プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
楽天ゴールドカードに切り替える方法や注意点・おすすめな人の特徴を解説!
ゴールドカード

楽天ゴールドカードに切り替える方法や注意点・おすすめな人の特徴を解説!

楽天ゴールドカードの魅力は、限度額が楽天カードの最大2倍であることや、無料で国内外の空港ラウンジやトラベルデスクを利用できることなど、さまざまです。この記事では、楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えるメリットやデメリットなどを詳しく解説します。

楽天ゴールドカードのスペックと特徴

楽天_楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード 基本情報
カードの種類 ゴールド
年会費 2,200円
貯まるポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1.0%〜4.0%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
申し込み条件 20歳以上(学生を除く)

楽天ゴールドカード 公式サイト

arrow

楽天ゴールドカードは、楽天カードよりもワンランク上のステータスを持ちながらも、2,200円と安い年会費で持てるクレジットカードです。

高いポイント還元率はそのままに、通常の楽天カードでは別途年会費がかかるETCカードが無料で使えたり、年2回まで国内空港ラウンジが無料で使えたりと優位性もたっぷり。楽天カードでは100万円とされる限度額も、最大200万円と倍になり、より一層便利さが増しています。

他のゴールドカードよりも保有コストが安い楽天ゴールドカードは、低コストでステータス性のあるクレジットカードを持ちたい人にピッタリです。

楽天ゴールドカード 公式サイト

arrow

安くステータス性のあるカードが欲しい人は、楽天ゴールドカードへの切り替えがおすすめ

h2made_楽天ゴールドカード 切り替え

楽天カードといえば「日本で一番使われているカード」のフレーズで知られ、利用者が多い人気のクレジットカードです。

使い勝手の良さを感じつつも、さらにステータス性のあるクレジットカードが欲しいと考えている人は、楽天ゴールドカードへの切り替えを検討するとよいでしょう。

ここでは、楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えるべき人の特徴や、切り替えるメリットについて解説します。

  1. ETCカードを無料で持ちたい人
  2. 年に数回空港を利用する人
  3. なるべく安くゴールドカードを持ちたい人
  4. 限度額を増やしたい人
  5. トラベルデスクを活用したい人

1.ETCカードを無料で持ちたい人

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え おすすめな人

楽天カードは、ETCカードを発行すると年会費が550円かかりますが、楽天ゴールドカードに切り替えると年会費が無料になります。

楽天はETCカードの利用金額もポイント還元の対象となるため、頻繁に高速道路を利用する人はETCカードを無料で発行できる楽天ゴールドカードがおすすめです。

2.年に数回空港を利用する人

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え おすすめな人

楽天ゴールドカードは、年2回まで国内および一部の海外空港ラウンジを無料利用できる特典が付いています。頻繁に飛行機を利用する場合には物足りないものの、飛行機を利用する頻度が年に数回程度であれば十分にお得な特典でしょう。

通常、誰でも利用できるラウンジは1回につき1,000円~1,500円程度かかるため、年に2回利用すれば年会費分のもとが取れる計算です。

楽天ゴールドカードの特典で利用できるラウンジ一覧

地域 利用可能な空港
北海道 新千歳空港、函館空港、旭川空港
東北 青森空港、秋田空港、仙台国際空港
北陸 新潟空港、富山空港、小松空港
関東 成田国際空港、羽田空港(国際線旅客ターミナルの
ラウンジは不可)
中国 岡山空港、広島空港、米子鬼太郎空港、
山口宇部空港、出雲縁結び空港
四国 高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港
九州 福岡空港、北九州空港、九州佐賀国際空港、
大分空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、
宮崎ブーゲンビリア空港、鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ハワイ:ダニエル・K・イノウエ国際空港、
韓国:仁川空港

楽天ゴールドカード(家族カードも含む)と当日の航空券または半券を提示すると無料で利用できます。

同伴者は有料となるほか、ラウンジによっては時間制限や満席時の入場制限などが設けられている場合もあるため注意しましょう。

3.なるべく安くゴールドカードを持ちたい人

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え おすすめな人

一般カードよりステータス性が高いゴールドカードは、通常5,000~20,000円ほどの年会費がかかることが一般的です。

ステータスカードは補償や特典も充実しているため、年会費とのバランスを考えて保有する人が多い傾向にあります。楽天ゴールドカードは、年会費が2,200円と他社に比べて低コストで保有できることが最大の魅力。

「ゴールドカードを持ちたいけど、年会費はできるだけ安いものがいい」と考えている人にピッタリでしょう。

4.限度額を増やしたい人

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え おすすめな人

楽天カードの月の限度額は最大100万円と、一般カードとしては平均的な限度額です。しかし、支払いをクレジットカードに一本化している場合や定期的に大きな金額をクレジットカードで支払う人は、少々物足りなさを感じる場合もあるでしょう。

その点、楽天ゴールドカードの限度額は最大200万円と倍増するため、限度額に余裕が生まれます。ただし、限度額は切り替え時の審査で決まるため、必ずしも200万円に設定されるとは限りません。

場合によっては下がる可能性もあることを覚えておきましょう。

5.トラベルデスクを活用したい人

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え おすすめな人

楽天ゴールドカードには、ニューヨーク、ホノルル、パリ、ミラノや上海など38拠点のトラベルデスクが無料で利用できる特典が付いています。

トラベルデスクは、現地の観光情報を紹介してくれたり、レストランやオプショナルツアーの予約や緊急時のサポートをしてくれたりするサービス。特に海外旅行慣れしていない人には嬉しいサービスです。

