プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
ゴールドカードの限度額が決まるポイント!金額の確認方法や上がりやすくなるコツも解説
ゴールドカード

ゴールドカードの限度額が決まるポイント!金額の確認方法や上がりやすくなるコツも解説

ゴールドカードの限度額は様々な条件で決まります。この記事では、限度額が決まるポイントや限度額が上がりやすくなるコツをお伝えします。 限度額が上がらずに困っている人はぜひ参考にしてください。

ゴールドカードの限度額の相場

free_クレジットカード

ゴールドカードの限度額の相場はおおよそ100万円〜200万円ぐらいです。最大でも300万円ぐらいだと思っておくといいでしょう。

中には限度額が300万円を超えるゴールドカードもありますが、年収やカード利用の金額がかなり多くないと300万円以上の金額になることは滅多にありません。

とはいえ、一般カードの限度額の相場は10万円〜50万円ほどですので、それに比べると100万円〜200万円でも充分な金額と言えます。一枚の限度額では足りないという人は、複数のカードを所持することも検討してみるといいでしょう。

自分のゴールドカードの限度額を知る方法

free_パソコン

自分のゴールドカードの限度額がどれくらいなのか知りたい場合には、それぞれのカード会社のHPから確認できます。利用明細を書面にしている場合には、明細書にも限度額が記載されているはずです。

もしHPからの確認方法がわからない場合には、カード会社のコールセンターに電話をして問い合わせるようにしましょう。その際カードの番号やセキュリティコードを聞かれることもあるので、手元にカードを準備してから連絡するとスムーズです。

ゴールドカードの限度額が決まるポイント

free_クレジットカード

ゴールドカードの限度額の決め方は、「割賦販売法」というもので決まっています。法律で決められている限度額の決め方は以下の式です。

割賦販売法で決められている限度額の決め方
  • 支払可能見込額×0.9≧お客様のご利用可能枠
    ※支払可能見込額の9割の金額の範囲内で限度額は設定されるという意味

支払可能見込額とは、カード利用者が無理なく1年間で支払うことができると想定された金額のことです。支払可能金額は以下の式で求められます。

支払可能見込額の求め方
  • 年収 ー 年間請求予定金額 ー 法律で定められた生活維持費

支払可能見込額を決める3つの要素について具体的に見ていきましょう。

  1. 年収
  2. 年間請求予定金額
  3. 法律で定められた生活維持費

順番に確認していきましょう。

①年収

free_お金

年収は、年金や不動産などを含めた金額で、クレジットカードを申し込む際に申告したものを元に判断されます。

限度額を上げたいからと言って、年収を偽って申告するのはやめましょう。嘘だと発覚すると、審査に通ることはありませんし、信用が落ちて今度もカードを作りづらくなりますので注意してください。

②年間請求予定金額

free_請求書

年間請求予定金額は、現在所持しているカードの利用状況で判断されます。経済産業大臣から指定を受けた「指定信用情報機関」が、各クレジットカード会社が登録する情報をもとに年間請求予定金額を算出します。

複数のカードを利用している人は年間請求予定金額が高くなり、支払可能見込額が低くなりやすいです。

③法律で定められた生活維持費

free_家

法律で定められた生活維持費は、居住形態と収入・生計を同一とする人の人数によって決まってきます。法律では以下のように決められています。

世帯人数 持家かつ
住宅ローン無
または
持家無かつ
賃貸負担無
持家かつ
住宅ローン有
または
持家無かつ
賃貸負担有
1人 90万円 116万円
2人 136万円 177万円
3人 169万円 209万円
4人 200万円 240万円

世帯人数は本人や別居者も含めた人数になります。こちらも虚偽の申告などしないようにしましょう。

その他の要素

free_車

支払可能見込額の9割の範囲内でカードの限度額は決まりますが、具体的には以下の要素などが加味されて最終的に決定します。

  • 貯蓄金額(不動産、車など)
  • 今の住居で暮らす年数、住んでいる場所
  • クレジットヒストリー
  • 勤続年数、役職など
  • その他の金融機関からの借り入れ状況
  • その他

特にクレジットヒストリーについては注意が必要です。別のカード会社であっても、支払い遅れやカードが未使用などの状態だとクレジットヒストリーは悪い評価になりやすいので注意しましょう。

