業界No.1水準の還元率に挑戦!

今さら聞けないGoToトラベルキャンペーン

GoToトラベルキャンペーンを「使ったことがない」という人も多いのでは?新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言の発令により完全に停止しているGoToトラベル事業。実は2021年1月末で終了予定でした。延長・再開が前提のこの事業。使いこなせば、とってもお得に旅行ができるスグレモノ。停止中の今、しっかりと学んでおきましょう。

01いまさら聞けない!GoToトラベル事業とは?

2020年。新型コロナウイルスの世界中への感染拡大により予防対策のため外出自粛を余儀なくされた私たち。人が外出しない、集まることができない状況で打撃を受けた業界が宿泊、交通、観光、飲食、サービス、そしてエンターテイメント業界でした。
日本政府はそれらの業界を救うために2020年4月4つのキャンペーンから成る「Go To キャンペーン事業」を発表。

  • ①Go To トラベルキャンペーン

    旅費を半額援助する事業

  • ②Go To イートキャンペーン

    飲食店の食事代を援助する事業

  • ③Go To イベントキャンペーン

    エンターテイメント鑑賞料金を援助する事業

  • ④Go To 商店街キャンペーン

    商店街でのイベント、プロモーション、観光商品開発など、商店街を活性化させる事業

「GoToキャンペーン」の一つで、国民の旅費を支援し旅行がしやすくなる環境を作り、宿泊施設や旅行会社、地域観光の経済を助ける国家プロジェクトが、GoToトラベルキャンペーンなのです。

国土交通省ホームページより

02GoToトラベルキャンペーンって何してくれるの?

  • ①国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の50%相当額を支援
  • ②支援額の内3割は旅行代金の割引に、3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与
  • ③一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については1万円が上限)
  • ④連泊制限や利用回数の制限なし

なぬっ?旅費を半額援助する事業とな?
…ということ

「新幹線のグランクラスに乗り1泊100万円のスイートルームに泊まったら50万円を現金でもらえるの?」

憧れのグランクラス

なんて勘違いしている人もいますが……残念ながらそれはありません。援助対象となる旅行は決められていて、対象外の旅行もたくさんありますよ!

どのような旅行が対象になえい、どのように支援を受けるのか、しっかりとみていきましょう。

GoToトラベルキャンペーン支援対象の旅とは?

GoToトラベルキャンペーンで援助してくれる「旅」は、旅費のすべてが援助の対象ではありません。以下3つの旅行商品のみが援助の対象となります。

  • GoToトラベルキャンペーンに参画している
  • ①旅行会社のツアー対象商品(宿泊を伴うツアー・日帰りツアー)
  • ②ホテル・旅館の公式サイト掲載の対象宿泊プラン
  • ③宿泊通販サイト経由のホテル・旅館の対象宿泊プラン
  • ④宿泊を伴う交通の対象チケット(宿泊事業者として登録しているクルーズ、フェリーなどが条件)

政府の援助ではありますが、利用者とGoToトラベル事務局との直接のやり取りはありません。
GoToトラベル事業者として、国土交通省が認可した旅行業者である旅行会社もしくは宿泊施設から対象商品を購入することになります。
参画している事業者はGoToトラベルキャンペーンの公式サイトから確認することができます。

宿泊旅行の場合

日帰り旅行の場合
国土交通省 Go To トラベル事業関連情報より

移動手段単体はGoToトラベルキャンペーン対象外

鉄道、飛行機、バス、レンタカーなど移動手段単体の購入はGoToトラベルキャンペーンの対象外です。例えば前述の新幹線のグランクラスを利用した旅行で割引してほしい人は、GoToトラベルキャンペーン対象ツアーで「グランクラス利用」のツアーを予約購入すれば、その願いはかないます。

支援は現金ではない

「なるほど!ツアーか宿泊プランの予約であれば、半額の旅費を現金で支援してくれるんだな?還付金の振り込み、楽しみ!」と、思った人も多いかと思いますが、そうではありません。GoToトラベルキャンペーンの援助金は「割引」と「地域共通クーポン」の2つで構成されています。

つまり現金のやり取りは発生しません!

