プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
ライフカードの良い口コミ・悪い口コミを徹底調査!どんな人におすすめかも紹介
一般カード

ライフカードの良い口コミ・悪い口コミを徹底調査!どんな人におすすめかも紹介

「ライフカードの口コミや評判は?」と気になり、お調べですね。この記事では、ライフカードの良い口コミ・悪い口コミをTwitter上で調査しまとめました。どんな人におすすめのカードなのかもお伝えしますので、自分に合うかどうか判断してみてください。

ライフカードの良い口コミ・評判

made_良い口コミ

ライフカードの良い口コミ・評判を見ていきましょう。

  1. ポイントが貯まりやすい
  2. 審査が通りやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①ポイントが貯まりやすい

「ライフカードは、ポイントが貯まりやすい」という口コミが多く見られました。通常のポイント還元率は0.5%と、高くはありません。

しかし、様々なボーナスポイントがあるため、うまく活用できれば、口コミにあるようにポイントをたくさん貯められます。有効期限も最大5年と長いため、マイペースに貯めていくことができます。

②審査が通りやすい

「ライフカードは審査に通りやすい」という声も多くありました。自営業者や大学生といった、通常クレジットカードの審査には落ちやすいと言われる属性の人でも、審査に通っているようです。

ライフカードは高校生を除く、18歳以上の人で電話連絡が可能な人であれば、申し込みできます。未成年でも親権者の同意があれば、発行できるため、審査は厳しくないと言えます。

クレジットカードの審査に不安がある人、学生で申し込めるクレジットカードが限られている人などにも、ライフカードはおすすめです。

学生専用ライフカード 公式サイト

arrow

ライフカードの悪い口コミ・評判

made_気になる口コミ

ライフカードの悪い口コミ・評判を見ていきましょう。

  1. 還元率が低い
  2. 会員サイトが使いづらい

1つずつ見ていきましょう。

①還元率が低い

「通常のポイント還元率が低い」という口コミもありました。通常ポイント還元率は0.5%で、常時1%以上のクレジットカードに比べると、日常遣いには適していないかもしれません。

とはいえ、ボーナスポイントが付与される時期やサイトを集中的に使うようにすれば、ポイントはかなり貯めやすくなります。「限られた時期や限られたサイトだけではなく、普段から使いたい」という人は通常のポイント還元率が高い、別のクレジットカードを検討するようにしましょう。

②会員サイトが使いづらい

「ライフカードの会員サイトが使いづらい」という口コミも散見されました。ポイントの確認や利用限度額の確認など会員サイトをよく使う人にとっては、残念な部分かもしれません。

とはいえ、会員サイトが使いやすいかどうかは人によって感じ方は違ってきます。また必要な時しか使わないため、それほど気にならない人もいるでしょう。

学生専用ライフカード 公式サイト

arrow

ライフカードがおすすめな人!

こんな人に特におすすめ

ライフカードは以下のような人におすすめのクレジットカードです。

  • 年会費無料でクレジットカードを持ちたい人
  • マイペースにポイントを貯めたい人
  • クレジットカードの審査に不安がある人

ライフカードは年会費無料で利用でき、ボーナスポイントをうまく獲得できればポイントを効率的に貯められます。ポイントの有効期限が5年と長いため、使い忘れて失効してしまうこともほとんどありません。

また、自営業の人や学生など審査に不安のある人でも、比較的発行しやすいクレジットカードです。審査になかなか通らず、クレジットカードが1枚も発行できていない人も、ぜひ検討してみてください。

学生専用ライフカード 公式サイト

arrow

ライフカードの4つのメリット

made_メリット

ライフカードのメリットは以下の4つです。

  1. ボーナスポイント盛りだくさん「LIFEサンクスプレゼント」
  2. サンクスポイントは1ポイント= 3円のレートで様々なものと交換可能
  3. 審査が甘い消費者金融系のカード
  4. 上がりやすい利用限度額

それぞれ見ていきましょう。

①ボーナスポイント盛りだくさん「LIFEサンクスプレゼント」

ライフカードにはボーナスポイントを得られる「LIFEサンクスプレゼント」というポイントプログラムがあります。具体的なポイントプログラムと得られるボーナスポイントは以下の通りです。

ボーナスポイント 内容
誕生日月ポイント 誕生日月は
基本ポイント3倍
新規入会キャンペーン 入会後1年間は
基本ポイント1.5倍
スペシャルボーナス プログラム期間に
50万円以上の利用で
300ポイント
L-mallを経由した買い物 基本ポイント最大25倍

L-mallにあるのは、以下のようなショップでそれぞれどれくらいポイントアップするかは違ってきます。

  • 楽天市場なら2倍
  • Yahoo! ショッピングなら2倍
  • DHCオンラインショップなら2倍
  • ベルメゾンネットなら2倍
  • etc......

