Tマネーの使い方を解説!特徴やメリット、効率的にTポイントを貯める方法を紹介!

ハピ得マガジン編集部①

Tマネーという言葉を知っているでしょうか。TポイントやTカードは聞き慣れているという方はいるかもしれませんが、Tマネーは分からないという方が多いかもしれません。Tマネーは、Tカードを活用した電子マネーのことを指します。また、キャッシュレスなだけでなく、Tポイントも貯められるメリットがあります。

本記事では、Tマネーの使い方やメリット、効率良くTポイントを獲得する方法について説明します。

Tマネーとは?

Tマネーは電子マネーの一つです。TSUTAYA運営のCCCが運営しており、Tカードにお金をチャージすることで利用することができます。Tマネーを利用することで、キャッシュレス決済が気軽に行えるだけでなく、Tポイントも同時に貯められます。そのため、現金払いよりもメリットが多い電子マネーと言えます。

利用できる加盟店

Tマネーが利用できる加盟店は、全国におよそ23,000店舗あります。Tポイントが利用できる加盟店の一部の店舗でTマネーが利用可能です。全国に店舗がある、TSUTAYAや吉野家、ウエルシアなど利用加盟店は随時拡大中です。一方で、TSUTAYAやウエルシアなどの一部の店舗によっては、Tマネーが利用できない場合があります。そのため、利用する店舗がTマネーの適用となっているか、自身で確認すると良いでしょう。

マネーの使い方

Tマネーはキャッシュレス決済でポイントも貯められるというメリットが多いです。しかし、実際利用するとなると、どのような手順で使用していけば良いのでしょうか。

  • Tカードを作る
  • TカードにTマネーをチャージする
  • Tマネーのチャージ方法

これから一つひとつ詳しく説明します。

Tカードを作る

Tマネーを利用する場合、まずはTカードを作る必要があります。TカードはアルファベットのTマークで馴染み深いプラスチックカードで作成する方法と、モバイルTカードを利用する方法があります。モバイルTカードを利用する場合、まずはプラスチックカードを作成します。

プラスチックカードの場合

プラスチックカードでTカードを作る場合、インターネットでの発行か、TSUTAYAなどTカードの提携先店舗で発行する方法があります。Tカード自体は100種類以上の種類がありますが、全てのTカードがTマネーに対応しているわけではありません。そのため、好きなデザインや機能付きのものを優先して選ぶのではなく、Tマネーに対応しているかという点も注意して選びましょう。

モバイルTカードの場合

モバイルTカードを利用する場合、プラスチックカードでTカードを作成した後に、スマートフォンにTポイントアプリを登録する必要があります。アプリダウンロード後は、プラスチックカードに記載されているカード番号を入力することで、アプリに引き継ぐことができます。モバイルTカードを利用すればカードを持ち歩く必要がありません。スマートフォンだけ持ち歩けば良いため、便利です。

TカードにTマネーをチャージする

Tカードの準備が完了したら、Tカードにお金をチャージしていきます。チャージは、ファミリーマートなどの対応店舗レジで、気軽にチャージできます。一度に可能なチャージ金額は3万円で、1,000円単位でチャージします。

Tマネーのチャージ方法

Tマネーへのチャージ方法はいくつかあるため、以下に方法を表でまとめました。

チャージする方法特徴WEBでの入金 
現金店舗のレジでチャージを依頼するできない
クレジットカードオートチャージ機能ありできる
Tポイント貯めたポイントを利用して買い物ができるできる
後払い200円利用で1ポイントもらえるできる
TマネーギフトカードTSUTAYA:3,000〜10,000円ウエルシア・ファミマ:3,000〜30,000円で設定できるできる

クレジットカードでのチャージは、Tカードを作成する際にクレジットカード機能を付与していた場合に利用することができます。オートチャージ以外に1タップ機能もあるため、使い過ぎが気になる方も安心して利用できるでしょう。

Tマネーを使うメリット

Tマネーとはキャッシュレス決済の一つであり、アプリと紐づけることで利便性が増します。しかし、キャッシュレス決済の手段はさまざまな種類があります。そんな中、Tマネーを使うメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 手軽に始められる
  • 決済の手間が省ける
  • Tポイントを効率よく貯められる
  • Apple Payに対応している

これから一つひとつ詳しく説明します。

手軽に始められる

Tマネーのメリットは手軽に始められる点です。今では全国的に普及しているTポイントですが、このサービス自体は2003年から開始されました。Tカードは手軽に作れるだけでなく、コンビニやドラッグストア、ガソリンスタンドなど、幅広い店舗で利用できます。そのため、馴染み深さを感じるという方も多いのではないでしょうか。

キャッシュレス決済を始めたいけれど、何から始めればいいか分からないという方にとって、手軽に始めやすいサービスと言えるでしょう。

決済の手間が省ける

Tマネーを利用することで、現金支払いを行う必要がなくなります。そのため、決済の手間を省略できます。Tマネーは、チャージした手持ちのTカードかアプリを提示するだけで支払いが完了します。防犯を考慮して、できる限り財布を持ち歩きたくない、また身軽な状態で手短にショッピングを楽しみたい方にとってはおすすめの決済方法と言えるでしょう。

Tポイントを効率よく貯められる

Tポイントに加入している店舗でTマネー支払いを行うと、Tポイントも同時に効率良く貯めることができます。Tポイントに加入している店舗は全国17万店舗以上あります。店舗数が多いため、何気なくショッピングする中で、気軽にTポイントを貯められます。

