プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
ライフカードデポジットは審査が易しくて簡単に作れるクレジットカード!
一般カード

ライフカードデポジットは審査が易しくて簡単に作れるクレジットカード!

新しくクレジットカードを作りたいけど審査が通るか不安。そんな方でも作れるカードが知りたい方も多いはず。この記事では、そんな方におすすめな審査が比較的易しいライフカードデポジットの作り方、審査に通りやすくなるコツなどについて詳しく紹介しています。

ライフカードデポジットはとにかく作りやすいカード

ライフカードデジポット
カード名 ライフカードデポジット
年会費 5,500円
申し込み資格 日本在住かつ20歳以上
電話連絡が可能な方
限度額 5万円または10万円
貯まるポイント LIFEサンクスポイント
国際ブランド Mastercard

ライフカードデポジットは事前にデポジット(保証金)を支払うことで、普通のクレジットカードのようにショッピングや公共料金の支払いなどに利用できるカード。デポジット(保証金)が信用の証になるため、審査が易しく作りやすいカードです。

ライフカードデポジット 公式サイト

arrow

ライフカードデポジットは3ステップで発行できる

made_3ステップ

ライフカードデポジットはたった3ステップで発行することができます。

  1. 公式サイトの申し込みページにアクセス
  2. 入会審査を受ける
  3. 郵送されるカードを受け取る

詳しい発行方法についてみていきましょう。

①公式サイトの申し込みページにアクセス

まずは公式サイトでオンライン入会を行います。規約に同意し個人情報や必要事項を入力します。スムーズな申し込みのためにも、正確な情報を丁寧に入力することを心がけましょう。

②入会審査を受ける

申し込みが終わると審査が行われ、結果はメールで送られます。公式サイトによると、最短で1営業日後にメールが届くとのこと。気長に待ちましょう。

③郵送されるカードを受け取る

審査に通過できれば最短で3営業日後に、カードが簡易書留郵便または本人限定郵便で自宅に届きます。申し込みから一週間もかからずにカードが届くのは嬉しいですよね!

ライフカードデポジットの審査に通りやすくなる2つのコツ

mader_審査通過のコツ

ライフカードデポジットは審査が易しいのが大きな魅力ですが、100%審査に通るわけではありません。そこでライフカードデポジットの審査に通りやすくなる2つのコツを紹介します。

  1. 一度に複数枚カードを申請しない
  2. 正確な情報を丁寧に記入する

それぞれのコツを詳しく解説します。

①一度に複数枚カードを申請しない

made_審査のコツ

一度に多くのカードを申請すると、お金に困っているのではと思われ、支払い能力を疑われかねません。そうなると審査を通過するのは難しくなってしまいます。

一度に申し込むカードはライフカードデポジット1枚にしておきましょう。

②正確な情報を丁寧に記入する

made_審査のコツ_虚偽禁止

審査に通りやすくするために、事実と異なる情報を入力するのはNG。虚偽の情報はクレジットカード会社に見破られ、信用を失うことにつながります。

正しい情報を打ち間違いのないように丁寧に入力しましょう。

ライフカードデポジットのメリット4選

made_メリット

ライフカードデポジットの魅力は、審査が易しいことだけではありません。ライフカードデポジットのメリットは以下の4つが挙げられます。

  1. ETCカードが作れる
  2. クレヒスが積める
  3. LIFEサンクスポイントが貯まる
  4. 各種サービスが充実している

それぞれ詳しく解説します。

①ETCカードが作れる

made_ETCカード

デポジットを10万円預けた場合のみ、ETCカードが発行可能です。年会費無料でETCカードが作れるのはとてもお得ですよね。ただしデポジットが5万円の場合、ETCカードは発行できないので注意しましょう。

②クレヒスが積める

made_クレヒス

クレヒスとは、クレジットカードの利用履歴とそれに基づく信用情報のこと。比較的作りやすいライフカードデポジットでクレヒスを積むことで、他のクレジットカードを作るのに有利になります。
 
初めてカードを作ってクレヒスを積んでいきたい方にも、ライフカードデポジットはおすすめです。

③LIFEサンクスポイントが貯まる 

made_メリットポイントプログラム

ライフカードデポジットを利用することで、LIFEサンクスポイントが1,000円につき1ポイント貯まります。ポイントプログラムは利用金額に応じたステージ制で、最大2倍、誕生日月には3倍ポイントがもらえます。