半額援助のうち、割引は旅費の35%。残り15%は地域共通クーポンの発券で補われるため、ます。地域共通クーポンは、旅行先の都道府県から連続した3つ県で使えるクーポン券。GoToトラベルキャンペーン加盟の店舗や観光施設で使えます。

国土交通省Go To トラベル事業関連情報より

地域共通クーポンとは?

旅行先の都道府県と隣接する3つの都道府県で、旅行期間中のみ限定で使用できるクーポン家。タクシーやバスなど指定席が伴わない交通機関、飲食店、アクティビティ、土産物店など、加盟店のみで使用できます。ちなみに店舗が登録さえしていれば、コンビニエンスストアやドラッグストア、アパレルショップやリラクゼーション施設も対象になるので、想像以上に金券としての利用価値大。

1枚1,000円単位でおつりは出ないので、地域共通クーポンと硬貨を組み合わせて損がないように使い切るのが得するポイント。紙クーポンと電子クーポンがあり、それぞれ受け取り方法や使い方が異なります。

紙クーポン

電子クーポン

支援できる金額には限度がある

「地域共通クーポンと合わせたとしても半額支援はうれしい。家族そろって100万円のツアーを予約しよう!」ですって?
ちょっと待ってください!
支援は税金から支払われています。つまり無限ではないのです。

上限額は宿泊旅行は1人1泊20,000円まで
日帰り旅行は1回10,000円まで

電子クーポン

例:伊豆へ1泊2日の旅行をした!合計金額は1人15,000円=支援額は7,500円
例:京都へ1泊2日の旅行をした!合計金額は1人40,000円=支援額は20,000円

GoToトラベルキャンペーンが高級ホテルや旅館に有利であり、価格帯の安い宿泊施設に予約が入らないと言われているのは、上限まで支援を受けたいという心理が働くから。

半額援助と聞いて100万円のスイートルームに泊まらないように

ビジネス出張での利用は対象外

GoToトラベルキャンペーンはビジネス出張を対象外にしています。会社名記入の領収書の発行は宿泊施設が拒否。旅行会社のツアーも会社名の領収書の発行は拒否されます。
例外は修学旅行。領収書に学校法人名を記載してもらうことは可能です。

予約回数制限はない。でも、1回の泊数制限あり

GoToトラベルキャンペーンの1泊の支援金額には上限はありますが、予約回数には限度がありません。また、事業開始当初は泊数も制限がありませんでしたが、2020年11月には1度の対象旅行で予約ができるのは、7泊以下と泊数制限が設けられました。
8泊以上のGoToトラベルキャンペーン対象旅行の大多数が、ビジネス客利用であり「観光目的での宿泊がごく少数」だったという利用実態を踏まえての結果です。
中にはGoToトラベルキャンペーンの割引を最大限に使った「日本一周」ツアーを企画していた旅行会社もあり、突然の変更に衝撃が走りました。

ただ確かに「旅行のためのツアー」の場合は確かに7日以上のものは見かけない上に、それこそ日本1周、九州1周、北海道1周……のようなものでなければ必要はないのかもしれません。

とはいえ、1回目、2回目と予約を分ければ長期間の旅行は可能

乳児・幼児・子供も大人一人と同カウント!家族旅行がお得!

1泊1人上限2万円で旅費の35%の割引と、15%分の地域共通クーポンは子ども・乳児とも大人と同じ扱いになります。
安いツアーの中には子ども料金を設定していないものもあり、損した気分ですが、子ども・乳児分の支援は大人と同額で、とてもお得。さらに宿泊予約では乳幼児が無料の旅館やホテルであっても、大人と同額の割引援助が適用されます。

家族旅行が通常よりはるかにお得に!

03GoToトラベルキャンペーンはいつまで?

2020年12月28日からの一斉停止に加え、緊急事態宣言の発令が重なり、本来2021年1月末までを予定していたGoToトラベルキャンペーンの今後の延長・再開が気になるところ。

これからの旅行特集の記事で追ってお知らせしていきますね!

ハピタスからの予約でポイント増!旅行サイト特集はこちら⇒

お買い物あんしん保証
不正行為への取り組みについて
P R