ザ・リッツ・カールトン日光の朝食

hoteloG.

ホテルブロガー

ザ・リッツカールトン日光の朝食セット

ラグジュアリーホテル宿泊の楽しみのひとつは朝食。普段の朝食は菓子パンひとつとコーヒー…だけのわたくしでございますが、全てがハイクオリティーのホテル朝食は毎回期待しております♪

いつも1人旅、しかもお部屋を予約するのが精一杯な身分ですので、ホテル内でのお食事まではなかなか体験出来ていない私。朝食は気軽に大手を振ってホテルダイニング空間を楽しめるというのもありますが…(笑)

ザ・リッツ・カールトン日光は、中禅寺湖の畔に佇む日光初の外資系ラグジュアリーホテル。世界最大のホテルチェーン、マリオットの最上級ブランドです。世界中に展開しているリッツカールトンですが、日光は日本文化をふんだんに取り入れた旅館風のホテル。スタイリッシュな和モダンの空間に充実した設備、丁寧なおもてなしで思い出深い滞在になりました。

ホテルの宿泊記はこの記事に詳しく書かせていただきましたので、予約前の参考にしてくださいね。

ザ・リッツカールトン日光の男体山ビューキング

朝食は税サ込み7458円!

さて滞在時のホテル朝食。日本の最新ラグジュアリーホテル朝食はどこも値上がり傾向。ひと昔は4000円前後が普通でしたが、最近は余裕で5000円を超えてきますよね…

リッツ日光はおいくらかしらん?…とダイニング入口のメニューを見ると

…衝撃の税サ込み7458円!

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食メニュー

一瞬息が止まりました…。

いやもうそういう時代よ、ジャパンは一億総中流なんて遠い昔のお話。しかし、街なかのレストランだったらそこそこ高級食材を使ったフルコースディナーがいただけそうなお値段に怯んで、最初の朝は見送りました。

しかし、奥日光は朝から開いている町のレストランは皆無。近くのパン屋はたまたま定休日。そして、1日目にアラカルトで頼んだ朝食がお値段の割に少なすぎて…3日間ホテルダイニングを利用していなかったので、滞在の思い出に3日目の朝予約を入れてみました。

今回はポイントによる無料宿泊でしたので、朝食は付いておりませんでした。

朝食は日本料理のダイニングにて

朝食は、ホテル1階のロビーラウンジ横にある『日本料理BYザ・リッツ・カールトン日光』にて提供されます。
鹿沼組子が連なるアプローチといいエントランスといい、流石のおリッツですので高級感がビシバシ伝わります。

ザ・リッツ・カールトン日光の日本料理ダイニング
ザ・リッツ・カールトン日光の日本料理ダイニング
和風ですが、外資系ブランドならではのスタイリッシュ感!

客席に案内されるとさらに凄い…天井は全て栃木の伝統工芸品、鹿沼組子が貼られており迫力の空間。

ザ・リッツ・カールトン日光の日本料理ダイニング
ザ・リッツ・カールトン日光の日本料理ダイニング

材料や色使いは和風でありながら、どことなく洋風の重厚感も漂うのはリッツカールトンブランドだからでしょうか?

ザ・リッツ・カールトン日光の日本料理ダイニング
ザ・リッツ・カールトン日光の日本料理ダイニング

屋外のテラス席もございます。こちらでの朝食も気持ちが良さそうですね♪ 私が訪れた時には、お子様連れのゲストが案内されておりました。

ザ・リッツ・カールトン日光の日本料理ダイニング

コロナ禍という事もあり朝食はセットメニュー。和食・洋食から選べますが、私は洋食を選択しました。滞在時は稼働率が高かったせいか、座席だけでなくメニューも前日までの予約制でした。

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット

セットメニューとはいえ、シリアルや乳製品はビュッフェ形式。中央のテーブルから取り分けます。

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット
ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット
ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット

