プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
JCBプラチナはコスパの良い上級カード|審査基準やザクラス招待のリアルを口コミ検証
プラチナ・ブラック

JCBプラチナはコスパの良い上級カード|審査基準やザクラス招待のリアルを口コミ検証

JCBプラチナカードは、プライオリティパスなど豪華な特典と比較して年会費が低く設定されているコスパの良いカード。JCBプラチナカードの審査基準や、最上位カードザ・クラスへの招待基準を口コミを交えて解説します。

JCBプラチナカードはハイクラスでコスパの良いクレジットカード

jcb_プラチナ
カード名 JCBプラチナカード基本情報
年会費 27,500円
還元率 0.5%
申込み条件 25歳以上で、安定継続収入のある人。学生不可。
国際ブランド JCB
貯まるポイント Oki Dokiポイント
利用限度額 利用者により異なる
付帯カード 家族カード(年会費1名無料、2人目以降3,300円)ETCカード(無料)

年会費が10万円を超えるプラチナカードもある中で、JCBプラチナカードの年会費は27,500円。年会費3万かけずに、プラチナカードの特典を利用できるので、コスパはかなり良し。

世界中の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」や1名分のコース料理が無料になる「グルメ・ベネフィット」、ユニバーサル・スタジオのラウンジ無料特典など豪華な特典を兼ね揃えています。

旅行傷害保険は、国内・海外とも最高1億円、ショッピング保険も付帯しており、プラチナカードであるのに家族カードは1名まで無料、ETCカードも無料で発行できる利便性の高いカードです。

JCBプラチナカードの口コミから考察する3つの審査基準

h2made_jcbプラチナインビだけじゃない

魅力的なJCBプラチナカードの申し込み方法は、以下の2つのパターンがあります。

  • 招待
  • 申し込み

JCBプラチナは、JCBからの招待を待つだけではなく、自分で申し込んで発行することも可能なプラチナカード。

しかし、審査基準は明確ではなく、考察するしかありません。以下より、JCBプラチナカードの審査に通過する年収や条件を、口コミなどから検証します。

①申込み条件

JCBプラチナカードの申込み条件は「25歳以上で、本人に安定継続収入のある人」と規定されており、学生は申込みできません。プラチナカードのため、申込み条件は一般カードより厳しく設定されています。

安定継続収入のある人とは企業の正社員と想定されるので、25歳以上で企業に正社員として勤務していれば問題なく申込み可能です。

②年収

一番気になる年収はどの程度あれば審査を通過できるのでしょうか。口コミから検証します

年収が上がることで審査にパスしたという口コミがあり、やはり年収は大きな審査基準であると言えるでしょう。また年収450万円程度で審査を通過した口コミもあります。

一般的なプラチナカードの審査基準と照らし合わせると、JCBプラチナカードの年収の審査基準は400万~500万円程度と言えそうです。申込み条件に「安定した継続収入」とあることから、正社員で400万円程度の安定収入があれば、審査を通貨できるのではないでしょうか。

③クレジットヒストリー

クレジットヒストリー(クレヒス)は、これまでのクレジットカードや借入の利用実績のこと。JCBプラチナの審査には、年収と勤務形態の他に、クレヒスも影響するでしょう。

やはり他の国際ブランドのカードよりは、JCBプラチナの下位カードであるJCBゴールドの利用実績は審査に有利に働くかもしれません。JCBゴールドの利用1年未満でインビテーションが届いた事例もあります。

JCBプラチナの年収審査基準を通過できるかどうか不安な人は、JCBゴールドカードの利用から実績を作っていく方法も検討してみて下さいね。

JCBプラチナカードの6つの特典

h2made_jcbプラチナカード特典

JCBプラチナカードは、プロパーのプラチナカードならではの豪華な特典が数多く用意されています。

  1. グルメ・ベネフィット
  2. プラチナ・コンシェルジュデスク
  3. 国内空港ラウンジサービス
  4. 国際空港ラウンジサービス「プライオリティパス」
  5. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ラウンジ招待
  6. JCB Lounge 京都

