プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
JCBカードでおすすめのカード17選!ジャンル別に比較して人気のカードも紹介
おすすめクレジットカード比較

JCBカードでおすすめのカード17選!ジャンル別に比較して人気のカードも紹介

JCBでおすすめのカードをお探しではないですか?この記事ではおすすめのJCBカードや人気のあるJCBカードをジャンル別に17枚紹介しています。自分の希望に合う最適JCBカードを見つけて、お得な特典を受け取れるようにしましょう。

【結論】JCBカードのおすすめはJCB CARD W!メリットも紹介

jcb_JCB CARD W
JCB CARD W 基本情報
発行対象年齢 18歳以上39歳以下
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB

JCB CARD W 公式サイト

arrow

JCBカードで最もおすすめのクレジットカードはJCBカードWです。18歳〜39歳の人しか発行できませんが、年会費無料で、ポイント還元率が充実しています。

一般的なクレジットカードの基本還元率は0.5%ほどですが、JCB CARD Wは1.0%と高く、以下のお店で利用すればさらにポイントを得られます。

  • スターバックスでの利用でポイント10倍
  • Amazonでの利用でポイント4倍
  • セブンイレブンでの利用でポイント3倍
  • etc......

またポイント還元だけでなく、海外旅行保険では最高2,000万円の補償を受けられます。JCBカードでどれにしようか悩んだら、取り敢えずJCB CARD Wを選べば間違いありません。

JCB CARD Wについては以下の記事でも詳しく解説しています。

JCB CARD W 公式サイト

arrow

女性にはJCB CARD W plus Lがおすすめ

jcb_jcbcardwplusl
JCB CARD W plus L 基本情報
発行年齢対象 18歳以上39歳以下
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB

女性にはJCB CARD W plus Lがおすすめです。JCB CARD Wのメリットや基本スペックはそのままに、女性向けの特典が追加されている一枚です。

女性向けの特典には、以下のようなものがあります。

  • 女性の「キレイ」を応援するためのお得な情報やサービスを受け取れる「LINDAリーグ」
  • 乳がんや子宮がんなど女性特有の病気をサポートする「女性疾病保険」

JCB CARD Wと同じ特典を受け取りたい人の中で、特に女性におすすめの一枚です。

JCB CARD W plus L 公式サイト

arrow

JCBカードの人気なクレジットカード3選|ポイント還元率で比較

made_還元率 JCB

ポイント還元率が高くて、人気なJCBのクレジットカード3つを紹介します。

  1. ポイント最大20倍|JCB一般カード
  2. ポイント還元率最大21.4%|リクルートカード
  3. ポイント最大15倍|楽天カード

それぞれ順に見ていきましょう。

①ポイント最大20倍|JCB一般カード

jcb_jcbcardextage_3
JCB一般カード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 1,375円(税込)
初年度無料
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB

JCB一般カードは、ポイントが最大20倍までアップするクレジットカードです。基本還元率は0.5%ですが、以下のサイトやお店で利用した場合にポイントが増えます。

  • OkiDokiランドを経由した買い物での利用でポイント最大20倍
  • スターバックスでの利用でポイント10倍
  • Amazonでの利用でポイント3倍
  • セブンイレブンでの利用でポイント3倍
  • etc......

Oki Dokiポイントの有効期限は獲得した月から2年間〜5年間あるので、余裕をもって貯められます。また、ポイントを貯めやすいだけでなく使い道も豊富です。

貯めたポイントで、東京ディズニーランドのチケットをもらえたり、Amazonで1ポイント=3.5円分で買い物ができたりします。クレジットカード選びでポイントを重視している人に、JCB一般カードは人気です。

JCB一般カード 公式サイト

arrow

②ポイント還元率最大21.4%|リクルートカード

rikuruto_リクルートカード_カード画像
リクルートカード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 1.2%〜
貯まるポイント リクルートポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

リクルートカードはポイント還元率が最大21.4%までアップするクレジットカードです。以下のシーンで使えば、ポイントをお得に貯められます。

  • ポンパレモールでの利用でポイント還元率4.2%〜21.4%
  • じゃらんでの利用でポイント還元率3.5%
  • ホットペッパーグルメでの利用で50ポイント以上プラス
  • etc...

