プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
JCBカードの審査基準を種類別に解説!審査に通るコツも大公開
一般カード

JCBカードの審査基準を種類別に解説!審査に通るコツも大公開

JCBカードを保有するためには、審査に通らなければなりません。そこで、気になるカードごとの審査基準や審査に通るコツを紹介します。JCBカードを持ちたい方は必見です。

JCBプロパーカードかJCB提携カードかによって審査基準は異なる

made_審査基準

一口にJCBカードといっても、JCBが発行しているプロパーカードとJCBの提携企業が発行している提携カードの2種類あります。それぞれどのようなカードがあるのか、そして審査基準はどのように異なるのか、詳しく紹介します。

  • JCBが発行しているプロパーカード
  • JCBの提携企業が発行している提携カード
  • 審査が不安な人は提携カードがおすすめ

JCBが発行しているプロパーカード

made_プロパーカード

プロパーカードとは、JCBが発行しているカードのことを言います。具体的には以下のような種類があります。

  • JCB一般カード
  • JCBゴールド
  • JCB CARD W
  • JCB CARD W plus L
  • JCB GOLD EXTAGE
  • JCBゴールド ザ・プレミア
  • JCBプラチナ
  • JCBザ・クラス

様々なランクのカードがあり、長く保有していると上位カードにランクアップすることも可能です。

JCBの提携企業が発行している提携カード

made_提携カード

提携カードとは、JCBの提携企業が発行しているカードです。主な提携企業には以下のようなものがあります。

  • 楽天
  • ANA
  • JAL
  • セゾン
  • 東京メトロ
  • JTB
  • ディズニー
  • イオン
  • ルミネ

提携カードは、提携企業独自の特典やキャンペーンを受けることができます。よく利用する企業が発行しているカードを発行するとよりお得になりますよ。

審査が不安な人は提携カードがおすすめ

made_提携カード 審査

クレジットカードの審査は、カードを発行する会社が行います。そのため、JCBが審査を行うのはプロパーカードだけです。提携カードの審査は提携企業が行います。

提携カードは、カードを発行している提携企業をより多くの人に利用してもらうことが目的で作られている場合が多数。そのため、プロパーカードに比べ提携カードの方が審査に通りやすい傾向にあります。

審査が不安な方は提携カードを選んでみると良いでしょう。

【カードの種類別】JCBカードの審査基準

カードの種類ごとにJCBカードの審査基準は異なります。以下の券種別に詳しく審査基準を紹介します。

  1. JCB CARD W
  2. JCB一般カード
  3. JCBゴールド
  4. JCBプラチナ
  5. JCBザ・クラス

①JCB CARD W

jcb_jcbcardw
JCB CARD W 基本情報
カードの種類 一般
年会費 永年無料
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1〜5.5%
申し込み条件 18歳以上39歳以下

JCB CARD Wに申し込める方は、以下に該当している方です。

  • ご本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • 18歳以上39歳以下の方(高校生を除く学生可)

若年層をターゲットにしているカードのため、審査基準は比較的甘め。JCBのプロパーカードの中では1番入会しやすいカードです。

本人でなく配偶者に安定した収入があれば申し込めるので、専業主婦やパートタイマーでも申し込み条件は満たしています。若年層向けカードなので、新社会人や大学生、専門学校生でも審査に通る可能性は高めです。

JCB CARD W 公式サイト

arrow

②JCB一般カード

jcb_jcbcard
JCB一般カード 基本情報
カードの種類 一般
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円
※年間50万円以上の利用で年会費無料
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1%
国際ブランド JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)

JCB一般カードに申し込める方は、以下に該当している方です。

  • ご本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • 18歳以上の方(高校生を除く学生可)

JCB一般カードの申し込み条件は、JCB CARD Wと基本的には同じです。審査難易度はそれほど高くないと言えます。

配偶者に安定継続収入があれば収入のない主婦の方でも審査に通る可能性大。40歳以上でJCBカードを初めて持つ方におすすめのカードです。

JCB一般カード 公式サイト

arrow

③JCBゴールド

jcb_ゴールドカード
JCBゴールド 基本情報
カードの種類 ゴールド
年会費 初年度:無料
2年目以降:11,000円
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
申し込み条件 20歳以上

JCBゴールドに申し込める方は、以下に該当している方です。

  • ご本人に安定継続収入のある方
  • 20歳以上の方(学生不可)

JCBゴールドの審査基準は、JCB一般カードやJCB CARD Wと比べるとやや高くなります。審査に通る目安の年収は400〜600万円ほど

本人に安定継続収入がないと申し込めないので、専業主婦の方は申し込めません。また、学生の方も申し込めないので注意が必要です。

JCBゴールド 公式サイト

arrow

④JCBプラチナ

jcb_jcbプラチナ
JCBプラチナ 基本情報
カードの種類 プラチナ
年会費 27,500円
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
申し込み条件 25歳以上(学生を除く)

JCBプラチナに申し込める方は、以下に該当している方です。

  • ご本人に安定継続収入のある方
  • 25歳以上の方(学生不可)

JCBプラチナの審査難易度は、JCBゴールドからさらに高くなります。審査に通る目安の年収は600〜800万円ほど

JCBプラチナの入手方法はインビテーション(招待)制と申し込み制の2種類あります。審査が不安な方は、JCBゴールドを保有しJCBプラチナの招待が来るのを待つと良いでしょう。

