マイルを特典航空券に変える方法は?交換する際の注意点も紹介

ハピ得マガジン編集部①

ANAやJALは独自のマイレージサービスを提供しています。マイレージはマイルとも呼ばれ、主に飛行機に乗ったり航空会社が発行するクレジットカードを利用することで貯められます。

貯まったマイルはさまざまな特典に交換でき、その一つに特典航空券があります。特典航空券は通常の航空券と内容は変わらず、頻繁に旅行に行く方にとっては旅費の節約に繋がることでしょう。

では、具体的に何マイルで航空券と交換できるのでしょうか。本記事では、国内の旅行会社であるANAとJALを中心に特典航空券について詳しく解説します。特典航空券について知りたい方やマイルを効率よく貯めたい方は参考にしてください。

特典航空券の概要

特典航空券とは通常購入ではなく、特定のマイルと引き換えに購入できる航空券のことです。多くの航空会社では、独自のマイレージプログラムに入会することを条件としています。

  • ANAの特典航空券について
  • JALの特典航空券について

ここからは、上記の2点について詳しく解説します。

ANAの特典航空券について

ANAの特典航空券は、以下の3種類があります。

  • 国内線特典航空券
  • 国際線特典航空券
  • 提携航空会社特典航空券

国内線特典航空券の対象便は、ANA便名の全ての国内線となります。他社が運航する国内線コードシェア便については、ANA便名で予約したもののみ対象です。区間は片道または2区間です。

ただし、沖縄離島路線を利用する場合は4区間まで認められています。対象クラスは普通席のみで、プレミアムクラスの設定はありません。

国際線特典航空券の対象便は、ANA便名の全ての国際線となります。エアージャパンが運航するコードシェア便については、ANA便名で予約したもののみ対象となります。区間は往復のみとなっており、片道での利用はできません。

対象クラスはエコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネス・ファーストから選択できます。提携航空会社特典航空券の対象便は、スターアライアンス加盟の航空会社が運航する便となります。

スターアライアンス加盟の航空会社は2019年10月現在で26社あり、各航空会社を組み合わせた旅プランの作成が可能です。区間は往復のみとなっており、片道での利用はできません。対象クラスはエコノミー・ビジネス・ファーストから選択できます。

各特典航空券の必要となるマイル数については後述しますが、どの特典航空券も多くのマイルを求められます。そのため、ANAツアーを利用したい方はポイントサイトの「ハピタス」を経由して、マイルを貯めるのがおすすめです。

ANAツアーを利用するならハピタス経由がおトク

JALの特典航空券について

JALの特典航空券の対象便は、以下の3社が運航する国内線となります。

  • JAL
  • JTA
  • RAC

また、天草エアライン・フジドリームエアラインズが運航するコードシェア便も対象です。ただし、JALの公式サイトから申し込みはできず、JMB会員専用国内線予約として電話での予約となります。

区間は片道から利用可能です。対象クラスは普通席・クラスJから選べます。ANAの特典航空券同様に必要となるマイル数は後述しますが、多くのマイルを求められます。JALツアーを利用したい方はポイントサイトの「ハピタス」を経由して、マイルを貯めるのがおすすめです。

JALツアーを利用するならハピタス経由がおトク

特典航空券に必要なマイル数

貯まったマイルはさまざまな使い方ができます。その中でも、特典航空券は人気の高い交換先です。また、多くの航空会社では特典航空券の交換において、国内線と国際線で必要マイル数が異なります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

国内線の場合

ANAの特典航空券では、片道5,000マイルからの交換となります。また、利用する時期によって以下のように区分けがされています。

ローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
1/4~2/28・4/1~4/27・12/1~12/223/1~3/10・5/9~8/4・8/22~11/301/1~1/3・3/11~3/31・4/28~5/8・8/5~8/21・12/23~12/31

※引用元は2021年2月22日現在

ANA公式サイト

1区間あたりの必要マイル数は以下の通りです。

ローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
~300マイル5,0006,0007,500
301~800マイル6,0007,5009,000
801~1,000マイル7,0009,00010,500
1,001~2,000マイル8,50010,00011,500