さらに期間限定で倍率が増えることもあるため、L-mallはこまめにチェックするといいでしょう。このようにライフカードは、期間限定でボーナスポイントが得られることが多いので、タイミングを見計ってカード利用を集中的にすれば、ポイントを効率よく貯められます。

ステージアップでポイント最大2倍

LIFEサンクスプレゼントには、ステージ制のポイントプログラムもあり、ステージアップできれば、最大でポイントが2倍になります。ステージは年間の利用金額に応じて、4つに分かれています。

ステージ 年間利用金額 ポイント
レギュラー 50万円以下 基本ポイント1倍
スペシャル 50万円以上 基本ポイント1.5倍
ロイヤル 100万円以上 基本ポイント1.8倍
プレミアム 200万円以上 基本ポイント2倍

プログラム期間は、入会月の翌月1日から1年間です。自分が現在どのステージなのかは、LIFE−Web Deskか利用明細書でいつでも確認できます。

新規入会キャンペーンで1年間は獲得できるポイントが1.5倍なので、1年目にステージをあげておけると、2年目からもお得に利用できます。

ID決済、モバイルSuicaのチャージもポイント付与対象

ライフカードIDの利用代金やモバイルSuicaのチャージ代金もライフカードで決済するとポイントが付与されます。ライフカードIDとは、スマートフォンやカードを端末にかざすだけで支払いができる電子マネーサービスのことです。

ライフカードID、モバイルSuicaのチャージの決済をライフカードで行うためには、LIFE−Web Deskから事前に手続きや設定が必要です。ライフカードを発行したタイミングで忘れないうちに済ませておきましょう。

ライフカード 公式サイト

arrow

②サンクスポイントは1ポイント=3円のレートで様々なものと交換可能

貯まったサンクスポイントは、1ポイント=3円〜5円のレートで以下のような様々なものと交換できます。

  • ギフトカード
  • 商品
  • 他社ポイント
  • etc…

交換したいものがなければ、現金でキャッシュバックしてもらうこともできます。そのため、交換したいものがなく、ポイントを失効してしまう可能性はほとんどありません。

ポイントの有効期限も5年と長い

獲得したポイントは、通常2年間有効です。しかし「繰越手続き」をすれば、有効期限を3年伸ばし、最大で5年間は保有しておけます。

繰越手続きをする場合は、LIFE−Web Deskからか以下の番号に電話をしてください。

繰越手続きの電話番号
  • 045-914-7003(自動音声)

ライフカード 公式サイト

arrow

③審査が甘い消費者金融系のカード

ライフカードは、審査が甘い消費者金融系のクレジットカードです。クレジットカードには、カード発行会社によって種類を分けることができ、審査難易度がそれぞれで変わってきます。

カード発行会社 審査の難易度
消費者金融系 甘め
流通系 甘め
信販系 普通
通信系 普通
銀行系 難しめ
外資系 外国の基準

消費者金融系の会社は、そもそもメイン事業がキャッシング事業である場合が多く、お金を貸すことで収益を得ています。そのため、クレジットカードもなるべく多くの人に発行していることが予想でき、審査基準も甘いと言えます。

審査に通るか不安な人にとって、ライフカードはおすすめのクレジットカードです。

ライフカード 公式サイト

arrow

ライフカードの審査に落ちた場合はデポジット型がおすすめ

ライフカードデポジット型_ライフカード
ライフカード
(デポジット型)
基本情報
年会費 5,500円(税込)
発行対象年齢 20歳以上
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 0.1%〜2.5%

ライフカードの審査に落ちてしまった場合は、ライフカード(デポジット型)がおすすめです。デポジット型のクレジットカードで、公式ホームページには以下のような人におすすめと書かれています。

  • 過去に延滞がある方
  • 初めてクレジットカードを作る方
  • 審査に不安のある方

そのため、ライフカードよりも審査には通りやすいと言えます。ただし、年会費は5,500円必要ですし、発行年齢対象も20歳とライフカードよりも高く設定されています。

ライフカードの審査にどうしても通らない場合は検討してみてください。

ライフカード(デジポット型)公式サイト

arrow

④緩い利用限度額

ライフカードは比較的利用限度額が緩いクレジットカードです。未成年や学生でも発行できるクレジットカードでありながら、最高利用限度額は200万円と公式ページにも書かれています。

全員が200万円まで使えるわけではありませんが、定期的に利用をして、支払いをしっかりしていれば、上がっていきます。利用限度額の増額申請もできるので、積極的に活用するといいでしょう。

