片付けが苦手な人が克服する方法|上手く片付けをするコツを紹介!

ハピ得マガジン編集者⑥

日常生活の中で、片付けに苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか。片付けを始めたとしても、気が進まない、他のことに気を取られて手が止まるなどの事情で後回しになることも少なくありません。今回は片付けを効率良くやりたい、片付けが嫌いという人向けに、片付けへの苦手意識の克服するためのコツや秘訣をご紹介します。

片付けが苦手な人の特徴

片付けが不得意な人は、だらしない、ルーズといった評価をされてしまいがちなのではないでしょうか。片付けが苦手な人にはそれぞれに心理的な側面や性格の傾向があります。ここでは、片付けに苦手意識がある人の特徴をご紹介します。片付けができるようになるには、まずは自己分析が重要です。自身がどのパターンに当てはまるのかここで確認してみてください。

【片付けに苦手意識がある人の特徴】勿体ないと感じてしまう持ち物の量を把握していないものを集めることが好き物を放置しがち発達障害などの病気の可能性

勿体ないと感じてしまう

ものを捨ててしまうのが勿体ないと感じてしまうタイプは、片付けに苦手意識を持つ傾向があります。その原因は、「まだ使えるものを捨てるのは勿体ない」という思考回路です。勿体ないからといってものを捨てずにいると、当然ながら次々とものが溜まっていきます。そうなると、自宅の収納がキャパオーバーとなり部屋が片付かないのです。

しかし、勿体ない精神を持つことは必ずしも悪いことではありませんし、ものを大切につかうことは環境保護の観点でも素晴らしいことでしょう。物を捨てるのが勿体ないと感じてしまう人は、自分の生活スタイルに照らし合わせながら必要なものとそうでないものを仕分けることから始めてください。

持ち物の量を把握していない

片付けが不得意な人は、自分がどれだけのものを持っているか理解できていないことが多いです。食材や日用品を含めて何をどれだけ持っているのか分かっていないと、行き当たりばったりでものを溜め込むことになり、片付けが上手くいきません。

例えば、割引セールで買い込んだものの、既に同じ種類を持っていて置き場に困ってしまうことがあります。特に、文房具のようなすぐには消耗しないアイテムの場合は、思いつきで買い込むと置き場がなくなり、部屋が散らかってしまうでしょう。また、食材の場合は余分に買って余らせると腐ってしまうため、衛生面でも問題があります。

ものを集めることが好き

収集癖がある人も、片付けが上手くいかないことがあります。例えば、プラモデルが趣味という人のケースで考えてみましょう。プラモデルを趣味とする人は、プラモデルそのものだけではなく制作段階の部品、工具、完成したプラモデルを飾るための棚、買った際のパッケージなど、周辺のさまざまなものも一緒に集める傾向があります。

これらに強い愛着があれば、なかなか捨てることができずに結果的に片付けができず、部屋にものが散乱するでしょう。このように何かをコレクションする趣味を持つ人にとっては、片付けが難しくなることが多いのです。

物を放置しがち

使ったものを元の位置に戻せないという人は、片付けに苦手意識を持つことが少なくありません。例えば、着た服をクローゼットに片付けずにそのままにしてしまうことは、よくあることではないのでしょうか。

着た服はすぐに洗濯するのであれば洗濯機に、またすぐに着るのであればハンガーにかけてクローゼットに入れておけば散らかることはありません。洋服に限らず、全てのものに対して収納場所を決めておき、必ず元に戻すことを習慣づけることが片付けへの苦手意識克服の第一歩です。

発達障害などの病気の可能性

片付けが苦手あるいは上手くできないのは、ADHDなどの発達障害が原因である可能性があります。発達障害以外のケースでは、うつ病などの精神疾患を患っている際にも、判断力の低下が原因で部屋が散らかることがあっても不思議ではありません。

しかし、あくまでも病気の可能性があるということであり、片付けが苦手だからといって安易に病気だと決めつけることはできませんので、どうしても気になる場合は、専門医による診察を受けることをおすすめします。

汚部屋で生活するデメリット

片付けに苦手意識がある人は片付けを後回しにした結果、ものを散らかして自室を「汚部屋」にしてしまうことがあります。ここでは、汚部屋での生活がどのような問題をもたらすのか見ていきましょう。

【汚部屋で生活するデメリット】ものを失くしやすいカビ・ダニの発生イライラしやすい撤去費用・修繕費用がかかる

部屋の換気をあまりしない、衣類を頻繁に洗濯しないという場合、カビやダニの発生原因になります。また、散らかった部屋に対して無意識に罪悪感を覚えることがありますので、精神面でマイナス効果をもたらしかねません。

さらに、賃貸の場合には床の腐食、湿気によるカビや黒ずみ、剥がれなどがあると退去時に修繕費用がかかる可能性もあり得ます。自分で修繕するのが困難なレベルになれば、業者に依頼する費用がかさむので、経済的な打撃も大きいでしょう。

片付けが苦手!を克服する片付けの方法

片付けに苦手意識があることは自覚できているものの、克服するためにどこから手をつけていいか分からない、掃除の仕方が分からないという人もいるでしょう。ここでは片付けへの苦手意識を克服したい人に向けて、具体的な対策として掃除のテクニックをご紹介します。