クレジットヒストリーが悪い評価だと、上限金額が安くなるか、最悪の場合にはカードの審査が通らないことも出てきます。対策としては、クレジットカードは支払い遅れにならないようにする、未使用のクレジットカードは退会するなどするようにしましょう。

限度額が高いゴールドカード10選!年会費も紹介

free_ゴールドカード

限度額が高いゴールドカードを10個厳選して紹介していきます。

  1. イオンゴールドカード
  2. セディナゴールドカード
  3. Amazonゴールドカード
  4. 三井住友カードゴールド
  5. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
  6. dカードゴールド
  7. au PAY ゴールドカード
  8. JCBゴールドカード
  9. アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  10. ダイナースクラブカード

どれも限度額については相場であり、それ以下もしくはそれ以上になる可能性もありますので、ひとつの目安として参考にしください。

それではひとつずつ見ていきましょう。

①イオンゴールドカード

ieon_イオンゴールドカード_カード画像

イオンゴールドカードの限度額は、10万円〜200万円ぐらいです。イオンゴールドカードは、イオンカードを年間100万円以上利用した人のみ招待を受けることができ、年会費無料で利用できます。

基本情報は以下の通りです。

イオンゴールドカード 基本情報
年会費 無料
発行対象年齢 18歳以上(学生を除く)
国際ブランド JCB・VISA・MasterCard
ポイント還元率 0.5%〜1%

ゴールドカードなのに年会費が無料なのは嬉しいですよね。

イオングループで買い物をすれば、1%ポイントが還元されますし、イオンの店舗にあるラウンジも利用できますよ。

イオンゴールドカード 公式サイト

arrow

②セディナゴールドカード

Cedyna_セディナ ゴールドカード

セディナゴールドカードの限度額は、10万円〜200万円ぐらいです。新規申し込み時の限度額は最高でも50万円になります。

セディナゴールドカードは、年会費6,600円で使えるカードです。年間の利用金額に応じてもらえるクリスマスプレゼントや年間の請求金額によって翌年のポイントが最大で1.6倍になるトクトクステージなどの特典がついてきます。

基本情報は以下の通りです。

セディナゴールドカード 基本情報
年会費 6,600円(税込)
発行対象年齢 18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド JCB・VISA・MasterCard
ポイント還元率 0.5%~1.5%

三井住友銀行を使っている人は、ATM手数料が無料になる特典もあるので、お得です。

セディナ ゴールドカード 公式サイト

arrow

③Amazonゴールドカード

amazon_ゴールドカード

Amazonゴールドカードの限度額は、50万円〜200万円ぐらいです。Amazonゴールドカードは、通常年会費が11,000円かかるカードですが、申し込み時に「マイ・ペイすリボ」を選択すると、半額の5,500円で利用できます。

2年目以降も「マイ・ペイすリボ」に登録し、かつWeb明細に登録すると1,100円さらに割引され、年会費が4,400円になります。Amazonプライム会員の年会費が通常4,900円ですが、これも使い放題になりますので、年会費ぶんはすぐに回収できるでしょう。

基本情報は以下の通りです。

Amazonゴールドカード 基本情報
年会費 11,000円(税込)
発行対象年齢 30歳以上
国際ブランド MasterCard
ポイント還元率 1%〜2.5%

Amazonでよく買い物をする人であれば、Amazonポイントを効率的に貯めることができますよ。

Amazon Mastercard ゴールド 公式サイト

arrow

④三井住友カードゴールド

三井住友カードゴールド

三井住友カードゴールドの限度額は、50万円〜200万円ぐらいです。三井住友カードゴールドは、通常年会費が11,000円ですが、コースがいくつかあり、選び方によって割引を受けることができます。

24時間無料で医師に相談し放題の「ドクターコール24」や宿泊予約サービス「Relux」を3,000円割引で利用できるなど特典も充実しています。

基本情報は以下の通りです。

三井住友カードゴールド 基本情報
年会費 11,000円(税込)
発行対象年齢 30歳以上(学生を除く)
国際ブランド VISA・MasterCard
ポイント還元率 0.5%~2.5%

