プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
JCBゴールドザ・プレミアはハイステイタスな特典が魅力の招待制カード
ゴールドカード

JCBゴールドザ・プレミアはハイステイタスな特典が魅力の招待制カード

JCBゴールドザ・プレミアはステイタス感あふれる招待制カード。自分からは申し込みできません。JCBゴールドザ・プレミアの年会費に対して豪華な特典の数々や招待基準を解説し、JCBプラチナやJCBゴールドとの違いを比較します。

JCBゴールドザ・プレミアは特典充実の大人向けカード

JCBゴールドカード ザプレミア
カード名称 JCBゴールド・ザ・プレミア
年会費 11,000円+サービス年会費5,500円
サービス年会費は年間100万円以上の
ショッピング利用で無料
申込み条件 招待制
国際ブランド JCB
貯まるポイント Oki Dokiポイント
有効期限5年
基本0.5%~最大0.85%還元
付帯カード 家族カード:1人目無料、2人目より年会費1,100円
ETC:無料

JCBゴールドザ・プレミアカードは、JCBゴールドカードよりワンランク上のカード。自分からの申し込みは不可能で、対象者にはJCBから招待が届きます。

JCBゴールドカードのオプションカードという位置づけなので、年会費はJCBゴールドの11,000円にサービス年会費5,500円を加えて合計16,500円です。ただしサービス年会費は年間100万円以上のショッピング利用で無料という嬉しいシステム。

JCBゴールドザ・プレミアは、利用額次第では一般のゴールドカードと同額の年会費でプレミアな特典を受けられる招待制カードです。

JCBゴールド ザ・プレミア 公式サイト

arrow

JCBゴールドザ・プレミアの3つのメリット

h2made_jcbゴールドザ・プレミア

JCBゴールドザ・プレミアの、他にはない3つのメリットを解説します。

  1. 招待制カードはステイタスが高くてかっこいい
  2. 特典に対して年会費が安い
  3. 「JCBザ・クラス」へのインビテーションが期待できる

それぞれ説明していきましょう。

①招待制カードはステイタスが高くてかっこいい

JCBゴールドザ・プレミアの最大の特徴かつ魅力は、招待制であること。招待制カードはインビテーションカードとも呼ばれ、誰でも持てるわけではないため、申し込み制の一般カードよりステータスが高いと認識されています。

招待制カードは、保有しているだけでも心ときめくもの。その上カード会社から用意される招待制カードならではの特典が自尊心を満たしてくれます。

ひとりの時はもちろん、大切な人と一緒の旅行などではぜひお供にしたいカードなのです。

②特典に対して年会費が安い

JCBゴールドザ・プレミア会員は、年会費11,000円とは思えない豪華な特典の数々を利用可能。その一部をご紹介します。

プライオリティパス

jcb_jcbプラチナプライオリティパス

世界148の国や地域で1,300ヵ所以上の空港ラウンジ等を無料で利用できるパス。国際線の搭乗には時間に余裕を持って空港に行く必要があり、空港で余った時間を優雅に過ごすためにぜひ手に入れたいアイテムです。

海外旅行の際にプライオリティパスのためにクレジットカード目的に、申し込む人も多いはず。プライオリティパス付きのクレジットカードの年会費は平均的に見て、高額であるため、JCBゴールドザ・プレミアの年会費でプライオリティパスを手に入れられるのは非常にお得です。

JCB Lounge 京都

jcb_jcbプラチナカードjcbラウンジ京都

京都駅ビル内の「JCB Lounge 京都」を無料で利用できます。「JCB Lounge 京都」は、JCBのハイグレードカード会員だけが利用できるオリジナルラウンジ。

さまざまなカード会員が利用できる空港のカードラウンジとは異なり、ステイタス感の高さはお墨付きです。高級感あふれる駅のラウンジでドリンクを飲みながら、京都旅行の疲れを癒せます。