旅行や外食での利用でポイントを貯めたり、使えたりすることがリクルートカードの強みです。また、リクルートカードは通常のポイント還元率が1.2%とかなり優秀です。

ポイントを旅行や外食で使いたい人やどこの店舗でもより多くのポイントを貯めたい人に人気のクレジットカードです。

リクルートカード 公式サイト

arrow

③ポイント最大15倍|楽天カード

楽天_楽天カードアカデミー
楽天カード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%〜
貯まるポイント 楽天ポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・amex

楽天カードはポイントが最大15倍となるクレジットカードです。楽天が発行しているため、以下のように楽天サービスを使えば使うほどポイントが貯まります。

  • 楽天市場でのカード利用でポイントプラス2倍
  • 楽天市場アプリでのショッピングでポイントプラス0.5倍
  • 楽天モバイルの利用でポイントプラス1倍
  • etc......

楽天モバイルを使っていて、楽天市場のアプリにて買い物し、楽天カードで支払いをすれば、獲得できるポイントは3.5倍になります。また、上記の他にも楽天証券や楽天ひかりなど、楽天のサービスを最大限活用することで、獲得できるポイントを最大15倍まで上げられます。

楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルなど楽天サービス内で使うとよりお得です。そのため、普段から楽天のサービスよく使われている人に人気のクレジットカードです。

楽天カード 公式サイト

arrow

JCBカードの人気なクレジットカード3選|ポイント交換先で比較

made_ポイント交換先 JCB

ここでは、ポイントの交換先で人気なJCBカードを3つ紹介します。

  1. Orico Card THE POINT
  2. ソラチカカード
  3. ビックカメラSuicaカード

それでは、一つずつ順番に説明していきます。

①交換先が豊富にある|Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%〜
貯まるポイント オリコポイント
国際ブランド Mastercard・JCB

Orico Card THE POINTは貯めたポイントの交換先が豊富にあるクレジットカードです。以下の交換先で500ポイントから様々なポイントやギフト券と交換できます。

  • Amazonギフト券
  • 楽天ポイント
  • App Store & iTunesギフトカード
  • nanacoギフト
  • Tポイント
  • QUOカードPay
  • Pontaポイント
  • ANAマイル
  • JALマイル
  • 電子マネーWAON
  • etc......

上記のほとんどのポイントやギフト券が、1オリコポイント=1円相当で交換できます。交換先が豊富なだけでなく、通常のポイント還元率が1.0%と他のクレジットカードと比べて高く、オリコモールで買い物すれば1.5%〜16.5%にまで還元率が上がります。

クレジットカードを選ぶ際にポイントの使い道の豊富さを重視される人に一押しなのがOrico Card THE POINTです。

Orico Card THE POINT 公式サイト

arrow

②ポイントをマイルに変えられる|ソラチカカード

ANA_ソラチカカード_PASMO
ソラチカカード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 2,200円(税込)
初年度無料
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント メトロポイント
Oki Doki ポイント
ANAマイル
国際ブランド JCB

ソラチカカードはマイルを効率的に貯められるクレジットカードです。カード利用で貯まるポイントは基本的にOki Dokiポイントですが、それだけではなく東京メトロの利用でメトロポイントが貯まったり、ANA航空機の利用でANAマイルが貯まったりします。

Oki DokiポイントとメトロポイントはANAマイルに移行することできるので、ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカードと言えます。東京メトロを普段から利用していて、マイルを効率的に貯めたい人に人気の一枚です。

ソラチカカード 公式サイト

arrow

③ポイントをSuicaに変えられる|ビックカメラSuicaカード

view_ビックカメラsuicaカード
ビックカメラSuicaカード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 524円(税込)
初年度無料
ポイント還元率 1%〜
貯まるポイント ビックポイント
JREポイント
国際ブランド JCB

