ローソンでSuicaをチャージする方法を紹介!ポイントの二重取りも可能

ハピ得マガジン編集部①

通勤、通学など日常生活でよく電車に乗る方はSuicaを持っている方も多いですが、残高が減ってきたらチャージしなければいけません。残高が足りていないのに気づかず、改札を通過しようとしたらドアが閉まってしまい、恥ずかしい経験をした方もいるのではないでしょうか。

駅員さんに対応してもらったり、チャージしなければいけなかったりとやらなければいけないことも多く、特に忙しいときは焦ってしまいます。このようなことが起こらないように定期的にチャージしておきたいですが、駅の券売機が混雑しているとついつい後回しにしてしまいがちです。

本記事ではSuicaをローソンでチャージする方法やお得な使い方、その他のチャージする方法などについて詳しく解説します。

Suicaのチャージはローソンなどのコンビニでも可能

Suicaの残高が不足した場合、チャージするには駅まで行かなければと思う方もいるかもしれません。しかし、ローソンなどのコンビニでもチャージは可能です。チャージできるコンビニや金額について詳しく解説します。

Suicaをチャージできるコンビニ一覧

Suicaへチャージ可能なコンビニは多くあります。駅の近くにはコンビニも多いので、軽食や飲み物などを買いに行くついでにチャージしておくと、慌てずに電車に乗れて安心です。駅構内にあるニューデイズでもチャージできるので、残金が足りなさそうな場合は行ってみるといいでしょう。

  • キオスク
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ニューデイリーヤマザキストア
  • ニューデイズ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ローソンストア100

また、コンビニの他にもスーパーやショッピングセンター、家電量販店などでもチャージできるお店があります。

コンビニでチャージする場合の最低金額と金額設定

コンビニでチャージできる最低金額は1,000円です。1,000円単位でチャージでき、選択できる金額は1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、1万円で上限は2万円です。しかし、店舗によって異なる場合もあるので、よく利用するコンビニの金額を確認しておくと安心です。

小銭も使いたいから1,300円チャージしたいと思っても、残念ながらできません。駅の券売機なら500円も可能なので、持ち合わせが少ない場合は券売機を利用するといいでしょう。

ローソンでSuicaをチャージする方法

ローソンでSuicaにチャージする方法にはレジでする方法と、ローソン銀行ATMを活用する方法の2種類があります。どのような方法でチャージするのか詳しく解説します。

レジでチャージ

ローソンのレジでチャージすれば、他の買い物のついでにできるのでとても便利です。レジでは1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、1万円が選択できます。

チャージ方法も非常に簡単です。なお支払いは現金のみで、チャージ後の中止や取り消しはできないので注意しましょう。

  1. 店員に「Suicaにチャージお願いします」と伝える
  2. レジにある専用の端末にSuicaを置く
  3. レジの画面に表示された金額の中から希望の金額をタッチする
  4. 金額を確認し、支払う
  5. チャージ音が鳴れば入金完了

ローソン銀行ATM認証をしてアプリでチャージ

ローソン銀行では電子マネーをチャージするアプリを利用すれば、2022年4月からモバイルSuicaへのチャージが可能になります。

  1. チャージアプリをダウンロードし、銀行口座を登録する
  2. 本人確認のためローソン銀行ATMへ行く
  3. ATMの本人確認サービスボタンを選択する
  4. カードを挿入する
  5. 確認番号を明細で取得する
  6. アプリに本人情報を入力する
  7. 暗証番号を入力する
  8. 口座登録完了

ATMで本人確認の登録をすることで、アプリで簡単に入金ができるようになります。

セキュリティも安心ですし、ローソン銀行を利用している方にとってはATMへ行かなくてもスマホで都度入金できるようになるので、さらに便利になるでしょう。

コンビニ以外でもチャージは可能

Suicaへのチャージはコンビニ以外でも駅やモバイルSuicaを利用する、クレジットカード(VIEWカード)のオートチャージを利用する、JRE POINTでチャージする方法があります。それぞれのやり方について詳しく解説します。

駅でチャージ

最も有名で一般的な方法ですが、Suicaは駅でチャージできます。ICマークのついた自動券売機や多機能券売機、乗り越し精算機でチャージが可能です。

基本的には現金のみですが、クレジットカードが使用できる券売機もあります。駅によっては簡易チャージ機やチャージ専用機を設置しています。

また、金額は500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、1万円で上限2万円まで入金可能です。駅の窓口ではチャージできないので注意しましょう。

  1. 券売機、精算機にSuicaを挿入する
  2. 表示された画面に従って金額を選び、現金を投入する
  3. チャージが完了し、Suicaとお釣りが返却される

もし、残高が足りなくなってもいざとなれば、駅でチャージできるので安心です。しかし、イベント後や主要駅などでは混雑して時間がかかってしまうため、急いでいるときは気をつけましょう。

モバイルSuicaでチャージ

Suicaには、カード式の他にスマホなどで利用できるモバイルSuicaがあります。モバイルSuicaはiPhoneであれば「ApplePay」、Androidなら「おサイフケータイ」に対応したスマホで使用可能です。

モバイルSuicaであれば券売機や店舗などに行かなくても、クレジットカードを登録し、アプリ内でチャージできるため大変便利です。500円から1万円まで1,000円単位でチャージできるほか、「ちょうどチャージ」を選択すれば希望通りの残高にもできます。