それぞれ説明していきます。

①グルメ・ベネフィット

jcb_jcbプラチナグルメ

レストランの食事1名分が無料になるサービス。JCBがセレクトした国内のレストランの指定のコースメニューを2名以上で予約のうえ利用すると、1名分の料金が無料になります。

JCBプラチナカードを使うと、会食や接待の他にも、旅行や記念日、日常の少し贅沢な食事を楽しめるでしょう。グルメが好きな方にはおすすめですね。

②プラチナ・コンシェルジュデスク

jcb_jcbプラチナプラチナコンシェルジュ

プラチナ・コンシェルジュデスクは、JCBプラチナ会員専用の手配や予約の相談窓口です。 旅行の手配や予約、ゴルフ場や各種チケット、レストランの案内や予約などさまざまな相談を受け付けています。

365日24時間体制なので急な出張や旅行にも対応可能です。面倒事などをすぐに電話で解決したい方には、嬉しいサポートですね。

③国内空港ラウンジサービス

国内の主要空港ラウンジを無料で利用できるサービスも特典として付帯しています。JCBプラチナカードの個人会員は、本人の他に同伴者1名も無料で利用可能です。

④国際空港ラウンジサービス「プライオリティパス」

jcb_jcbプラチナプライオリティパス

世界148の国や地域にある約1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料できるサービス。同伴者はどの空港ラウンジでも1名2,200円で利用できます。

プライオリティパスの正規料金は以下の通り。

スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 US$99 US$299 US$429
会員のラウンジ利用料金 US$32 無料利用10 回
その後1回US$32
無料
同伴者のラウンジ利用料金 US$32 US$32 US$32

プライオリティパスの正規プランでは、ラウンジの利用料金が都度発生するスタンダードプランでも年会費が1万円程度です。JCBプラチナのプライオリティパス特典では同伴者の利用料金も低く設定されており、年に何度か海外に出かける人には非常に価値のある特典でしょう。

⑤ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ラウンジ招待

jcb_jcbプラチナjcbユニバーサルラウンジ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」施設内に設置されたJCBラウンジが利用できるサービス。高級感あるラウンジで休憩できる他、アトラクション優先搭乗などのサービス提供もあります。

家族や友人とお出かけするときにちょっと豪華な旅路ができますね。

⑥JCB Lounge 京都

jcb_jcbプラチナカードjcbラウンジ京都

京都観光の際に便利な「JCB Lounge 京都」を無料で利用できるサービス。京都駅内のラウンジでドリンクを飲みながら、新聞や雑誌を閲覧できます。列車の乗車時間までくつろいで過ごすことが可能です。

⑦その他

その他には、以下のような特典を楽しめます。

  • 国内の人気ホテルや旅館にお得な料金で宿泊できる「宿泊JCBプレミアムステイプラン」
  • 世界各地の豪華なホテルに特典付きで宿泊できる「海外ラグジュアリー・ホテル・プラン」
  • 国内・海外の旅行傷害保険
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • ショッピングガード保険など

暮らしを豊かに彩ってくれるさまざまな特典が用意されています。

JCBプラチナ利用でJCBザ・クラスのインビテーションを目指す

h2made_jcbプラチナjcbクラスへの近道

JCBプラチナカードの発行を検討している人の中には、将来的にはJCBの最上位カード「JCBザ・クラス」を目指したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

JCBプラチナからJCBザ・クラスへのインビテーションはどのような条件で届くのか、口コミも交えて検証します。

①JCBザ・クラスへはJCBプラチナ利用が近道

JCBザ・クラスは、JCBの最上位ブラックカード。年会費は55,000円で、さまざまな豪華な特典が付帯している招待制のカードです。

自分から申し込んでの発行はできず、JCBから招待が届いた人のみ発行可能。JCBプラチナ・JCBゴールド ザ プレミア・JCBゴールドのいずれかのカードで利用実績がある人にインビテーションが届きます。

