メニュー

カーリースはやばい?その理由と失敗しない為の7つのポイントを紹介!

今、個人向けのカーリースに人気が集まり、利用者も急増しています。その理由は初期費用が安く手軽に利用できるなどのメリットがあるからです。しかしその反面、カーリースはやばい、やめた方が良いといった口コミなども目にします。そのため、カーリースの利用に躊躇する人も少なくありません。

このように、カーリースは人気でありますが、「カーリースはやばい」という噂が聞かれるのも事実です。カーリースは車の利用方法によって、向いている人と向いていない人がいます。そのため、カーリースの特徴やサービスの内容をしっかりと理解してから選ぶ事が必要です。そうすれば、負担を抑えて車を購入するよりも費用を押さえ、なおかつ便利にカーライフを送れるのです。

そこで、カーリースに躊躇する理由や後で失敗することの無いように、どういった点がやばいのか、それらの実体を記事で紹介し、カーリースで失敗しない為の7つのポイントを解説。さらにカーリースを利用した人の口コミも合わせてご紹介します。

目次

カーリースがやばいと言われる理由は?

カーリースがやばいと言われる理由は?

違約金が発生する場合がある

カーリースが「やばい」と言われる理由のひとつは、契約期間の途中で解約すると高額な違約金を請求される場合があることです。カーリースは原則として契約期間途中で解約することができないこと、カーリースに二の足を踏む大きな原因となっています。

カーリースでは、カーリース会社が新車を購入してそれを貸し出(リース)しています。リースする際には、契約終了時の車の価値をあらかじめ予想して算出した残価や税金、そして車検代などの総額を計算し、月額料金を算出しています。

したがって、契約満了まで料金を支払うことが前提のため、中途解約すると未払いのリース料や手数料等を違約金として支払うことになるのです。

しかしこの問題は、契約期間を1年単位など細かく設定できるカーリースを利用することで解決できます

最初に必要最低限の期間で契約し、その後も車が必要な場合には契約満了時にリース期間を延長すれば、中途解約のリスクを下げられるでしょう。

走行距離に制限がある

カーリースが「やばい」と言われる2つ目の理由に、走行距離に制限があるいうことがあります。カーリースは月々の支払いさえしていれば乗り放題と思う人もいますが、カーリースでは走行距離制限が設けられています。これは残価設定する際に走行距離何km以内というように決められており、超過した場合は追加料金が発生します。

自分で走行距離を確認していないと、契約終了時に設定された走行距離の超過分を精算することになります。

元から長い距離を乗る予定がない人から問題ないでしょうが、通勤などで長距離移動が多くなる可能性がある場合は、「もらえるオプション」などを用意しているカーリース会社を選びましょう

もらえるオプションとは、リース契約後に車がもらえるサービスです。返却が前提であるため走行距離制限が付いているケースがほとんどですが、このオプションの場合は走行距離を気にせず乗れるメリットがあります。

自分好みにカスタマイズできない

カーリースは「やばい」とされる3つ目の理由に、自分好みにカスタマイズできないということもあります。

以下にも記載しますが、リース車両は「原状回復」が求められるために、勝手にカスタマイズすることが出来ません。取り外して元の状態に戻せる程度なら良いのですが、ボディに穴をあけたり接着剤を利用するなどすると傷や穴が残り、その修理費用分が請求されます。

ドリンクホルダー、シートカバーのような付け外し出来るものであれば問題ないですし、エアロパーツやアルミニウム等で純正パーツを交換した場合でも、元に戻せば問題ありません

もしパーツ交換のようなカスタムを考えている場合は、必ず純正品を保管しておき、返却する際に元の状態に戻せるようにしておきましょう。

なかにはカスタムOKのカーリース会社もありますので、自分好みに色々とカスタマイズしたい場合は、カスタム条件をしっかり確認して契約しましょう。

返却時に原状回復が必要

傷をつけずに取り付けたり、パーツを交換できる場合には車両返却前に元に戻すことが必要となります。

カーリースでは、契約終了時に「原状回復」が求められます。「原状回復」とは返却時に元の状態に戻すことです。したがって、車に修理が必要な傷などがあったりすると原状回復のための費用が請求され、カーリースが「やばい」とされる4つ目の理由となっています。

また、カーリースは契約間中に事故などで車が修理不能な全損となり利用ができなくなるとリース契約は終了となってしまいます。子の場合は追加で違約金を支払うことになる可能性があるため、注意が必要です。