JCBプラチナカード 公式サイト

arrow

⑤JCBザ・クラス

JCB ザ・クラス
JCBザ・クラス 基本情報
カードの種類 ブラック
年会費 55,000円
貯まるポイント OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.5%
※年間300万円以上の使用で翌年0.85%
国際ブランド JCB
申し込み条件 ・20歳以上で安定した収入があること
・インビテーションを受けること

JCBザ・クラスに申し込める方は、以下に該当している方です。

  • ご本人に安定継続収入のある方
  • 20歳以上の方
  • インビテーション(招待)を受けている方

JCBのプロパーカードの中で最高峰のカードであるJCBザ・クラスの審査基準はかなり厳しいと言えます。JCBザ・クラスの入手方法は、インビテーションのみ。

JCBザ・クラスを持ちたい方は、インビテーションを受けるためにJCBのプロパーカードで実績を積まなければなりません。JCBゴールドやJCBプラチナを数年間毎年100万円以上使うようにしましょう。

JCBザ・クラス 公式サイト

arrow

JCBカードの審査に必要な情報

made_審査 必要 情報

JCBカードの審査に必要な情報は主に2つあります。

  1. 申込者の属性情報
  2. 個人信用情報機関の照会情報

それぞれ詳しい内容を説明します。

①申込者の属性情報

made_審査 属性

JCBカードを申し込むときには以下のような申込者の属性情報が求められます。

  • 氏名、生年月日、性別
  • 住所、電話番号
  • 職業、勤務先
  • 収入
  • 家族構成
  • 居住形態

これらの属性情報をもとにカード会社は審査を行います。

②個人信用情報機関の照会情報

made_審査 照会

個人情報は、個人信用情報機関(CIC、JICCなど)で正しい情報かどうか照会されます。個人信用情報機関とは、申込者の「クレヒス(クレジットヒストリー)」に問題がないかといった信用情報を調査する機関です。

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやキャッシングなどの返済履歴のことです。ある一定期間、返済履歴は個人信用情報機関に残っています。

延滞や自己破綻など、クレヒスに傷が入っていると審査で不利に。そのような方は、クレヒスの傷が削除されてから申し込むようにすると良いでしょう。

JCBカードの審査期間は券種によって異なる

made_審査期間

JCBカードの審査期間はカードの種類によって異なります。平均すると1週間程度で発行されるので、審査期間は2〜3日程度と考えられます。

カードごとの審査期間の特徴は以下の通りです。

  • JCB CARD Wは審査期間が短い
  • 下位カードの方が審査期間が短い

JCB CARD Wは審査期間が短い

made_JCB 審査

JCBカードを作りたい方で、できるだけ早くカードを発行したいという方は、JCB CARD Wを選びましょう。JCB CARD Wは最短3営業日で発行できます。

JCB CARD Wはweb入会限定のカードです。そのため、個人情報をすぐにwebで照会でき、短い期間で審査が可能に。

お急ぎの方、初めてクレジットカードを作る方はJCB CARD Wをおすすめします。

下位カードの方が審査期間が短い

made_JCB 審査

下位カードの方が審査期間が短く、すぐに発行できます。JCB一般カードもwebで申し込むと最短3営業日で発行可能。

上位カードになればなるほど審査基準が厳しく、審査に時間がかかる傾向に。審査に不安な方は、JCB CARD WやJCB一般カードなど下位カードを申し込んでみると良いでしょう。

JCBカードの審査に通る3つのコツ

mader_審査通過のコツ

審査が不安な方もいるでしょう。そこで、審査通過のコツを3つ紹介します。

  1. 残積を出来るだけ減らす
  2. 虚偽の年収を申告しない
  3. 短期間に複数枚申し込まない

①残積を出来るだけ減らす

made_審査 コツ

キャッシングやリボ払いなどで払い残しがある方は出来るだけ返済するようにしましょう。残積が残っていると、クレジットカード会社に「支払い能力のない人」と思われてしまい、審査に落ちやすくなってしまいます。

払い残しがある方は、新しくクレジットカードを作るのではなく、払い残しの返済に努めた方が良いでしょう。払い残しを減らす、または払い残し全て返済してから申し込むと審査に通りやすいですよ。

②虚偽の年収を申告しない

made_審査のコツ_虚偽禁止

年収などに自信がない方は、虚偽の年収を申告したくなるかもしれません。しかし、申し込み時に入力する情報は、個人信用情報機関に保存されている情報と照合されるため、不備や虚偽がある場合必ずバレてしまいます。

年収に限らず、申し込む際は正しい情報を入力するようにしましょう。また、例え故意でなくとも、虚偽の情報を入力してしまうと審査に通りにくくなってしまいます。

審査に通るためには、申し込み内容に不備がないかしっかりと確認することが大切です。

③短期間に複数枚申し込まない

made_審査のコツ

短期間に複数枚クレジットカードを申し込んでしまうと審査に落ちやすくなってしまいます。短期間に複数枚申し込むと、クレジットカード会社は「お金に困っているのでは?」と不審に思ってしまいます。

最低でも1ヶ月以上間を空けてから申し込むようにしましょう。

JCBカードの審査に申し込んでみよう!

made_迷ったら申し込み審査

JCBカードの審査難易度は、カードによって異なります。自分に適した審査難易度のカードを検討してみてください。

審査に自信がない方は、学生向けカード「JCB CARD W」「JCB一般カード」を申し込んでみると良いですよ。

クレカ+編集部

クレカ+編集部