片付けられない人の10割に共通する特徴|片付けを成功させる方法を紹介!

ハピ得マガジン編集者⑥

片付けてもすぐに散らかる部屋にため息をつく人は多いでしょう。実は、片付けられない人には、心理状態や性格、行動に共通する特徴があります。どんな特徴があるのかを把握して逆手に取れば、片付けのコツを掴めるでしょう。この記事では、片付けられない人の特徴を解説するとともに、片付けを成功させる方法をご紹介します。

片付けられない人の性格・行動・心理の傾向

片付けられない人は、怠け心によって行動に移せないだけではありません。その人の性格が影響していたり、心理や行動が作用したりする傾向があります。片付けられない人の主な特徴は以下の通りです。

【片付けられない人の特徴】もったいないと感じてしまう衝動買いをよくしてしまうものを集めることが好きおまけやノベルティ・限定品などが好き自分の持ち物を把握できていない発達障害などの病気

どの特徴においても、ものを増やすといった共通事項があります。特に女性は、男性に比べてものを多く所有しがちです。例えば、コスメや洋服を収集する行為は、女性にとって喜びでもあるでしょう。整理ができれば問題ありませんが、集めたまま放置してしまうと、部屋はいつまでも片付きません。ここでは、片付けられない人の特徴ごとに細かく解説します。

もったいないと感じてしまう

片付けられない人は、「もったいない」という心理が働き、不要なものでも溜め込んでしまう傾向にあります。例えば、紙袋や無料サンプルのコスメなど、他人から見れば捨てても問題ないようなアイテムが捨てられない人も多いでしょう。「もったいない」という気持ちが強ければ強いほど、ものが溜まる一方となり収納のキャパを超えてしまいます。その結果、部屋にものが溢れかえり、片付けられない状況になるのが特徴です。

とはいえ、「もったいない」は日本人が持つ素晴らしい精神であり、悪いことではありません。しかし、要らないものに対しても「もったいない」気持ちを持つと、キリがなくなってしまいます。「要る」「要らない」の線引きがで的確にできるよう見極める力が大切です。

衝動買いをよくしてしまう

衝動買いの誘惑に負けてしまうタイプの人も片付けが苦手です。セールや限定品に弱く、必要ないと分かっていても、つい買ってしまう傾向にあります。こうしたタイプの人は、商品よりも「買い物」自体が目的になっており、お得なものを購入できれば満足するのが特徴です。

そのため、買い物に行く度に必要ないものが増え、部屋が散らかっていきます。最終的には、収納スペースに収まりきらず、収拾が付かなくなるでしょう。

ものを集めることが好き

収集癖があるタイプの人も片付けられない傾向にあります。衝動買いが好きな人と同じく、「集めること」自体に夢中になっており、集めたものに対してはさほど愛着を感じていないのが特徴です。

例えば、漫画や雑誌、フィギュアなどを必要以上に買い集めては、家の中に放置している状況です。ただし、「コレクター」であれば集めたアイテムを大切に保管しますが、ただ集めることが好きな人は集めた後の管理ができません。最悪の場合、「ためこみ症」という症状が発症している可能性もあります。

おまけやノベルティ・限定品が好き

新商品に付属してくるノベルティグッズや街中で渡される無料のおまけなどが好きな人も片付けられないタイプです。地域限定の商品や季節ものなどに目がないため、年中不用品を持ち帰ってしまいます。しかし、こうしたタイプの人は、おまけやノベルティ、限定品を「もらうこと」が好きであり、本当に欲しいわけではありません。

例えば、年末になると配られるカレンダーのように、ひとつあれば十分役割を果たすようなアイテムも、無料でもらえるとなるとつい手が伸びてしまうでしょう。しかし、ノベルティには企業のロゴが入っており、実用性を考えると不向きです。また、おまけアイテムは、デザインがイマイチであることも多く、持ち帰っても忘れ去られた存在になりがちです。

自分の持ち物を把握できていない

自分が何を持っているか把握できていないタイプの人も、片付けが苦手です。例えば、冷蔵庫にどんな食事が入っているか覚えていない人も多いでしょう。何度も同じ調味料を買ってきてしまことはよくある話です。そのほか、トイレットペーパーや洗剤などの日用品も同じことがいえます。

持ち物を把握できていないため、セールや限定品にテンションが上がり、感情的になって買い物をしてしまうケースも少なくありません。思い付きだけで買い物をすると、必要ないものばかりが家に溢れ、片付けが困難になります。

発達障害などの病気

片付ける気持ちはあるのに片付け始めると気が逸れてしまい、結果的に片付けられないという人もいるでしょう。このような特徴を持つ人は、発達障害の可能性があります。発達障害の中でも、ADHD(注意欠如多動性障害)は、集中力に欠け、段取り通りに作業をするのが苦手です。ADHDの傾向があると片付けたい気持ちがあっても最後まで片付けられず、後回しになることも多いでしょう。

また、うつ病などの精神的な病気を患っている場合も、片付け苦手な傾向にあります。うつ病の場合、無気力感や倦怠感が強く、日常生活自体が困難になることも少なくありません。ただし、あくまで可能性の話であり、片付けられない人全てが病気というわけではないため、安易に判断しないようにしてください。