まず意識する事としては、自分含めた運転対象者が無理なく運転出来るサイズの車を選ぶことです。

新車の購入では予算の問題で手に届かなかった車にも乗れる可能性があるのがカーリースのメリットです。ただし普段乗り慣れない大型のミニバンなどに乗れば、狭い路地などや車のすれ違いでぶつけるリスクが高まってきます。

そして万が一事故などで損傷したときは指定の修理工場でしっかりとした修復作業を受けることで、契約終了時の追加請求を抑えることが出来ます。

カーリース利用者の評判は?良い口コミ・悪い口コミ

カーリースの良い口コミ

では実際にカーリースを利用している人たちは、どのように感じているのでしょうか。

「やばい」と言う良くないレビューされる方もいれば、カーリースにして良かったという意見もあり様々です。

口コミが多いということはそれだけ人気がありカーリースが注目を集めている証拠でもあります。

カーリースの良い口コミ

まずは良い口コミから見ていきます。サブスクならではの支払いに関する手軽さにメリットを感じている方が多いのが特徴ですね。

頭金なしで新車に乗れる

カーリースの良い評判の中で最も多いのが、頭金やボーナス払いなしでも新車に気軽に乗れるということです。

通常のローンでも頭金無しで月々均等払いは可能ですが、下取り車がない場合などでは月々の支払額が多くなるなどローンを組むのが難しい場合があります。しかし、カーリースでは残価設定をすることにより、頭金なしの均等払いでも気軽に新車に乗ることが可能なのです。

毎月決まった支払金額で安心

毎月決まった支払金額で安心というのも、カーリースの口コミに多い利点といえます。

車に乗り続けるには点検などのメンテナンスが必要ですが、そのためには費用も必要なために、分かっていてもずるずると後回して大きなトラブルを招く原因になりかねません。

カーリースにはメンテナンス費用を定額にするプランがあります。このプランを選ぶ事で、メンテナンスに必要な費用を気にせず必要なメンテナンスを受けられるので、安心してカーライフを送れます。

新車だと最近の設備を利用出来る

カーリースで契約した車であっても、ディーラーで購入した場合と変わらず新車だと最近の設備を利用出来るのが、カーリースに不安を持つ人にとって安心できる口コミといえます。

車を購入した場合とリース車にサービスの差はありません。整備や点検はディーラーもしくは提携整備工場が最近の設備とスタッフで行ってくれます。

万一の事故や故障に備えて安心して車を利用するためにも、メンテナンス費用も定額にできるプランに加入することをおススメします。

手続きが簡単でメンテナンスもお任せ

手続きが簡単でメンテナンスもお任せという点も良い口コミの評です。また、手続きもネットなどから簡単にできるのも魅力で、メンテナンスプランに加入することで、費用を心配することなくメンテナンスを受けられます。

メンテナンスプランはリース会社によって料金やサービスが異なりますが、代表的な例としては次のような内容が含まれています。

・車検(継続検査)
・新車1ヶ月点検
・新車6ヶ月点検
・エンジンオイル交換
・ウォッシャー液無料補充
・バッテリー液無料補充
・クーラント液の無料補充
・タイヤ4本・バッテリー交換

また、料金は月々2200円~3300円というのが相場です。

カーリースの悪い口コミ

カーリースの悪い口コミ

続いて悪い口コミです。どんな商品・サービスでも何かしらのマイナスな意見は存在します。

車に関しては現金一括やローンで買った場合も良い面と悪い面は少なからずありますし、むしろ良い評判しか書かれていない情報は注意した方が良いです。

中途解約ができなかった

契約終了前に中途解約ができなかったという口コミは、違約金が高額なために中途解約できなかった事だと推測されます。

カーリースは原則として契約期間途中で解約することができない事に原因があります。そして、中途解約すると高額な違約金として請求される場合があるのです。

つまり、5年契約のリース途中の3年目で解約すれば、2年分の未払いが発生することになり、当然残りの年数分の金額は一括して支払う義務があります。

総支払いが購入した方が安かった

総支払い額が購入した方が安かったというケースもあります。リース契約の長さやメンテナンスなどのオプションプランを含めると、購入した方が安いケースも出てきます。

新車を一括で支払ったり、頭金を多く用意出来たり、ローンの期間を短く設定すればカーリースより安くなることが可能です。また、下取り車があればより還付性があります。

カーリースの魅力は頭金や下取り車がなくても、新車を毎月一定の金額で乗れることです。そして、税金や点検などを気にせず乗れるという事を考えれば決して高いとは言えないでしょう。