Webからの申し込みで、初年度は無料で利用できます。

三井住友ゴールドカード 公式サイト

arrow

⑤Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

orico_Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの限度額は、10万円〜300万円ぐらいです。Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、年会費1,986円で利用でき、入会後6ヶ月間はポイントの還元率が2%になります。

オリコの福利厚生サービスである「Orico Club Off」が特典としてついていて、国内外の有名ホテルや遊園地、映画館などを割引価格で利用できます。

基本情報は以下の通りです。

Orico Card
THE POINT PREMIUM GOLD
基本情報
年会費 1,986円(税込)
発行対象年齢 20歳以上(学生を除く)
国際ブランド JCB・MasterCard
ポイント還元率 1%~2.5%

Amazonや楽天市場などの主要ネットショップが揃う「オリコモール」では最大で15%ポイントが還元され、効率的にポイントを貯めれます。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 公式サイト

arrow

⑥dカードゴールド

dカードGOLD

dカードゴールドの限度額は、10万円〜300万円ぐらいです。dカードゴールドは、年会費11,000円でdポイントを効率的に貯められるカードです。

docomoの携帯やdocomo光ユーザーなら、利用料金をdカードゴールドで支払うことで10%の還元を受けることができます。

基本情報は以下の通りです。

dカードゴールド 基本情報
年会費 11,000円(税込)
発行対象年齢 20歳以上(学生を除く)
国際ブランド VISA・MasterCard
ポイント還元率 1%〜4.5%

購入から3年間、ケータイ補償を受けることができるので、docomoの携帯を使っている人は必見のカードです。

dカード GOLD 公式サイト

arrow

⑦au PAY ゴールドカード

au_au pay カード_ゴールド

au PAY ゴールドカードの限度額は、50万円〜300万円ぐらいです。au PAY ゴールドカードは、年会費11,000円でpontaポイントを効率的に貯められるカードです。

au携帯の利用料金をau PAY ゴールドカードで支払うと、最大11%のポイント還元を受けることができます。

基本情報は以下の通りです。

au PAY ゴールドカード 基本情報
年会費 11,000円(税込)
発行対象年齢 20歳以上
国際ブランド VISA・MasterCard
ポイント還元率 1%~2.5%

au PAYを活用するとポイントを貯めやすくなりますので、カードと電子決済をうまく使うようにしましょう。

auPAYゴールドカード 公式サイト

arrow

⑧JCBゴールドカード

jcb_ゴールドカード

JCBゴールドカードの限度額は、50万円〜300万円ぐらいです。JCBゴールドカードは、年会費11,000円ですが、初年度は無料で利用できます。

ランクアップシステムがあり、1年間で100万円以上利用すると、よりポイントたくさん還元してもらえます。

基本情報は以下の通りです。

JCBゴールドカード 基本情報
年会費 11,000円(税込)
発行対象年齢 20歳以上(学生を除く)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.5%~5%

2年間連続で100万円以上の利用をすると、プラチナカードへの招待が届く場合もありますので、プラチナカードを持ちたい人にもおすすめのカードです。

JCBゴールド 公式サイト

arrow

⑨アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

amex_アメリカンエキスプレスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの限度額は、特に指定されていません。支払可能見込額に応じて、限度額上がっていくカードです。

年会費は31,900円と高額ですが、国内200店舗以上あるレストランで所定のコース料理を2名以上で予約すると、1名分無料になったり、国内外のホテルで使えるクーポンをもらえたりする特典が受けられます。

基本情報は以下の通りです。

アメリカン・エキスプレス
ゴールドカード
基本情報
年会費 31,900円(税込)
発行対象年齢 20歳以上(学生を除く)
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.5%〜1%

限度額に特に決まりがないので、300万円以上の利用を考えている人は、このカードを検討してもいいでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 公式サイト

arrow

⑩ダイナースクラブカード

dinersclub_ダイナース クラブカード

ダイナースクラブカードの限度額は、特に指定されていません。支払可能見込額に応じて、限度額上がっていくカードです。

年会費は24,200円ですが、初年度は無料で利用できます。ダイナースクラブカードとは別に「TRUST CLUB プラチナマスターカード」も無料で持つことができ、Mastercardが提供するTaste of Premiumの優待・サービスも受けられます。

