マイルって本当にお得なの?航空会社の特典旅行をわかりやすく伝授

旅ガエル

マイル系ライター

こんにちは!寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている旅ガエルです。今日は「マイルの価値」について。読み終える頃にはきっとあなたもマイルを貯めたくなるはず\(^o^)/

マイル 上級会員 ANA JAL
マイルで飛行機に乗りまくった結果、上級会員に!

そもそもマイルってお得なの?

あなたの周りにもマイルを必死に貯めてる人って居ませんか?もちろん私もその1人。マイルの魅力に取り憑かれて以降、生活が全てマイルに向かって進んでいる感じww

クレジットカード決済やハピタスなどのポイントサイトを利用してマイルを貯める事が生きがいとなってます!

私自身もマイルを貯めはじめる前は全くもってマイルになど興味がなく、よくある電子マネーと同じで1マイル=1円相当の価値しかないと考えてました。

でもね、実は違ったのです、上手に使うと「1マイル=10円以上」の価値となるのです\(^o^)/

100円決済すると1マイル貯まるクレジットカードとか聞いたことあると思いますが、「1マイル=10円以上」の価値で使うとすると日々の決済が全て10%オフになっているに等しいということ。もの凄いことですよね!

僕がマイルで搭乗した航空券のごく一部

※以下ANAを例に説明しますが、JALの場合も基本的に似たような感じです。

1マイルの価値?

「マイル」の価値は一般的には「1マイル=2円前後」であると言われています。

この理由は諸説あるようですが、個人的には最も手軽な国内線特典航空券との比較から出てきている数字じゃないかと想像してます。

国内線の特典航空券と同じチケットを現金購入しようと思うと、その特典航空券と交換するために必要なマイル数の約2倍の金額の支払が必要になるケースが多いことから「1マイル=2円」という考えが出てきているのではないかと・・・。

要するに、購入すると30,000円前後のチケットを、15,000マイルで交換できるということ。

一つ例を挙げると

旅程必要マイル現金購入マイルの価値
東京-福岡(往復)15,000マイル31,900円2.12円

こんな感じ。現金で購入すれば31,900円となる航空券が、15,000マイルでGetできます。マイルの価値にすると「2.12円」。特典航空券はレギュラーシーズン。

※同じ路線でもシーズンや搭乗する便によって必要マイルや金額は変動します。

こちらがその根拠を示す2枚のスクリーンショット。

最初に現金購入した場合がこちら!


続いてマイルを使った場合だと

マイル ANA

もちろん、同じ路線、日付、同じ便での比較。こちらは75日以上前に購入できる「スーパーバリュー75」という最も安い運賃での比較ということもあり、マイル単価としては「2.12円」と2円に近い数字となってます。

しかし、日程的により近い日付の飛行機に乗りたい場合は価値が大きく変動します。
一般的に航空券の値段は、「購入日」と「搭乗日」が近づくにつれて価格が上昇するシステムになっているので、近い搭乗日の航空券を購入する場合は上の金額の2倍くらいの価格になってしまいます。その場合だと「1マイル=4円」程度の価値が発揮されるのです\(^o^)/

ちなみに、上で比較した「スーパーバリュー75」という割引運賃は、便の変更が一切できませんが、マイルで交換した特典航空券は空席があれば変更もOK! 非常に使い勝手がよいので、数字で割り出される以上の価値がありますね。

極めつけは国際線ファーストクラス

なんといっても圧倒的な価値として君臨するのは、国際線ファーストクラスの特典航空券として利用する場合。

1マイルを10~20円の価値として利用することができます(利用する路線によって変動)!

全日空ANA最新ファーストクラス マイレージ
ANAの最新ファーストクラス

具体的に見てみましょう!

旅程(ファーストクラス)必要マイル現金購入マイルの価値
羽田-シカゴ(往復)150,000マイル2,485,000円16.57円

証拠を示すためにまずは現金購入の場合のスクリーンショット。

ANA ファーストクラス シカゴ行き 

普通に購入すると、驚愕の「にひゃくよんじゅうはちまんごせんえん」です。信じられますか?(税金はマイルを使った特典航空券の場合も必要なので、運賃部分だけで比較)

下手すると年収レベルの金額ですよ!

この金額を普通に払ってファーストクラスに乗る人が世の中にはいるのですから、世界は広いです!凄いですよね~!

そしてマイルを交換した場合だと・・・

そんな夢のようなファーストクラスを15万マイル(+税金)で実現できてしまう。生きているうちに一度は経験したいっ!という方はマイルを頑張って貯めましょう(^_^) 150,000マイルなら、コロナ禍の今、陸マイラー(お買い物でポイントを貯めマイルにする人)として1年間頑張れば決して不可能な数字ではありませんよ。

このように、国際線ファーストクラスで利用できると最もマイルの価値を高めて使う事が可能です。ただ難点もあって、マイルを交換して得られる特典航空券用に開放されている国際線ファーストクラスの座席数がとても少ないので、それを確保するのが正直簡単ではないのです(T-T)

そこで有力候補として登場するのが「国際線ビジネスクラス」

国際線ビジネスクラスの価値は?

国際線ビジネスクラスも国際線ファーストクラスに次ぐ「1マイル=8~14円程度」の価値を叩き出すことが可能です。開放されている座席数も(ファースクラスに比べると)多いので、席確保のハードルも下がります。

具体的にみてみましょう!

旅程(ビジネスクラス)必要マイル現金購入マイルの価値
羽田-シカゴ(往復)85,000マイル1,037,000円12.2円

こちらが現金購入の場合で

ANAビジネスクラス シカゴ行き

こちらがマイルを交換した場合

ANAビジネスクラス マイルだといくら

普通に購入して約103万円。ファーストクラスの金額を見たあとだと、不思議と自分でもイケそうな金額に感じるから不思議ですww。

ビジネスクラスの運賃には、キャンセル条件などによって3段階程度に区分けされている場合が多いです。上で表示しているのはその真ん中のタイプ。キャンセル条件などが緩いタイプだとより高い金額が必要となります。

そうはいっても「103万円」なんて気軽に出せる値段ではありません。・・・が、マイルを使った特典航空券なら「85,000マイル」で実現可能。マイルの価値としても十分に高いので、陸マイラーが狙う大本命はこのビジネスクラス!

2人分でも17万マイル(マイル数は路線により異なります。たとえばハワイなら「13万マイル」で2人分のビジネスクラス往復チケットと交換できます)ですから、陸マイラー活動を少し気合い入れて頑張れば、十分実現可能なマイル数。

ご夫婦やカップルでビジネスクラスなんて乗ったら楽しいでしょうね(^_^)

このように、マイルは「使い方」によって大きく価値が変動するのですが、上手に使うといかにお得なのかご理解いただけたと思います。

あなたもマイルにどっぷりハマってみては?

ではまた、旅ガエルでした!

旅ガエル

マイル系ライター