この広告の還元率、ハピタスがNo.1水準

三井住友ビジネスカード for Owners【利用で最大26,500円相当がもらえるチャンス!】

レビュー件数:0件

  • イッパイ
  • UP中
  • 新規クレジットカード発券+使用者追加同時申込(パートナーカード発行)で
  • 4,00016,500pt
  • 判定までの期間:発行完了後約90日~120日
  • (通帳記載の目安 1日以内)
法人代表者の方・個人事業主の方向けカード
━ 三井住友ビジネスカード for Owners ━

●登記簿謄本・決裁書不要!
  代表者ご本人の確認資料のみで手続カンタン

●スタートアップ企業にも!
  会社設立間もないお客さまでもお申し込み可能

POINT1.経費管理と事務作業の効率化
POINT2. 国内外の出張サポート
POINT3. キャッシュフローの改善とおトクで便利なサービス

【インターネットでのお申し込みで初年度年会費無料!】
※三井住友ビジネスカードfor Ownersは三井住友マーチャントメンバーズクラブ(個人型)の後継商品です。
※三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersは初年度年会費無料の対象外です。

-----------------------------------------------------------
※こちらに記載している内容は、広告主サイトの情報やキャンペーンをご紹介しておりますが、
最新の情報でない場合もございますので、必ず広告主サイトのページにて最新の情報・キャンペーンをご確認ください。

【ポイント獲得条件】
新規クレジットカード発券+使用者追加同時申込(パートナーカード発行)
※対象カード:三井住友ビジネスカード for Owners クラシック
※申込フォームの途中でパートナーカードを追加できる項目がございますので同時にお申込みください。 
※「クラシック」「ゴールド」どちらかを初めて申し込まれた方が対象となります。 
※法人代表者の方もしくは個人事業主の方が対象となります。

【ポイント却下条件】
虚偽・重複(IP、住所)・いたずら・パートナーカード同時申込完了しない場合・同一カードを既に保有している方・カード発行に至らなかった場合・クラシック、ゴールドどちらかをお持ちの方からの申込・「クラシック」から「ゴールド」へのアップグレードした場合・不正・キャンセル・受取り未確認・申込不備・「for Ownersクラシック」以外のビジネスカードのお申込などは不可

【注意事項】
※申込フォームにおいて、パートナーカードを追加できる項目がございますので同時にお申込み下さい。
※VISA・Mastercardを同時に発行いただいた場合はVISAのみが対象となります。


※2020/10/31 23:59までの対象条件
【ポイント獲得条件】
新規カード発行完了
※「クラシック」「ゴールド」どちらかを初めて申し込まれた方が対象となります。
※法人代表者の方もしくは個人事業主の方が対象となります。
※Masterカードは対象になりません。

【ポイント却下条件】
虚偽・重複(IP、住所)・いたずら・同一カードを既に保有している方・カード発行に至らなかった場合・
不正・キャンセル・対象カード以外の発行・受取り未確認・申込不備・Masterカードをお申し込みの場合・
既に「クラシック」を保有の方が「ゴールド」へアップグレードする場合・対象者以外の方からのお申し込みなどは不可

※2018/3/31(日曜日)23:59までの対象条件
【ポイント獲得条件】
新規カード発行+パートナーカード同時申込完了(カード受取必須)
※対象カード:三井住友ビジネスカード for Owners(「クラシック」もしくは「ゴールド」)
※対象者:下記の方が対象となります。
・「クラシック」「ゴールド」どちらかを初めて申し込む方
・法人代表者の方もしくは個人事業主の方
・お一人様1回のみ対象となります。
※VISAのみ対象となり、Masterは対象外となります。

【ポイント却下条件】
パートナーカード同時申込完了していない方・虚偽・重複(IP、住所)・いたずら・同一カードを既に保有している方・
カード発行に至らなかった場合・不正・キャンセル・対象カード以外の発行・受取り未確認・申込不備・
Masterカードをお申し込みの場合・既に「クラシック」を保有の方が「ゴールド」へアップグレードする場合・
対象者以外の方からのお申し込みなどは不可

広告のご利用にあたり、以下の注意事項を必ずご確認ください。
注意事項をお守りいただけないと、広告を利用してもポイントが獲得できません。

広告ご利用前の注意
  1. 広告ごとに定められたポイント獲得条件ポイント却下条件を必ずご確認ください。
  2. 広告のご利用前に、必ずお使いのブラウザにてCookieの削除を行ってください。
    パソコンでの削除方法 / スマートフォンでの削除方法
  3. 広告サイト側が提供しているアプリ上でのサービスご利用は、原則としてハピタスのポイント獲得の対象となりません。