貯まったポイントはキャッシュバックできるだけでなく、人気電化製品や全国のお取り寄せグルメなど、バラエティ豊かな景品とも交換可能です。カードを使うだけでポイントが貯まっていき、そのポイントをお得に使えるのは嬉しいですよね。

詳しいポイントの貯め方、ステージ制、景品に関しては公式サイトで確認しましょう。

ライフカードデポジット 公式サイト

arrow

④充実した各種サービス 

made_メリット トラベルサービス

比較的作りやすいクレジットカードにもかかわらず、他のクレジットカードと変わらない充実したサービスを受けることができます。詳しいサービスについてみていきましょう。

弁護士への無料相談サービス

ライフカードデポジットには、あまり他のカードにはない弁護士無料相談サービスが付きます。万が一の事件、事故の際にライフカードデポジットを持っているだけで無料で弁護士に相談できるのは心強いですよね。

海外・国内旅行傷害保険が自動付帯 

ライフカードデポジットは持っているだけで海外・国内旅行傷害保険が付帯します。海外旅行では最大2,000万円、国内旅行では最大1,000万円を補償してくれます。

ライフカードデポジットがあれば海外・国内での旅行、出張先での思わぬトラブルにきちんと対応できます。詳しい補償内容については公式サイトをチェックしましょう。

ライフカードデポジット 公式サイト

arrow

会員限定の各種優待割引サービス

ライフカードデポジットを持っているだけで国内・海外のショップ、レストラン、アミューズメントスポットなどで優待サービスが受けられます。国内だけでなく海外でも支払いでお得になるのは嬉しい特典ですね。

ライフカードデポジットの4つのデメリット

made_デメリット

ライフカードデポジットのデメリットは4つです。

  1. 利用限度額と同額の保証金を支払う必要がある
  2. 有効期限が2年と短い
  3. 支払い方法が一括払いのみ
  4. キャッシング機能は使えない

詳しくみていきましょう。

①利用限度額と同額の保証金を支払う必要がある

made_デポジット

ライフカードデポジットは年会費の5,500円に加えて、利用開始前に使いたい限度額と同額のデポジットを払う必要があります。利用限度額は5万円もしくは10万円から選べますが、まとまった現金の準備が難しい方はライフカードデポジットは不向きでしょう。

②有効期限が2年と短い

made_有効期限

一般的なクレジットカードの有効期限は3~5年ほどですが、ライフカードデポジットの有効期限は2年と短いです。その分更新の頻度も増えるのは面倒ですね。

③支払い方法が一括払いのみ

made_一括

一般的なクレジットカードは支払いの際、回数を分けて支払う分割払いを選べますが、ライフカードデポジットでの支払いは一括払いのみになります。

④キャッシング機能は使えない

made_キャッシング

現金を借りられるキャッシング機能はライフカードデポジットにはありません。すぐに手元に現金が欲しい方はライフカードデポジットはやめておきましょう。

限度額を増やしたいならライフカードゴールドにしよう

ライフカードゴールド

ライフカードデポジットの限度額は10万円です。もっと限度額を増やしたい方はライフカードゴールドがおすすめです。基本情報は以下の通りです。

カード名 ライフカードゴールド
年会費 11,000円~
申し込み資格 日本在住かつ20歳以上
電話連絡が可能な方
限度額 20万円~
貯まるポイント LIFEサンクスポイント
国際ブランド Mastercard

年会費は11,000円とライフカードデポジットに比べ高くなりますが、その分限度額も増えます。空港ラウンジが無料で利用できたり、キャッシング機能が使えるなど、ライフカードデポジットにはない便利な機能も。

ある程度まとまった現金が用意できる方はライフカードゴールドにするのがおすすめです。

ライフカードゴールド 公式サイト

arrow

審査に困ったらライフカードデポジットを申請しよう

ライフカードデポジットはとにかく審査が通りやすいカード。クレジットカードを初めて作る方や、過去に支払いの延滞があり審査に不安がある方は一度ライフカードデポジットを試してみてはいかがでしょうか。

ライフカードデポジット 公式サイト

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部