ビックカメラSuicaカードは貯めたポイントをSuicaに変えられるクレジットカードです。貯められるポイントは、JR東日本のJREポイントとビックカメラのビックポイントの2種類あり、JREポイントは1,000ポイント、ビックポイントは1,500ポイントでSuicaに1,000円相当入金できます。

また、ビックカメラSuicaカードでSuicaをチャージしたときのポイント還元率は1.5%になるので、普段から電車やバスなどの交通機関でSuicaを使われている人に人気のクレジットカードです。

ビックカメラSuicaカード 公式サイト

arrow

JCBカードの人気なクレジットカード3選|ユーザー属性で比較

made_属性 JCB

JCBカードで人気のクレジットカードを、以下3パターンの利用者の属性に分けて紹介していきます。

  1. 海外旅行が好きな学生へ!JALカードnavi
  2. 女性でクレジットカードを作りたい人へ!楽天PINKカード
  3. 審査が心配な人へ!セゾンカードインターナショナル

それぞれ順に詳しく見ていきましょう。

①海外旅行が好きな学生へ!JALカードnavi

JALカード navi
JALカードnavi 基本情報
発行年齢対象 18歳以上30歳未満の学生
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
貯まるポイント JALマイル
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

JALカードnaviは学生専用のクレジットカードであり、海外旅行が好きな人に人気の一枚です。JALカードnaviの最大の強みはマイルが貯まりやすく、お得に旅行ができることです。

普段の買い物で利用すれば100円につき1マイル貯まりますが、イオンや紀伊國屋書店などのJAL特約店での利用なら100円に2マイル貯まります。また最大6割引でマイルとJAL航空券を交換できる特典もあり、国内、海外にかかわらずどこにでもお得に行けます。

旅行が好きな学生におすすめしたい一枚です。JALカードnaviについては以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

JALカードnavi 公式サイト

arrow

②女性でクレジットカードを作りたい人へ!楽天PINKカード

楽天_楽天PINKカード_通常デザイン
楽天PINKカード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
貯まるポイント 楽天ポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・Amex

楽天PINKカードは女性に人気のクレジットカードです。楽天カードの魅力はそのままに、女性向けの特典が追加されているためです。

例えば、楽天PINKサポートでは乳がんや子宮筋腫などの女性特有の病気での入院や手術などの治療費に対する保険金が支払われます。また、月額330円のライフスタイル応援サービスでは、カラオケや映画などで使える女性向けのクーポンが発行されます。

楽天をよく利用される女性におすすめのクレジットカードです。

楽天PINKカード 公式サイト

arrow

③審査が心配な人へ!セゾンカードインターナショナル

saison_セゾンカードインターナショナル
楽天PINKカード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント セゾン永久不滅ポイント
nanacoポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

セゾンカードインターナショナルは審査の甘いクレジットカードです。審査が甘いと言える理由は、審査にかける時間が短いからです。

セゾンカードインターナショナルは最短即日で受け取り可能です。さらに、ナンバーレスデジタルカードを選択すれば最短5分で公式アプリにて発行できます。

セゾンカードインターナショナルは、初めてクレジットカードをつくる人、他のクレジットカードの審査に落ちた経験のある人に人気のクレジットカードです。

セゾンカードインターナショナル

arrow

JCBカードの人気なカード3選|特典で比較

made_特典 JCB

JCBカードの特典をフルで活用したいなら、JCBの上位カードを狙ってみるといいでしょう。

  1. 充実した空港サービスが受けれる!JCBゴールドカード
  2. コンシェルジュサービスが使える!JCBプラチナカード
  3. JCBで最上級の特典を受けれる!JCBザ・クラス

それでは順番に案内していきます。

①充実した空港サービスが受けれる!JCBゴールドカード

jcb_jcb ゴールド
JCBゴールド 基本情報
発行年齢対象 20歳以上
(学生を除く)
年会費 11,000円(税込)
ネット入会で初年度無料
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント Oki Doki ポイント
国際ブランド JCB

JCBゴールドカードは充実した空港サービスが受けられるクレジットカードです。JCBゴールドカードがあれば乗り換えの待ち時間などに無料で空港ラウンジを利用できます。

空港サービスの他にも、以下のような充実の特典があります。

  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 飲食代金またはコース代金が20%オフになるグルメ優待サービス
  • 海外利用でポイント2倍
  • スターバックスやAmazonなど優待点を利用すれば最大ポイント10倍
  • etc......