まずはサラダとパンが運ばれて来ました。フレッシュジュースは、栃木産のりんごを選びました。

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット

栃木産の様々な種類の野菜が入ったサラダ。素材も見るからに新鮮ですが、切り方や盛り付けも繊細で流石はラグジュアリーホテルの朝食メニュー。

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット

パンは角型食パン、クロワッサン、マンゴーデニッシュの3つ。どれも焼きたてで味しかったです!パンとソフトドリンクはお代わり可能です。また、和食セットにもサラダとパンは付いてくるようです。

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット

朝食セットのメインが運ばれて来ました〜♪ うわーこんな豪華な朝食ボックス見た事無い! セットメニューなのであらかじめ作り置きではなく、暖かいお料理は席に着いてから出来たてを盛り付けている模様。

ザ・リッツカールトン日光の朝食セット

那須御養卵を使用したエッグベネディクトは黄身が濃い〜!もちろんオランデーズソースとのバランスも抜群。ただ下にあるはずのマフィンは別添えだったので、この食べ方が初めてな場合は、食べにくく感じるかも。

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット

その他、何故が寄りの画像を撮っていませんでしが…朝食なのに黒毛和牛のローストビーフもありました。
海老天や南蛮漬け、きのこソテーに大滝日光サーモン。どれもが繊細に丁寧に調理されておりました。

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット

食後はカプチーノと、ブッフェからヴィーガンパンナコッタを持って来てデザートに。

ザ・リッツ・カールトン日光の朝食セット

最初はそのお値段に驚いてしまった朝食。しかし実際いただいてみると、納得のクオリティでございました…上質なせいか、これだけいただいても胃がもたれない! ですが、やっぱり庶民には高い(笑)マリオットボンヴォイの上級会員であれば30%引きになるみたいです、うらやましい〜っ!

マリオットボンヴォイのポイントも割増しに!ポイントサイト、ハピタスの会員登録はこちら!

登録無料!カンタン1分 ハピタスへ登録

1日目の朝はルームサービスで…

1日目の朝、一品だけお部屋でルームサービスでオーダー。
この日は朝食のあまりの高さに怯んでしまい、『普段は朝軽いんだから、お部屋で一品だけいただきましょ♪』と頼んだクロワッサンワッフル。おそらく2200円ぐらいだったかと。

ザ・リッツ・カールトン日光のルームサービス

朝食時なので1時間ほどかかりますといわれ待ちましたが、1時間を過ぎてもやって来ず…早く観光に出かけたいしキャンセルしようかと思ったその時、やっとお部屋のチャイムが鳴らされました。

うやうやしく蓋が開けられると…ふぇっ!これだけ!?

高いけどおリッツだもの、メインも付け合わせもボリュームたっぷりかと思ったら〜…そんなことはありませんでした。流石に器や盛り付けはお洒落ですが。
メニューにパンケーキやフレンチトーストが無かったので選んだクロワッサンワッフル。お味は見たまま、それぞれの中間といったお味です。

ザ・リッツ・カールトン日光のルームサービス

こちらを注文して『このホテル、ケチケチしたらあかんわ』と翌日は朝食セットを予約したわけでございます。

そしてもう一言…ホテル内ダイニングは2軒、プラスラウンジでの軽食がありますが、滞在中は何処も予約必須。加えてルームサービスも、一品だけで1時間以上待たされましたから…朝食も、前日予約で朝7時からしか空いていないと言われました(何故か席が埋まり始めたのは8時ぐらいからでしたが…?)。

繁忙期のダイニングは宿泊前から予約する事をおすすめいたします。私のラグジュアリーリゾートホテルの経験が少ないのでなんですが、1泊10万円前後もするホテルであれば、宿泊しているゲストにはお好きな時にお好きなものを…に近いサービスは当たり前なのでは?と思ってしまいました。

ホテルの外でいただくにしても中禅寺湖エリアの飲食店、夜まで営業しているお店が少ないので、お食事の計画は入念にたててから出かけましょう~! 