ダイナースクラブカード 基本情報
年会費 24,200円(税込)
発行対象年齢 27歳以上
国際ブランド Diners
ポイント還元率 0.4%~1%

TRUST CLUB プラチナマスターカードの利用分の支払もひとつの口座でできますし、ポイントもダイナースのものに合算されるため、管理にそれほど手間がかからないでしょう。

ダイナースクラブカード 公式サイト

arrow

ゴールドカードの限度額が上がりやすくなる4つのコツ

free_ゴールドカード

ゴールドカードの限度額が上がりやすくなるコツは以下の4つです。

  1. 使っていないクレジットカードを解約する
  2. 毎月現状の限度額の30%〜50%ぐらい利用し、きちんと支払日に支払う
  3. キャッシングやリボ払いの残高を0にする
  4. 長期間カードを使い続ける

それぞれ確認していきましょう。

①使っていないクレジットカードを解約する

free_スマホとパソコン

使っていないクレジットカードは解約するようにしましょう。利用履歴がないクレジットカードを持っていると、クレジットヒストリーが悪い評価になってしまいます。

「カードを発行してもそれほど利用してもらえないのでは?」とカード発行会社に思われてしまい、限度額が下がってしまう場合もあるため、なるべく解約しておいてください。

②毎月現状の限度額の30%〜50%ぐらい利用し、きちんと支払日に支払う

free_カード利用

毎月現状の限度額の30%〜50%ほど利用し続けて、きちんと支払日に支払うようにしましょう。利用があり、支払日にもきちんと支払っているとクレジットヒストリーは良い評価になりやすいです。

無理をして使う必要はありませんが、「現状の限度額なら問題なく支払える」という印象をカード発行会社に与えられるといいでしょう。

③キャッシングやリボ払いの残高を0にする

free_計算

キャッシングやリボ払いの残高はできる限り0にしておくと増額されやすくなります。キャッシングやリボ払いの残高があると、年間請求予定金額が高くなり、年間支払可能見込額が低くなってしまいます。

また「限度額以内の金額でもキャッシングやリボ払いをしないと支払えない」という印象をカード発行会社に与えてしまうため、限度額が上がりづらくなります。

できる限り残高を0にしてから増額申請をする方が、限度額は上がりやすくなります。

④長期間カードを使い続ける

free_支払

長期間カードを使い続けていると、限度額も上がりやすくなります。カード発行会社がカード利用者の信用情報を確認するのは3ヶ月〜1年に1回なので、あまりに短期間だと信用情報が変わらず、増額の申請が通らない場合も出てきます。

増額申請ができるのも、カード発行会社によって違いがあり、平均して6ヶ月に1回ぐらいだと思っておくようにしてください。なるべく長期間に渡って利用し続けて、定期的に増額申請をするようにしましょう。

ゴールドカードの限度額についてよくある3つの質問

free_クレジット決済

最後にゴールドカードの限度額についてよくある質問を3つまとめておきます。

  1. 限度額に到達するとそれ以上は使えない?
  2. 限度額がリセットされるのはいつ?
  3. 一時的に限度額を引き上げることはできる?

順番に解説していきます。

Q1.限度額に到達するとそれ以上は使えない?

A.使えません。

限度額は月の利用限度額ではなく、そのカード自体の限度額になります。

Q2.限度額がリセットされるのはいつ?

A.限度額がリセットされることはありません。

限度額はリセットされるのではなく、支払日に支払った分だけ使えるようになります。限度額に到達した場合は、支払日まで待つ必要があります。

Q3.一時的に限度額を引き上げることはできる?

A.できます。

Webもしくは電話から一時的な増額の申請ができ、電話の方が担当者と直接話すことができるので、どれくらい上げたいか詳細を伝えやすいはずです。

どれほど増額できるかはカード発行会社によって違いがありますが、必要な場合には一度連絡してみるようにしましょう。

ゴールドカードの限度額は様々な条件で決まる!

ゴールドカードの限度額は、様々な条件で決まるため、一概に「この場合はこの限度額になる」ということはお伝えできません。とはいえ、カード発行会社の信用が貯まっていれば増額は通りやすくなるため、定期的に利用する、支払遅れをしないなど基本的なことは守っておくようにしましょう。

1枚だけで利用限度額が足りない場合は、カードを複数持つことを検討してみてもいいでしょう。

クレカ+編集部

クレカ+編集部