プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
【最新】おすすめゴールドカード10選!お得な特典満載の人気カードを徹底比較
ゴールドカード

【最新】おすすめゴールドカード10選!お得な特典満載の人気カードを徹底比較

クレジットカードアドバイザーが、最新の人気・おすすめゴールドカードを徹底比較!還元率や特典はもちろん、法人向けのゴールドカードや20代の若者におすすめのカードなど、それぞれの特徴を解説しています。

おすすめのゴールドカードを厳選紹介!

free_クレジットカード

通常のクレジットカードよりも充実したサービスや保険が付帯したり、お得にポイントを貯められたりするゴールドカード。人前で財布を出す機会が増えると「そろそろゴールドカードを持ちたい」と考えるようになる方もいるでしょう。

現在、日本では1,000種類を超えるカードが流通しているので「結局、どれが1番お得なの?」と迷うのも当然です。そこで今回は、人気22種類のゴールドカードを徹底的に比較して、本当におすすめできるゴールドカードを厳選しました。

編集長 清水
編集長 清水

ゴールドカード選びで大切なのは『ポイントをいかに貯めるか』より『いかに使うか』を重視すること!貯まりやすさにばかり気を取られる方が多いのですが、ポイントは使ってナンボです。どんな恩恵を受けたいのか、ゴールから逆算してカードを選ぶと失敗しませんよ。

ちなみに私がおすすめするポイントの使い道はマイル交換一択です。1マイル=1円以上になるケースが多いので、ギフト券や金券に交換するより圧倒的にお得だし、『今年も無料で旅行できちゃった!』と満足感があります♪

ゴールドカードを選ぶ時は5点をチェック

ゴールドカードを比較するとき基準にすべきは、以下の5項目です。

  1. ステータス
  2. 年会費の手頃さ
  3. ポイントの使いやすさ
  4. 海外旅行での満足度
  5. 日常での満足度

ゴールドカードはそれだけで一定のステータス性があるものの、やはりアメックスやダイナースは別格。また年会費については、ゴールドカードの場合1万円代ならリーズナブルな部類です。

ゴールドカードは一般カードと比べてサービスが充実し、旅行や日常生活でより多くの恩恵を受けられるのが最大のメリットといえます。旅行損害保険の金額や独自特典などもチェックし、自分に合ったカードを探してくださいね。

徹底比較!本当におすすめできるゴールドカード10選

国内で人気の全22枚のゴールドカードを下記の項目でそれぞれ5段階評価し、25点満点で採点しました。各カードの評価は以下のグラフで確認できます。

評価グラフの例
編集長 清水
編集長 清水

基本的には総合点の高い「バランス型」のゴールドカードがおすすめですが、絶対に譲れない条件がある方は、その項目で高得点を獲得したゴールドカードもチェックしてみてくださいね。

採点の結果、編集部が本当におすすめしたいゴールドカードは以下の10枚です。

  1. ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  2. dカード GOLD
  3. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  4. JCB カードゴールド
  5. セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
  6. JCB法人ゴールドカード
  7. 三井住友カード プライムゴールド
  8. 三井住友カード ゴールド
  9. ソラチカゴールドカード
  10. JAL CLUB-Aゴールドカード

それぞれ詳しくご紹介します。

①ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

ANAアメックスゴールド_評価
基本情報 ANAアメックスゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 34,100円
ポイント還元率 1%〜
国際ブランド American Express
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:1億円(半額自動)
申し込み条件 20歳以上

総合評価23点!ANAマイルがザクザク貯まる

American Expressと航空会社ANAが提携するゴールドカード。年会費は34,100円と高額ですが、年会費以上に満足度の高いサービスが付帯しているので作って損はありません。

基本還元率は1%で、ANAやデルタなど15社の航空会社のマイルに交換可能です。有効期限が無いのも嬉しいポイントですね。さらに入会・継続ボーナスとして2000マイルずつ、搭乗時にはボーナスマイルとして25%が加算されるなど、ザクザク貯まる仕組みが盛りだくさん。