片付けられない人の10割に共通する特徴

片付けられない人の特徴は、さまざまあります。中でも、持ち物が多い人は片付けできない傾向が高いでしょう。しかし、持ち物が多くても、片付けのコツが押さえられている人は、上手に整理整頓をしています。反対に、持ち物が少ないにも関わらず、コツを把握していないために片付けられない人も少なくありません。つまり、持ち物の量よりも、コツを押さえて片付けができているかどうかがポイントです。

片付けられない人の共通する特徴として、「使ったものを元に返さない」があげられます。片付けられない人は、使ったら使いっぱなしで元の場所に戻さない傾向にあります。さらに、ゴミもゴミ箱に入れない、服は脱いだままの状態という人もいるでしょう。こうした状況が続けば、当然部屋は散らかり続けるばかりです。一方、片付け上手な人は、使い終わったらすぐに元の場所に戻すため、散らかることがありません。

片付けられないのはなぜ? 

部屋を整理しようと考えても、どうしても片付けられない人がいます。ミニマリストに憧れてものを減らそうと考えても、なかなか手放せなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。前向きな気持ちがありながら、片付けができないのには理由があります。主な理由は、以下の3つです。それぞれの理由について、詳しく解説します。

【片付けができない理由】片付け方が分からない時間に余裕がない片付けが日常になっていない

片付け方が分からない

いくら片付けたくても、片付けの方法が分からなければ無駄な行動ばかりが増えてしまいます。片付けには、最低限のルールを把握しなくてはなりません。ルールを覚えればどんなにものが多い部屋でも、スムーズに片付けられるでしょう。また、片付け後もルールを意識することで、綺麗な状態を無理せず保てます。片付けのルールについては、後述します。

時間に余裕がない

家事や仕事が忙しくて、片付けに費やす時間がない人も少なくありません。まずは、時間に余裕を作る必要があります。対処法として挙げられるのが、「家事代行」や「お掃除ロボットの導入」です。

家事代行は片付けのプロでもあり、気になる所をまとめて片付けてくれます。また、お掃除ロボットを使えば、家事の手間が減るため、空いた時間を片付けに活用できるでしょう。そのほか、「1日10分」「一箇所ずつ」など、無理のない範囲でルールを決めて、毎日こまめに掃除をするのもおすすめです。

片付けが日常になっていない

片付けの基本は、日頃から意識して少しずつ作業することです。整理整頓が苦手な人は、片付けが日常になっていません。来客時に慌てて掃除をしたり年末の大掃除だけをしたりしているケースも多いでしょう。こうした片付けを行うと、一度に掃除する範囲が広く、掃除量も多くなるため重労働になります。その結果、「掃除は大変な作業」というイメージが植え付けられてしまい、片付け嫌いになってしまうのです。

しかし、日頃から綺麗な部屋を保つことを意識していれば、部屋は散らかることがありません。初めは意識することが大変に感じる場合もありますが、そのうちルーティーン化して自然と片付けができるようになるでしょう。

片付けられない人が知っておくべきこと

片付けが上手くなるためには、片付けられていない部屋で過ごすデメリットを把握する必要があります。散らかった部屋がよくない影響をもたらすことを知ると、自ずと片付けをする気持ちが湧きやすくなるでしょう。同時に、整った部屋で過ごすメリットを知ることも大切です。デメリットとメリットの両方を把握して、効率的に片付け上手になりましょう。ここでは、デメリット・メリットを詳しく解説します。

散らかった部屋で生活するデメリット

散らかった部屋で生活すると、ただ見た目の印象が悪いだけではなく、さまざまなデメリットがあります。主なデメリットしてあげられるのが、次の4点です。

【散らかった部屋で生活するデメリット】ものを失くしやすいカビ・ダニの発生イライラしやすい撤去費用・修繕費用がかかる

散らかった部屋ではものの所在が把握できず、いつも探し物をしている状態になります。また、片付けられない人の多くは、換気をあまりしない傾向にあります。洗濯物も溜まりがちになるため、カビやダニが発生する原因にもなりやすいでしょう。

散らかった部屋は、視覚的にも影響を与えます。片付けられていない部屋の状況を目にすると、知らないうちに罪悪感を持ち、自己肯定が下がりやすくなりかねません。

度が過ぎれば、建物にも影響が出てくる可能性があります。湿気がこもった部屋はカビや黒ずみが発生しやすく、最悪の場合床が腐食しかねません。賃貸物件の場合は業者に依頼する事態となり、費用がかさみます。

片付いた綺麗な部屋で生活するメリット

綺麗な部屋にはどんなメリットがあるのでしょうか。片付けることで得られるメリットは次の4つです。

【片付いた綺麗な部屋で生活するメリット】気持ちに余裕ができるお金の節約になる時間を有意義に使える家事が楽になる

部屋にものが溢れていると、目から入る情報量が多くストレスがたまります。しかし、綺麗な部屋であれば、無駄な情報が排除され、気持ちに余裕ができるでしょう。また、要らないものを処分するのと同時に、心もリセットされます。

