メニュー

軽自動車の車検おすすめ5社を厳選!費用の相場と安く抑えるコツも紹介

車検は車に安全に乗り続けるために必ず受けなければいけません。

普通自動車と比較して軽自動車の車検費用は安いですが、「軽自動車の車検をもっと安くする方法を知りたい」「どこで受けるのがお得なの?」と疑問を抱いている方もいるでしょう。

そこで本記事では軽自動車の車検でおすすめの5社や費用の相場を紹介します。

車検費用を安く抑えるコツも紹介するので、車検選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

目次

軽自動車の車検なら楽天Car車検がおすすめ!

「どこで車検を予約すればいいのか分からない」という方にご紹介したいのが「楽天Car車検」です。

楽天Car車検は楽天ポイントが貯まる車検予約サイトです。

  1. サイトで事前に車検価格をチェックできる
  2. 見積もりと車検実施でポイントが貯まる
  3. 5,600店舗以上の掲載数
  4. 口コミ22万件以上
  5. 最安値31,530円から!

楽天Car車検に掲載されている店舗数は5,600店舗以上と、掲載店舗数はNo.1

事前にサイトで車検費用ができるので費用の目安が分かりやすく、見積もりと車検実施で楽天ポイントがもらえます。

また、楽天Car車検は値引きがとても充実しているので、ネット予約割や口コミ割引、代車なし割引などさまざまな割引が適用されとてもお得な価格で車検を受けることができます

「土日しか車検ができない」「ガソリン割引があったらうれしい」など人によって違いますが、楽天Car車検では用途で絞り込んで車検店舗を検索できるので、自分に合った店舗が見つかりやすいといえます。

店舗ごとにたくさんの口コミが掲載されているので、車検を受けたい店舗の口コミを確認して予約しましょう。

軽自動車の車検費用の相場はどのくらい?

普通自動車よりも車検費用が安い軽自動車ですが、費用の相場はどのくらいなのでしょうか。

以下では軽自動車の定義と車検費用の相場について解説します。

車検を受けてから「相場よりも高くて後悔している」とならないように、車検費用の相場を理解しておきましょう。


軽自動車の定義

軽自動車の定義について解説します。

  • 全長3,400mm以下
  • 全幅1,480mm以下
  • 全高2,000mm以下
  • 排気量600cc以下
  • 定員4人以下

軽自動車は上記のような規格があり、ひとつでも超えると小型自動車の扱いとなります。


軽自動車の車検費用の相場

軽自動車の車検費用は年式やメンテナンス費用などで大きく異なりますが、以下のような相場となります。

まず車種や車両重量によって決められる「法定費用」はどの業者で受けても同じで、自賠責保険料、重量税、印紙代が含まれます。

それに、車検の点検費用や手数料、整備内容によって変わります。

軽自動車普通自動車
自賠責保険料19,730円20,010円
自動車重量税6,600円24,600円
(〜1,500kg以下)
印紙代1,400円1,800円
車検基本料2〜4万円5万〜10万円
合計47,730〜67,730円96,410〜146,410円

あくまでも目安で、印紙代は店舗によって異なります。

また、メンテナンスや部品交換の有無でも車検費用は異なり、店舗のキャンペーンや割引で安く抑えることもできます。

軽自動車の車検方法

軽自動車の車検は以下の方法でおこなうことができます。

  • ディーラー
  • ガソリンスタンド
  • 車検専門店
  • カー用品店
  • 整備工場

それぞれのメリット・デメリットも紹介するので参考にしてみてください。

ディーラー

ディーラーは自動車メーカーと特約店契約を結んでいる店舗のことで、メーカーの車両に特化した知識や経験を持っています。

専門知識も備えているため高品質な点検や修理が可能なので、安心して車検を依頼することができます。

ディーラーで車検を受けるメリット

  • 点検や整備の質が高い
  • 純正部品で対応してくれる
  • 専門知識があるため安心

ディーラーには専門知識を備えたスタッフが在籍しているため、車の点検、整備などを安心して任せることができます

また、車検の際に交換が必要な部品がある場合は純正部品で対応してもらえます。

純正部品は保証がついていることや、売却の際に高く査定される可能性があることもメリットといえるでしょう。

ディーラーで車検を受けるデメリット

  • 費用が高い
  • 日数がかかる

1番のデメリットはやはり費用の高さでしょう。

メリットで紹介したようにディーラーは点検や整備の質が高く、純正部品を取り扱っているため車検費用が高くなります

また、ディーラーは点検項目が多く、整備や部品交換、高品質なサービスのため丁寧に車検を進めるため、車検に2〜3日必要になります。

費用は高いですが、安心して車検をお任せしたいという方はディーラーに依頼しましょう。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドはディーラーよりも比較的安い価格で車検を受けることができます。