    ※スマートフォン版ハピタスをご利用の場合、お使いの端末の設定によっては、広告側のアプリが自動的に起動するケースがあります。アンインストールをお試しいただくなど、広告側アプリが起動しない設定でご利用ください。

  4. 「くり返しOK」の広告を複数回ご利用される場合は、ご利用(ご購入、お申し込み)ごとに、その都度ハピタスの「ポイントを貯める」から広告側サイトにアクセスしてください。
  5. ハピタス・広告サイトそれぞれの推奨利用環境でご利用ください。
    ハピタスの推奨利用環境(パソコン版/ スマートフォン版)
  6. 「サイト越えトラッキングを防ぐ」を「OFF」にしてください。
    iOS11以降・macOS High Sierra以降の方は、未設定の場合ご利用が「判定中」と記載されない可能性があります。 設定方法はこちらをご確認ください。
広告サイトご利用時の注意
  1. 広告利用時は、サイト上のWEBフォームからお申し込みください。
    お電話等、WEBフォーム以外の申込方法は、ハピタスポイントの獲得対象となりません。
  2. 原則として、広告サイトのポイント等を利用して支払われた金額分はハピタスポイントの獲得対象となりません。
  3. 広告利用後、お申し込み内容の変更は行わないでください。
    お支払方法や来店日など、お申し込み内容を変更された場合、ポイントが反映されない、または無効と判定される場合があります。

    ※広告主の都合により、お申し込み内容が変更となった場合も該当します。あらかじめご了承ください。

  4. 広告サイト上でページ遷移される場合は、完全にページが表示されてから移動してください。
    ハピタス経由としてのデータが途切れ、ポイントが正常に反映されない可能性があります。
  5. 広告サイトから送られるメールは、ポイントが有効となるまで必ず保管してください。
    ポイントが付与されない・無効と判定された際に、メールが確認できない場合は対応できかねます。
  6. 広告サービスについてのご不明点は、広告主企業へ直接お問い合わせください。

    ※広告主企業へのハピタスポイントに関する質問は禁止しております。ポイントに関する質問は、必ずハピタスにご連絡ください。

判定についてのご注意
  1. 各広告の獲得ポイント数やポイント対象条件、判定期間は変更される場合があります。
    その場合、ハピタスを経由した時点でのポイント数や条件、判定期間が適用されます。
  2. 広告利用から通帳記載までに、お時間がかかる広告があります。
    各広告に定められた「通帳記載の目安」や「ポイント対象条件」欄をご確認ください。
  3. ポイント付与は、原則として各広告ごとに定められた「判定期間」内に行われますが、若干前後する場合があります。
  4. 獲得ポイント数については、以下の点にご注意ください。
    • 原則として、税抜・送料抜きの金額に対して計算されます。
    • ポイント付与数が1ポイント未満のものは切り捨てとなり、通帳には記載されません。
    • 一部の広告については、1商品につき10円単位の金額は切り捨てとなります。ポイント対象条件をご確認ください。
  5. 広告主企業へのハピタスポイントに関するお問い合わせは禁止しております。
    広告主企業では、ポイントに関する質問に対応できません。
    ハピタスポイントについてのご不明点は、必ずハピタスまでお問い合わせください。

    ※直接お問い合わせをされた場合は、ポイント取り消し、退会措置等を行なう場合があります。

  6. ポイントに関する調査をご希望の場合、以下の期間内にお問い合わせください。

    ※一部調査をお受けすることができない広告や、調査期限が限定されている広告があります。ご利用の前に広告詳細ページをご確認ください。

    • 通帳に反映されなかった場合、広告ご利用日から1年
    • 判定期間を超過した場合、広告ご利用日から1年
    • 無効判定となった場合、判定結果が反映されてから6か月

この広告を見た人はこんな広告も見ています

商品購入で
1%

楽天市場

商品購入で
1%

楽天ブックス

商品購入で
1%

Yahoo!ショッピング

宿泊完了で
0.61.2%

じゃらんnet

商品購入で
2.23%

honto本の通販ストア

お買い物あんしん保証
不正行為への取り組みについて
P R