また、持ち物を把握しているため無駄遣いが減る点もメリットです。必要なものだけを購入するようになることから、お金の節約になります。探し物に割いていた無駄な時間が減るため、毎日を有意義に使えるようになるでしょう。整った部屋は、必要以上に片付ける必要がないため、家事自体も楽になります。

このように、片付けはメンタル面・金銭面・時間などさまざまな要素に影響しており、綺麗な部屋で過ごすことの大切さが分かるでしょう。

片付けられない人が片付けを成功させる方法

片付けたいと考えても、片付けの方法が分からなければ効率よく作業ができません。片付けが苦手な人が、片付けを成功させるためには、以下の方法を把握することが大切です。

【片付けを成功させる方法】要らない物を処分して物を減らす収納場所を決める綺麗にした状態を保つ

ここでは、上記3つの方法について詳しく解説します。

要らない物を処分して物を減らす

片付けが苦手な人は、とにかく持ち物が多い特徴があります。まずは物理的に空間を広くする必要があるため、片付けをする前に断捨離をしていきましょう。ただし、広い部屋から始めると途方に暮れて作業が進みません。まずは、財布やカバン、ポーチといった小物や引き出しの中から始めることをおすすめします

また、アイテムごとに処分するかどうかを悩んでいると、テンポよく断捨離ができないため、判断基準を決める必要があります。例えば、「1年以上使っていないアイテムは処分する」といった基準を設けておくと、機械的に処分していけるでしょう。どうしても判断がつかない場合は、保留にして後日判断しても構いません。

場所を取るような記念品や思い出の品があれば、写真に記録するのもおすすめです。書類関係はデータ化して保管すると場所を取りません。

収納場所を決める

必要なものが仕分けられたら、全てのものに収納場所を決めてください。使用頻度の高いものだけではなく、どのアイテムも一つ残らず対象です。全ての収納場所が決まれば、所有物の在り処を把握でき、探し物が減ります。万が一、収納場所が足りない場合は、再度断捨離をして持ち物を見直す必要があるかもしれません。どうしても必要であれば、収納グッズを追加します。

収納をする際は、自分の生活スタイルを踏まえて動線を意識することが大切です。反対に、収納場所に合わせて生活スタイルを変更すると、暮らしが不便になるため気をつけてください。

収納後の部屋をスッキリ見せるためには、収納アイテムの統一感を出すのがポイントです。見栄えもよくなり、人を呼んでも恥ずかしくないインテリアに仕上がるでしょう。また、掃除をスムーズにするためにも、床にものを置かないようにしてください。

綺麗にした状態を保つ

部屋を片付けたら、綺麗な状況を保たなければ意味がありません。そのためには、意識の変革が大切です。特に「使ったものはすぐ元の場所に戻すこと」は重点的に意識づけるように心がけてください。片付けが苦手だった人は、つい使いっぱなしにする癖があります。初めのうちは毎回意識的に片付けなければ、再び散らかった部屋に戻る可能性があるでしょう。

また、ものを増やさないために、「1つ購入したら1つ手放す」というルールを作るのもポイントです。今の自分にとって必要なものが手に入るため、満足感も高い方法といえるでしょう。さらに、ミニマリストを目指すならものを買うのをやめてレンタルをするのもおすすめです。近年では、服やファッション小物などのレンタルも充実していますので、うまく活用できれば、クローゼットの中身は常に数着で済みます。

どうしても片付けられない人の解決策

片付けにチャレンジしたが上手くいかなかった場合は、プロに依頼するのもおすすめです。近年は、お片付け業者や断捨離のお手伝い、掃除のアドバイスをしてくれる業者が増えています。プロに頼めば、1日で片付けが完了するケースもあるため、一気にミニマリストの仲間入りができるでしょう。ただし、綺麗な状態を保つのは日々の意識が欠かせません。再度散らかってしまうのであれば、定期的に依頼する必要があります。

買取アプリ『Pollet』で物を処分する

部屋を片付けるために断捨離を行うと、想像していたよりもたくさんの不用品があることに気が付くのではないでしょうか。中には、状態のよいものもあり、捨てるのはもったいないと思うケースもあります。そこでおすすめなのが、買取サービスやフリマアプリです。

買取アプリ「Pollet」なら、手数料や送料(査定後キャンセルの場合は除く)が必要ありません。また、フリマアプリでは欠かせない購入者とのやりとりもないため、簡単に作業できるのがメリットです。買取対象は、ゲームやカメラ、AV機器などのほか、ブランド品やマンガなど広く取り扱っています。高価買取ができる「Pollet」を使って、片付けと合わせてお小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか。

買取アプリ「Pollet」はこちら

まとめ

片付けられない人は、10割が「使ったものを元に戻さない」という性質を持っています。逆手に取れば、使ったら元に戻すだけで、ある程度綺麗な部屋になるのです。まずは、片付けに対する意識を改善していくことが大切。意識が変われば行動が変わり、片付け下手が克服できます。まずは小さなスペースや小物からトライしてみてください。この記事を参考に、ぜひ片付けにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。