もちろんサービス面も優秀で、国内28ヵ所の空港ラウンジや優先搭乗サービスが利用できたり、旅行損害保険として最高1億円まで補償されたりと旅行好きには見逃せない特典を備えています。サポートサービスの対応も素晴らしいと評判です。

編集長 清水
編集長 清水

冒頭でもお伝えしましたが、ポイントを1番お得に使う方法はマイルに移行すること。ANAアメックスゴールドは、航空会社ANAと提携したカードなのでANAマイルが貯まりやすく、保険やサービスにも優れています。

ANAアメックスゴールドはこんな人におすすめ

  • 海外出張や海外旅行が多い
  • 年会費以上のサービスを享受したい
  • ANAマイルをザクザク貯めたい
  • アメックスブランドに憧れる

当てはまる方はぜひ、下のボタンから公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

ANA アメックスゴールド

arrow

②dカード GOLD

dカードゴールド_評価
基本情報 dカードゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 11,000円
ポイント還元率 1%〜
国際ブランド VISA、MasterCard
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:1億円(半額自動)
申し込み条件 20歳以上

総合評価22点!docomoユーザー必携のカード

ドコモの通信料やドコモ光の利用料金から、毎月驚異の10%が還元されるゴールドカードで、ドコモユーザーならdカードゴールドを持てば間違いないと言っても過言ではありません。ただし逆にdocomo以外のスマホを利用している方は他のカードのほうがお得です。

貯まったdポイントはJALマイルに移行可能で、有効期限は48か月と比較的長め。購入から3年以内にスマホを破損・紛失した場合最大10万円まで補償される独自のサービスに加え、空港ラウンジの利用や、最大1億円の海外旅行保険など、海外旅行で嬉しい特典もしっかり付帯しています。

年会費は11,000円で、ゴールドカードの中ではお手頃。特に夫婦や家族でシェアパックを利用している場合は通信料も高額でしょうから、毎月10%分還元されるサービスだけでも11,000円のモトは十分取れます。

編集長 清水
編集長 清水

dカードは顧客を増やすため、様々なキャンペーンを行っています。例えば、2021年5月31日までU29なら最大35,000ポイントをゲット!公式サイトに最新情報が詳しく紹介されているので、ぜひチェックしてくださいね。

dカードゴールドはこんな人におすすめ

  • docomoユーザーである
  • JALマイルを貯めたい
  • リーズナブルなカードが欲しい
  • 空港ラウンジを利用したい

当てはまる方はぜひ、下のボタンから公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

dカード GOLD 申し込みへ

arrow

③アメックスゴールドカード

アメックスゴールド_評価
基本情報 アメックスゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 31,900円
ポイント還元率 1%〜
国際ブランド American Express
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:1億円(半額自動)
申し込み条件 20歳以上

総合評価22点!プラチナ並みのサービス

American Expressらしい洗練されたデザインのゴールドカード。空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」(通常5万円)に無料で加入できることや、優先搭乗サービス、手荷物無料宅配サービスなど優れた特典は数あるゴールドカードの中でも群を抜いています。

高級レストランを2名以上で予約したとき、1名分無料になる『ゴールド・ダイニング by 招待日和』も魅力的。American Expressのサポートデスクの対応力も非常に評判が良く、プラチナカード並みの恩恵を受けられるのでコスパは優秀です。

年間3,300円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入する必要はあるものの、無期限でポイントを貯め続けられます。貯めたポイントは楽天ポイントやTポイントのほか、【1000ポイント=1000マイル】という高いレートでANAマイルに移行可能です。

編集長 清水
編集長 清水

ゴールドカードならではの特別なサービスを体感したい方に勧めたいとっておきの1枚。年会費が高いため躊躇してしまいますが「流石アメックス!」と唸らせてくれるような特典が盛りだくさんです。