※引用元は2021年2月22日現在

ANA公式サイト

JALの特典航空券では、片道6,000マイルからの交換となります。また、対象区間によってA~Cに区分けされています。1区間あたりの必要マイル数は以下の通りです。

A区間6,000
B区間7,500
C区間10,000

※引用元は2022年2月22日現在

JAL公式サイト

A区間は東京~大阪、大阪~福岡など、B区間は東京〜札幌、福岡〜沖縄など、C区間は東京~久米島、大阪~宮古などです。また、旅客施設使用料対象となる発着空港を利用する場合は、追加で100~440マイル必要になります。

対象クラスをクラスJにした場合は、追加で1区間1名につき2,000マイル必要となります。

国際線の場合

ANAの特典航空券では、往復12,000マイルからの交換となります。必要マイル数は上述のシーズン区分けによって異なります。また、国際線特典航空券はANAが定めたゾーン区分と出発地によってもマイル数が変動します。

詳しくは、ANA公式サイトを確認してください。

JALの特典航空券では、片道7,500マイルからの交換となります。必要マイル数は行き先やクラスによって変動します。

詳しくは、JAL公式サイトを確認してください。

ANAマイル特典航空券の押さえておくべきポイント

ANAのマイル特典航空券について、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

  • 予約開始日はいつ?
  • 会員本人以外でも使用可能?
  • 予約の変更やキャンセルは?
  • 有効期限はある?

それでは、以下で詳しく解説します。

予約開始日はいつ?

国内線と国際線で予約開始日が異なります。国内線特典航空券は年に2回、以下の運航ダイヤごとに一斉発売を行います。

  • 夏ダイヤ…3月第4日曜日から10月第4土曜日
  • 冬ダイヤ…10月第4日曜日から3月第4土曜日

夏ダイヤ搭乗分は1月下旬、冬ダイヤ搭乗分は8月下旬を目途に発売されます。ただし、繁忙期は利用制限がかかり予約できない場合があります。

国際線特典航空券の予約は、出発日を除く復路搭乗日の355日前の日本時間午前9時から、第一区間出発時間の96時間前までとなっています。ただし、往復同時予約および発券が条件となります。国際線特典航空券には利用制限はありません。

会員本人以外でも使用可能?

会員本人以外でも「特典利用者登録」をすることで使用可能です。ただし、会員本人の配偶者・同性パートナー・2親等以内の家族が対象です。そのため、登録の際は続柄を証明する書類が必要となる場合があるので、注意しましょう。

特典利用者登録はANA公式サイトからのみ行えます。また、1会員の登録上限は10名となっているため、登録の際は注意してください。その際に登録情報の変更や削除を行う場合は、手数料として1名あたり5,000マイル必要となります。

予約の変更やキャンセルは?

予約の変更は発券前と発券後で異なります。発券前であれば預かり期間まで変更可能です。ただし、以下の場合は変更できないこともあります。

  • 複数の都市に滞在する旅プランの場合
  • ANAの電話窓口で予約した場合(変更を含む)
  • 2~12歳未満の小児のみ、または2歳未満の幼児を含んだ予約の場合

発券後であれば、航空券の有効期限内で日にちや便の変更ができます。

また、キャンセルは未使用の場合に限り可能です。手数料として1名あたり3,000マイルが発生します。マイルの払い戻しは、手数料を差し引いた分が戻ってくる形となります。なお、手数料のマイルは有効期限が古いものから差し引かれます。

また、天災や機材トラブルなどが原因で遅延・欠航した場合は、申請すれば変更やキャンセルができます。変更は、空席のある運航便への日時変更または経路変更となります。

ただし、国内線・国際線ともにANA便名で予約した場合に限ります。キャンセルは、有効期間満了日より30日以内であることが条件です。

有効期限はある?

有効期限は、特典航空券の発券から1年以内です。なお、有効期限内において利用できない期間が含まれていても、有効期限の延長はありません。

利用できない期間については、ANA公式サイトを確認してください。また、利用できる期間でも運航便の混雑状況によっては予約できない場合があるので、注意してください。

JALマイル特典航空券の押さえておくべきポイント

JALのマイル特典航空券について、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

  • 予約開始日はいつ?
  • 会員本人以外でも使用可能?
  • 予約の変更やキャンセルは?
  • 有効期限はある?

