メニュー

カーリースに向いている人の特徴は?向いていない人の特徴も合わせて解説

車のサブスクとして人気のカーリースは新しい車の利用方法として多くの方から注目を集めています。

ただし、リース契約というものに慣れていない方にとって「カーリースがどういうものなのかが分からないのはもちろんのこと、自分にとってカーリースが向いているのかどうかも分からない人も少なくないでしょう。

法人契約でカーリースが使われるケースはありましたが、個人向けのカーリースは最近普及してきたサービスである為、まだ認知度や理解が進んでいない現状にあります。

そこで今回は、

  • カーリースの仕組みや月額料金
  • カーリース契約時に気をつけたい注意点
  • カーリースのプラン選びのコツ

を中心に、カーリースに向いている人と向いていない人の特徴をご紹介していきます。

目次

カーリースに向いている人の特徴

カーリースに向いている人は、主に7つの特徴があります。

  • 頭金や貯金はないが車に乗りたい
  • 車を購入したいが高くて買えない
  • 毎月の支払い管理を簡単にしたい方
  • 手続きを簡素化したい
  • 定期的に車を乗り換える
  • 長距離移動が少ない
  • カスタマイズは特にしない

もう少し具体的に見ていきましょう。

頭金や貯金はないが車に乗りたい

新車購入時には自動車税や自賠責保険や登録費用が必ず必要であり、購入者の金銭面に対する負担が大きくなります。中には新車購入時に頭金や貯金がない方も少なくないでしょう。

カーリースでは車を購入する際に必要になる費用と車両本体金額をまとめて月々定額払いで所有できる分、まとまった頭金や貯金が必要ありません。

カーリースで契約すれば、頭金や貯金が少なくても、あなたの希望する車に乗れる可能性が高くなります。

車を購入したいが高くて買えない

最近の車は安全性能や新採用の機能を搭載している車がほとんどですので、便利な分、購入費用が高めに設定されています。

現金で購入する場合には一度に数百万円単位のお金が必要になり「車を購入しよう」と思ってもすぐに購入できるものではありません。

その分、カーリースでは車に必要な費用を抑えつつ、新車に手を出せないという方でも希望する車を購入できるおすすめの購入方法になります。

毎月の支払管理を簡単にしたい

自動車を利用する場合、毎月発生する費用もあれば、税金のように年1回だけ必要になる費用もあります。

その為、毎月の支払い金額が変動し、更には税金支払い等の際はまとまった金額が必要になり、支払い管理が大変に感じる方がいるのも事実です。

カーリースの月額料金の中には、車両本体価格の他にも自動車税や自賠責保険、メンテナンス費用がなどが全て含まれており、全てがコミコミになっている分、毎年特定の月に必要な大きな出費を減らせるメリットがあります。

その為、細かい支払い管理の手間を無くしたいという方には、カーリースは向いていると言えるでしょう。

手続きを簡素化したい

車を購入する際には、契約から納車までに様々な手続きが必要です。また、契約後にも登録書類の提出や登録書類の準備が必要になります。

時間のある方であれば1つ1つの手続きに時間をかけられますが、仕事で忙しいサラリーマンや主婦の方には時間を作ることも難しいものです。

カーリースでは、リース会社によって車の購入から契約までの手続きや登録、納税手続きを全て代行してくれる為、手続きを簡素化できる特徴があります。

また、もし数年ごとに車を乗り換えしたい場合でも、車両を返却して新しい車に乗り換えするだけなので手続きが思っている以上に簡単で時間が必要ありません。

定期的に車を乗り換える

カーリースでは契約期間が決められており、定期的に車を乗り換したい人にはおすすめです。車の乗り換えの時にはまとまったお金も必要なく、費用の負担も必要ありません。

リース会社によっては契約期間の途中でも「新しい車に乗り換えできるプラン」もありますので、現金で購入するよりも手軽に車を乗り換えできます。

定期的に車を乗り換えたい方のニーズに最適なプランになります。

長距離移動が少ない

カーリースでは「リース会社から車を借りる」ことが契約条件であり、月々の支払料金をなるべく安く設定する分、月に1,000km〜2,000km以内と走行距離が決められています。