増額申請は、LIFE−Web Deskから申し込みが可能です。ブライダルで増額な必要な場合は、一時的に500万円まで増額もできます。

学生専用ライフカード 公式サイト

arrow

ライフカードが抱える2つのデメリット

made_デメリット

ライフカードのデメリットは以下の2つです。

  1. 通常ポイント還元率が0.5%と低い
  2. 旅行保険が無料でついていない

それぞれ見ていきましょう。

①通常ポイント還元率が0.5%とあまり高くない

ライフカードは通常のポイント還元率が0.5%とそこまで高くありません。そのため、日常的に使うには不向きと感じる人もいます。

しかし、1年目は新規入会キャンペーンでポイントは常に1.5倍になりますし、ステージを上げれば、ポイントは最大で2倍になります。また誕生日月には自動的にポイントは3倍になるので、かなり貯めやすいはずです。

ポイントが上がる1年目を逃さずに、たくさん利用をして、ステージを上げるようにしましょう。

②旅行保険が無料でついていない

ライフカードには、多くのクレジットカードに付帯する旅行保険が無料でついていません。旅行保険を付帯するには、ライフカード<旅行傷害保険付き>という年会費が1,375円(税込)かかるクレジットカードを申し込む必要があります。

とは言え、年会費無料で旅行保険が付帯するクレジットカードはありますので、そちらを検討する方がいいでしょう。

他にも!年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカード3選

ライフカード以外で、年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカードを3枚お伝えします。

  1. dカード
  2. 楽天カード
  3. リクルートカード

1枚ずつ詳しく見ていきましょう。

①dカード

dカード
dカード 基本情報
申し込み条件 満18歳以上(高校生を除く)
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard
貯まるポイント dポイント
ポイント還元率 1%

dカードは年会費無料で利用でき、通常でも1%と高いポイント還元率を誇るクレジットカードです。また、dポイントカードやd払いを併用することで、ポイントを3重でもらえ100円につき最大で2.5ポイントも貯められます。

dカード特約店と呼ばれる、ポイントがアップするお店も多々ありますし、コンビニやファーストフード店など貯めたポイントが使えるお店も多くあります。29歳までなら旅行保険も付帯しているため、30歳までの若年層で、年会費無料のポイント還元率が高いカードを持ちたい人におすすめです。

dカードについては以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

dカード 公式サイト

arrow

②楽天カード

rakuten_楽天カードvisa
楽天カード 基本情報
申し込み条件 満18歳以上(高校生を除く)
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・AMEX
貯まるポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1%

楽天カードは、年会費無料で、通常でも1%と高いポイント還元率を誇るクレジットカードです。楽天市場や楽天トラベルなど楽天関連サービスでカード利用をすると、ポイント還元率が最大で3%にまでアップします。

また楽天Edyの機能や楽天ポイントカードの機能も兼ね備えているため、ポイントの3重取りができ、普段からポイント還元率を1.5%にできます。楽天ポイントは使えるお店もかなり多く、使い道に困ることもありません。

審査も比較的甘いクレジットカードですので、楽天関連サービスをよく使う人だけではなく、初めてクレジットカードを使う人にもおすすめできます。

楽天カード 公式サイト

arrow

③リクルートカード

rikuruto_リクルートカード_カード画像
リクルートカード 基本情報
申し込み条件 満18歳以上(高校生を除く)
年会費 永年無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
貯まるポイント リクルートポイント
ポイント還元率 1.2%

リクルートカード は、年会費が無料で、ポイント還元率が常に1.2%と非常に高いクレジットカードです。ポイント還元率がアップするキャンペーンはほとんどないものの、普段の買い物の支払いから、携帯や光熱費などの一部の公共料金の支払いもポイント付与の対象になります。

ネットショッピングは、ポンパレモールを利用すると、最大でポイント還元率が4.2%にまでアップします。貯めたポイントはPontaポイントや楽天ポイントに変えられるため、使い道に困ることはありません。

お店や時期に限らず、いつでも高いポイント還元率でカード利用がしたい人におすすめです。

リクルートカード 公式サイト

arrow

【口コミ調査】ライフカードはマイペースにポイントを貯められる

口コミから判断すると、ライフカードはポイントが効率的に貯められるクレジットカードと言えます。通常のポイント還元率は低いものの、様々なボーナスポイントがもらえるポイントプログラムがあるためです。

また、貯めたポイントは最大で5年間保有できるので、マイペースにポイントを貯められます。審査も甘く、クレジットカードの審査が不安な人におすすめのカードとも言えます。

他にも年会費無料で、ポイント還元率が高いクレジットカードはありますので、自分が貯めたいポイントに合わせて選ぶようにしてください。

クレカ+編集部

クレカ+編集部