整備工場が併設されているガソリンスタンドもあり、1日で車検が終わるという早さが人気の理由でもあります。

ガソリンスタンドで車検を受けるメリット

  • 費用が安い
  • ガソリン割引などの特典がある
  • 24時間受付の店舗もある

などがあります。

ガソリンスタンドはディーラーよりも点検項目が少なく、点検や整備を最低限に抑えているため費用が安くなります

店舗によっては車検の早割キャンペーンや、車検実施後のガソリン代割引などの特典があるので、よりお得に車検を受けることができます。

また、「平日の昼間は仕事で忙しい」という方でも24時間受け付けをしているガソリンスタンドであれば依頼しやすいでしょう。

ガソリンスタンドで車検を受けるデメリット

  • 代車がない場合がある
  • サービスに差がある

ガソリンスタンドは代車の用意をしていない店舗もあるので、予約前に確認するようにしましょう。

また、店舗によってサービスに差があり、専門知識を持ったスタッフがいるのかも分かりません。

ガソリンスタンドで車検を受ける際は複数の店舗に見積もり依頼をして安心してお任せできる店舗を見つけましょう。

ただ、ガソリンスタンドは費用の安さや特典が魅力的なので、「とにかく費用を抑えたい」という方におすすめです。

車検専門店

車検専門店では短時間・低価格で車検を受けることができます

車検専門店で車検を受けるメリット

  • 短時間で終わる
  • 費用が安い
  • 整備の質の良さ

車検専門店は点検のスピードが早く、早ければ1時間〜3時間ほどで車検が終わります

短時間で終わるので代車を用意する必要もないですし、忙しい方でも車検専門店なら時間短縮になるのでおすすめです。

また、最低限の点検や部品交換をおこなうため費用を安く抑えることができます。

車検専門店で車検を受けるデメリット

  • 検査は最低限
  • 純正部品ではない可能性がある

車検専門店での車検は短時間で終わるため、検査は必要最低限となります。

部品交換が必要な場合、純正部品でなかったり、取り扱いがない場合は対応してもらえないこともあります。

必要最低限となりますが、格安で車検を受けたいという方におすすめです。

カー用品店

カー用品店にはオートバックスやイエローハットなどがあります。

カー用品店で車検を受けるメリット

  • 費用が安い
  • 車部品の品揃えが豊富
  • 店舗数がおおい

カー用品店も費用が安いので、「車検の費用が高すぎる」と悩んでいる方におすすめです。

オートバックス、イエローハット、ジェームスなど店舗数が多く、短時間で終わる店舗もあります。

車部品の品揃えが豊富なので、パーツを自分で選べるのもメリットといえるでしょう。

カー用品店で車検を受けるデメリット

  • 店舗によって専門知識の差がある
  • 車検に特化していない

カー用品店は車の部品を販売する場所であるため、店舗によって点検や整備の知識、技術がさまざまです。

車検に特化した店舗ではないため、納得のいくサービスが受けれないこともあるでしょう。

ただ、短時間で終わり、費用も安い点はとても魅力的です。

整備工場

整備工場は専門知識や技術力が高いことが特徴です。

整備工場で車検を受けるメリット

  • 技術力が高い
  • 気軽に相談できる
  • 費用が安い

整備工場のスタッフは専門知識や技術力が高いため、車検前や車検後も気軽に相談できる点がメリットです。

車検の費用はディーラーよりも比較的に安く、短時間で終わるので忙しい方にもおすすめです。

整備工場で車検を受けるデメリット

  • 店舗によって技術や費用に差がある
  • 日数がかかることがある

整備工場は点検内容や技術力、サービスなどが店舗によって異なります。

整備工場に車検を依頼する際は口コミや評判を確認するようにしましょう。

また、認証工場の場合は車検場に車を持ち込んで検査をするため、日数が数日かかることもある点はデメリットといえます。

軽自動車でも車検費用が高くなる原因

軽自動車でも車検費用が高くなる原因として、車両の年式が古いことや部品交換にかかる費用などが挙げられます。

車は13年目以降は重量税が高くなります。新車登録から12年目までは定額3,300円ですが、13〜17年目は4,100円となります。

このように年式が古くなると重量税が高くなることが原因です。

また、長年使用していることで修理箇所や部品交換が必要な箇所が増えて、メンテナンス費用が高くなることもあります。

軽自動車の車検おすすめ5社!