グルメルジュ

jcb_jcbプラチナグルメ

JCBが厳選した、プレミア会員にふさわしい飲食店をオンラインで気軽に予約できます。シーンにふさわしい飲食店をリサーチして予約するのは、手間と時間がかかるもの。

グルメルジュは、プレミア会員の時間を大切にしてくれる便利なシステムです。

いかがでしょうか。年間100万円以上の利用でJCBゴールドと年会費が同額なのに、これだけの特典を利用できるのは素晴らしいですね。

③「JCBザ・クラス」へのインビテーションが期待できる

「JCBザ・クラス」も招待制のカードで、JCBゴールド以上のカード保持者に招待が届きます。JCBゴールドザ・プレミアを使用していれば、いつかは「JCBザ・クラス」のインビテーションが届く可能性があります。

JCBゴールド 公式サイト

arrow

【口コミから分かる】JCBゴールドザ・プレミアのインビテーションの条件

h2made_jcbゴールドザ・プレミアインビテーション条件

JCBゴールドザ・プレミアのインビテーションはどのような条件で届くのか、口コミとともにご紹介します。JCBの規約に明記されている、JCBゴールドザ・プレミアのインビテーション条件は次の通りです。

  1. JCBゴールドカードの申し込み
  2. JCBゴールドのショッピング利用合計金額が2年連続で100万円以上
  3. 「MyJCB」に、受信可能なEメールアドレスを登録していること

ひとつずつ見ていきます。

①JCBゴールドの申し込み

JCBゴールドザ・プレミアは、JCBゴールドカードの上位カード。JCBゴールドカードの利用者にのみインビテーションが届きます。

JCBゴールドザ・プレミアの発行を希望する場合は、まずJCBゴールドカードを申し込みしましょう。

口コミでは、JCBの一般カードから順番にインビテーションを受けてプレミアに到達した人もいます。感慨深いですね

JCBゴールド 公式サイト

arrow

②2年連続で100万円以上の利用

JCBの規定では、「JCBゴールドのショッピング利用合計金額が2年連続で100万円以上」の場合に、JCBゴールドザ・プレミアのインビテーションが届きます。

口コミでは20代のフリーターさんにもインビテーションが届いています。インビテーションが届く条件に「安定継続収入」などは記載がありません。

あくまでも「JCBゴールドの利用合計金額が2年連続で100万円以上」という条件で届くのですね。条件が明快で好感が持てます。

③インビテーションがメールで来る

JCBゴールドザ・プレミアのインビテーションは、郵送ではなくメールで届きます。インビテーションが近いと感じたら、「MyJCB」に、登録しているEメールアドレスが受信可能なアドレスかどうか確認しておきましょう。

JCBゴールドザ・プレミアのインビテーションが届くのは毎年2月下旬頃です。口コミでも2月下旬に喜びの声が寄せられています。

JCBゴールドザプレミア・JCBプラチナ・JCBゴールド|年会費や特典の比較

h2made_jcb3枚比較

JCBのプロパーカードの中で、現在「JCBザ・クラス」のインビテーションが届く可能性があるのは、JCBゴールドザプレミア・JCBプラチナ・JCBゴールドの3枚のみ。

以下より、「JCBザ・クラス」へのルートがあるJCB上位カード3枚を比較してみます。基本的にJCBゴールドに付いている特典はプレミア・プラチナにも付帯しているので省略しました。

JCBゴールド JCBゴールドザ・プレミア JCBプラチナ
年会費 11,000円 11,000円+
サービス年会費5,500円
27,500円
申込み条件 学生を除く20歳以上
安定継続収入のある人
招待制 25歳以上
安定継続収入のある人
ポイント有効期限 3年 5年 5年
最大還元率 0.80% 0.85% 0.85%
コンシェルジュ
デスク
なし なし
グルメルジュ なし
グルメベネフィット なし なし
JCB Lounge 京都 なし
ユニバーサルスタジオ
ラウンジ
なし なし
プレミアム
ステイプラン
なし なし
海外ラグジュアリー
ホテルプラン
なし なし
プライオリティパス なし(ラウンジ・キーにより
US32ドルで利用可能)
家族カード 1人目無料
2人目より1100円
1人目無料
2人目より1100円
1人目無料
2人目より3300円