満足感が高いレイクハウスのデリ

2日目の夕食は、外でいただいたランチが遅くてお腹いっぱいだったので…レークハウスで販売されているデリをテイクアウトしてお部屋でいただく事に。

ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス

ホテル棟からは屋根付きの連絡通路で繋がれております。

ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス

栃木産の食材を使用したイタリアンがメインメニューのダイニング。

ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス
ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス

ホテル内は全て和風モダンで統一されておりますが、こちらだけは洋館の雰囲気。近くの旧イタリア・イギリス大使別荘を意識したのでしょう。このインテリアテイストの異なる離れは、ホテル内に程よいアクセントや変化が付いて大変素敵だと思いました。

ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス

壁紙や家具、壁掛けの額縁がいちいち可愛い♪ 湖畔のこんな別荘に住めたらな~なんて妄想が膨らみます・・・

ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス

こちらのダイニングは中禅寺湖沿いにあり、営業時間中は外からも直接入る事が出来ます。

ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス

スタイリッシュなテラスで中禅寺湖を眺めながらのイタリアン、いただいてみたいわ〜(こちらも滞在中は予約でいっぱいでした)。

ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス

そんな開放的な雰囲気のダイニング、宿泊ゲストやビジターにも気軽に立ち寄って観光の合間のお食事を楽しめるよう、1階にテイクアウト専用のデリコーナーがございます。

ザ・リッツ・カールトン日光のレイクハウス

ダイニングもルームサービスもとってもお高いですが…こちらは街なかの高級デリと同等価格。種類は少なめながら、美味しそうなパンやデニッシュ、サラダやサンドイッチが並んでおります。朝食、これ買えば良くない? と思いましたが昼からの営業です。

お昼過ぎに買っておいたお惣菜を、夜早めにいただく事にしました。2品で1900円程度。お手頃だわ〜♪

ザ・リッツ・カールトン日光のテイクアウトデリ

お部屋のバルコニーでいただきます。インテリアもお惣菜の盛り付けも素敵なので、素人の私が並べてもなかなかのセッティング(笑)

ザ・リッツカールトン日光のバルコニー
ザ・リッツ・カールトン日光のテイクアウトデリ

『季節野菜とキヌアのサラダ 柑橘ヴィネグレット(950円)』。アボガドも入っておりボリュームたっぷり!

ザ・リッツ・カールトン日光のテイクアウトデリ

上段に色々な種類の野菜と柑橘ドレッシング。下段にレタス系の葉物が入っておりました。撮影で何度も動かしていると、上段に重心があるので倒れてしまいました…よってドレッシングが溢れて半分以下に(汗)。

こねくりまわしてないで早く食べましょう!

朝食で先に紹介してしまいましたが…新鮮で繊細な野菜達に美味しいドレッシング。生野菜を好んで食べない私でもフォークが止まりません♪

ザ・リッツ・カールトン日光のテイクアウトデリ

『伊達鶏と那須御養のラップロール(950円)』もボリュームミー。スパイシーなチキンを野菜と生地が中和し、美味しくいただきました。

ザ・リッツ・カールトン日光のテイクアウトデリ

朝食高い〜(とはいえ全体的には満足)!ルームサービス小さい〜と文句が多かったですが、テイクアウトデリはまさかのボリュームとお手頃価格。近所にあれば週イチで通いたいほど気に入りました。
こちらのホテルに泊まる方々は、ダイニングのお値段など気にしないクラスの方々がメインでしょうが…私のような、庶民のご褒美ステイの場合のご参考になれば幸いです。

※宿泊は2020年8月。ダイニングの営業時間・食事メニューと価格・マリオットボンヴォイの会員特典は変更されている可能性があります。

ダイニング情報

日本料理 BY リッツ・カールトン・日光

7:00 ~ 11:00(10:30ラストオーダー)
12:00 ~ 15:00(14:00ラストオーダー)
17:00 ~ 21:00(20:00ラストオーダー)

レークハウス

11:00-15:00(14:00ラストオーダー)
17:00-21:00(20:00ラストオーダー)

〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482番地 ザ・リッツ・カールトン日光内 TEL:0288-25-666

hoteloG.

ホテルブロガー