アメックスゴールドはこんな人におすすめ

  • 豪華なサービスを享受したい
  • ステータスも重視したい
  • ポイントはANAマイルに交換したい
  • 旅行が好きで年2回以上飛行機に乗る

当てはまる方はぜひ、下のボタンから公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

arrow

④JCB カードゴールド

jcbカードゴールド_評価
基本情報 JCBゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 初年度無料
2年目以降11,000円
ポイント還元率 0.5%~
国際ブランド JCB
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:1億円(半額自動)
申し込み条件 20歳以上

総合評価21点!国内利用なら間違いなし

JCBゴールドは、国内シェア率No.1のJCBが発行するゴールドカードで、国内利用なら決して困らないカードです。年会費は11,000円とお手頃なうえ、初年度は無料で持てます。

世界の主要空港や観光地、コンビニエンスストアなどのATMから現地の通貨を引き出すことができたり、現地のJCBプラザで予約案内や観光案内を受けられたりと、旅行先で役立つ独自サービスが付帯。旅行損害保険も最大1億円と十分です。

ただし基本還元率が0.5%であることと、JCBが海外でやや使いづらいことの2点は見過ごせません。既に還元率1.0%程度のVISAやMastercardのクレジットカードを持っている方は、リーズナブルで高品質なサービスを受けられるJCBゴールドを追加することで、最強の組み合わせに。

編集長 清水
編集長 清水

JCBは国内利用率No.1である一方、海外では少し頼りない。逆にAmexやMaster cardは海外で使いやすい反面、意外と国内で使えない店舗もあります。ですから、これら2枚持ちを強くオススメしています。まだJCB発行カードを持っていない方はぜひチェック!

JCBゴールドはこんな人におすすめ

  • 国内で利用しやすいカードが欲しい
  • 1万円程度のゴールドカードが欲しい
  • VISAかMastercardのクレカを持っている
  • 還元率よりサービスを重視したい

当てはまる方はぜひ、下のボタンから公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

JCBゴールド

arrow

⑤セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド_評価
セゾンゴールド・アメリカン
エキスプレス・カード
基本情報
カードの種類 ゴールド
年会費 11,000円(初年度無料)
貯まるポイント 永久不滅ポイント
ポイント還元率 0.15%(1000円で15ポイント)
※1ポイント5円相当
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
申し込み条件 安定した収入(学生・未成年を除く)

総合評価21点!アメックスを1万円で持てる

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスブランドながらセゾンカードが発行しているため、初年度無料・2年目以降も通常のアメックスカードの1/3程度の価格で持てるコスパ抜群のカードです。

持っているだけで30ヵ所以上の国内主要空港やハワイ・ホノルル国際空港ラウンジが無料で利用できるうえ、1300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」(通常5万円)を、優待価格の約1万円で登録可能です。

還元率は0.75%とやや物足りないものの、提携店舗の利用で1%以上にアップ。ポイントを無期限で貯め続けられることや、ANA・JAL両方のマイルに移行できることもメリットです。コスパ重視でマイルを貯めたい方におすすめ。

編集長 清水
編集長 清水

年会費1万円+税とリーズナブルながら、カード紙面にはアメックスマークが堂々と描かれています。誰が見てもおっ!と目を引くカードが欲しい方におすすめ。20~30代の若者が持つゴールドカードとして最適です。

セゾンゴールドはこんな人におすすめ

  • アメックスブランドに憧れる
  • 誰が見てもカッコいいカードがいい
  • ポイントはマイルに交換したい
  • 無期限でポイントを貯めたい

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

arrow

⑥JCB法人ゴールドカード

jcb法人ゴールド_評価
基本情報 JCB法人ゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 初年度無料
2年目以降11,000円
ポイント還元率 0.5%~
国際ブランド JCB
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:1億円(半額自動)
申し込み条件 20歳以上