①年会費

年会費はゴールドが11,000円、プレミアが11,000円+サービス年会費5,500円、プラチナは27,500円です。年会費だけで見れば、プレミアは年間100万円以上の利用で11,000円になるので、プレミアがお得でしょう。

②付帯カード

プラチナのみ2人目から家族カードが3,300円です。

③特典

全体を通してみるとプラチナは年会費以上の豪華な特典が付帯している印象です。ゴールドとプレミアを比較した場合、年会費を同額にできるのでプレミアの方がかなりお得です。

ただ国内や海外で贅沢なホテルに泊まったり、コンシェルジュデスクに豪華な飲食や旅行の手配を頼んだりという機会がそれほど多くない人は、プレミアの特典を持て余してしまうかもしれません。特典が本当に必要なのかの見極めが重要です。

JCBゴールド 公式サイト

arrow

JCBゴールドカードの3つの申し込み手順

h2made_申し込み手順

招待制のJCBゴールド・ザ・プレミアを手に入れるためには、まずJCBゴールドカードの申し込みが必要です。申し込みはインターネットから数分程度で簡単に行えます。

  1. WEBで必要な情報を入力
  2. 対象の金融機関サイトで支払い口座を設定
  3. 入会審査後、自宅にカードが届く

順を追って手順を説明します。

①WEBで必要な情報を入力

インターネット上でJCBゴールドカードの申し込みページを開きましょう。

JCBゴールド 公式サイト

arrow

会員規約があるので一度アクセスして目を通してから、「同意する」のボタンを押し、画面の指示に従い、必要な情報を入力しましょう。必要な情報は下記の通り。

  • 氏名/生年月日
  • 住所
  • 職業
  • 年収(おおよそ)など

上記を準備し、申し込みを進めましょう。

②対象の金融機関サイトで支払い口座を設定

カードの必要事項入力が終わると、続けて金融機関のサイトにアクセスする画面に切り替わります。
支払い口座に指定した口座がJCBの指定対象金融機関で、「普通預金・本人名義の口座」であれば、引き続きインターネット上で支払い口座の設定が可能です。

画面に金融機関名、支店名、預金科目、口座番号、名義人名、生年月日などを入力しましょう。
手元に通帳やキャッシュカードを用意しておくとスムーズに進められます。

申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに受付完了メールが届きます。

③入会審査後、自宅にカードが届く

JCBで入会審査が行われます。審査に通過するとカードが発行されます。審査に通過できれば、申し込みから1週間程度で自宅にカードが届きます。

JCBゴールドザ・プレミアのQ&A

made_質問Q&A

JCBゴールドザ・プレミアカードに関してよくある質問をまとめました。

  1. 年会費はいくらですか?
  2. 家族カードの年会費はいくらでしょうか?
  3. ETCカードは発行できますか?

ひとつずつ見ていきます。

①JCBゴールドザ・プレミアカードの年会費はいくらですか?

made_q1

A. JCBゴールドザ・プレミアカードの年会費は11,000円。
別途サービス年会費5,500円がかかりますが、サービス年会費は年間100万円以上のショッピング利用で無料になります。

②家族カードの年会費はいくらですか?

made_q2

A. 家族カードは1人目は無料で作成できます。
2人目以降は1人につき1枚1,100円の年会費が必要です。

③ETCカードは発行できますか?

made_q3

A.ETCカードは無料で発行できます。

JCBゴールドザ・プレミアはワンランク上のカードでザ・クラスへも近い

JCBゴールドザ・プレミアはJCBゴールドカードの上位カードで招待制。年間100万円以上の利用が2年続くとインビテーションが届きます。年会費に対して豪華な特典が付帯しているJCBプレミア。

継続利用でJCBザ・クラスへのインビテーションが届く可能性もあります。豪華な特典を満喫しましょう。

JCBゴールド 公式サイト

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部