「車検にかかる費用を少しでも抑えたい!」と考えている方は多いかと思います。

そこで以下では軽自動車の車検を受ける際におすすめしたい5社を紹介します。

  1. 楽天Car車検
  2. EPARK車検
  3. ホリデー車検
  4. ニコニコ車検
  5. ENEOS Dr.DRIVE

おすすめする理由や特徴などを紹介するので、車検をどこで受けるか悩んでいる方は参考にしてみてください。


①楽天Car車検

  • 5,600店舗以上の掲載数で検索しやすい
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 口コミが多く安心して依頼できる

楽天Car車検は加盟店数No.1で、5,600店舗以上が掲載されているのでさまざまな店舗を比較して選ぶことができます。

店舗には実際に車検を受けた方の口コミや評判が記載されているので、安心してお任せできる店舗を見つけやすいのです。

また、楽天Car車検では楽天ポイントが貯まります

例えばエネオスやオートバックス、車検の速太郎では車検予約と実施で最大2,500ポイントをもらうことができます。

さらに車検の支払いを楽天カードにするとポイントが最大1.5倍や、ポイントが貯まるガソリンスタンドでチェックインをするとさらにポイントをゲットできます

楽天Car車検では「楽天カードでポイントがお得に貯まる」お店を特集しています。

店舗によって楽天ポイントの獲得ポイント数が異なるので、口コミやサービスを確認したうえでお得な店舗を選びましょう。

楽天Car車検を通さずに予約した場合はこのような特典は受けることができないので、ぜひ利用してみてください。

最安値25,940円〜
見積もり無料
掲載店舗数5,600店舗以上
キャンペーン車検実施で最大2,500ポイントプレゼント

②EPARK車検

  • 掲載数2,400店舗以上
  • クーポンの利用で50%以上割引になる
  • 今なら3,000円分のAmazonギフト券プレゼント

EPARK車検は2,484店舗が掲載されている車検予約サイトです。

掲載されている店舗では国家資格整備士が車の点検をおこなうため、安心してお任せすることができます。

また、EPARK車検では車検費用が安くなる「超お宝クーポン」や「お宝クーポン」の予約ができ、割引率が50%以上になることもあります。

クーポンは本数限定なので、ぜひ獲得してみてくださいね。

また、2024年3月31日までの限定で、車検屋「出光リテールの車検」で車検実施とアンケートに回答された方に3,000円分のAmazonギフト券をプレゼントしています。

キャンペーン期間中にぜひ利用してみてください。

最安値3万円台〜
見積もり無料
掲載店舗数2,484店舗
キャンペーンAmazonギフト券3,000円分プレゼント

③ホリデー車検

  • 車検に立会える
  • 最短60分〜で車検が終わる
  • 全国約220店舗

ホリデー車検は「お客様が抱く車検に対する不透明感を取り払うため」に、お客様立会いのもと整備士が車の点検や部品のチェックをおこなう「立会い車検」を導入しています。

車の状態をお客様と一緒に確認することで、お客様の納得できる知識の交換や信頼関係が生まれます。

また、点検と検査を同時におこなうため、待ち時間が少ないのも特徴。

最短60分〜で終了するため、待ち時間はカフェで過ごしたり、お買い物の間に車を持ち込むこともできます。

年間車検台数は1,000台で全国には約220店舗があり、車検基本料を20,130円という低価格に設定しているため、車検費用も安く抑えることができます。

また、ホリデー車検の公式サイトからネット予約をするとJCBギフトカードが当たるキャンペーンなども開催しているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

最安値20,130円〜
見積もり無料
掲載店舗数220店舗
キャンペーンネット予約と車検実施でJCBギフトカード1万円分プレゼント

④ニコニコ車検

  • Web割でお得
  • 全ての国産車が車検基本料10,000円
  • 車検後のアフターフォローが充実

ニコニコ車検は全ての国産車の車検基本料が10,000円という安さ。

整備から車検証発行まで自社で完結することや、年間車検台数が16,000台以上と豊富で設備コストなどが大きく圧縮できることから安さを実現しています。

また、車検を実施すると以下のような特典を受けることができます。

  1. オイル交換2年間無料(2023年6月30日までに車検実施した方のみ)
  2. ガソリン代2年間5円/L割引
  3. 車検後2年間整備保証
  4. タイヤローテーション無料
  5. 6ヶ月点検無料実施
  6. 18ヶ月点検無料実施