総合評価21点!法人向けならJCBが最適

国内シェアNo.1のJCBが発行する法人向けゴールドカードで、ステータス性は申し分なし。経営者はもちろん、個人事業主でも申し込めます。

特にショッピング保険が充実しており、JCB法人ゴールドカードで購入すると年間500万円まで保障してくれます。通常100万円程度が多い中で、ゴールドカードではなかなか類を見ない金額です。

宿泊施設の予約やチケットレス航空券の発行、ETCカードの利用状況を確認できるE-Coなどの様々なサービスがビジネスを強力にバックアップしてくれます。会計ソフトの利用料が割引になったり、経費の支払いでポイントが貯まったりするのも嬉しい点ですね。

編集長 清水
編集長 清水

法人用カードは、個人用のクレジットカードとは違い、年会費を経費で落とせます。経費として計上できれば節税対策になるので、「個人事業だから個人用ゴールドでいいかな」と思わず法人カードを作るのがおすすめです。

JCB法人ゴールドはこんな人におすすめ

  • 中小企業の経営者や個人事業主
  • 法人向けのゴールドカードを探している
  • 損害保険が充実したカードがいい
  • 業務の効率化や経費削減を図りたい

⑦三井住友カード プライムゴールド

三井住友プライムゴールド_評価
基本情報 三井住友プライムゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 初年度無料
2年目以降5,500円
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA,Master card
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:5,000万円(自動)
申し込み条件 20代

総合評価21点!20代専用ゴールドカード

三井住友銀行が発行する20代限定のゴールドカード。初年度は無料、2年目以降も年会費5,000円とリーズナブルな価格が魅力で、お金に余裕のない若者でも作りやすいカードです。

もちろん、空港ラウンジサービスや最大5,000万円補償の旅行損害保険など、ゴールドカードならではの特典はしっかり付帯しています。ホテルや旅館をお得な価格で予約できるサービスも付帯しているので、友達との旅行や卒業旅行前に作るゴールドカードとしてもぴったりです。

30歳になると自動で「三井住友カードゴールド」に切り替わり、ボーナスで2,500ポイントもらえます。ゴールドカードには珍しい最短即日発行してくれるのも嬉しい点。今すぐカードが必要な方はぜひチェックしてくださいね。

編集長 清水
編集長 清水

カード会社は「20代の若者がカードを作ってくれれば、今後数十年の顧客になってくれる」と考えるため、若者専用カードには特に宣伝費を割くもの。
つまり、20代専用のカードは年会費のわりにかなりお得なケースが多いのです!

プライムゴールドはこんな人におすすめ

  • 20代である
  • 年会費1万円を切るゴールドが欲しい
  • 即日発行してほしい
  • セキリュティ面で安心なカードがいい

当てはまる方はぜひ、下のボタンから公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

三井住友カードプライムゴールド 公式サイト

arrow

⑧三井住友カードゴールド

三井住友カードゴールド_評価
基本情報 三井住友ゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 初年度無料
2年目以降11,000円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド VISA,Master card
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:5,000万円(自動)
申し込み条件 20代以上

総合評価21点!大手銀行発行の安全なカード

スタイリッシュで品のあるデザインが人気なゴールドカード。ひとつ前にご紹介した「三井住友プライムゴールド」は20代向け、こちらの「三井住友カードゴールド」は30代以上向けです。

大手銀行が発行するゴールドカードは、審査がやや厳しい反面、社会的評価が高いのが特徴。信頼性・安全性に特に優れており、特にセキュリティ面では非常に安心して持てます。

例えば、紛失や盗難の連絡を24時間365日受け付けているので、万が一落とした場合でもすぐにカードの利用停止が可能。また、通常のクレジットカードを作った後に写真入りICカードを選択することもでき、不正利用を確実に防げます。

