プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
【dカード徹底解説】還元率やポイントアップの方法、メリット&デメリットをご紹介
一般カード

【dカード徹底解説】還元率やポイントアップの方法、メリット&デメリットをご紹介

dカード・dカードゴールドの還元率を徹底解説!ポイント還元率をさらにアップする方法、dカードを選ぶメリットやデメリットまで詳しくご紹介します。dカードの発行を検討している方は参考にしてみてくださいね。

徹底解説!dカード・dカードゴールドの還元率

docomoユーザーから圧倒的支持を集める「dカード」「dカードゴールド」の還元率を解説します。

dカードの基本還元率は1.0%

dカード
dカード 基本情報
年会費 永年無料
貯まるポイント dポイント
ポイント還元率 1%
国際ブランド Mastercard・VISA
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

dカードの基本還元率は1%。ショッピングでの利用金額100円(税込)ごとに1ポイント貯まります。メルカリやタワレコなどのカード特約店やdポイント加盟店での支払いなら2%~5%還元されるなど、年会費無料のクレジットカードの中では還元率の高い部類です。

しかもd払いアプリを使って買い物をすれば、最大2.5%にまでアップします。dカードを発行する方は必ずd払いアプリと併用しましょう!

dポイント_d払い

以下のボタンから公式サイトに移動できます。ぜひチェックしてみてくださいね!

dカード

arrow

dカードゴールドの基本還元率は

dカードGOLD
dカードゴールド 基本情報
年会費 11,000円(税込)
貯まるポイント dポイント
ポイント還元率 1%
国際ブランド Mastercard・VISA
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

dカードゴールドの基本還元率は1%と、dカードと変わりません。しかしdカードゴールドには、独自特典として「dポイントクラブ優待」があります。持っているだけでドコモのケータイまたはドコモ光の利用金額の税抜金額から、毎月10%が還元されるのです。

この独自特典によって年会費分の元は取れますから、ドコモケータイやドコモ光を利用している方はdカードゴールドがおすすめ!逆に、それ以外のスマホを利用している方はdカードがおすすめです。

以下のボタンから公式サイトに移動できます。ぜひチェックしてみてくださいね!

dカード GOLD

arrow

dカードの4つのメリット

数あるクレジットカードの中からdカードを選ぶメリットは4つ挙げられます。

  1. 基本還元率は1.0%、docomoユーザーなら携帯料金が10%還元される
  2. 貯めたポイントはJALマイルに移行できる
  3. iD対応店舗でスピーディーに支払い可能
  4. dカードには携帯保証とショッピング補償が付帯している

それぞれ詳しく説明します。

①基本還元率は1.0%、docomoユーザーなら携帯料金10%還元!

free_カードで支払い

dカードの基本還元率は1.0%です。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%なので、dカードは基本還元率が高いといえます。

また冒頭でも述べた通り、dカードゴールドではドコモ携帯料金の10%が還元されます。携帯電話料金の支払いで特にお得になります。例えば毎月の携帯料金が9,000円の場合、月間で900ポイント、年間で10,800ポイントが還元されることになります。

dカードゴールドの年会費は10,000円なので、これだけで年会費の元を取ることができます。ただし、この制度はdカードゴールドのみで、dカードの場合は1%しか還元されないので、注意が必要です。

②貯めたポイントはJALマイルに移行できる!

free_飛行機

dカードの利用で貯めたポイントは、JALマイルに移行することができます。dポイント5,000ポイントに対してJALマイル2,500マイルのレートで交換可能。JALグループの航空便をよく利用する人であれば、お得に飛行機に乗れますね。

③iD対応でスピーディーに支払い可能

id_iD公式

dカードには、iD機能が搭載されています。iDでの支払いは、タッチをするだけで完了し、さらに事前のチャージも不要。スピーディーに支払いを行うことができます。

iDはコンビニやスーパーマーケットなど、全国114万3000カ所以上で利用可能です。少額の支払いをわざわざクレジットカードで支払うのはためらってしまう…という方にとって、サインレスで支払えるiDは魅力的ですね。

④dカードには携帯保証とショッピング補償が付帯

free_買い物_ショッピング保険

dカードには、携帯保証とショッピング補償が付いています。

携帯保証

携帯保証は、購入から1年以内のドコモの携帯端末が、紛失や盗難に遭ったり修理ができないほど損傷したりした場合、新たに端末を購入する際の購入費用を最大10万円分まで保証してもらえるサービスです。

ただし、携帯保証を受けるには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  1. 同一機種・同一カラーの端末を購入する。
  2. ドコモショップまたはドコモが指定した販売店舗で購入する。

以上の2つの条件を満たしていれば、月々に支払っている携帯料金から補償金額分が減額されるので、実質的に補償を受けることができます。

ショッピング補償

ショッピング補償は、dカードで購入した商品が90日以内に偶然な事故によって損害を受けた場合に補償をするサービスです。dカードを契約している人は年間100万円、dカードゴールドを契約している人は年間300万円まで補償を受けることができます。

詳しい内容は、以下のボタンから公式HPをチェックしてみてくださいね。

dカード

arrow

dカード GOLD

arrow

dカードのデメリット

free_下がる

dカードには旅行保険が付帯していない点がデメリットと言えます。dカード以外のクレジットカードには、旅先での思わぬトラブルに対応してくれる旅行保険が付いている場合があります。

ただし、dカードゴールドには、海外旅行保険および国内旅行保険が付いています。旅先でのトラブルが心配な方は、dカードゴールドにすることをおすすめします。

dカードで還元率を上げる2つの方法

free_お金

以下の2つの方法を使うことで、dカードの還元率を高くすることができます。

  1. dカード特約店で還元率倍増!
  2. ポイントアップモールの利用でネットショッピングでも高還元

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①dカード特約店で還元率が倍増!

dカード特約店では、還元率が倍増されます。通常のポイントにさらに追加して付与される特約店ポイントが貯まるサービスになっています。

dカード特約店はさまざまなジャンルの店舗に広がっており、多くの店舗で使うことができます。還元率の例を以下にまとめましたので、参考にしてください。

店舗名 還元率 決済方法
メルカリ 200円(税込)ごとに
2.5%
dカード
スターバックスカード 100円(税込)ごとに
4%
dカード
ドトールバリューカード 100円(税込)ごとに
4%
dカード
紀伊國屋書店 100円(税込)ごとに
%
iD
ノジマ 100円(税込)ごとに
1%+3%割引
dカード
ENEOS 200円(税込)ごとに
1.5%
dカード/iD
高島屋 200円(税込)ごとに
1.5%
dカード

他にもさまざまな店舗がdカード特約店になっていますので、詳しくは公式HPからご覧ください。

dカード

arrow

dカード GOLD 申し込みへ

arrow

②ポイントアップモールの利用でネットショッピングでも高還元

dカードは、通販においてもお得に使うことができます。dカードポイントアップモールを通して買い物をすることで、dポイントの還元率が1.5~10.5倍になります。

大手通販サイトであるAmazonや楽天市場のみならず、各店舗の公式オンラインショップなども利用することができるため、いつもの通販での買い物がお得になります。

dカードはポイントをザクザク貯めたい人におすすめ

dcard_dカード

dカード・dカードゴールドは他のクレジットカードと比べ、基本還元率が高くポイントアップも充実しているカードです。特に、dカードゴールドは、ドコモで携帯の契約をしている人であれば、充分年会費の元を取ることができます。

ただし、dカードには旅行保険は付帯していないので注意が必要です。旅行保険がついているカードを選びたい人には、dカードゴールドか楽天カードがおすすめです。

dカード

arrow

dカード GOLD

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部