カスタムが出来なかった

カスタムが出来ない」といった不満の声もありますが、リース車両の所有権はカーリース会社にあるため、カーリースでは自由にカスタマイズや改造を行うことが禁止されています。これは車の残価が下がるのを防ぐための制限なので、原状回復出来ない場合は契約終了時に違約金が発生します。

車を自分好みにカスタマイズしたい人にとっては不満があるかもしれませんが、全てのカスタムが禁止ではありません。車に跡がつかないように取り外せるアクセサリー類や、原状回復が可能なカスタムは認められています。

また、契約満了時に車がもらえる制度のあるカーリースなら、カスタマイズや改造も可能です。

これらはカーリース会社ごとの規準となっている為、事前に契約内容を確認することが重要になります。

契約満了時に追加精算が発生した

契約満了時に追加精算が発生した」という口コミに関しては、不満というよりも実際にカーリースを利用した人からの注意喚起ととらえる方がよいでしょう。

契約満了時に追加精算が発生することは、原状回復出来ない傷や走行距離が想定を上回った場合です。これらは利用者側の責任ですからカーリースだけではなく、車を購入した場合においても下取り価格の減額という形で現れるケースです。

契約満了時にどんな追加精算が請求されるのかを理解していれば、想定外の支出にならないはずです。

カーリースでの失敗例

カーリースでの失敗例

カーリースを利用して失敗したり、後悔した事例にはどのようなことがあるのでしょう。

途中で解約をしたら違約金が発生した

何らかの事情で契約期間の途中で解約したら違約金が発生した場合、カーリースにして失敗したと思うかもしれません。

カーリースは契約期間の途中で解約することができないのが原則です。もし、やむを得ず解約する場合には違約金を支払う必要があります。

カーリースは、リース会社が購入した新車をリースしています。その為、契約終了時の車の価値をあらかじめ予想して算出した残価や税金、車検代などの総額を計算して月額料金が決められてます。

したがって、契約満了まで料金を支払うことが前提のため、中途解約すると未払いのリース料や手数料等を違約金として支払うことになるのです。

これはあらかじめ契約期間を短く契約しておき、必要ならその都度延長することで防ぐことが出来ます。

月々の支払いが厳しくなった

月々の支払いが厳しくなったという事も失敗例に多いのですが、カーリースでは月々の支払額が一定なので急に支払額が多くなることはありません。

では、どんな理由で月々の支払いが厳しくなったのかというと、仕事や環境の変化で収入が減ったり支出が増えたことが原因だと思います。

これは通常のローンと同じでカーリースに限ったことではありません。なるべく負担の少ない身の丈に合った車種にするか、契約期間を短くすることで防ぐことが出来ます。

契約満了時に高額請求が発生した

契約満了時に車を返却した際に高額請求が発生するケースも失敗したと思う理由になるでしょう。

原状回復するための違約金が発生した事によるものだと推察されます。契約期間終了時には、契約時に設定された残価を大きく下回る損傷により、請求金額が多くなるのです。

残価は設定された車種の価値相当の金額になっており、その価値が下がるような損傷分は請求されます。

走行距離の制限でオーバーしてしまった

走行距離の制限をオーバーするのではないかと心配する方もいますがカーリースが設定する走行距離制限は月に1,000km程度なので、普通の使い方なら問題ない範囲です。

それでも、人によっては毎週末に長距離ドライブする人もいるでしょう。そういった人は、走行距離制限なしにできるカーリースもあるので、このような会社を選択するといいかもしれません。

総支払いが購入した方が安かった

金額だけ見れば、総支払いが購入した方がカーリースより安い場合もあるかもしれません。
ではなぜこれほどまで多くの人がカーリースを利用しているのでしょうか。

それは、メンテナンス費用や税金といった車本体以外の費用も含まれていたり、まとまった頭金が不要で月々の支払いも一括で管理できるなどの利便性などをトータルすると、カーリースの方がお得感があるというのも事実なのです。

カーリースで失敗しない為のポイント

カーリースで失敗しない為のポイント

ここでカーリースで失敗しない為の7つのポイントを紹介しましょう。これさえ押さえれば後悔しないカーライフを送れますよ。

ポイント①安いだけで判断しない

最初の失敗しない為のポイントは、カーリースを月々の支払いが安いという事だけで判断しないことです。安い支払いのカーリースの多くは中古車リースなのですが、月額料金が安すぎる場合には車の程度などに注意が必要です。