年会費は11,000円かかりますが、海外旅行や出張が多い方にとってワンランク上特典が受け取れるクレジットカードです。より充実した特典を利用したい方はJCBゴールドカードを検討してみてもいいでしょう。

JCBゴールド 公式サイト

arrow

②コンシェルジュサービスが使える!JCBプラチナカード

jcb_JCBプラチナ
JCBプラチナカード 基本情報
発行年齢対象 25歳以上
(学生を除く)
年会費 27,500円(税込)
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント Oki Doki ポイント
国際ブランド JCB

JCBプラチナカードはコンシェルジュサービスを利用できるクレジットカードです。旅行、レストラン、ゴルフ場の手配や予約など、プラチナ・コンシェルジュが対応してくれます。

他にも以下のような充実した特典があります。

  • 世界各国1300箇所以上の空港ラウンジが無料で利用可能
  • 最大1億円の海外旅行保険付帯
  • 国内の厳選された有名レストランの料金が1人分無料
  • 全国の人気ホテルの割引や会員限定サービスの利用
  • JR京都駅構内にあるJCB Lounge 京都が同伴者1名まで無料
  • etc......

上記のように旅行や会食の機会が多い方にとって、特にメリットが大きなクレジットカードです。上質なライフスタイルを送りたい人に人気のクレジットカードです。

JCBプラチナカード 公式サイト

arrow

③JCBで最上級の特典を受けれる!JCBザ・クラス

JCB ザ・クラス
JCBザ・クラス 基本情報
発行年齢対象 不明
招待がある人のみ
年会費 55,000円(税込)
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント Oki Doki ポイント
国際ブランド JCB

JCBザ・クラスは、JCBの中でも最上級の特典を受けられます。年会費は55,000円かかりますが、以下のように特別な特典を受け取れます。

  • 東京ディズニーリゾートチケット2枚や海外旅行3万円分のクーポンなどを貰えるギフトカタログ
  • 世界各国の空港にある年会費4万円を超えるVIPラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パス
  • 24時間365日相談できるザ・クラス・コンシェルジュ
  • 国内の格式高い高級ホテルに特別価格で宿泊できるJCBプレミアムステイプラン
  • 最大1億円が補償される海外旅行保険
  • etc......

JCBザ・クラスの入手方法ですが、自分で申し込むことができず完全招待制です。カード発行会社から招待される基準は公式には発表されていませんが、JCBゴールド、JCBゴールド・ザ・プレミア、JCBプラチナのいずれかを保有しており、良質な利用履歴を積んだ人に送られてくるようです。

最上級の豪華特典を受けたい人にJCBザ・クラスは人気の一枚です。

JCBザ・クラス 公式サイト

arrow

JCBカードでその他の人気なカード3選

made_JCB おすすめ

JCBカードには他にも人気のカードが3つあります。

  1. イオン系列店をよく使うなら!イオンカード
  2. ソフトバンクユーザーなら!Yahoo!JAPANカード
  3. 複数のネットショップを使うなら!ライフカード

順番に詳しく見ていきましょう。

①イオン系列店をよく使うなら!イオンカード

aeon_イオンカード
イオンカード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント ときめきポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

イオンカードはイオン系列店をよく使う人に人気のクレジットカードです。イオングループでの買い物は常にポイント2倍となり、毎月20日と30日のお客さま感謝デーでは買い物代金が5%割引になるためです。