これから海外へ多く旅行しようと考えている人は、楽天カードからゴールドカードへ切り替えを検討してもよいでしょう。

楽天ゴールドカード 公式サイト

arrow

楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替える方法

h2made_楽天ゴールドカード 切り替え方法

すでに楽天カード(一般カード)を持っている人が、楽天ゴールドカードへ切り替える手順は以下のとおりです。

  1. 楽天e-NAVIにログイン
  2. 上部メニューから「お申込み(カード/サービス)」を選択
  3. 「カードのお申し込み」欄から「カードの切り替え」を選択
  4. カード一覧が表示されたら「楽天ゴールドカード」を選択
  5. 年会費、ご利用可能額、注意事項や切り替え対象のカードなどを確認し「楽天ゴールドカードの基本情報入力」の項目を埋めて「入力内容の確認へ」を選択
  6. 内容を確認して申し込み完了

手続き完了後、通常であれば1週間~10日ほどで新しいカードが届きますが、年末年始や大型連休などの影響で時間がかかる場合もあるので注意しましょう。

楽天ゴールドカードを2枚目のカードとして発行する方法も

楽天カードのシリーズは、2枚目のクレジットカードも作れます。そのため、一般カードも残しておきたいという人は2枚目のクレジットカードとして楽天ゴールドカードを持つ方法もあります。

2枚目のカードに楽天ゴールドカードを選ぶ場合は、同じくe-NAVIからクレジットカードの追加発行手続きを進めましょう。

楽天ゴールドカードへの切り替えも、2枚目のカードを追加する場合も、発行に際して審査があります。手持ちの楽天カードの利用状況や履歴もチェックされるため、日頃から利用状況には注意を払いましょう。

楽天ゴールドカード 公式サイト

arrow

楽天ゴールドカードへ切り替えるときの注意点

h2made_楽天ゴールドカード 切り替え 注意点

楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えると「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード」「楽天ポイントカード番号」「Edy番号」の5箇所が変更されます。

つまり、これまで使っていたクレジットカードとはまったく別のカードとなります。切り替え前のクレジットカードは使えなくなるため注意が必要です。

ここでは、楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えるときに注意したいポイントを解説します。

  1. Edy残高は自動で新しいカードに移行されない
  2. 家族カードも新たに申し込む必要がある
  3. 利用可能枠が旧カードと変わる
  4. 各種料金の支払い設定を変更する手続きが必要

1.Edy残高は自動で新しいカードに移行されない

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え 注意点

Edy残高はクレジットカードに紐付けられるため、楽天ゴールドカードへ切り替えた場合、そのままでは使えません。Famiポート、楽天EdyアプリやFelicaポートなどを使って楽天ゴールドカードへ移行する必要があります。

しかし、楽天カードのクレジット機能がなくなっても楽天Edy機能は失われません。旧カードのまま使い切る事もできますが、楽天ポイントの進呈対象外となるため、移行してから使った方がお得です。

2.家族カードも新たに申し込む必要がある

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え 注意点

楽天ゴールドカードへ切り替えると、クレジットカード自体がまったく別物になるため、旧カードに紐付いている家族カードも使えなくなります。

楽天ゴールドカードでも家族カードが必要な場合は、改めて申し込みが必要です。

3.利用可能枠が旧カードと変わる

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え おすすめな人

楽天ゴールドカードへ切り替えるにあたり、新規契約時のような審査があるため、審査の結果によっては限度額が増減する可能性があります。

リボルビング枠やキャッシング枠なども同様に増減する可能性があるなど、必ずしも希望通りの結果になるとは限らないので注意が必要です。

また旧カードで一時的な増枠サービスを利用していた場合、期間中であっても切り替え後のカードでは利用できません。

4.各種料金の支払い設定を変更する手続きが必要

h3made_楽天ゴールドカード 切り替え 注意点

旧楽天カードで携帯電話料金、公共料金や保険料などを支払っていた場合、楽天ゴールドカードに切り替わった段階で再設定が必要になる場合があります。

以下で挙げる支払い先は自動的に更新されますが、何らかの理由で正常に修正されない可能性もあるため、クレジットカードが切り替わったらしっかり更新されているか確認しましょう。

料金区分 企業名
電気 東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、
北陸電力、九州電力、中国電力、四国電力、
北海道電力、沖縄電力、ENEOSでんき
ガス 東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西武ガス、
静岡ガス、岡山ガス、ENEOSガス
水道 東京都水道局、大阪市水道局
携帯電話、
通信、新聞
NTTドコモ、au、Softbank、ワイモバイル、
読売新聞、朝日新聞
保険 三井ダイレクト損害保険、損保ジャパン日本興亜
ひまわり生命保険、セゾン自動車火災保険、
アメリカンホーム医療・損害保険、メディケア
生命保険、住宅金融支援機構、アクサダイレクト
生命保険、エース損害保険、アクサ損害保険、
オリックス生命保険、チューリッヒ保険会社、
三井住友海上火災保険

楽天ゴールドカードに切り替えるときには注意点を確認しよう

楽天カードに比べて、楽天ゴールドカードは限度額や付帯サービスなどでメリットが大きいですが、年会費の増加や切り替えに際する手続きなど、注意すべき点もあります。

現在使っている楽天カードと楽天ゴールドカードのメリット・デメリットを比較し、本当に切り替えが必要かよく検討することが大切です。

年会費2,200円でゴールドカードが持てるステータス性、ETCカード無料や空港ラウンジ無料などの特典に魅力を感じられる方であれば、楽天ゴールドカードへ切り替えるメリットは十分に感じられるでしょう。

楽天ゴールドカード 公式サイト

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部