プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
アメックスプラチナカードの価値は下がってない!6つのメリットからわかる本当の価値
プラチナ・ブラック

アメックスプラチナカードの価値は下がってない!6つのメリットからわかる本当の価値

国際的なブランド力を誇るアメックスプラチナカード。カードの価値が下がったと噂される理由とは何か、本当に価値は下がっているのか。この記事ではアメックスプラチナカードの7つのメリットに触れながら徹底的調査していきます。

アメックスプラチナカードは国際的に有名なプラチナカード!

amex_プラチナカード
カード名 アメリカン・エキスプレス・
プラチナ・カード
年会費 143,000円(税込)
基本還元率 1.0%
貯まるポイント メンバーシップ・ANAマイル・
JALマイル・提携会社のポイント
国際ブランド American Express

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックスプラチナカード)は旅行・レストランでの食事の際にお得なサービスを受けられる、国際的にも有名なカードブランド、アメリカンエキスプレスのプラチナカードです!

国際的にブランド力のあるアメックスプラチナカードですが、近年価値が下がっていると言われることがあります。それはどうしてなのか、説明していきます。

アメックス・プラチナ 公式サイト

arrow

アメックスプラチナカードの価値が下がっていると言われる理由

free_収入

アメックスプラチナカードの価値が下がっていると言われるのは、自身での新規申し込みが可能になったからです。アメックスプラチナカードはこれまで、アメックス社からのインビテーション(招待制)、またはプラチナカードを持っている人からの招待でしか発行できませんでした。

しかし、2019年4月からプラチナカードの新規申し込みが可能に。結果として、アメックスプラチナカードの価値が下がったという噂が立つようになりました。

価値が下がったと言われるアメックスプラチナカードですが、カード自体のサービス・特典、ブランド力が下がったわけではありません。ここではアメックスプラチナカードのメリットを解説します。それでは一つずつ見ていきましょう。

アメックスプラチナカードの価値が発揮されるメリット7選

free_メリット

アメックスプラチナカードには7つのメリットがあります。

  1. プラチナ・コンシェルジュ・デスク
  2. フリー・ステイ・ギフト
  3. ファインインアンドリゾート
  4. アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
  5. ホテル・メンバーシップ
  6. 国内外での旅行時の傷害保険が充実している
  7. 貯まったマイルがポイントと交換できる

一つずつ詳しく見ていきましょう。

①プラチナ・コンシェルジュ・デスク

free_コンシェルジュ

プラチナ・コンシェルジュ・デスクは24時間365日対応のプラチナカード会員専用のサービスです。プラチナ・コンシェルジュ・デスクは航空機やホテルの予約などの旅行の準備、予約が困難なレストランの予約などを行ってくれる、いわば専属秘書のようなサービス。

特に旅行の準備は手間がかかるので、時間のない人・時間を節約したいという人にはおすすめです!

②フリー・ステイ・ギフト

free_旅行

フリー・ステイ・ギフトは毎年カード更新時に、国内の対象ホテルで利用できる無料宿泊券が1泊2名分プレゼントされるというサービスです。都市型ホテルからリゾートホテルまで、国内の有名ホテルが対象となっており、旅行好きの人にはたまらないサービスです!

③ファイン・ホテル・アンド・リゾート

free_ホテル

世界中の1,100カ所以上のラグジュアリーホテルやリゾート施設でプラチナカード特典を受けられるサービスがファイン・ホテル・アンド・リゾート。以下のような特典があります。

  1. チェックイン時の空室状況により宿泊部屋のアップグレード
  2. 宿泊中2名分の朝食をサービス
  3. チェックアウトを16時まで延期可能
  4. 12時よりチェックイン可能
  5. 室内Wi-Fiの無料使用が可能

またホテルによっては期間限定特典もあり、旅行の質が一段階上がるようなサービスとなっています。

アメックス・プラチナ 公式サイト

arrow

④アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

free_飛行機

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションは、世界中の1,200カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。同伴者もラウンジによって異なりますが、1名まで無料で利用が可能。

同伴者も空港ラウンジが無料で利用できるカードは少ないので嬉しい特典ですね!

⑤ホテル・メンバーシップ

free_ラウンジ

通常、年間数十泊以上または年間登録料の必要となるホテルの上級メンバーシップを無条件で利用できるのがホテル・メンバーシップ。

ヒルトン・オーナーズのゴールド会員、Radisson RewardsのGoldエリートステイタス、Marriott Bonvoyのゴールドエリートなどのメンバーシップが手に入ります。

⑥国内外旅行時の充実した傷害保険

free_保険

アメックスプラチナカードは旅行傷害保険が充実しています。国内旅行では移動時の公共交通機関や宿泊料金などをカードで支払った場合、最大1億円の傷害保険を受けることが可能。

海外旅行では、国際航空機や国際船舶のチケットやパッケージツアーの料金を、プラチナ・カードで支払った場合、最大1億円の傷害保険を受け取れます。傷害保険が充実していると旅行も安心ですよね!

⑦貯まったポイントがマイルと交換可能

free_ポイント

アメックスプラチナカードはポイントをマイルに移行できます。さらに有料ポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ ・リワード・プラス」に登録することでマイル移行レートがアップ

メンバーシップ ・リワード・プラスは年間3,300円(税込)の参加費でポイントの有効期限も無期限に。

移行するポイント 移行レート
(メンバーシップ ・リワード・プラス未登録)
ANAマイルへ移行 2,000ポイント=1,000マイル
JALマイルへ移行 3,000ポイント=1,000マイル

メンバーシップ ・リワード・プラスに登録していない際、 ANAマイルへ移行する場合は2,000ポイントが1,000マイルに。JALマイルに移行する場合は、3,000ポイントが1,000マイルになります。

移行するポイント 移行レート
(メンバーシップ ・リワード・プラス登録済)
ANAマイルへ移行 1,000ポイント=1,000マイル
JALマイルへ移行 2,5000ポイント=1,000マイル

メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの際、アメックスプラチナで貯めたポイントをANAマイルへ移行する場合、1,000ポイントが1,000マイルに。JALマイルに移行する場合、2,500ポイントが1,000マイルになります。

やはりメンバーシップ ・リワード・プラスに登録している方がよりお得にマイルを獲得できると言えますね。アメックスプラチナカードはポイントをマイルに交換したい人におすすめのカードです!

使う人のスタイルによって変わるアメックスプラチナカードの価値

アメックス社からのインビテーション(招待)がなくても申請が可能になったことにより価値が下がったと言われるアメックスプラチナカード。しかし国際的なブランド、高いレベルの特典やサービスは変わらず、価値が下がっているとは言えません。

アメックスプラチナカードの価値が本当に発揮されるのは旅行やエンタメのサービスであり、保有する人のスタイルによって価値の大きさは変わっていくと言えます。

アメックス・プラチナ 公式サイト

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部