編集長 清水
編集長 清水

銀行系ゴールドは、派手な特典が付いていたり、還元率が特別高かったりするわけではないので地味な印象になりがち。しかし、歴史あるメガバンクならではの信頼と実績は大きいですよね。

三井住友ゴールドはこんな人におすすめ

  • セキュリティ面で安全なカードがいい
  • 大手銀行発行の安心感に惹かれる
  • 将来プラチナやブラックを考えている
  • 品のあるデザインがいい

三井住友ゴールドカード 公式サイト

arrow

⑨ソラチカゴールドカード

ソラチカゴールド_評価
基本情報 ソラチカゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 15,400円
ポイント還元率 1.0%~2.0%
国際ブランド JCB
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:1億円(半額自動)
申し込み条件 20代以上

総合評価21点!陸でも空でもマイルが貯まる

クレジットカードの利用はもちろん、カードに付帯している交通系電子マネーPASMOにチャージしても、ANAマイルに移行可能な「Oki Dokiポイント」がもらえます。PASMOはオートチャージに対応しているため、残高不足で改札を止められることもありません。

中でも、東京メトロを利用する方は必携。なんと、1乗車につき平日は20pt、休日は40ptも「メトロポイント」を追加でゲットできます!メトロポイントもANAマイルに交換可能です。

他にも、フライトで+25%のボーナスマイルが加算されたり、入会・継続で2000マイルがもらえたりと、とにかくANAマイルがザクザク貯まる1枚。電車・飛行機・普段の買い物でソラチカゴールドを利用すれば、1~2年に1度は国内旅行にいけるはずです。

編集長 清水
編集長 清水

通常の買い物でも、1000円の利用で1ポイント(=10マイル)貯まります。
利用額が月10万円(=100ポイント=1000マイル)だとすると、東京・沖縄間の往復フライトに必要な15,000マイルは15ヶ月で貯まるということ!2000マイルもの入会or継続ボーナスも合わせると、年1回ペースの旅行が可能です!

ソラチカゴールドはこんな人におすすめ

  • 通勤や通学で電車を利用する
  • 東京メトロを利用する機会が多い
  • 貯まったポイントはマイルにしたい
  • 数年に1度、旅行に行きたい

当てはまる方はぜひ、下のボタンから公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

ソラチカゴールドカード 公式サイト

arrow

⑩JAL CLUB-Aゴールドカード

JALカードゴールド_評価
基本情報 JAL CLUB-Aゴールド
カードの種類 ゴールド
年会費 17,600円
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
American Express
旅行損害保険 国内:5,000万円(自動)
海外:5,000万円(自動)
申し込み条件 20代以上

総合評価21点!JALマイルが貯まるカード

JALマイルを貯めたい方におすすめのゴールドカード。JALのフライトで+25%のボーナスマイルに加え、入会後初のフライトで5000マイル、翌年以降は毎年初のフライトで2000マイルずつもらえます。

もちろん、成田や羽田をはじめとする空港ラウンジは無料で利用できます。国際ブランドをダイナースにすれば年会費は30,800円に上がるものの、世界各国の550を超えるラウンジが利用可能に。

基本還元率も高く、100円で1マイルが貯まります。しかもマイルが直接貯まるため移行の手間や有効期限切れによる失効のリスクもありません。貯まったJALマイルは、特典航空券や座席のアップグレードに利用しましょう!

編集長 清水
編集長 清水

ANAカードは日常利用でポイントが貯まりやすいといわれていますが、逆にJALカードはフライトでのボーナスマイルが貯まりやすいのが特徴です。出張や国内・海外の旅行が好きな方におすすめしたい1枚。

JAL CLUB-Aはこんな人におすすめ

  • JALマイルを貯めたい
  • 国際ブランドを自由に選択したい
  • 還元率の高いゴールドカードがいい
  • ポイントの移行を忘れた経験がある

当てはまる方はぜひ、下のボタンから公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

JAL CLUB-Aゴールドカード 公式サイト

arrow

おすすめできない!残念ゴールドカード【楽天ゴールド】

ゴールドカードは一般カードより優れていてお得!と言いたいところですが、実は今作ると損をしてしまう、残念ゴールドカードがあります。「楽天ゴールドカード」です。

年会費2,200円というリーズナブルな価格が魅力でしたが、2021年3月に発表された還元率の改悪で、一気に残念ゴールドカードへと転落!詳しく解説します。

楽天ゴールドカードはメリット帳消し!

