。天井が高く、周囲の美しい自然やホテルの中庭に囲まれた開放的な空間。

ROKU KYOTOの朝食ブッフェの内容はいかに・・・?

朝食ブッフェのお値段は5692円です。

こちらのメニューから、アラカルトで出来たてのお料理がいただけます。選べるのは一皿のみ。その中には和朝食プレートもございます。追加料金で、朝からリブステーキ!もいただけます。

ダイニング入口すぐの、ブッフェ料理が並ぶテーブルに向かいます。休日の朝食、7時の開店から30分程度は続々とゲストが集合し、ブッフェ台も賑わっておりました。

ブッフェ台自体はそんなに大きくありませんが、料理は各種コンパクトに並べてられており見た目よりは種類があるなといった印象。アラカルトで出来たてを提供するので、こちらのお料理はプレートやヒーターにセッティングされたホットミールはありません。

スモークサーモン・スモークチキン・マカロニサラダ・ごぼうサラダ・生ハム。

パストラミポーク・キャロットラペ・イカと里芋の和え物。

ドライフルーツとチーズ。

シリアルと牛乳。

サラダは京都産根菜サラダが特徴的。綺麗な彩りですよね。

サラダのトッピングと、ドレッシングは5種類。

パンは小さめなので、色々試せるのが嬉しいです。

ジャムと袋詰めのマフィン。

フルーツもラグジュアリーホテルらしく8種類も! 秋らしい梨や葡萄。高級ホテル朝食の証、ブルーベリーもありますね♪

ジュースはフレッシュオレンジジュースと、グレープフルーツの2種類。

他に瓶入りの、フレッシュなグリーン野菜ジュースとトマトジュース。

絶景!紅葉ブレックファーストの始まりです♪

自分のテーブルに戻りました。最高のロケーション! 紅葉ブレックファストの始まり~♪

注文したエッグベネディクトと、取り分けたお料理。

エッグベネディクトは、ブッフェでホットミールが提供されない分、ソーセージやベーコン添えの充実した一皿。真ん丸で小さめのポーチドエッグが2つ。オランデーズソースは別添え、自分がかけたいソースの量を調節出来るのもいいですね♪

エッグベネディクトの具材は、ハムかスモークサーモンを選べます、私はサーモン。久々のエッグベネディクト、この華やかで厚みのある盛り付けがラグジュアリーホテルの朝食~という感じ。ソースの味も自分好みでした♪

朝食にはスープも付きます。この日はかぼちゃのポタージュでした。ミルクの香りが強めな、フレッシュな味わい。

アラカルト一皿では足りないはず・・・と取り分けたブッフェ料理。意外とボリュームがでてしまったわ~。丁寧な調理を感じるお味。改めて見ると、ハムの艶が違いますね~上質さが伝わります。

サラダのドレッシングは、珍しい柴漬けドレッシングで。柴漬け+ビネガー+オイルといったお味でした。もちろん野菜もシャキシャキ・新鮮♪

バターは、フランスの有名なラ・ヴィエット社の発酵バター。高級そうな、セロファンに包まれたパッケージです。フレッシュで瑞々しい舌触りだった気がします。

塩味系のお食事を終えて、次は甘味系。我ながらよー食べるわ…だって滅多に無いラグジュアリーホテルでの朝食、色々試してみたいんだもの〜。

デニッシュやアップルパイはどちらもサクサク、バターの香りも良く専門店並みに美味しかったです♪ 種類豊富なフルーツにヨーグルト。カプチーノを飲みながら、絶景紅葉朝食の余韻に浸ります。

ちょっとひとことよろしいかしら…?

そんな絶景・上質なホテル朝食でしたが…私の朝食時間が長すぎる(ブッフェがあるホテルでは大体90分)のもあるんですが、カプチーノの来るのを待つ間パンやフルーツを取り分け、まだ来ないので店内の撮影をしていたら、なんと全く手を付けていないお料理達が下げられて、テーブルが綺麗に片付けられてしまいました。

1人だったので、席を立つとまだ終わっていないか否か分かり辛いのは理解出来ますが…(海外のホテル朝食ではたまにある)まだ手を付けていないお食事が下げられた事にショック。勿体ない〜
またカプチーノの提供もちょっと時間がかかったり、テーブルの再セッティングもおしぼりやナプキンが無い等、朝食は一旦終わった事にされている感がありました。またお会計も済ませて無かったのに〜。
という事で、朝食後半にテーブルを空ける際は、荷物を置いたりしてまだ帰っていませんアピールも必要かなと思いました。

また窓際席はガラス窓で挟まれており・・・スタッフがなかなか回って来ないので、用事の際は積極的に呼び止めたり、ビュッフェ台へ行く際にスタッフに伝える事も必要です。眺めが良いぶんメインの客席からは離れていますので・・・ラグジュアリーホテルの手取り足取りなサービスを受けたい方は、こちらの縁側エリアは避けた方が良いでしょう。

最高のロケーションで上質な朝食

お値段は消費税+サービス料で25%加算ですので(5692円)、税サを抜いた場合は4500円程度。そのお値段であれば、京都のラグジュアリーホテルの朝食であれば妥当な内容だと思いました。
このロケーションでの朝食が、このお値段でいただけるのであれば大満足♪ 特に、この目の前に広がる紅葉を眺めながらのお食事! 

見て感動、映え過ぎて撮影でも感動!もちろん食べても♪

最後にテラス席もご紹介!

実は、さらに一段下がったアウトドアテラスもあります。そちらはさらに紅葉と天神川の川音が聞こえる超絶雰囲気の良いテーブルが並びますが…晩秋は寒いので、こちらでのお食事の提供は行っていない様子。外に出て記念撮影をしているゲストはいらっしゃいました。

あまりに立派な、窓からの紅葉の眺めですので…外からもレストランを見てみます。

天神川沿いに、レストランの窓から見える為だけに並んでいるような紅葉…(ホテルが新しいので、レストランが紅葉に合わせて設計されたのでしょうが〜)紅葉の名所は数あれど、紅葉並木と小川沿いに張り出したテラスを持つダイニングはなかなか無いのではと思います。
この時期は、窓側のテーブルでのお食事が必須! 一生の思い出になりそうなロケーションです。

宿泊せずとも是非食事で訪れたい、新・京都の紅葉名所!
DATA                                                                                                                                                                                                                    TENJIN  (ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts内)                                                                                                                                                京都府京都市北区衣笠鏡石町44-1      TEL:075-320-0176                                                                                                                公式ホームページ:【公式】ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts

ROKU KYOTOの宿泊や京都旅行を考えている方に朗報!

ROKU KYOTOに泊まりたい!いや、京都に行きたい…と思ったあなた!ちょっと待った!その前にいつも予約している旅行予約サイトや、いつも予約している航空会社の予約でもっとお得に予約しませんか?
大手旅行関係の企業の大部分が参画しているポイントサイトこそ「ハピタス」。
まずは下のボタンからハピタス「旅行特集」をリサーチ!

ホテルズドットコム・一休.com・Relux・ヤフートラベルほかROKU TOKYOの予約ができる旅行予約サイトの予約が、ハピタスにログインし、ハピタス上で予約するだけで通常時よりポイントUP!さらにハピタスポイントが貯まり、これらのポイントはJALやANAのマイル、現金にも交換可能です。この機会に登録することをおすすめします(登録はもちろん無料!)♪

hoteloG.

ホテルブロガー