ですので、距離を気にする心配なく、車を運転できる訳ではありません。

1回の遠出をするだけでも数百kmの距離が必要になります。ですので、カーリースは距離制限がある分、長距離運転が少ない方に向いている購入方法です。

距離制限をオーバーしてしまうと、追加料金が必要になる可能性もありますので、注意しましょう。

カスタマイズは特にしない

カーリースでは契約満了時に車をリース会社に返却する必要があり、契約者の自由に車のカスタマイズを行うことができません。

「メーカーオプション以外の装備を取付する予定がない」という方にとってはカーリースでも十分に満足できますが、自分好みの車のカスタマイズを楽しみたい人にはおすすめできないプランになっています。

車のカスタマイズは自由にできませんが、メーカーオプションや用品オプションで選べる装備は取付可能ですので心配はありません。

カーリースは「自分で購入した社外品パーツを取付する予定がない方」にお得な方法になります。

カーリースに向いていない人の特徴

カーリースには向いている人もいれば、逆に向いていない特徴もあります。

以下ではカーリースに向いていない人の特徴を5つまとめました。

  • まとまったお金を用意できる
  • 車を自己所有したい
  • カスタマイズしたい
  • 運転があまり得意ではない
  • 長距離運転が多い

まとまったお金を用意できる

車の購入には登録費用以外にも自動車税や自賠責保険、その他メンテナンス費用など様々な費用が必要です。

車に必要なお金がない人もいれば、まとまったお金を用意できる人も中にはいます。カーリースではまとまったお金を用意する必要がなく、車を契約できるお得なプランです。

ですが、一括で車を購入できるお金を用意できる方にはおすすめできません。

リース会社によっては車検費用やメンテナンス費用など現金で車を購入する場合よりも割高になる可能性があります。

また「月々の支払料金が必要になるのは面倒」という方にとっても、カーリースはおすすめできない契約です。

車を自己所有したい

基本的にカーリースで車を契約する場合には、最終支払時に車を返却する必要があり、自分の車として自己所有できません。

自分の自己所有している車でなければ、自分の好きなタイミングで車を乗り換えることもできないでしょう。

カーリースでは車の所有者がリース会社になる関係上、所有権を自分の名義に変更できませんが、リース会社によっては最終支払後に「自分の車にできる」プランもあります。

自分の好きなタイミングや車を自己所有したい人はカーリース以外の契約方法をおすすめします。

カスタマイズしたい

車のカスタマイズ好きな方であれば、社外品のエアロパーツを取り付けしたり、車の車高を高くしたりなど、色々なアレンジを加えて自分好みの車に改造したいはずです。

ですが、カーリースでは最終的に車を返却する必要があり、返却時に原状回復できない改造については認められておらず、追加費用が必要になる可能性も考えられます。

自分が所有する車ですので、自分好みに改造したい気持ちはどんな方でも少しはあるでしょう。

「カスタマイズを自分好みにやりたい」という方は、カーリース以外の購入方法で車を所有することをおすすめします。

運転があまり得意ではない

新しい車にもなれば運転慣れしていない分、思わぬ事故を起こしてしまう可能性も考えられます。また、運転があまり得意ではない方にとっては、月額料金以外にも追加料金が必要になるケースも考えられます。

カーリースで車に傷やへこみを与えた場合、車を元の状態に戻してからリース会社に返却する必要があります。

ですので、運転があまり得意ではない方にとってはデメリットの要素が高い傾向があります。「傷やへこみで追加費用を支払いたくない方」はカーリース以外の購入方法を選びましょう。

長距離運転が多い

カーリースでは月に走行できる距離が決められている為、走行制限以上の距離を運転できません。

車を運転する方によっては、旅行好きな方や仕事の関係上、車で長距離運転する機会が多い方も少なくないでしょう。

カーリースは長距離で車を運転する方にとって負担が大きい契約方法です。リース会社によっては「走行制限がないプラン」もありますが、全てのリース契約が走行制限なしのプランを用意している訳ではありません

「走行制限を気にして運転するのは嫌だ」という方にはおすすめできないプランになっています。

カーリースに向いていない人もプラン次第ではお得?

「走行距離が不安」や「車の改造ができない」などカーリースに対して不安要素を抱えている方でも、プラン次第ではお得に車を所有できるケースが4つあります。

  • 契約満了時に車をもらえるプランがある
  • 簡単なカスタマイズはできる
  • カーリースによっては原状回復費用の補償プランがある
  • 長距離設定プランや年間走行距離で調整する