楽天ゴールド_評価

「楽天ゴールドカード」の最大の魅力は、楽天市場や楽天ブックスなどで利用したとき、還元率が5%になることでした。しかし、2021年4月以降は還元率が3%にダウンすると発表されたのです。

実は、年会費無料の「楽天カード」での還元率も3%。わざわざ2,200円の年会費を払ってゴールドカードを選ぶメリットが無くなりました。また、海外旅行保険の補償額も「楽天カード」と同じ2,000万円なので、ますますゴールドカードを持つメリットがありません。

編集長 清水
編集長 清水

今まではゴールドカードの入門としておすすめしていましたが、改悪後は流石に年会費分のモトが取れませんね…。
楽天カードは一般カードの中でも特に優れたカードとして知られています。楽天カードが優秀だからこそ、ゴールドカードと一般カードとの差がほぼないのです。

▼年会費を抑えつつ、ゴールドにこだわる方はチェック!

楽天ゴールドカード 公式サイト

arrow

▼年会費無料の優秀クレカ「楽天カード」はこちら!

楽天カード

arrow

値段以上の価値アリ「楽天プレミアムカード」

楽天プレミアム_評価

「楽天ゴールド」がさらにランクアップした「楽天プレミアムカード」はコストパフォーマンスに優れたステータスカードです。年会費11,000円で、国内外1,300カ所以上の空港ラウンジが使い放題になる「プライオリティ・パス」(通常約5万円)が付帯するうえ、楽天市場での還元率も+5%にアップします。

海外旅行損害保険も5,000万円と十分な額で、しかも自動付帯になりました。グラフでもわかる通りどの項目においても欠点のない優れたカードですから、年会費2,200円の「楽天ゴールド」を作るくらいなら、年会費11,000円の「楽天プレミアムカード」までランクアップさせることをおすすめします。

楽天プレミアムカード

arrow

本当に作るべき?ゴールドカードで得られるメリット5つ

様々なゴールドカードを比較していると、「本当に価格なりのメリットがあるの?」「そもそも本当にゴールドカードを作る必要があるんだっけ」と迷いが生じる方もいるでしょう。

ここで、ゴールドカードを作るメリットを再確認しておきましょう。

  • 持っているだけで一目置かれる
  • 一般カードより還元率がアップ
  • 保険・サービスが充実する
  • 利用限度額が上がる
  • プラチナやブラックの布石になる

以上5つのいずれかに魅力を感じる方はゴールドカードを作るべきですし、「どれも必要ないな…」と思う方は一般カードのままでOKです。

編集長 清水
編集長 清水

お得にポイントを貯めて恩恵を受けたい方やカードの利用機会が多い方は、積極的にゴールドカードを作っておくことをおすすめします!

ゴールドカードに関するよくあるQ&A

最後に、ゴールドカードに関するQ&Aをまとめました。高い年会費を払ってから「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔しないためにも、疑問点は今のうちに解決しておき、安心してゴールドカードを申し込みましょう!

  1. 20代でゴールドカードを持つメリット
  2. ゴールドカードの審査基準
  3. インビテーションとは
  4. 空港ラウンジは利用可能か

Q1.20代でもゴールドカードを持つメリットはある?