Apple Payに対応している

2021年4月から、TマネーがApple Payにも対応するようになりました。MasterCardコンタクトレスやiDでの決済が行えるようになったため、Tマネーの利便性がより増してきています。iD支払いは、全国117万店舗で利用可能です。Apple PayにTマネーを登録するだけで気軽に利用できるため、Tマネーを利用する上でのメリットの一つと言えます。

TマネーでTポイントを効率的に貯める方法

Tマネー利用のメリットとして、Tポイントが貯められることが挙げられます。TマネーでTポイントを効率的に貯める方法は以下のものがあります。

  • 加盟店ではポイントをチャージする
  • Tマネーチャージの日を活用する
  • クレジットカードからチャージする

それぞれのTポイントの貯め方について詳しく説明します。

加盟店ではポイントをチャージする

貯まったTポイントは、そのまま現金の代わりに使うのではなく、Tマネーにチャージして使うことで、ポイントの二重取りができます。Tポイントの加盟店でポイントを使う場合、Tマネーへチャージしてから使うということを意識するようにしましょう。

Tマネーチャージの日を活用する

Tマネーに対応している店舗では、Tマネーチャージの日というものを設定している店舗があります。Tマネーチャージの日にチャージを行うと、ボーナスポイントが付与されるというサービスです。

例えば、ウエルシアでは、土曜日がTマネーチャージの日となっています。3,000円のチャージで30ポイント、5,000円チャージで75ポイントが、通常のショッピングでの付与ポイントとは別にもらえます。

各店舗でTマネーチャージの日を実施する日程は異なります。そのため、自身が良く行く店舗のTマネーチャージの日を把握しておくと良いでしょう。

クレジットカードからチャージする

クレジットカードからチャージすると、ショッピングでの付与ポイント以外に、クレジットカードのTポイントも併用して貯められます。還元率の良いクレジットカードを利用すると、最大で1.5%還元のポイントがもらえるため、効率的にTポイントを獲得できるでしょう。次項でTマネーを利用する上で、おすすめのクレジットカードを紹介しています。参考にしてみてください。

Tマネー利用におすすめのクレジットカード

Tマネーを利用する場合、クレジットカードからチャージすると、ショッピングとクレジットカードそれぞれからTポイントを獲得できます。クレジットカードにはさまざまな種類がありますが、Tマネーを利用する上でおすすめのクレジットカードを紹介します。

  • ファミマTカード
  • Tカード Prime
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)

それぞれの特徴やおすすめポイントについて、これから一つひとつ詳しく説明します。

ファミマTカード

ファミマTカードは、ファミリーマートなどTポイントの加入店舗で利用できるクレジットカードです。還元率や年会費について以下に表でまとめました。

ファミマTカード特徴
年会費・入会金ともに無料
還元率・ファミリーマートなどTポイント加盟店で200円1ポイント・クレジットカード利用で200円1ポイント

Tポイント加盟店でクレジットカードを利用したTマネー決済を行うと、合計200円で2ポイント=1%の還元ポイントを獲得できます。TSUTAYAのレンタルサービスも利用できるため、用途の多いクレジットカードと言えます。

ポイントサイトの「ハピタス」を経由してTカードを作成すると、新規カード発行で多くのポイントが還元されるのでおすすめです。

詳細はこちら:ハピタスを経由してTカードを探す

Tカード Prime

Tカード Primeは、Tポイントの還元率が常に1%と還元水準が高いクレジットカードです。Tカード Primeの特徴を以下にまとめました。

Tカード Prime特徴
年会費・初年度は無料・年1回以上のカードショッピングで翌年以降も無料(利用なしの場合年会費1,375円)
還元率・100円で1ポイント・日曜日は200円で3ポイント

Tカード Primeは、日曜日にまとめてショッピングすることで、最大1.5%の還元ポイントを獲得できます。日曜日以外も還元率1%と高いため、お得なクレジットカードとなっています。

ポイントサイトの「ハピタス」を経由してTカードを作成することで、多くのポイントが還元されます。

詳細はこちら:ハピタスを経由してTカードを探す

Tカードプラス(SMBCモビットnext)

Tカードプラスは、クレジットカードとカードローン機能も付いた多機能型のモビットカードです。Tカードプラスの特徴を以下にまとめました。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)特徴
年会費・初年度は無料・年1回以上のカードショッピングで翌年以降も無料(利用なしの場合年会費1,375円)
還元率・100円で1ポイント・誕生日の月は還元率1.5%・対象店舗は還元率1.5%

TカードプラスもTカード Prime同様、基本的な還元率は1%で還元水準が高いクレジットカードとなっています。Tカード Primeとの違いは、1.5%の還元率となる条件が、曜日ではなく誕生月や対象店舗に限るという点です。そのため、対象店舗を利用することが多い方におすすめのクレジットカードと言えます。

Tカードプラスを新規作成したい場合、ポイントサイトの「ハピタス」を経由してカード作成を行うと、3,000ポイントが還元され、よりお得にショッピングを楽しめます。(※2022年2月22日時点の情報となります)

詳細はこちら:Tカードプラス(SMBCモビットnext)

Tマネーの使い方まとめ

Tマネーとは、電子マネーの一つです。Tカードに現金をチャージして利用できます。Tマネーの利用で気軽にキャッシュレス決済が行え、かつ同時にTポイントを貯められるメリットがあります。Tマネーを利用する場合、まずはTカードを作成する必要があります。Tマネーチャージの日に合わせてチャージしたり、クレジットカード機能の付いたTカードからチャージすると、よりTポイントを獲得することができお得にショッピングが楽しめます。

本記事では、おすすめのクレジットカードを紹介しているため、これからTマネーを利用したいと考えている方は参考にしてみてください。