上記の特典だけでもとてもお得ですが、Webで無料見積すると「Web割」として1,000円割引と車検実施時のオイル交換が無料になります。

Webからの見積りがお得ですので公式サイトをチェックしてみてください。

最安値11,000円〜
見積もり無料
掲載店舗数8店舗
キャンペーン上記で紹介した8つの特典がもらえる

⑤ENEOS Dr.DRIVE

  • 国家資格整備士が車検を実施
  • 1日で車検が完了する
  • 車検実施で特典がもらえる

ガソリンスタンドの店舗数が全体の約半数を占めているエネオス。

エネオスでは「Dr.DRIVE」というサービスステーションでオイル交換や洗車、車検などを受けることができます。

車検は国家資格整備士の資格を持ったスタッフが担当し、事前点検や見積りで予算に合わせた車検コースを案内してくれます。

また、車検の実施で洗車サービスや無料で6ヶ月ごとに安全点検をおこなってくれる特典もあり、年間車検実績は6万7千台以上と豊富なので安心してお任せできるでしょう。

最安値26,930円〜
見積もり無料
掲載店舗数指定工場14箇所
認証工場123箇所
キャンペーン上記で紹介した特典がもらえる

軽自動車の車検を安く抑えるコツ

軽自動車の車検は以下の方法で安く抑えることができます。

  • 見積もりは複数社からとる
  • 特典やキャンペーンをチェックする
  • 日頃からメンテナンスはこまめに行う

以下で詳しく解説していきます。


見積もりは複数社からとる

車検費用は店舗によって異なるため、見積は複数社からとるようにしましょう。

同じ内容でも店舗によって車検基本料は数千円違ったりサービス内容にも差があります。

1社だけでは車検費用が高いのか安いのか、サービス内容が充実しているのかを判断することはできないので、2社以上から見積もりを取って、納得できる内容や費用の店舗を見つけることが大切です。


特典やキャンペーンをチェックする

車検を受ける際は「車検を実施した場合どんな特典を受けることができるか」「キャンペーンはあるのか」をチェックするようにしましょう。

例えば、楽天Car車検では車検の実施で楽天ポイントがプレゼントされたり、ニコニコ車検ではガソリン代割引やオイル交換2年間無料などの特典があります。

よりお得に、安く車検を受けるために、特典やキャンペーンを利用するようにしましょう。

日頃からメンテナンスはこまめに行う

定期的にメンテナンスを行うことで、車検の際に修理箇所や部品交換箇所が少なくなり、車検費用を安く抑えることができます。

メンテナンスを怠ると車検の際に高額なメンテナンス費用や修理費用を請求される可能性があるため、こまめにメンテナンスをおこなうようにしましょう。

軽自動車の車検でよくある質問

最後に軽自動車の車検でよくある質問をまとめました。

  • 軽自動車の車検にかかる時間は?
  • 軽自動車の車検で必要な書類は?
  • 車検費用はクレジットカード決済できる?

以下で解説していきます。


軽自動車の車検にかかる時間は?

軽自動車の車検にかかる時間は、車検を受ける業者によって大きく異なります。

目安としては以下の通りです。

ディーラー2〜3日
ガソリンスタンド数時間〜2日
車検専門店1時間〜1日
カー用品店数時間〜1日
整備工場1〜3日

車の状態や部品交換の有無、自社で完結するか陸運局に車を持ち込むかなどで日数が異なりますが、車検専門店では最短で1時間で車検が終了する場合もあります。

例えば陸運局に持ち込む場合は前日または当日の朝までにガソリンスタンドに車を預けて、夕方に車検が終了するという流れです。

「時間がないから1時間で終わらせたい」「丁寧に見てほしい」など目的に合わせて選ぶと良いでしょう。


軽自動車の車検で必要な書類は?

軽自動車の車検の際は以下の書類が必要です。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 点検整備記録簿

忘れないように用意しておきましょう。


車検費用はクレジットカード決済できる?

車検費用はクレジットカードで支払うことが可能ですが、全額クレジットカードで支払うことはできない業者が多いです。

法定費用は現金払い、車検基本料はクレジットカード決済可能という業者が多く、車を持ち込んだ際に先に現金で法定費用を支払い、車検終了後に車検基本料をクレジットカード決済するという流れになります。

「ポイントが貯まるから全額クレジットカード決済したい」と考える方も多いかと思いますが、基本的には法定費用は現金払いということを覚えておきましょう。

軽自動車の車検は自分に合った業者を選ぼう!

本記事では車検費用の相場や軽自動車の車検費用を安く抑えるコツなどを紹介しました。

軽自動車の車検方法も紹介しましたが、車検はガソリンスタンドやディーラーなどさまざまな業者で受けることができます。

しかし、それぞれ車検費用に数万円の差が出たり日数も異なるため、複数社から見積もりを取ることが大切です。

また、車検は店舗でそのまま予約するよりもWebからキャンペーンや割引を利用して予約したほうがお得になります。

特におすすめな予約方法が「楽天Car車検」で、見積りや車検実施で楽天ポイントがもらえたり、店舗によってはガソリン代割引や洗車無料などの特典もあります。

他にも、今回ご紹介した5社を利用することで割引や特典を受けることができるので、ぜひ利用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次