それでは以下で詳しく解説します。

予約開始日はいつ?

国内線特典航空券の予約は、搭乗日の330日前の日本時間午前9時30分から、搭乗日前日までとなっています。往路が予約開始前の場合は予約ができません。その場合は、往復ともに予約開始日を過ぎてから予約するか、往路と復路を別々に予約してください。

国際線特典航空券の予約は、搭乗日前日の360日前の日本時間10時からとなっています。

往復利用の場合は、申し込み日から360日以内であることが条件です(往復ともに)。予約期限は、JAL公式サイトで申し込む場合と電話で申し込む場合で異なります。JAL公式サイトで申し込む場合は第一区間出発の48時間前、電話で申し込む場合は第一区間出発の24時間前となります。

会員本人以外でも使用可能?

会員の配偶者や同性パートナー、二親等以内の親族や義兄弟姉妹の配偶者に限り利用可能です。また、会員との続柄を証明する書類の提出が求められることがあります。会員以外の方が特典航空券を利用する場合でも、基本的に交換申請は会員本人しかできません。

しかし、会員本人による申請が難しい場合は事前に代理人を登録することで、会員本人以外でも申請できるようになります。

なお、特典航空券を含む各特典への交換は入会後最大60日間できないため注意してください。

予約の変更やキャンセルは?

予約の変更は、航空券に記載されている有効期限内かつ以下の予約変更締切日までであれば可能です。

例…予約した日時が9月10日の場合

変更希望日時予約変更締切日
例19月8日9月7日
例29月12日9月10日(※1)
例39月21日9月10日(※1)

※1 JAL公式サイトでは出発20分前まで操作可能

※引用元は2022年2月22日現在

JAL公式サイト

変更手続きでは日時や便、クラスの変更ができます。ただし、搭乗者や区間および区間数などの変更はできません。クラスを普通席からクラスJに変更する場合は、1区間1名あたり2,000マイルを追加することで可能になります。クラス変更はJAL公式サイトで行えず、「JMB会員専用国内線予約」で手続きする必要があります。

予約のキャンセルは航空券が未使用であること、また有効期限内である場合に限り可能です。その場合は、キャンセル料として1名(1特典)あたり3,100円かかります。キャンセル料の支払いは、クレジットカード払いのみとなるため注意してください。

また、自然災害や機材トラブルなど、会員都合ではない事由による変更やキャンセルは申請を行えば可能です。まずは、JAL公式サイトにて運航状況を確認します。「対象空港一覧」に予約している便が該当しているか、「発着案内」または「欠航・遅延便検索」の備考欄に「*」や「!」の表記があるかを確認します。これらに該当していれば、変更やキャンセル手続きに手数料はかかりません。

詳しくは、JAL公式サイトをご確認ください。

有効期限はある?

国内線・国際線ともに予約便に限り有効となります。ただし、国内線特典航空券に関しては予約変更締切日までに変更手続きを行った場合に限ります。この場合は、最初の発行日(マイルの引き落としが完了した日)の翌日から1年間有効となります。基本的に予約便に搭乗しなかった場合は航空券は無効となり、変更やキャンセルはできません。そのため、特典航空券を発券したら無駄のないスケジュール管理をしましょう。

マイルを特典航空券に変える方法まとめ

特典航空券は、貯めたマイルで交換する航空券です。航空券は高額なこともあり、マイルを貯める多くの方は特典航空券を目指して日々コツコツ貯めていることでしょう。

しかし、特典航空券は交換する際に多くのマイルが求められます。そのため、できれば短期間でマイルを貯めたい方も多いのではないでしょうか。そんな方には、ハピタスがおすすめです。

ハピタスはポイント交換サービスの一つで、サイト内の1マネーを1円で交換できます。ANAはドットマネー経由でマイルを貯められますが、JALは直接マイルが貯められるのでお得です。

ぜひ、この機会にハピタスでマイルを貯めましょう。

ハピタス経由でマイルが貯められる