「自分にはカーリースは向いていない」という理由で諦めるのはまだ早いでしょう。

契約満了時に車をもらえるプランがある

基本的にカーリースでは契約満了時に車を返却する可能性がありますが、リース会社によっては最終支払時に「車をもらえるプラン」も用意しています。

よく「リースでは自分の所有物に最終的にできない」と考える方がいるかもしれませんが、車をもらえるプランがあれば検討されても良いのではないでしょうか。

また、リース会社によっては、最終支払時に一定の金額を残して月々定額料金で契約する「残価精算」もあります。

この残価金額を返済すれば自分の所有物にできます。ですので、リース契約時に支払満了後の選択について詳しく確認しておきましょう。

簡単なカスタマイズはできる

カーリースは大がかりなカスタマイズができませんが、原状回復が可能であればパーツ取付などのカスタマイズも認められています。

例えばドリンクホルダーやシートカバーといった車内アクセサリーは取り外し可能なので、ネジ止めなどの車に加工を行う取付をしない限り、まず問題になることはないでしょう。
アルミホイールも純正ホイールに保管しておき、契約終了時に戻せばいいので、間違って処分や売却などしない限りは大丈夫です。

エアロパーツのような外観を大きく変えるものに関して、メーカー純正オプションであれば認められることもあります。また、メーカーオプションのパーツ取り付けであれば何か不具合があった場合でもメーカー保証を利用できるメリットがあります。

ただしカーリース会社によって車のカスタマイズの制限が異なりますので、カスタムして乗りたい人は、契約時に必ず確認しておきましょう。

カーリースによって原状回復費用の補償プランがある

リース契約によってはリースプランに「原状回復費用の補償プラン」を追加できるプランも用意しています。

ですので、原状回復費用による大きな金額負担を抑えつつ、車を利用できる可能性があり「現状復帰に必要になるお金が必要になるのは不安」という方にも安心して車を所有できます。

また、自分のカーライフに合わせて幅広いプランの中から自分にあったプランを選択できるのもカーリースの特徴の一つです。

長距離設定プランや年間走行距離で調整する

カーリースによっては長距離運転をする方の為の「長距離設定プラン」が用意されています。

ですので、長距離運転される機会が多い方にとっても毎月一定の料金を支払うだけで距離に関係なく車を所有できます。人によっては仕事の関係上、長距離運転をされる方や遠出が好きな方がいるかもしれません。

カーリースでは毎月1,000km〜2,000km以内と距離が制限されていますが、年間の走行距離で調整することも可能です。

「今月は3,000km運転したけど来月は1,000km運転する」など年間距離を調整すれば、走行制限を気にする心配はありません。契約時には年間の走行距離は何km以内なのかを確認しておきましょう。

カーリースの仕組みについて

カーリースの仕組みは、数年後の残価金額を差し引いた車両価格と契約期間中に必要な税金関係や維持費を合計した上で、お客様の契約した期間で分割することで金額を算出します。

ですので、車の購入費と維持費を合計した金額を契約期間で割ることで月々の支払金額が一定になる仕組みです。

リース会社によって残価金額(車両返却時に据え置きしている車の価値)を設定しているプランと残価金額を設定していないプランを用意しているケースがありますので、契約時には確認する必要があります。

リースと購入の違い

リースと購入では車の購入方法が異なります。

「リース」とは、車に必要になる自動車税や印紙代などの税金費用や自賠責保険、登録費用、メンテナンス費用などを全て含めた金額を契約期間で割ることで月額料金にできる方法です。

さらにリース会社によってはメンテナンス費用や車検費用も月額料金に含めることも可能ですので、車を所有する際に必要な出費を抑えられる特徴があります。

一方「購入」とは、車両本体価格に登録費用などの車に必要最低限の費用を支払うことで購入時に車を自分の所有物にできる方法です。

一度に大きな費用が必要になりますが、リース契約とは違い購入時から「自分の車」として所有できる走行制限や車のカスタマイズなどの制限がありません。

どちらを選ぶ際にもメリットとデメリットがありますので、自分のカーライフに合わせた購入方法を選ぶことが重要です。

基本料金に含まれるもの

カーリースの基本料金に含まれる費用を下記に8つまとめました。

  • 車両本体金額
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 環境性能割
  • 自賠責保険
  • 登録諸費用
  • メンテナンス費用
  • 仲介手数料