3種類のカードの中ではJCBプラチナが最上位カード。年間利用金額などが同じ条件ならJCBプラチナが一番ザ・クラスへ近いカードと言えるでしょう。

②JCBザ・クラスインビテーションの口コミ

JCBザ・クラスへの招待は、JCBプラチナ・JCBゴールド ザ プレミア・JCBゴールドで年間200~400万円を毎年利用し、通算利用額が1000万円~1500万円程度になった人に届くケースが多いと言われています。実際にインビテーションが届いた人の口コミを検証します。

口コミでは、JCBプラチナ500万円の1年間利用ではインビテーションは来なかったと報告があります。また、JCBゴールドエクステージからJCBプラチナに切り替えて1年未満でインビテーションが届いた例もあり、通算利用額にはJCBプラチナ・JCBゴールド ザ プレミア・JCBゴールド以外のJCBカードが含まれる場合があるのかもしれません。

あるいは利用額が多いと1年未満でも招待が届く場合があるとも考えられます。

③JCBザ・クラスの主な特典

JCBザ・クラスは55,000円の年会費に見あった豪華な特典が用意されています。下記はその一例です。

  • メンバーズセレクション:2~3万円相当のカタログギフト
  • プライオリティパス:同伴者1名まで無料利用可能
  • ザ・クラス名食倶楽部:会員限定の食事イベント
  • 東京ディズニーリゾート会員専用ラウンジなど

JCBプラチナを思う存分利用して、いつかはJCBザ・クラスの招待を受け取りたいですね。

JCBプラチナカード申込み方法

h2made_申し込み手順

JCBプラチナカードは、インターネットから簡単に申込み可能です。

  1. インターネットから申し込み
  2. カード発行審査
  3. カードが自宅に届く

申込みの流れを説明します。

①インターネットから申込み

JCBプラチナカードをWEBから申し込む場合は、サイト上にて必要事項を入力し、申し込みを行います。

JCBプラチナカード 公式サイト

arrow

インターネットの申し込みが終わると、以下の2つのパターンからカード発行までの手順を選べます。

  1. 金融機関のサイトで支払い口座を設定
  2. 必要書類を郵送

それぞれについて説明しますね。

①金融機関のサイトで支払い口座を設定

インターネットでの申し込みで、金融機関のサイトに移行し支払い口座を設定する場合、確認書類などの郵送は不要となります。※申し込み者本人の普通預金口座のみ支払い口座に設定可能です。

カードご利用代金お支払い口座
  • 預金科目:普通預金

  • 口座名義:お申し込みご本人様

インターネットで支払い口座の設定を行うと、最短3営業日でカードが発行されます。支払い口座設定の手順が完了すると、登録したメールアドレスに受付完了メールが届きます。

②必要書類を郵送

インターネットの申し込みが終了し、受付完了メールを受け取ると、必要書類の返送依頼の書面を郵送します。
送付する内容には以下が必要となります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

上記を郵送すると、カード発行審査に入ります。

②カード発行審査

受付メールが届くと、カード会社が定める基準に則って審査が行われます。審査期間は、長くても約1週間ほどとなっており、インターネットで支払い口座を登録すると3日ほどかかります。

JCBプラチナの申し込み条件は、25歳以上で、安定継続収入がある(学生を除く)方となっていますが、他のプラチナカードと同様の審査難易度と言えます。審査基準に大きな問題がない方はすぐに審査結果の連絡をもらえるでしょう。

③カードが自宅に届く

申込みから1週間ほどで自宅にカードが届きます。審査に終了すると、PiTaPa一体型のカードの場合、申し込みから2週間程でカードが発送されるので、注意しておきましょう。

JCBプラチナカード 公式サイト

arrow

JCBプラチナは特典盛り沢山のコスパカード

JCBプラチナは、プライオリティパスやグルメ・ベネフィットなど、豪華な特典が盛り沢山であり、プラチナカードにしては年会費が低く設定されているコスパの良いカード。JCBプラチナカードを発行して、グルメや旅行、ショッピングを楽しみましょう。

特典だけでなく、ステータスも高いプラチナカードをこれから手にしてみたいという方にもおすすめです。

JCBプラチナカード 公式サイト

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部