A. もちろんあります!

「20代でゴールドカードは生意気?」と不安になる方もいるようですが、実はメリットばかり。

還元率や利用限度額が上がるのはもちろんのこと、若くから優良なクレジットカード利用歴を蓄積できるので、将来的にプラチナやブラックなどのステータスカードの招待が来やすくなったり、住宅ローンなどの審査に通りやすくなったりします。

20代におすすめの限定ゴールドカード

jcb_jcbgold_extage

20代限定で持てるゴールドカードの代表「JCB GOLD EXTAGE」などは、若者が持ちやすいよう配慮されており、年会費が3,300円と比較的安め。入会から5年経つと「JCBカードゴールド」に自動で切り替わります。20代で初めてゴールドカードを作ろうと思っている方に最適です。

JCB GOLD EXTAGE

arrow

20代におすすめのゴールドカードは、以下の記事でも紹介しています。

Q2.ゴールドカードの審査基準は?

A.ゴールドカードの審査基準は主に以下の通り。

  • 年齢制限を満たしていること
  • 安定した継続収入があること
  • 過去に滞納歴や自己破産歴がないこと

収入のボーダーラインは明確に公表されていません。しかし近年の急速なキャッシュレス化で顧客が増え、カード会社の競争が激化したため、年収の基準は下がっているといわれています。かつては年収500万円以上といわれていましたが、現在では年収200~300万円程度でも作れるように。

審査が不安な方におすすめのゴールドカード

amex_アメリカンエキスプレスゴールドカード

もちろん、審査の難易度はカードの種類によって変わります。例えば、高いステータスとスマートなデザインが人気の「アメックスゴールド」は、発行自体のハードルを下げつつ、利用状況を見ながら限度額を管理する方針を取っています。

「審査が不安だけど、優秀なゴールドカードを持ちたい」という方は、ぜひ検討してみてくださいね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

arrow

Q3.インビテーションってなに?

A. カード会社からの「招待」のことです。

ゴールドカードの入手方法は主に2種類。一般カードを積極的に利用してカード会社に優良顧客であることをアピールし、ランクアップの招待を受けるという選択肢もあるんです。

入手方法 年会費
①自分で申し込む 有料
②インビテーション 無料になることも多い

インビテーションの基準は「直近1年間で100万円以上利用する」「返済を滞納せず5年間利用し続ける」など、各ゴールドカードによって異なります。

インビテーション狙いの方におすすめのゴールドカード

epos_エポスゴールドカード

招待を受けやすいカードとして挙げられるのが「エポスゴールドカード」です。年会費無料の「エポスカード」を半年で数十万円ほど利用すると、ランクアップの招待が届きます。自分で申し込むと年会費が5,500円かかるのに対し、招待を受けると永年無料になりますよ!

エポスカード

arrow

Q4.ゴールドカードがあれば空港ラウンジも使える?

A.基本は使えますが、例外もあります!

搭乗までの時間、静かな空間でくつろげると人気の空港ラウンジ。ほとんどのゴールドカードは、付帯特典としてカード会社の空港ラウンジを利用可能です。

ただし「三井住友ヤングゴールドカード」など、空港ラウンジサービス対象外のゴールドカードもあるので要注意!また、カードによって利用可能なラウンジの数も異なるので、申し込む前に各公式サイトで必ずチェックしてくださいね。

ゴールドカードでワンランク上のキャッシュレスライフを

ステータスの高さはもちろん、お得にポイントが貯められたり、保険や補償が充実したりとメリットばかりのゴールドカード。今回はおすすめのゴールドカードとして、以下の10枚をご紹介しました。

  1. ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  2. dカード GOLD
  3. JCB「JCB 法人カード」ゴールドカード
  4. JCB カードゴールドカード 
  5. セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
  6. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  7. 三井住友カード プライムゴールド
  8. 三井住友カード ゴールド
  9. ソラチカカードゴールド
  10. CLUB-Aゴールドカード

自分に合ったゴールドカードを持ち、ワンランク上のキャッシュレスライフを楽しんでくださいね!

クレカ+編集部

クレカ+編集部