車を購入する際には車両本体価格以外にも登録費用やメンテナンス費用、各種税金費用が必ず必要です。

カーリースでは全ての費用をコミコミにした上で、月々定額料金のプランになりますので、車に必要になる固定費を常に定額にできます。

ですので、家計を管理している主婦や一人暮らしの社会人の方にもメリットが大きい購入方法になります。

プランによって含まれるもの

次にリース会社によってプランに含まれるものを4つ紹介します。

  • 消耗部品交換費用
  • 自動車保険料
  • ロードサービス費用
  • 車検費用

消耗部品交換や自動車保険代、ロードサービス費、車検費用などは、リース会社のプランによって含まれている可能性があります。

ですので、リースで車を契約する場合には、どこまでの範囲がリース料金に含まれているのかを念入りに確認しておきましょう。後々、トラブルになってからでは自分が損をしてしまいます。

基本料金に含まれないもの

最後にカーリースのプランに含まれないものを4つ紹介します。

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 車の修理費用
  • 自動車保険料

基本的にリース契約ではガソリン代や駐車場代などの日常生活で必要になる費用が含まれておりません。

また、突発的な車の修理費につきましても、リース料金とは別で費用が必要になりますので注意しましょう。

カーリースでは、車を維持する際の費用がコミコミと言われていますが、全ての費用が含まれていない事は理解してください。また、自動車保険についてはリース会社によってリース料金に含まれているプランもあります。

カーリースで気をつけておきたいポイント

カーリース契約をする際に気を付けてほしいポイントが5つあります。

  • 中途解約は基本できない
  • 残価設定の有無を確認する
  • 走行距離の確認
  • カスタマイズの可能な範囲
  • 契約満了時の精算内容

「カーリースで車を契約しなければ良かった」と後悔する前に注意ポイントをよく確認しておきましょう。

中途解約は基本できない

カーリースでは契約期間中に中途解約してリースを解約できないプランになっています。万が一、リース契約を中途解約できた場合でも違約金が必要になる可能性があります。

また、違約金に含まれる費用の中には「リース残債金額」や「解約事務手数料」「遅延損害額」などが挙げられ、通常支払う金額よりも割高の費用を支払わなければいけません。

もし、リースを中途解約する可能性が少しでもあるなら、3年未満で契約できるカーリースを検討しましょう。リスクをなるべく減らせるプランがおすすめです。

残価設定の有無を確認する

カーリースには残価(数年後の車の価値)を差し引いた費用を契約期間で割って契約する残価設定方法があります。

残価を設定する分、月々の支払料金を抑えられますが、残価の設定を高くするほど契約満了時の車両返却時の車両価値を維持しなければいけません。

残価設定の金額を維持する為には、車に傷やへこみ、走行距離を気にして運転する必要があります。また、残価を設定したことで、車両返却時に追加費用が必要になるケースも考えられます。

ですので、カーリースの契約前には「残価設定の有無」を確認しておきましょう。

カスタマイズの可能な範囲

カーリースでは基本的に車のカスタマイズはできませんが、リース会社によって「車の改造が認められるプラン」も用意されています。

また、リース会社に内緒で車の改造をしてしまうと違約金が発生する可能性もありますので「車のカスタマイズを自由にやりたい」という方は、カスタマイズのできる許容範囲を確認しておきましょう。

リース会社によって車の改造できる範囲が異なります。契約後に「こんなはずではなかった」と後悔しない為にも、必ずカスタマイズできる範囲を確認することが重要です。

契約満了時の精算内容

リース契約満了時の精算方法についても確認が必要です。契約満了時には基本的に4つの方法が考えられます。

  • 車両を返却する
  • 残債金額を一括返済する
  • 再ローンを組む
  • 車をもらう

基本的にリース会社では「車両を返却する」方法が多いですが、中には「残債を一括返済して車を自分のものにできる方法」や「再ローン」を組めるケースもあります。

ですので、契約満了時の精算内容を確認してリース契約に対するリスクを最小限に抑えるようにしましょう。

また、リース契約によっては最終支払後に車をもらえるプランも用意しております。

車に関する支払を一定にしたいならカーリース

車に関する費用を一定にしたい場合には、カーリースがおすすめです。

カーリースでは、車を所有する際に必要な費用を全てコミコミの定額払いにできるお得なプランになります。

カーリース以外で車を契約すれば「自動車税の費用」や「2年ごとの車検費用」などで一定の年や月に大きな出費が必要です。また、車を現金で購入する場合でも、一度に数百万円のお金が必要になります。

まとまった費用を手元に残しておく、あるいは「車をリースする」ことでお金に対するリスクや出費を最小限に抑えられるでしょう。

一定以上のお金を手元に残すことで、急なライフスタイルの変化やお子様の進学でお金が必要になる場合でも柔軟に対応できると思います。

もはやカーリースでの車の所有は、昔にはなかった「現代風の車の購入方法」になっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次