モバイルSuicaへのチャージはスマホ対応の券売機や店舗などを利用すれば現金でのチャージも可能です。

  1. モバイルSuicaを起動しログインする
  2. 入金(チャージ)をタップし金額を選択する
  3. クレジットカードをタップする
  4. 金額を確認し、入金(チャージ)をタップする
  5. 入金完了

クレジットカード(VIEWカード)のオートチャージ

VIEWカードとはJR東日本が発行しているクレジットカードです。モバイルSuicaにVIEWカードを登録する、Suica付きVIEWカードを使用する、個人情報を登録したカード式SuicaとVIEWカードリンクさせるとオートチャージが可能になります。

オートチャージを利用するにはネットや郵送などで登録し、設定する必要があります。設定が完了すれば駅の改札を通過する際、残高が設定以下であれば自動的にチャージされ、クレジットカードから引き落とされる仕組みです。

例えば1,000円以下になれば3,000円、3,000円以下になれば5,000円チャージするなどと設定できます。自動的に入金されるため残高不足を気にする必要もなく、入金の手間もないので大変便利です。

VIEWカードの有効期限がきた場合は更新されたカードを再度設定する必要があるので、気をつけましょう。また、VIEWカードでオートチャージ決済した場合はJRE POINTも貯まるので大変お得です。

VIEWカードはポイントサイトの「ハピタス」を経由して作成でき、ハピタスポイントが貯まるので大変お得です。貯まったポイントは、電子マネーや現金に交換できます。作成を検討している方は、下記のリンクからカードを作ってみましょう。

ハピタスでビュー・スイカカードを作成する

JRE POINTでチャージ

JRE POINTとはJRを利用したときや、提携したお店で買い物するともらえるポイントです。JRE POINTが貯まるようにするには記名式SuicaをJRE POINTに登録する必要があります。

無記名式Suicaは利用できないため、多機能式券売機やみどりの窓口で記名式に変更しましょう。貯まったJRE POINTは1ポイント=1円でSuicaにチャージでき、1回にチャージできるポイントは1万ポイントです。

それでは2つのチャージ方法について、それぞれ解説します。

【カード式Suicaの場合】

  1. カードの場合は翌日以降、7日以内に自動券売機にSuicaを投入する(0〜7時は利用不可)
  2. チャージ画面を表示する
  3. JRE POINTチャージを押す
  4. お知らせが表示されたら次へを押す
  5. 内容を確認し、チャージするを押す
  6. チャージ完了

【モバイルSuicaの場合】

  1. 8日以内にSuicaアプリを起動する
  2. Suicaポケットが◯件ありますをタップする
  3. OKをタップ
  4. チャージするをタップする
  5. チャージ完了

期限内に申請をしなければ自動的にJRE POINTに戻ります。Suicaのチャージ金額が2万円以上になるとチャージできないので注意しましょう。

Suicaを賢く使えばポイントが重ね取りできる

Suicaを賢く使えばJRE POINTだけでなくクレジットカードのポイントも貯められるなど、重ね取りが可能です。どのような方法を使えばより効率的にポイントが貯められるのか詳しく解説します。

クレジットカードからSuicaにチャージするとポイントが3重取り

クレジットカードでSuicaへチャージすれば、ポイントを3重取りできる可能性があります。

  • Suicaにクレジットカードからチャージするとクレジットカードのポイントが貯まる
  • JRE POINTが貯まるお店でSuicaで支払うとJRE POINTが貯まる
  • お店独自のポイントサービスがある場合はお店のポイントが貯まる(併用可能かどうかは要確認)

現金でチャージするとポイントは付きませんが、クレジットカードを活用すればポイントをお得に貯められるためおすすめです。

VIEWカードからSuicaにチャージするとポイントが4重取り

クレジットカードをVIEWカードにすることで、さらにポイントを獲得できます。

  • SuicaにVIEWカードからチャージでJREポイントが貯まる
  • SuicaにVIEWカードからチャージするとクレジットカードのポイントが貯まる
  • JRE POINTが貯まるお店でSuicaを使用するとJRE POINTが貯まる
  • お店独自のポイントサービスがある場合お店のポイントが貯まる(併用可能かは要確認)

よくJRを利用する方やJRE POINTが貯まる店舗で買い物をされる方は、VIEW Suicaカードがおすすめです。ポイントサイトの「ハピタス」経由で作成すれば、ハピタスポイントも貯まるため大変お得になります。作成を検討している方は、下記のリンクからカードを作ってみましょう。

ハピタスでビュー・スイカカードを作成する

ローソンでSuicaをチャージする方法まとめ

Suicaにチャージするには駅の券売機だけでなくコンビニや提携しているお店、クレジットカード、JRE POINTでも可能です。自分に合った方法を使えば、残高不足で駅の改札を通れない、チャージに時間がかかってしまい予定の電車に乗れなかったという心配がなくなるでしょう。

Suicaを賢く使ってさらにポイントを貯めて、お得に電車に乗ったり、買い物をしたりしましょう。

また、ハピタスでVIEW Suicaカードを作成できます。ポイントサイトの「ハピタス」を経由すればハピタスポイントも貯まり大変お得です。作成を検討している方は、下記のリンクからカードを作ってみましょう。

ハピタスでビュー・スイカカードを作成する