月々の支払いが安いと思って契約しても、オプションを選ぶと高額になったり、途中解約した際の請求額が高額になったり、契約後のアフターサービスが十分でない場合もあります。安く契約したつもりが逆に大きな負担になったといったことがないよう、本当にお得かどうか判断するようにしましょう。

ポイント②契約内容をしっかり確認する

カーリースは契約期間を定め、利用料金を支払うことで乗り続けることができるサービスです。しかし、購入する場合とは異なるカーリースならではの制限があり、その契約内容をしっかり確認しないとトラブルになることがあります。

確認する内容としては契約期間後の残価と契約期間、そしてメンテナンスの詳細などです。残価は、契約終了時の車の価値を想定したものなので、どのような場合に追加請求されるのかを知ることが大切です。

契約期間は月々の支払い額に直結しますが、自分がどれだけ同じ車種に乗り続けられるかを考えることも必要です。

メンテナンスに関しては、どのようなプランで何が出来るのかを知っていないとサービスが無駄になってしまいます。

ポイント③契約期間の設定は慎重に決める

カーリースには中途解約が出来たり、解約金免除のプランがある場合もありますが、その分月々の支払いが多くなります。基本的には途中解約はできないと考えるべきです。したがって、契約期間の設定は慎重に決める必要があります。

契約期間をなるべく短く設定するなど必要最低限の期間で契約し、契約が満了したら改めてリース期間を延長する事で中途解約のリスクを下げられます。また、車種の変更もこの時点で出来るので、車検までの3年、5年といった契約期間がおすすめです。

ポイント④任意保険に加入する

いくら注意していても、事故はいつ起きるかわかりません。任意保険に加入していなければ損害はすべてが利用者の負担になります。また、修復せずにいると契約終了時に違約金が発生します。

そのため、任意保険にかならず加入するのはもちろん、車両保険に加入することがカーリースでは鉄則です。保険会社によっては、リース車リース車専用プランへもあるので確認しておきましょう。

ポイント⑤車がもらえるオプションもある

カーリースでは所有者はカーリース会社になっているため、契約満了時に車を返却することが原則です。しかし、契約終了時に車がもらえる買取りや再リースなどの選択肢が用意されていることもあります。

慣れ親しんだ車を手放すのは心苦しいと思ったり、車がなくなると不便に思う方もいますが、廃棄や売却といった手間がかからないのもカーリースのメリットでもあります。

同じ車でリースを契約終了後も継続してリースを続けたい場合には、新たにリース期間を設定し契約を延長する再リースができます。また、新たに別の車でリース契約を結ぶことこともできます。

そして、残価設定をしないプランなどで、車を自分のものに出来るプランを設定しているリース会社もあります。

ポイント⑥カーリース会社によって支払いに差がある

カーリースは、会社によって支払いに差がありますリース料には車体価格、税金が含まれ、オプション代の追加や車検などのメンテナンス費も月額料金に加算されていす。さらに、残価の設定にも各社によって違いがあるのリース会社によって値段に違いが出てくる理由になっています。

カーリースを選ぶ際には月々の支払いだけでなく残価やオプションの内容など、安くなる理由も比較することがポイントとなります。

ポイント⑦ネット申し込み特典をチェック

カーリースには、ネットで料金シミュレーションから申し込みができるサービスが多くありますので、ネット申し込み特典をチェックすることをおすすめします。

ネット申し込みはは時間や場所を問わず申込み可能なことが最大の特典といえます。近くにカーディーラーなどカーリースを扱う店舗がないエリアであっても、ネットなら同条件で申込みが可能になります。

忙しくて店舗に行く時間が取れない人には最適であるとともに、対面での商談というストレスに感じることありません。急いで車を手配したい人もじっくりと検討したい方であっても、自分のペースで料金シミュレーションから申し込み進めていけるのがネッ申し込みの利点といえます。

失敗しないポイントを押さえれば安心

カーリースは定額払いで車に乗る事ができ、初期費用が掛からないというメリットが多い車の利用方法です。

この内容を参考にカーリース契約の検討を進めれば、カーリースは「やばい」といわれるリスクを回避しながら、安心して車選びが出来ます。そして、自分にあったプランを見つければ、カーリースの良さを最大限に生かしたカーライフが過ごせるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次