貯めたときめきポイントはカタログにある商品と交換できるだけでなく、WAONに変えられます。WAONはイオン以外にもミニストップやはるやまなど多くの加盟店で利用できるポイントなので、使い道も豊富です。

そのため、イオン系列店でよく買い物をされる方はイオンカードを選ぶといいでしょう。

イオンカードセレクト 公式サイト

arrow

②ソフトバンクユーザーなら!Yahoo! JAPANカード

YahooJapan_YJカードヤフージャパンカード_画像
Yahoo! JAPANカード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
貯まるポイント Tポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

Yahoo! JAPANカードはソフトバンクユーザーに人気の一枚です。ソフトバンクユーザーは日曜日限定でYahoo! ショッピング、LOHACOやPayPayモールでの買い物のポイント還元率がプラス10%になるためです。

また、TSUTAYAやファミリーマートなどの提携店を利用すればポイント還元率は1.5%になります。そのため、Yahoo! JAPANカードはソフトバンクユーザーやTポイントを利用する機会の多い人に人気のクレジットカードです。

ヤフーカード 公式サイト

arrow

③複数のネットショップを使うなら!ライフカード

ライフカード
ライフカード 基本情報
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント サンクスポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

ライフカードは複数のネットショップを使う人に人気のクレジットカードです。ライフカード発行会社が運営するL-Mallを経由して、楽天やYahoo!ショッピングなどで買い物をすればポイントが2倍以上になるためです。

他にもL-Mallには、Apple公式サイトやDHCオンラインショップなど人気ショップが500以上存在しています。毎月変わる注目のお店ではポイントが最大25倍になることもあります。

普段から様々な店舗でネットショッピングされている人は、より多くのポイントをゲットできる可能性があるのでおすすめです。

ライフカード 公式サイト

arrow

JCBカードのよくある質問

made_質問Q&A

JCBカードのよくある質問をまとめました。

  • JCBカードのメリットは?
  • JCBカード以外のクレジットカードも持っている方がいい?
  • JCBカードにはどんな種類がある?

それでは、それぞれ順番に紹介していきます。

Q1.JCBカードのメリットは?

A.JCBカードのメリットは国内の加盟店が多いことです。

JCBは日本発の唯一の国際ブランドなので、日本国内の加盟店数は1位です。またプロパーカードを発行しているため、上位クラスのクレジットカードを持ちたい人にもおすすめです。

Q2.JCBカード以外のクレジットカードも持っている方がいい?

A.海外にいく機会がある人は、JCBカード以外のクレジットカードも持っている方がいいです。

JCBカードが使える国や地域、店舗は限られています。アジアやハワイ、グアムなどの日本人に人気のある観光地であれば、使えますが、それ以外のところではあまり使えません。

JCBカードと使い分けながら、海外旅行や出張時にはシェア率1位、2位のVISAカードやMastercardを利用するといいでしょう。

Q3.JCBカードにはどんな種類がある?

A.JCBカードは大きく分けると2種類あります。

JCBが発行しているプロパーカードと、楽天カードやリクルートカードなどの別会社とJCBが提携して発行している提携カードの2つです。
 
これら2種類ではポイント制度や付帯サービスが異なります。プロパーカードは基本的にはJCBだけの特典になりますが、プラチナカードやブラックカードなどの上位カードも発行しています。提携カードはJCBの一部の特典と提携している会社の特典の両方を受け取れますが、ブラックカードまであるものは少ないです。

使えるお店などは変わりませんので、自分が希望する特典が受け取れるクレジットカードを選ぶといいでしょう。

JCBカードでどれがおすすめか迷ったらJCB CARD Wを選ぼう

made_JCB CARD W

JCBカードで最もおすすめのクレジットカードはJCB CARD Wです。年会費無料のクレジットカードで、これだけポイント還元や付帯サービスが充実しているためです。

ただしJCBが使える国や地域、店舗は限られていますので、海外によくいかれる人は、VISAやMastercardなどの発行も考えるようにしましょう。

クレカ+編集部

クレカ+編集部