【簡単にできる片付けの方法】いらない物を処分して物を減らす収納場所を決める綺麗にした状態を保つ

ここで紹介する掃除方法はいずれも簡単に実践できますので、日常生活の中でぜひ試してみてください。

いらない物を処分して物を減らす

まずは、ものの量を減らすことから着手してください。ものを捨てていく際は、手当たり次第に捨てていくのではなく、財布、カバン、ポーチなど身の回りの小物から始めるとよいでしょう。また、商品の保証書やパンフレットなどは写真に残す、スキャンできるものはデータ化して保管することもおすすめです。

ここでは、片付けが苦手な人でも簡単にものを捨てるためのポイントをご紹介します。

捨てる・捨てないの判断基準を決める

ものを減らす際には、捨てるか捨てないかの判断基準を決めることが重要です。判断基準を決めることで、不要なものを何となく残しておくことが減り、整理がスムーズに進みます。

判断基準は最近いつ使ったか、同じ種類のものはないかといった客観的な事実に基づいた形で決めることをおすすめします。客観的な基準に加えて、使うことで幸福感を得られるかなど自身の感情に問いかける基準を設けるとよいでしょう。いくつかの判断基準例を示しましたので参考にしてください。

【判断基準例】書類:本当に紙で持っておく必要があるか。データとして保存すれば十分ではないか。衣類:1年間で何度着たか。着ることで幸せな気持ちになれるか。化粧品:最近使ったのはいつか。流行りに取り残されていないか。本や雑誌:情報が古くないか。読み飽きていないか。

判断に迷うものは保留してもOK

ものを捨てる基準を決めたとしても、どうしても判断に困るケースがあるかもしれません。そのような場合は、一旦保留することも一つの手段です。保留することにより、一時の感情で本来は必要なものを捨ててしまうといった事態を防ぐことができます。落ち着いた際にしっかりと判断できるようにするため、保留用の段ボールを用意して一時的に保管しておくとよいでしょう。

収納場所を決める

ものの収納場所を決めておくことで、必要なものの場所がいつでも把握でき、簡単に取り出せるようになります。収納のコツは、生活の動線を考えて収納場所を決めることです。

例えば、入浴時に使うバスタオルはタンスや衣装ケースに入れるのではなく、洗面所の棚に収納することでバスタオルを取りに行くための余計な動作がなくなります。ものを出し入れするために余分な動作が生じると収納が面倒になり、ものを置きっぱなしにしてしまう原因となるでしょう。

ただし、生活習慣を無理に変えてまで、収納場所を決めることはおすすめしません。何らかの無理が生じると続かなくなり、結局は片付かない状態に戻るからです。収納する際には、収納アイテムを工夫してみるのもおすすめです。アイテムの色や高さを統一すると見栄えもよくなり、楽しみながら片付けを進められます。

綺麗にした状態を保つ

部屋を上手く片付けることができたら、その状態をできるだけ長く保てるように意識することが重要です。片付いた状態を保つためには、以下のようなルールを決めておくことをおすすめします。これらのルールが習慣として身についてくると、片付けへの苦手意識も消えていくでしょう。

【綺麗な部屋を保つルール】使ったものはそのままにせず、すぐに元に戻す。全てのものに対して収納場所を決めておく。新しいものを追加するときには一つ捨てる。

どうしても片付けが上手くできない人は業者にお任せする

仕事が多忙で時間が取れない場合など、どうしても自分で片付けができない事情がある人は、他人の力を借りることを考えてみてもよいでしょう。自力で何とかしようしても、片付けの習慣が長続きしなければ意味がありません。清掃サービスを提供する業者は数多く存在しますので、依頼をしてみるのも一つの手段です。

買取アプリ『Pollet』で物を処分する

ものを片付けるにあたり、状態がよいものやブランド品については、捨ててしまうのではなく買取りを検討してみるとよいでしょう。買取りを依頼する際には、「Pollet」というアプリがおすすめです。

「Pollet」は、手数料や送料がかからない(買取りをキャンセルした場合は対象外)ことに加え、購入者とのコミュニケーションがいらないことから、手軽さが特徴のアプリです。「不用品の買取りの手間すらも面倒だ」と思ってしまう人には、ぴったりのサービスではないでしょうか。

ブランド品以外にも、ゲーム機、カメラ、漫画なども高く買い取ってもらえる可能性があります。片付けだけでなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎにも「Pollet」はおすすめです。

今すぐブランド品を買い取ってもらいたい人はこちら

まとめ

片付けに苦手意識がある、片付けが下手という人には、何らかの原因があります。まずは、片付けが苦手な理由を自己分析したうえで、今回ご紹介した片付けのコツを実践してみてください。

どうしても自力での片付けが難しい場合は、業者に依頼するのも一つの解決策です。片付けにおいて、不用品を処理する際には、「Pollet」を活用した高価買取りをおすすめします。「Pollet」を使うことで、片付けがスムーズに進むだけでなく小遣い稼ぎもできますので、片付けへの苦手意識も次第に薄れていくでしょう。